カテゴリー: 現場情報

戸建の浴室工事

投稿日:2018年04月29日

こんにちは、小柳です。

 

春とは思えないほど暑い陽気が

続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

前回お伝えしました通り、足立区の竹の塚で

戸建の浴室工事をしましたのでご紹介します。

 

まずは、Before をご覧下さい。

 

戸建でよく見られるタイル貼りの在来浴室でした。

お施主様は事前にLIXIL ショールームでプランを作成済みでした。

今回は戸建用の浴室、 アライズ をご選定してます。

併せてトイレの床が踏むと凹む為

一緒に直して欲しいとのことで、同じ工事期間内で行いました。

 

完成後のお写真がこちらになります。

 

 

トイレの工事も含めて大体1週間程で終了しました。

ユニットバスからの入替だともう少し短縮できるのですが

工事期間が多少かかる原因は下の土台部分にあります。

 

 

こちらは解体後の写真で、下が土になっています。

この上から浴室の足を置けませんので

コンクリートを流し込み、平らにならします。

それが下の写真になります。

 

 

コンクリートを乾かすのに丸一日お時間を頂く為

その分工事期間が多少かかります。

 

ユニットバスに交換すると

壁や床が断熱仕様になっている為、冬場でも寒さを感じにくく、

床の段差も無くなりご高齢の方の怪我も予防できます。

 

お施主様はご高齢の夫婦でしたので

工事期間中お風呂がご使用できずご迷惑をお掛けしましたが

見違えるほどキレイになったとご満足いただけて

ほっと一安心です。

 

以上、小柳でした~ (*´∀`*)ゞ

戸建の内装工事をしました。

投稿日:2018年04月13日

皆様

 

こんにちは。

 

小柳です。

 

ここ最近は昼夜の寒暖差が激しく

体調を崩しやすい時期になってきました。

 

体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

 

さて今回は戸建の階段、2階の洋室の内装工事を

させて頂きましたのでご紹介いたします。

 

まずは、 Before をご覧下さい。

 

 

 

 

 

足立区にお住まいで10年ほど前に工事をされたOB様から

ブレーカーが落ちるので見に来てほしい とのご相談を頂いたのがきっかけでした。

 

冬場の時期に暖房器具を色々な場所で使用しているのが原因でしたので、

その旨をご説明してほっと一息ついたタイミングで奥様から

1階部分は全体をリフォームしたけど階段と2階の洋室の内装をやりたいのよね

この一言から今回の工事にいたりました。

 

今回の現場ですがなんと今日工事を終えたばかりです!!

早速出来たてホヤホヤの完成写真をご覧下さい (笑)

 

 

 

 

 

 

 

洋間は花柄のクロスで統一し

階段は、見にくいですがうっすら金色の模様が入った

和調のクロスで仕上げて見違えるようにキレイになりました!!

 

既存の壁が和室などで見られる砂壁というのものでした。

表面がざらざらしていて、そのままクロスは貼れませんので

大工さんにベニヤを張ってもらいました。

ベニヤを張った写真がこちらです。

 

 

大工工事、内装工事:計4日間で工事を終えました。

お客様にも喜んでいただきほっと一安心です。

 

以上、小柳でした~ (★´ー`)ノ

戸襖を貼替えました

投稿日:2018年03月29日

皆様

 

こんにちは、小柳です。

桜も満開になりすっかり春らしくなってきましたね。

早いもので来月には、私も社会人3年目になります。

 

花粉もすごく街中でもマスクをしている人をよく見かけるようになりました。

花粉症の恐怖を味わったことのない24歳は

今日も元気に営業活動を行っています!!

 

 

さて、今回は

戸襖の貼替え工事をしましたのでご紹介します。

まずは、BEFORE をご覧下さい。

 

 

 

色々と写真を漁ったのですが、

全体が写っている写真が一枚もありませんでした (ノД`)・゜・。

 

建てつけが悪くなり、建具を交換したいというのが

ご相談のきっかけでした。

費用も抑えたいとのことでしたので、

襖を大工さんが鉋で削って調整をし、

扉面の壁紙の貼替えをするご提案をさせて頂きました。

 

貼替えた後のお写真がこちらです。

 

 

 

光の当たり方が悪く分かりにくいかもしれませんが

お施主様はグレー調の壁紙をご選定されました。

周りの天井・壁が白色なので、

アクセントとして非常に空間にマッチしています。

 

水工房では、細かな内容のご相談もお受けしております。

こんな相談でも大丈夫かしら? という内容でも

まずはお聞きいたしますので、お気軽にご連絡下さい!!

 

以上、小柳でした~~ (*・ω・)ノ

ゴージャスな浴室に生まれ変わりました

投稿日:2018年02月28日

皆様

 

こんにちは 小柳です。

明日には、就活が解禁されますね。

3年前に自分も経験しましたが、

毎日不安な気持ちを抱えながら活動していたのを覚えています。

就活生の皆さん頑張って下さい!!

 

さて、今回は先週浴室の工事をしましたので、ご紹介します。

早速 Before をご覧下さい。

 

 

 

 

 

写真を見てお分かりかと思いますが、元々がゴージャスです ( ;∀;)

それもそのはず、築7.8年の若いマンションでした 笑

おしゃれなシャンプーボトルもお客様ご自身で選ばれたそうです。

 

お客様の方で好みのデザインがあるらしく、

その部分がきっかけでご相談いただきました。

完成後のお写真がこちらになります。

 

 

 

 

 

 

壁の色を黒に変更し、洗面所内の壁紙も貼替えて落ち着いた雰囲気に生まれ変わりました。

今回はTOTOの浴室の中でもグレードが高いものをご選定されました。

写真でもシャワーヘッドがあるのがお分かりかと思いますが

オプションで、天井からもシャワーがでる【オーバーヘッドシャワー】という商品も

ご選定させれています。(完成写真の4枚目にあります)

 

私も浴室工事を色々とお手伝いさせていただきましたが、

ここまでゴージャスな仕上りになるとは思っていませんでした。

工事終了後、お客様にも非常に喜んでいただきほっと一安心です。

 

以上、小柳でした~ (* ̄▽ ̄)ノ

トイレ・給湯器の工事をしました。

投稿日:2018年02月17日

皆様

 

こんにちは、小柳です。

 

今回は、トイレと給湯器の工事をしましたので、ご紹介します。

まずは、Before をご覧下さい。

 

 

 

元々は、トイレの給水管の水漏れで工事を急がれていてのご相談でした。

お客様から、「実は、給湯器も調子が悪くて・・・」とのお話があり、

急遽給湯器も一緒に施工いたしました。

 

完成写真がこちらになります。

 

 

 

トイレは、内装を含めて施工し、給湯器は後継機種で交換しました。

 

急にお湯が出なくなったり、お湯の温まりが悪くなったりする症状が

現れやすいのは、圧倒的にこの冬の季節が多いです。

今回のお客様は、運よく壊れる前に交換ができました。

 

給湯器が壊れてからお問合せを頂いたりしますが、

冬の時期にお湯が出ないのは死活問題ですので、

早めの交換もご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

以上、小柳でした~ (●´∀`)ノ

隅付タンクトイレのリフォーム

投稿日:2018年02月01日

こんにちは

 

今回は、小柳の投稿です。

ここ最近は、非常に寒い日が続いていますが、

いかがお過ごしでしょうか。

インフルエンザも流行ってきているので、体調管理には

くれぐれも気をつけてくださいね。

 

先日、戸建にお住まいのお客様で1,2階のトイレを

交換しましたので、ご紹介したいと思います。

 

まずは、Beforeをご覧下さい。

 

 

こちらのお宅では、隅付タンクトイレが設置されていました。

築年数が長いお宅では、たまに拝見するトイレです。

 

トイレ自体も非常に長い年数ご使用されていたので、

1、2階のトイレをあわせて交換させていただきました。

 

完了後のお写真がこちら。

 

 

隅付タンクから交換される際の注意点として、

給水位置が遠い場所にある為、専用の部材を取寄せなければなりません。

完了写真の1,2枚目の給水管から、L字型の金属パイプが見えますでしょうか。

拡大写真がこちらです。

 

 

2階は給水位置が標準の範囲にあるため、そのまま施工できました。

1階は、給水位置が2階とは反対の場所にある為、

上記の部材を使い施工しました。

今回は、トイレの交換のみなのでわずか半日で工事が終わりました。

壁にタイルが貼られているため、タンクを取付けていた時のネジ穴が

見えてしまうことは事前に了承をもらい、施工させていただきました。

 

今のトイレは、各メーカー共にお手入れ製や節水製の機能が

非常に高い商品になっています。

もし、トイレリフォームをご検討されている方は、

お気軽にご連絡下さい。

 

以上、小柳でした~ (゚▽゚*)ノ~~

水廻りリフォーム 間もなく完成・・・

投稿日:2017年11月20日

こんばんは!後上です。

本日お訪ねしたお客様宅にて。

飼っていらっしゃるニャンコが、
私の足元にまとわりついて離れません・・・

『おっ!私のこと好きなのかい

って・・・
どうやら足首に貼った湿布のニオイが好みだったらしく・・・
ささいな事ですが、何故かとっても凹みました。

別にいいけどさ。 (T_T)

**********************

明日、完成・お引渡し予定のお客様。
2週間ほどのスケジュールで、
水廻り(キッチン除く)のリフォームをお手伝いしておりました。

初めてお目に掛かったのが7月。

お忙しい中、
何度もお打合せを重ね、
ショールームにご足労いただき、
大変なご苦労・ご協力を頂きました。

そして迎えるお引渡し・・・
感慨深いものがあります。

**********************

UB

 

 

ご主人様セレクトのお風呂。
工事途中ではございますが、
早々に納品、
既にお使い頂いております。

222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる仕様はやっぱりこの【 肩湯=アクアフィール 】

お仕事に、子育てに、
お忙しくお過ごしのお客様にとって、
このお風呂はきっと『リセット』する場所になる事と思います。

**********************

aaa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣接するサニタリー・お手洗いは、
当社コーディネーターの小島がお手伝い。

タイルの仕様を当初から気に入っていただき、
ご提案に至りました。

まだお小さく、やんちゃなお子様たちもいらっしゃいますので、
その点は『実用性』も重視。
かと言って、そこは念願のリフォーム、
全てをお子様中心の『子育て仕様』にはしたくない。

使い勝手・清掃性・清潔性・・・にもこだわりつつ、
華美にならずシンプルに、
落ち着き感ある大人仕様のサニタリーにしたい・・・

このバランス、折り合いをつけるため、
機器類は細かな所まで確認・検討を繰り返しました。

**********************

DSCN0445 DSCN0446

 

 

 

 

 

 

DSCN0447

 

 

工事も中盤、
タイルが貼られた辺りから、
いよいよ完成間近となります。

ここに、化粧台・収納、
手洗いなどが設置されて行きます・・・

 

**********************

これから!
と言う所で何と後上が負傷。

水廻りが2階設置でもある事から、
階段の上がり降りで現場の邪魔になってはイカンと、
進捗は監理の河北からの報告で確認。

撮影してくれる写真を見ながら過ごすこと数日・・・
さすがに気になって仕方ありません。

今日は無事に器具も設置できたとの事。
いよいよ明日、
細かな点を調整して、完成を迎えます。

明日が楽しみでなりません・・・

完成の様子は引き続き!

 

 

外装リフォーム・シート施工も完了!

投稿日:2017年11月19日

こんばんは。後上です。

不覚にも・・・足首ねんざですよ。
45才、何とギブス巻いてます。(T_T)

ん~・・・やはり不便だ・・・足場上がれない・・・

めげずに、
先日ようやくお引き渡し出来た『外装リフォーム』のご報告を。

*******************

過日ご案内していました、
外装の『シート貼り施工』について。

美観・耐久性に優れたこの素材。
施工の様子をご紹介します・・・

mae
先ずは施工前の様子。

角度部分の黒ずみは、
3階屋根の雨樋不調が原因。

降雨の時は必ずこの角を雨水が伝わり、
ひときわ汚れていました。

これは原因の雨樋を修復して解決。

・・・にしても、全体的に風雨・紫外線に晒されて、
表面はサメ肌の様に荒れていました。

 

 

A B

 

下地処理の様子。

上貼り施工ですので、
既存シート、
表面の凹凸を下地用セメントで
滑らかにしておきます。

 

 

 

 

1

2

3

 

 

専用接着剤を塗って、
1枚1枚重ね貼りして行きます。

 

黒い目地の様に見える部分は、
実はシートの端部であり、『重ねしろ』です。

鎧の様に両隣のシートと互いに少しずつ重なり合う事で、
施工範囲については隙間なく全体をシートが覆って行きます・・・

45

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑  大きなローラーで圧着させて・・・貼っていきます。

写真の様な開口部、
切り欠きがあったり、変形していたり・・・
これは事前に細かく採寸し、
予めシートの裁断を済ませて現場に持ち込みます。

6

 

←  これが虎の巻。

どの部分にどのシートが来るのか・・・
こと細かに書かれたモノです。
スイッチBOXの切り欠きまで書かれていますよ。

現場ではサクサクと貼られて行くので、
何とも見ていて楽しそうな作業だったのですが・・・

実は見えない所でこれほどの準備が。

 

 

RIMG0666IMG_0852

 

 

途中、2週間ほど長雨で
足止めを食いましたが、
お陰様で事故無く全ての作業を完了。

タイルも補修&防水塗料でメンテナンス。
屋根は新たに鋼板を重ね葺き。
1階シート施工も上貼りで完了。

 

 

 

意匠にこだわって建てられたこのお住まいは、
タイル・シートともに躯体表面に接着で仕上げられています。

タイルやシート目地から万が一、漏水でもされると。。。
内部でどんな被害になっているか全く解らない。

だからこそ、『表面保護』にこだわった今回のメンテナンス。

正直、手間暇もかかりましたが、
自信をもって安心頂ける施工となりました。

RIMG3962

 

 

終わってみれば・・・ですが、
外装工事は足場が外れたらやり直しがききません。

完工前は上から下まで行ったり来たり・・・
何度もチェックを行ってお渡ししたお住まい。

K様には本当にお世話になりました。

心からの感謝とともに。
この場を借りて・・・有難うございました。

外壁タイルを防水する外装リフォーム

投稿日:2017年10月28日

こんばんは。後上です。

やっとこ晴れまして・・・って、
また台風かぁ~い!!

もうここまで来ると怒りを通り越して笑ってしまいます。
10日近くの雨天&台風。

外装リフォームの現場をお陰様で2ヶ所お預かりするものの、
全く進みません・・・  (T_T)

が。ようやく晴れた27日。
ここぞとばかりに職人さんらが頑張ってくれました。

でもやっぱりまだ終わらないけど・・・

****************************

ようやく着手した工程、【外壁タイル 防水塗料】についてご紹介。

前回に続きご紹介する【K様邸】。
2階・3階はALCパネルにタイル貼り。
このタイル、果たしてメンテナンスは必要か?

RIMG0665 (800x800)

本来外装で使用されるタイルは、
耐久性にも優れているので、
塗装仕上げの外装に比べて、
メンテナンスサイクルは長期となります。
が。

長期に渡れば、紫外線や振動により、
表面には汚染物が付き、
タイルその物の浮きや最悪の場合には剥落、
タイル表面・目地セメントのひび割れから漏水の原因になる事もあります。

あからさまにタイルが部分的に欠損している建物などを見かけると、
落下したタイルが通行の方々にケガでもさせやしないかと、
恐ろしく思う事もあります。

結論。メンテナンスが必要なんですね。

****************************

では、どうやってメンテナンスを行うのか?

修繕の目的は二つ。
●  防水・・・タイル表面や目地のひび割れから漏水させない ⇒ 防水
●  保護・・・未来に向けて、タイルが再び浮いても落下させない ⇒ 落下防止

タイルにシート状の物を覆い被せ、
保護と模様替えを兼ねた外装材も存在しますが、
相対的に費用はかなり高額となります。
何よりせっかくのタイル仕上げが失われてしまう・・・

そんな時、
私たちがご提案するのが【アクリル樹脂透明塗膜 = セブンS】です。

****************************

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この塗料は施工時白濁した(イメージは木工ボンド?)やや固めの液状ですが、
乾燥するとほぼ完全な透明に。
タイル仕上げの美観を損ねません。

また侮れないのが【建物への振動】
建物自体が揺れてしまい、塗膜が破れてしまっては、
漏水原因の解決にはなりません。

この【セブンS】は、完成した塗膜が肉厚でありながら、
伸縮性にも優れているので、
多少の振動でも塗膜が切れる事がありません。( ※ 追従性が良い )

****************************

こちらの【K様邸】でもセブンSをご提案、
ご採用いただきました。

割愛しますが、
塗装前には全てのタイルの浮きを検査。
怪しいタイルは全て部分貼り替えを行い、
加えて痩せてしまったタイル目地も再充填。

タイルのコンディションをしっかり整えて・・・

****************************

12

↑ 実際の施工の様子 ↑

長年当社に協力下さっている塗装の秋本さん。
貴重な晴れ間を逃すものかと、
私のちょっかいや冷やかしにも目もくれず、
せっせと塗装中・・・

さておき、
うっすら白濁した塗装面、お分かりになりますでしょうか。

3RIMG3147 (800x800)
ステキ ❤❤❤

このべっとり感が、
この先数十年にわたってタイルを保護します・・・

****************************

この1工程だけでもこのこってり感。

加えてこのセブンSは、
下地から数えると何と最低でも『5工程』(状況により6工程)となります。

デリケートな材料でもあり、
塗装面がしっかり乾燥していないと、
のちのち『膨れ』などの不具合を引き起こします。

雨天の翌日は、
よほど気温が上がってくれないと、
建物が乾燥しない為、すぐには塗れないのです。(>_<)

****************************

塗って、塗って、塗って・・・ 5回。

材料自体も確かに高価ではありますが、
それだけの手間を掛けることで、
冒頭お伝えした【防水】と【保護】の目的を叶えます。

他のお客様でもご採用いただき、
完成の様子を目の当たりにしていますが・・・

まるで厚手の透明ビニールでラップされたようにしっかり保護され、
お日様に当たってキラキラ光る様子を見ると・・・
『これで大丈夫』と言う安心感とともに、
何とも言えない感慨がこみ上げます・・・

あぁ・・・

現在施工中のK様邸でも、
その日が来るのはもうすぐ・・・

頼む!晴れてくれ!!

まだ少し工程を残しているだけに、
強く願う、貴重な晴れの1日でした・・・・

外装リフォーム 荒天で困った・・・

投稿日:2017年10月22日

こんばんは。後上です。

すっかりご無沙汰してしまい・・・

と、言いますのも、
現在わたくしが担当させて頂いております工事、
何と外装リフォームが殆ど。

しかも・・・

10月13日以降、
この秋の長雨で全く工事が進みません・・・(T_T)
既に10日ほど止まったまま・・・

発狂しそうです。

********************

RIMG2457 (800x800) RIMG0665 (800x800)
足立区のK様邸。
3階建ての鉄骨造のお住まい。

足場もカッコよく決まったのに・・・

********************

2・3階部分はALCパネルにタイル貼り。
幕板から下の1階部分は【石目調のシート貼り】です。

一見すると本物の石が貼ってあるかの様ですが、
実は厚み4mmほどのシート状、外装材です。

キャプチャ

 

IMG_1503 (800x600) IMG_1506 (800x600)
主に商業施設などの大型建築物、
タイル貼り外装の落下防止も兼ねた、
改修工事などに使われている材料です。

何がなんだか・・・な説明ですが。

要は、タイル貼りの大型建物、
経年から外壁に貼ってあるタイルが落下して事故にならないよう、
通常は落下しそうなタイルを部分的に貼り替えて補修するのですが、
この材料を上から貼ってしまい、
落下を防ぎつつ、メンテナンス・リニューアルしよう!・・・と言った材料。

********************

こちらのK様宅では、
ご新築時に既にこのシートが貼られており、
このシート自体も、漏水こそないものの経年で・・・

RIMG0633 (800x800)

 

 

 

 

←  紫外線と雨水で、
表面は退色し、サメ肌の様になっていました。

 

 

 

 

さて・・・これをどうするか?

剥すことも出来るのですが、
何分がっちりと外壁下地のALCパネルに接着されている事もあり、
今回は既存シートに【上貼り】と言う選択としました。

ガレージ内部や戸境で日照が少ない面などは劣化も軽微、
この様な面はコンディションも悪くない事から、
専用の保護塗料でコーティング。

********************

私自身、初めて扱う材料でもあり、
緊張と楽しみが混在した気分でしたが・・・

いよいよ本工程に入ろうかと言うタイミングで・・・
この長雨ですよ。(T_T)

火曜日以降は台風一過で晴天模様。

上部のタイル面の保護塗装と兼ねて、
工事再開の見込みです。

どんな施工・仕上がりになるのか・・・

続きはまたブログでご報告いたします。

ではでは。(‘ω’)ノ