月別: 2014年3月

桧の吊戸

投稿日:2014年03月15日

桧吊戸

こんにちは、高橋です。

写真は板橋区中台のY様のお住まい、トイレの吊戸です。
箱組みも扉もヒノキの板材で作りました。
なので、桧の心地よい香りがプ~ンと漂ってきます。
扉の溝加工もいい感じですよね!(自画自賛!)

吊戸などの家具は合板などの材料で作ると、どうしても箱の内部の化学物質臭(主にホルムアルデヒド)が気になります。
もちろん基準は満たしてはいるのですが、小さいお子様やお年寄りがいらっしゃるお住まいではちょっと心配…。
なので造り付け家具を作る場合には、お客様の暮らしぶりや使い勝手をお話させていただいて上で、出来るだけ無垢の材料を利用するようにしています。

リフォーム後のご訪問

投稿日:2014年03月11日

こんにちは、高橋です。

昨年末にお引渡しさせていただいた板橋区のU様のお住まい、
引渡しの時はこんな感じだったのですが…
U様リフォーム前

今週末、二期工事(トイレの改修)のお打合せでお伺いさせていただくと、
このようになっていました。
U様リフォーム後

「外国では、住まいの改装は出来る限り自分で楽しみながらゆっくりとやるのよね~。」とおっしゃる通り、U様もご自分で家具のレイアウトやコーディネート、飾りつけをいろいろと工夫していて、なんとも居心地のよいU様らしいお住まいに変身していました。

私たちは、お引渡しの時に喜んでいただくこと以上に、お住まいになってからのこと(日々心地よく、お客様らしく暮らしていただけるように…)を大切に考えています。

なので、こんな素敵に住まわれているのを見ると、ものすご~くうれしいんですよね…。

秋には3期工事(洗面所、浴室の改修)のお話もいただいているので、それまでじっくりとプランを練りたいと思っています。

がんばります。

夢二ブーム

投稿日:2014年03月07日

夢二

こんにちは、高橋です。

個人的な話ですが、最近「夢二」がマイブームです!
竹久夢二の壁紙です。

例えばメーカーの柄物だと何か物足りなさを感じるし、ウィリアムモリスなどの輸入物は「洋」な主張が激しいものが多く、室内がこってりと洋風に仕上がってしまいます。
夢二の壁紙は和柄なんだけど、モダンなので(和モダンということですね…)、自然素材で仕上げた空間によく馴染み、それでいて品よく十分にアクセントにもなるデザインだと思います。

写真、左は板橋区のU様のお住まいで使う豆をモチーフにした壁紙、右は板橋区のY様のお住まいで使う洋梨をモチーフにしている壁紙。
どちらのお住まいも壁面のアクセントとして「夢二」をご提案し、お2人とも気に入っていただいて採用することになりました。

2種類の「夢二」による空間、出来上がったらまたご紹介しますね…。