月別: 2016年11月

お客様より心温まるプレゼントをいただきました!

投稿日:2016年11月29日

こんにちは、小島です!

いきなり寒くなったと思ったら、
もう11月も終わりで本格的に冬になってきましたね。

私は超がつくほどの寒がりで、
割と早い段階からダウンジャケットを着用・・・。
外に出ると意外とまだ薄手のジャケットの方もいて、
寒くないんかっ!と心の中でつっこんでおります。

そんな中あるお客様に、
心と体の温まるプレゼントをいただきました。

続きを読む>> お客様より心温まるプレゼントをいただきました!

約半年ぶりに金沢へ帰りました~!!

投稿日:2016年11月29日

先日、友人の結婚式があり金沢に帰りました。

何年かぶりに会う友人に会いましたが、不思議とそんなことは忘れて、よく遊んでいた頃のように

会話を楽しんできました。

そしてこの時期は北陸の冬の訪れを告げるカニ漁の解禁です。 やはり石川県民はこの時期、香箱ガニが

楽しみです。(のはず!)

続きを読む>> 約半年ぶりに金沢へ帰りました~!!

足立区 奥様の念願とご主人様の温かいご理解が叶ったキッチンリフォーム 始まります

投稿日:2016年11月23日

こんばんは!後上です。 (‘ω’)ノ

今日は朝から3件のお客様とお目に掛かり、
何かと充実した一日でした・・・

『さて、明日の予定は・・・』

私も楽しみにしていたキッチンリフォームが、
いよいよ明日からスタートとなります。

それでは・・・とばかりに、
ちょっとブログでご紹介を。

続きを読む>> 足立区 奥様の念願とご主人様の温かいご理解が叶ったキッチンリフォーム 始まります

健康素材のリフォームを考えるだけでなく、その先をもうちょっと考えてみる。

投稿日:2016年11月19日

こんばんは。後上です。

今週は、多くの研修・セミナーに
出席させていただいた1週間でした。

『企業理念』と『顧客満足』を軸に、
いずれの研修も、改めて自社を振り返る、
貴重な機会となりました。。。

続きを読む>> 健康素材のリフォームを考えるだけでなく、その先をもうちょっと考えてみる。

庭の木がはじめて実をつけました

投稿日:2016年11月03日

みなさんこんにちは、政所です。
今回は私ごとで恐縮ですが、

庭の木に実がなりました!

というお話をお届けさせていただきます。。

この住まいには10年ほど前に中古で購入したものですが、
その当時から既に、庭に植えられていた植物です。

「なんだかトゲのある木だなぁ」というぐらいにしか
認識してなかったのですが、
ついに今年、突然実をつけました!
柑橘系です☆

img_4637

インターネットで調べてみると、
どうも「柚子」系らしい、という結論に至りました。

それにしても大量です。

img_4547

しかも出自が怪しいので、
気軽に食べる、というのもはばかられて…。

柚子湯にするなどで何とか使っていますが、
それにしても自宅ではとても使いきれませんので、
「食べるのはちょっとあれだと思いますが…」という前置きをしつつ、
ご近所にもおすそわけしました。

子供の頃以来の柚子湯。
湯上り後も「ぽかぽか」が持続することに気づきました。

季節の旬のものを、暮らしに採り入れるというのは、
理にかなっているのかもしれませんね☆

ダリ展と東京デザイナーズウィーク2016に行ってきました☆

投稿日:2016年11月01日

みなさんこんにちは、政所です。img_4313

今回は先日行ってきました、
「ダリ展」と「東京デザイナーズウィーク2016」の
ようすをお届けします☆

国立新美術館「ダリ展」~12/12(月)

サルバドール・ダリといえば、
皆さんご存知、スペイン出身の芸術家ですね!

しかしその奇抜な作品から、アートといえるのかどうか、、、img_4319
賛否両論かとは思います。。が、
フロイトにも認められ、ココシャネルやウォルトディズニーなど、
そうそうたる面々からのオーダーや協働作品もあるらしく、
ちょっと気になります!

また「だまし絵」など、分かりやすいモチーフも多数あって、
家族連れにもおすすめです☆

なお、国内でも何度か彼の企画展が催されて来ましたが、
今回は作品数が圧倒的。実に128作品もの大量展示!

いわゆる誰もが知る超有名作品の展示は少ないのですが、

14歳の青年期の作品から晩年まで、
歴史を追って彼の作風の変遷がよくわかる
ていねいな内容になっています。

img_4322

国立新美術館(設計=黒川紀章)の内部。東京メトロ千代田線・乃木坂駅と直結し、エレベーターやエスカレーターでスムーズにたどり着けます。

なお、展示の最後には、映画女優メエ・ウエストを描いた油絵作品を
立体で再現した部屋もあり、圧巻でした☆

ご興味がある方は、ぜひ!

メエ・ウエストの部屋

メエ・ウエストの部屋。この部屋だけ撮影可。それぞれ列に並んで記念写真を撮っていました(我が家も漏れなく…)

 

「東京デザイナーズウィーク2016」~11/7(月)img_4360

東京デザイナーズウィークは、
以前のお仕事で出版社の記者として取材したことが縁で、
何だかんだでほぼ毎年訪れています。
こちらもお子さん連れでも楽しめる内容です☆
(「親子割」というお得な入場料金設定もあります)

このイベントでは、企業や建築・インテリア関連メーカー、ショップ、
そして大学などが、新作発表の場や実験の場として
ユニークな展示をしている2週間なのです☆

では、その展示を一部ご紹介しましょう…

不動産会社「エイブル」のブースでは、空間デザインコンペ発表!

img_4369

芝浦工業大学の学生による「居る床」。腰高の床が、間仕切りであり、天井であり、通路でもあり…。建築では、床に座る・椅子に座る・床に立つ、という各姿勢の視線の高さをそろえてコミュニケーションを密にする手法がありますが、この部屋もある意味、視線が揃っているような…?

img_4371

横浜国立大学院の院生による、部屋が丸ごと砂浜(!?)の「居心地を探す空間」。自由気ままな「寝っころがった」暮らしができる空間です!

これらの模型も展示してありました・・

img_4372

「居る床」

img_4373

「居心地を探す空間」

 

別の企業ブースでは、新しい空間提案も・・・

部屋の中にさらに小さな小屋をつくり、子供部屋にしてしまう提案。これなら狭い我が家でも、個室を与えられそう!

部屋の中にさらに小さな小屋をつくり、子供部屋にしてしまう提案。これなら狭い我が家でも、個室を与えられそう!この2畳程度の空間には、ベッドと勉強机が入っています。

かつての日本間は、1つの間で食べたり寝たり、フレキシブルな空間でした。それを現代で実現した提案です。テーブルが持ち上げれば広い空間ができ、ベッドなどを引き出せます。

こちらは狭い都心型の部屋でのスペース活用提案。かつての日本間は、1つの間で食べたり寝たり、フレキシブルな空間でした。それを現代で実現させています。テーブルが持ち上げれば広い空間ができ、ベッドなどを引き出せます。

 

イベントも目白押し☆

著名人もたくさん登場しています!

建築家の伊東豊雄さん!

今や世界的建築家の伊東豊雄さん!

新進気鋭の建築家・デザイナーも。

新進気鋭の建築家・デザイナーも。

J-WAVEのステージではミュージシャンのLIVE。

J-WAVEのステージは演奏で盛り上がっていました。

 

屋外には来場者参加型の学生展示がたくさんあり、親子で楽しめます☆

img_4428

読売理工医療福祉専門学校による「あめ のち にじ」。ぶら下がった水袋に好きな色水を自由に足して行きます。色の勉強になります!小学校の図工・水彩の授業で、パレット上で救いようのない色になって困ったことを思い出しました(笑)

京都精華大学による「PLUS=MINUS」。ドアを自由に動かして間取りを変えられます!

京都精華大学による「PLUS=MINUS」。ドアを自由に動かして間取りを変えられます!(ドアを開けると残りの空間を奪い、相手の行動にも影響を与えてしまう。というのを体験するのが本当の趣旨だそうです)

総合学園ヒューマンアカデミーによる「災害後デザイン」。避難所をデザインの力で少しでも快適にしたい、という提案です仕切りをターフに、電球は使用済み紙コップでシェードにしています。

総合学園ヒューマンアカデミーによる「災害後デザイン」。避難所をデザインの力で少しでも快適にしたい、という提案です。仕切りは最小限の材料でターフに。電球のシェードは紙コップでできています!

リンレイ×多摩美では、「もし2歳に戻ったら?」という世界を再現。床がとても近く、つい汚れなどに目が行ってしまいます。

リンレイ×多摩美では、「もし2歳に戻ったら?」という世界を再現。床がとても近く、床のほこりや汚れが大人以上に目立って見えるのが体感できました(もっと自宅をまめに掃除をせねば…)。

img_4520

場所は明治神宮外苑・聖徳記念絵画館の近くです。夜になると、プロジェクションマッピングを使った展示がキレイです!

ごく一部のご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか。

会期は11/7(月)まで☆

 

==以下、11/7(月)加筆==

東京デザイナーズウィーク2016で、大変悲しい事故がありました。
同じ子を持つ親として、大変ショッキングであったと同時に、
あまりの悲しさに、言葉がうまく出ません。
何とかして再発防止を、節に願います。

亡くなられたご冥福を方に、心からご冥福をお祈りします。