月別: 2013年3月

梁補強

投稿日:2013年03月28日

こんにちは、高橋です。

板橋区のTさんの住まい、リフォーム工事は順調に進んでいます。

写真は梁補強の様子。
既存の柱を抜いて、既存の梁では強度がもたなくなったため、梁の補強をすることにしました。
既存の梁下に十分な強度を持つ新しい梁を添わせて、ボルトで緊結しています。
「既存梁の強度と新しい梁の強度が合わさるからもっと小さい梁でもOK…」という考え方もありましたが、念には念を入れて、新しい梁だけで強度が保てるだけの寸法の梁を入れました。
胸を張って「補強しておきました!」と言える工事をさせていただいたと思っています。

今週も木造リフォーム スタート!

投稿日:2013年03月24日

こんにちは、高橋です。
先週のTさんに続いて、今週もIさんのお住まいの木造戸建リフォームが始まりました。
小屋裏の空間を有効利用するリフォームです。
写真は天井を解体し終えて小屋裏空間が見えるようになっている状態。 
木造住宅では天井裏を覗いてみると、結構もったいないなぁ~と思ってしまう空間があったりするんですよね…。
限られたお住まいの中では、可能な限り有効利用すべき空間だと思います。

解体工事!

投稿日:2013年03月18日

こんにちは、高橋です。

リフォームの仕事をしていて、お客様に最初にお会いする時やプランをお見せする時など、いつもよりもテンションがアップしたりするのですが、最もアドレナリン満タン!な瞬間といえば解体工事の時だと思います。(個人的には…。)
          
工事の始まりということで、緊張?と興奮?でいっぱいですし、建物を解体していくと、予期しない問題が発生したり、逆に思いがけない空間を見つけたり、アイデアが思いついたりもするので、興奮しながらも冷静でいなくてはいけません。
とにかく解体工事は臨機応変に動けるように感覚をビンビンに研ぎ澄ませておかなければ…と思っています。
          
写真は先週から解体工事が始まった板橋区の「Tさんの住まい」。
和室を洋室に変更する部屋の解体後の写真です。
天井は下地からやりかえるために解体、正面の壁には腰高窓が付いていましたが、バルコニーと掃出し窓を設けるために解体しています。

作り手側からすると木造リフォームはマンションリフォームとは違うおもしろさがあります。
Tさんのお住まいのご報告では、そんなところをご紹介できればと思っています。