月別: 2018年1月

誕生日のお祝いをしていただきました!

投稿日:2018年01月29日

 

こんにちは、小島です!

1月も残り数日ですね。

先日の雪の日は、
「電車が止まったら困る!」と
ブーブー言いながらも、
きれいに積もった雪を踏むと
テンションが上がってしまいました。

 

さて、今月は青木常務と私の誕生日で、
お祝いをしていただきました!

 

 

本来は常務も一緒にお祝いするはずが、
常務が早めに帰ってしまったので
私だけ抜けがけみたいです(笑)
(後日ちゃんとお祝いしましたよ♪)

いただいたのは名刺入れです。

 

 

 

猫の足跡とシルエットがかわいい❤
猫グッズが増えていきます(#^.^#)

 

皆さんありがとうございました!!

ではでは小島でした~(^^♪

 

LIXIL サティスのトイレ工事しました。

投稿日:2018年01月21日

こんにちは、小柳です。

 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

今年1年間も、水工房で最年少の小柳がパワフルに活動していきます!

 

早速ですが、新年1発目にトイレの工事をしましたので、こちらでご紹介します。

 

まずは、Before をご覧下さい。

 

 

お施主様は、事前にLIXILのショールームをご覧になられていて、

初めてお会いしたときには、ご希望の商品が固まっていました。

 

お施主様は、タンクレストイレ【サティス・手洗カウンター付】がご希望で、

トイレ空間のクロス貼替えも含めて施工させていただきました。

 

それでは、AFTER をご覧下さい。

 

 

今回は、手洗器下に収納部分がない、【フロートタイプ】というものをご選定しました。

圧迫感がなく、足元がすっきりしているので、トイレ空間でも動きやすいのが特徴です。

 

サティスの特徴として、SとGタイプの2種類あり、

今回選定した、Sタイプは非常にコンパクトなサイズになっています。

一般的な洋風便器は、80センチぐらいの大きさですが、

サティスのSタイプは、66センチで14センチもコンパクトになっています。

 

また、手洗カウンターの大きな特徴は、既存の給水管から分岐させて

手洗器に接続するので、大がかりな工事にならないことです。

 

お施主様は壁紙の仕様にもこだわりがあり、

アクセントで、正面にオレンジ色をご選定し非常に

華やかな空間になりました。

 

ここ最近、トイレのリフォームをご検討されている方で、

トイレと手洗を別にしたいというご相談を多く頂きます。

同じようにご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さい。

 

以上、小柳でした~ (。´・∀・)ノ゙

1/27(土)・28(日) 60代からのリフォーム相談会開催します!!!

投稿日:2018年01月16日

こんにちは、中野です。
年明け1月も半ばを過ぎました。

今回は、今年最初の相談会イベント開催のお知らせをいたします☆

開催日は1月27日(土)と28日(日)の二日間!

その名も・・・

『60代からのリフォーム相談会』

な、なんと60代と年代を限定しての相談会になります。

子育ても一段落し、
これからのご夫婦お二人の新しい生活を迎えたい、
または気ままな1人暮らし、自分だけのための住まいにしたい、
あるいは二世代・三世代同居…など
60代は、ライフスタイルそのものが変化する時期でもあります。

水工房でも、
数多くの60代前後のお客様にリフォームのご相談いただいております。、
多かれ少なかれ、相続や家族間売買、資金相談といった、
この年代ならではリフォーム以外のお悩みもご相談いただくこともしばしば。

これまでの相談実績・施工事例を踏まえ、
この年代の皆様のリフォームのご計画にお力になれるのでは…と
敢えて『60代からのリフォーム相談会』とさせていただきました。

とはいっても、厳密に60代しかダメよというものではもちろんございません。
・これから60代を迎えるにあたり。
・60代になった今こそ!
・60代のうちに…

50代の方も70代の方も歓迎いたします。

まだまだ若くて体力のある世代。
早めのバリアフリー化と性能向上、
そして住まいの夢を叶え、まだ長い人生を楽しんで暮らしてほしい。
水工房はその手伝いをさせていただきます。

ご予約不要の相談会です。(もちろんご予約も大歓迎です☆)
お住まいの図面をご持参の上、お気軽にご来店くださいませ!

ご来場プレゼントもご用意してお待ちしておりま~すヽ(^。^)ノ

フローリングの選び方

投稿日:2018年01月13日

 

こんにちは、小島です!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

新年一発目はフローリング材のお話を。
皆さんおなじみの床材かと思いますが、
その色や風合い、機能性は多種多様で迷ってしまいますね。

そこで、フローリングを大きく3種類に分けて
ご紹介したいと思います。
それが以下のようになります。

シート系
突板
無垢材

これらは、フローリングの構造によって分かれています。

 

シート系フローリング


表面がシート(木目をプリントしたもの)のものを指します。
基材は合板になっています。
最近はプリント技術が上がって、ちょっと見ただけでは
プリントと気づかないものも出ています。
印刷物特有のテカリを抑えて木材の凹凸を再現したものまで!

【メリット】
・傷に強い
・汚れに強い
・経年変化しない

とにかくきれい好きの方、逆にお掃除にあまり神経を使いたくない方、
いつまでも新品のように使いたい方にオススメです。

【デメリット】
・天然木の風合いには負ける

こちらにつきます。よーく見ると、同じ木目があったりするので、
表情豊かな天然木には見た目の点で負けてしまいます。

 

突板フローリング


基材はシート系と同じですが、
表面が薄くスライスした天然木になっています。
天然木を使用しているので、シート系よりは
価格帯としては少し上がります。
しかしながら、1つの木から量産することができるので、
無垢材よりはお手頃です。

【メリット】
・手ごろな価格で天然木の風合いをたのしめる
・そりなどの変形が少ない(基材が合板のため)
・表面がコーティングされていて、傷や汚れに強い商品も多い

突板は、シート系と無垢材のいいとこどりをしたものと
思っていただければわかりやすいかと思います。

【デメリット】
・天然木の風合いには負ける
・傷がつくと基材の色が見えてしまう

本物の木を使ってはいますが、
薄くスライスすると、大きな節の部分などは
穴があいて商品にはならなくなります。
そのため、比較的木の表情が落ち着いたものが多いです。

 

無垢フローリング


ご存知の方も多いかと思いますが、
無垢材とは、木からそのまま切りだした、
1枚板の状態です。
断面を見るとよくわかります。

近年人気が上昇しているフローリングです。
絶対無垢材で!と決めてご相談される方もたくさんいらっしゃいます。

【メリット】
・天然木の表情豊かな風合い
・自然素材なので環境と人にやさしい
・ひやっとしない
・調湿効果がある

無垢材のなによりの魅力は、
見て、触れて感じる美しい風合いです。
そういった見た目に加え、触ってもひやっとしないなどの
効果も実はあります。

1枚板なので、木の間に含まれる空気層が、
冷えの伝わり方をやわらげてくれるのです。
杉などの柔らかい(空気層が多い)木ほどこの効果が高いです。

【デメリット】
・傷、汚れに弱い
・そりなどの変形が激しい
・経年変化や日焼けによる影響が大きい

無垢材は、一般的にはあまり強い塗装やコーティングはしません。
できないことはないですが、できるだけ木のそのままの風合いを
楽しみたい方が多いからです。

そのため、傷や汚れには弱いですが、
ちょっとした傷なら表面をヤスリで削ったり、
へこみには蒸しタオルをあてることで
元に戻ったりします。
これが他にはない無垢の魅力です。

 

★★★★★

 

いかがだったでしょうか。
メーカーや樹種の違いなどあれど、
フローリングは大体は以上の3つに
わけることができます。

自分がどんな生活をしたいか、
機能性重視なのか、見た目重視なのか・・・
そういったことから候補をしぼっていくとわかりやすいかと思います。

フローリングを選ばれるときは、
参考にしていただければと思います。

ではでは小島でした~(^^♪

 

新年のごあいさつ

投稿日:2018年01月05日

あけましておめでとうございます。
水工房リフォーム部代表 青木澄江です。

昨年は、水工房創立70周年であるとともに
私がリフォーム部を起ち上げてから15周年という節目の年でもありました。

その節目の年に、LXILリフォームショップとして本格稼働、
数多くの完成見学会や相談会イベントを開催させていただき、
たくさんのお客様とご縁をいただくことができました。
本当に心より感謝申し上げます。

本年も「愛ある住まいづくり」を通して
皆様の素敵な暮らしをつくるお手伝いをさせていただきます。
お客様、地域社会に貢献できますよう
スタッフ一同心を込めて取り組んでまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:2018年の年賀状

コーディネーター小島の描いたスタッフの似顔絵は
お客様からも「似てますね~」とお声をいただいております。

いかがでしょうか?