月別: 2013年4月

化粧鏡のアイデア

投稿日:2013年04月29日

こんにちは、高橋です。

まもなく完成予定の板橋区のTさんのお住まいの洗面化粧台をご紹介します。
洗面化粧台の前に窓があり、当初は化粧台脇に鏡を付けるようにご提案していましたが、「やっぱり鏡は正面にないと…」というT様のご要望で、このようなご提案をさせていただきました。

両脇の壁に壁厚を利用した造作収納を設けています。
扉の裏側に鏡が張り付けてあり、扉を開けると~

ジャ~ン!鏡が現れます。

私のアイデアではなく、建築雑誌で紹介されていた納まりを使わせていただいたので、声高々には自慢できませんが…、製作取付を担当した木下さんのおかげで、既製品のようにきれいに納まり、大成功だったなぁ~と心の中で自画自賛している高橋です。

2つの見楽会のお知らせ

投稿日:2013年04月25日

こんにちは、高橋です。
本日は2つの見楽会のお知らせです…。

まずは今週末、4月28日(日)の午後1時から4時に行われる足立区のH様のお住まいの見楽会。
お引渡しから3ヶ月が経過している新築の木造2階建てのお住まいです。
こだわりの陶器ボウルと真鍮の水栓を使った手洗い、デザインタイル、造付けの食器棚、米杉の板を貼ったお風呂、こだわりの階段廻り、べんがら色の和紙を貼った壁が鮮やかな和室、(その他まだまだあります!)などH様のセンスが光るこだわりポイントが随所に散りばめられた素敵なお住まいです。
自然素材もふんだんに使っているので、そのここちよさも体感していただけます。
H様にもご在宅していただく予定ですので、お住まいのこと、家づくりのホンネのお話、などお聞きになってはいかがでしょうか…?

そして、5月19日(日)の午後1時から4時に行われる板橋区のI様のお住まいの見楽会。
こちらはマンションリフォームから1年が経過しているお住まいです。
自然素材をふんだんに使い、骨董家具と調和するデザインにこだわったお住まいは、昨年ジェルコ・リフォームデザインコンテストで「全国優秀賞」をいただきました。

この2つの見楽会は、どちらも「お引渡し」から時間が経過しているお住まいの見楽会です。
「建物だけでなく、お客様らしい素敵な暮らしぶりを見ていただきたいなぁ~」
そして
「私たちよりもお客様自身からのホンネのお話を聞いていただきたいなぁ~」
との思いから 、お客様にご無理を言って開催させていただいています。

家づくりをお考えで、お時間のある方は、是非この2件のお住まいを見ていただきたいと思います。
全く雰囲気の違うお住まいですが、「お客様の想いをカタチにしたい」という私たちの共通した想いも感じていただけるかと思いますので…。

是非、いらっしゃってくださいね…。

※見楽をご希望の方にはお気軽に水工房までお問合せ下さい。

 

 

 

 

ものづくり熱 再燃!

投稿日:2013年04月12日

こんにちは、高橋です。
2月のブログに「最近ものづくりしていないなぁ…」とつぶやき、スプーンづくりを再開してから、ものづくり熱が再燃し、現在はかなりのめり込んでいる状態です。

以前は休みの日にのんびり作っているだけでしたが、最近は早起きして作業したり、夜寝る前にサクサク木を削ってニヤついたり…。(ある意味、変なオジサン…。)

で、写真は2ヶ月くらいの間に作ったスプーンたちです。
カレー用スプーン、普通の?スプーン、ティースプーンなどをチェリー材、ウォールナット材、ナラ材で作りました。
キッチリ作るのは好きではなし、手づくり感を出したいと思っているので、ノミ跡を残して多少曲がったりしていてもそのまま活かすような作り方をしています。
何となく自分がいいと思うカタチがあって作っているのですが、作っている最中に「もっとこうすればよいのかな?」といろいろ考えているので、似たように見えますが、微妙にカタチは変えています。

立て続けに作っていると段取りがよくなってスピードアップしたり、カタチが洗練していったりとレベルアップしてくるので、もっとスプーンを突き詰めたいなぁと思っていますが、同時に次はフォークなどにも挑戦したいなぁという気持ちもあったりして、しばらく「ものづくり熱」は冷めそうにありません…。

 

ひょうちゃん

投稿日:2013年04月10日

こんばんは。後上 です。 😆

恒例ですが・・・ご無沙汰してしまいすみません。
別に遊んでいた訳ではありません。
えぇ。
ブログの事だって、いつも頭に・・・。

さて。
言い訳はここまでとして。

いつかアップしようと思っていた事。今日は載せちゃいます。

じゃじゃ~ん。
崎陽軒の『ひょうちゃん』。(と、言うらしい。)

ある日のこと。
青木常務が(可愛い)社員さんの為、
『シウマイ』を買ってきてくれました。

時間は19時過ぎ。お腹ペコペコ。
デスクに置かれたシウマイに、
飢えた獣のようにたかる私たち・・・。

私はふと、『醤油さし』に目が止まりました。

何か・・・このゆる~い感じ。無表情な犬。ともすると不気味に見える笑顔。
何かが後上のハートを捉えてやみません。
そのままこっそり洗って、自分のデスクの上に・・・。

調べると・・・。名前は『ひょうちゃん』。

新潟生まれの私は、上京後、初めて崎陽軒の存在を知りました。
『ひょうちゃん』との出会いをきっかけに、真剣に崎陽軒のHPを見ることに。

何と!。創業明治41年、今年105年を迎える会社です。
経営理念には、『真に優れたローカルブランドを目指します』の言葉が・・・。

確かに。『横浜と言えば崎陽軒』。
恐るべし『ひょうちゃん』。アンタ、偉いよ・・・。

私たちも『●●と言えば水工房』と言われる会社にならねば・・・。

小馬鹿にした自分を反省しつつ、100年以上も愛される会社になるには?、
『●●と言えば・・・』になるには?、しばし考えた後上でした。

また『シウマイ』食べたいな~♫。

 

ロフトLOVE★

投稿日:2013年04月05日

こんにちは。
森岡です。

最近水工房で流行?のロフト工事の写真です。
ロフトを新たにつくるという工事の場合、
天井裏で見えない部分ですので想像でしか打合せができない部分が多々あります。
今回のお住まいも当初は、
きっとこうだと思う・・・こうだったらこうしよう・・・
と想像での打合せからスタートしました。
しかし、それでは打合せも進まず工事もなかなか踏ん切りがつきません。
そこで、工藤大工と一緒に天井を一部解体させて頂き、(点検口がなかったため)
事前に小屋裏スペースを確認・・・
すると思わぬスペースを発見!!
当初は畳1帖分程度しか計画していなかったロフト空間が、
ちょっと小屋裏を覗かせて頂いただけでなんと3帖程度にまで広がりました。

御主人のアイデアで火打ち梁も間接照明として活用。

ロフト工事は、結果として想像を超えた空間が完成する事が多く、
お客様と一緒に楽しめるのでとても魅力的で好きなんですよね~!!
I様、こんなに楽しい工事をさせて頂き、ありがとうございました~♪