月別: 2016年10月

新築校舎にて

投稿日:2016年10月25日

こんにちは、村上です。

子供ネタ連投です。

先日、息子の幼稚園で運動会がありました。

息子にとっては初めての運動会なので、とても楽しかったようです。

img_0291

 

 

 

 

 

 

 

さて話は少しそれますが、写真の運動会をしている校舎は私の母校でもあり、

つい最近建て直したばかりの新築中学校です。

前の校舎は昭和8年に建築されたものでした。私の頃にはすでにボロボロで、

エアコンも無く、夏場は校舎横のプールからの蒸発した熱気が教室内に充満していました。

数年前まで、他人事ながら耐震工事はしないのかな?と思っていましたら新築とは!!でした。

images

運動会後のお片付けで校舎内に入りましたが、最近の学校はすごいですね(@_@;)

室内の床は全てフローリングでした!!

メーカーさんによれば無垢材を提案しているところもありますから、ここも無垢のフローリングかしら、、、

仕事柄で違う新築校舎の工事中に入ったこともありますが、そこは小学校で自動ドア・エレベーターがありました。

top-image

ここもあるのかしら?キョロキョロ(;一_一)

 

こちらの工事、解体から竣工まで約3年から4年掛っていると思います。

一般住宅ですと、新築は3か月ほどから。

リフォームですと長くても1~2か月ほどと考えると、ずいぶん長い期間になります。

息子が通う予定の小学校ですが、こちらも耐震工事はしないのかな?と思っていましたら、

建替えのお知らせが、、、、

在学中の4年弱はプレハブ校舎ですかね。不憫(~_~;)

しかし、ものは考えようです。旧校舎・プレハブ校舎・新校舎と「一度で三度おいしい」という考えも。

ふと思いました、

新築に限らず、リフォームも同じかもしれません。

新しくなるドキドキ感もあれば、以前の趣や思い出を残しながら綺麗にしたりと

「一度で何度でもおいしくなる」 そんなご提案をしていこうと、

子供が走っている新校舎を見つつ思いました。

完成見学会は大盛況。ご来場ありがとうございました!~板橋区サンシティM様邸~

投稿日:2016年10月23日

みなさんこんにちは、政所です。
今回は板橋区サンシティM様邸の
完成無料見学会を開催しましたので、その様子をご報告いたします。

多くの方がいらしゃってくださり、大盛況でした!ご来場くださり、ありがとうございました!

ご来場されたお客様で、お部屋がいっぱいに!

ご来場されたお客様で、お部屋がいっぱいに!

M様邸は、会社をご退職されたのを機に、
これからの大人二人暮らしを快適に過ごすために、
リフォームされました。

キッチンの使い勝手や水まわりのゆとり創出のほか、
窓ガラスを入れ替えての断熱性向上、
北部屋へのルームエアコン設置、
襖への江戸からかみへの張り替え、
シラス左官壁・シラスクロス・珪藻クロスなど、
自然素材を使った心地よい空気環境など、
さまざまな工夫が凝らされています。

今回の見学会では、こうしたリフォームのポイントを
短いお時間ではありましたが、
ご体感していただけたのではないでしょうか。

img_4125

 

M様邸ではまた見学会を開催する予定ですので、
今回ご都合が合わず見送られた方も、
ぜひご来場をご検討くださいませ!

具体的なリフォーム予定日が決まっていない方、
参考で見学されるというのでも結構です。
しつこい後追い営業はしておりませんので、
どうかご安心ください。

それではまた!

 

隠れた名(迷?)建築探訪~北千住編~

投稿日:2016年10月16日

みなさんこんにちは、政所です。
今回は北千住に取材へ行った際に、
珍しい建物を発見しましたので、
そのご報告を…。

ちなみに私にとっての北千住は、
仕事で何回も行ったことはあるのですが、
なぜか東口(電大口)方面のみ。
西口をじっくり歩いたのは初めてです。。。
(ご存知の方、どうか温かい目で見届けて下さいませ…☆)

繁華街の中に普段の暮らしが共存する街

千住といえば、安土桃山時代~江戸時代以降、
奥州街道や水戸街道への宿場として栄えた街。

江戸と地方を結ぶ各街道の最初の宿場町で、
板橋宿、内藤新宿、品川宿とともに「江戸四宿」に数えられています。

その宿場の名残でしょうか、今でも活気のある賑やかな街で、
大きな商店街がいくつもあり、充実しています!

とても長い商店街がいくつも。先が遠過ぎて見えません!(「千住ほんちょう商店街」の端から北千住駅方向を見たところです)この先にはさらにさらに、これまた長い「宿場街商店街」が荒川の土手のあたりまで続いています。

つい、駅前の繁華街にばかり目が行ってしまいますが、
ふと脇道に入ると、そこには昭和な懐かしい生活風景が広がっていました。

駅から徒歩1~2分程度でも、ちょっと裏道に入るとこんな懐かしい風景が現れます!商店街の喧騒は聞こえず、周囲は子供たちが元気に鬼ごっこをしている声だけが響き渡っていました。

まるでタイムトリップ…。

なんていう想いに浸りながら歩いていると、なんと、
珍しい建築に出会いました!

立派な庄屋さんのお宅…と思いきや、右側の蔵っぽい建物が、ちょっと異彩を放っているような気が。。

近づいてみると!

外壁の仕上げや窓まわり、破風などが、明らかに和風の母屋とは異なります!配色はメルヘンな印象!?

とてもしっかりとした造りの素敵なお住まいですが、
これは、まさに、、

和洋折衷建築!

にジャンル分けできる建物でしょう!

【和洋折衷建築】(wikiより)
近代日本において建てられた和風建築と洋風建築の要素を意図的に折衷した建物。
幕末の横浜にルーツを持つと言われ、明治維新後に日本各地で建築された。
文明的とされた洋風建築の要素と伝統的なステータスの象徴であった
和風建築の要素の双方を組み合わせたところに特徴がある。

分かりやすくいえば、映画「となりのトトロ」の
サツキとメイの家、のような感じですね!

(ここからは私の勝手な想像ですが…)
時は昭和初期。
当時豪商として周辺地域をまとめていたこの家主さんは、
もうすぐ学校に通い始める愛娘に
子供部屋を与えようと考えました。

「子供には最先端の良い環境を与えてあげたい…」。
家主さんは、流行していた洋風建築を採り入れることにしました。
色遣いはメルヘン風にして、まるで絵本に出てくるような
夢の子供部屋(離れ)が完成。

娘はとても喜んで、友達を招いて遊んだり。。
すくすくと育ち、立派な大人になったそうです。~めでたしめでたし~

~~~

与太話が長くなってすみません(笑)、何が言いたいかというと、
リフォームでも新築でも、そこには
「愛」の存在があるように思ったのです。

奥さんに素敵なキッチンをプレゼントしたい、
家事動線が楽になる間取りにしてあげたい、
旦那さんが仕事から帰って来たときに、癒しのある空間にしてあげたい、
休日には趣味に没頭できるスペースを作ってあげたい、
友達にも自慢できる楽しい子供部屋を与えたい…などなど。
もちろん、ご自分へのご褒美としてのリフォームも「愛」です!

・・・ということで、
そんなお客様の「愛」のお手伝いを、
「愛」を持ってリフォームするのが水工房です。

水工房の会社のキャッチコピーは

「愛」ある住まいづくり

です。というお話でした!

ちょっと変わった現場へ行く楽しみ!!

投稿日:2016年10月04日

河北です。

実は最近、板橋区サンシティの現場に行くのがちょっと楽しみな事があります。

その理由はキンモクセイです。

サンシティの中は樹木がたくさんあります。そんな中この季節に一際存在を感じるのが

キンモクセイです。

0929-126

サンシティの敷地に入ると、キンモクセイの香りがしてきます。

香りを感じた瞬間にあせっている気持ちや少しムカムカした気持ちを吹き飛ばしてくれます。

急いでいる時や考え事をしている時に目に映る草木や花に関心がいくことがありませんが、

そんな中でもこの香りに惹かれて癒されます。やっぱり自然の力はすごいなと感じました。

 

以上、秋を感じる気持ち良いトキでした。

 

ちなみにキンモクセイの花言葉は「謙虚」「気高い人」「真実」「初恋」だそうです・・・!%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

 

はじめまして、、

投稿日:2016年10月03日

はじめまして、10月より入社致しました営業の村上です。

以前は住宅設備の商社や工務店で働いておりました。

バリバリ頑張っていきたいと思っておりますので、ブログをご覧のお客様にお会いできる日が今から楽しみです。

何卒、宜しくお願い致します。

 

さて、はなしは変わり、私事ですが

今日10月3日は娘の1歳の誕生日なのです。

ここ1か月程は4歳のお兄ちゃんの遊んでいる玩具に興味を持つようになり、

どうにかして奪ってやろうかと奮闘しています。

まあ、大抵はお兄ちゃんから玩具を奪えず、泣いていますが、、、

下の写真はお兄ちゃんが根負けして、レゴで楽しんでいるところです。

ちょっと満足顔です。

img_0171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お人形やぬいぐるみは一切興味がないようです。

お兄ちゃんの男の子向けが良いみたい、、、

元気に健康に育ってくれるだけで満足ですが、

将来、男の子みたいな女の子になってしまうのでしょうか(^_^;)