月別: 2016年4月

壁・床を作ります♪

投稿日:2016年04月23日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさまこんばんは
ソノダです。

現在工事させて頂いている足立区のB様邸
主寝室の木工事が始まりました☆(≧∀≦*)ノ

いつも、気づくと終わってしまっている木工事・・・
今回こそは!と行ってまいりました♪

********************************************

こちらのB様邸、戸建てではありますが、
木造ではないため、床の下にマンションなどで使用する
置き床を敷いていきます。

置き床指示ボルト

 

 

置き床とは、防振ゴムのついた支持脚でパネルを
支える仕上げ構造をいいます。

 

 

 

システム根太と呼ばれる根太に支持ボルトをセッティングしていきます。

システム根太

 

ソノダは、全部手でセットしていくのかと思っておりまして、
大変だな…と思っていたのですが…(´ー`A;)

インパクトでうぃ~ん
とあっと言う間にセッティング完了!∑(*´◯`ノ)ノ

 

 

ちなみに、壁を先に立てているのは、床鳴りしないように。
床鳴りとは・・・歩くと床がギシギシ・キイキイ音がなることです。

 

レベル調整

 

レーザーでレベル(水平)を確認しながら、セットしていきます。

 

 

 

 

 

DSC08443

 

脚がセッティングできたら、
合板を敷いていきます。

 

 

 

 

ここで、ソノダはまた退散・・・(T_T)

きっと、次回行った時には壁床が出来上がっていることでしょう。。。

という事で、また次回ご案内したいと思います!☆(≧∀≦*)ノ

この工事の投稿一覧はこちら

戸建てリフォームの主寝室工事を開始!

投稿日:2016年04月20日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は、戸建て全面リフォームの
主寝室工事のようすをご報告します。

この工事は住みながらのリフォームで、
生活の場を、部屋ごとに順々に移していただきつつ、
空いた部屋から順々にリフォーム工事を
行わせていただいています。

ちなみに今回ご紹介するのは、
前回の子供室工事(一期工事)に続いての、
二期工事になります。

解体工事終了!

このお部屋はもともと畳のある和室でしたが、
リフォーム後はフローリング床の洋室になります。
4月20日にお伺いしたときは、
すでに内装の解体工事が終わっていました。

Befor:和室でした。

Befor:和室でした。

工事途中:解体後のようす(4月20日)

工事途中:解体後のようす(4月20日)。ブルーシートの先は、一期工事が終わった子供部屋。

順調に進行しています。
どんな寝室になるのか、
今から完成が楽しみです!

この工事の投稿一覧はこちら

床下配管工事が終わりました!

投稿日:2016年04月16日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさまこんにちは。政所です。
ついに、足立区マンションY邸の
床下配管工事が完了しました!

床下配管工事完了のようす

Befor:4月13日。

Befor:4月13日。

After:4月16日。

After:4月16日。

水工房のクオリティ

漏水事故などを防ぐために、
高い技術や豊富な経験が必要なことは、
先の投稿でお伝えしましたが、
細かい部品レベルでも、
さらに事故を防ぐ二重・三重の防止策を
徹底していました。

たとえば、配管の分岐部分では…

Befor(施工前):もともと入っていた分岐のパーツは、熱で溶かして接合したものでした。

Befor(施工前):もともと入っていた分岐のパーツは、熱で溶かして接合したものでした。

After(施工後):分岐のパーツは、がっちりした頑丈なタイプに変更。

After(施工後):分岐のパーツは、がっちりした頑丈なタイプに変更。

After(施工後):ガス管などと交わる部分に緩衝材で保護するのはもちろんですが…

After(施工後):ガス管などと交わる部分に緩衝材で保護するのはもちろんですが…

After(施工後):分岐のパーツは、がっちりした頑丈なタイプに変更。

After(施工後):金物などと交わる部分にも、緩衝材でしっかりと保護。

よく見てみると、いろんなところでグレードアップ。
これは、水まわりの工事を長年手がけてきた
水工房ならではのクオリティです。

漏水などの事故を未然に防ぐ知恵や工夫が
至るところで見られた現場でした☆

この工事の投稿一覧はこちら

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

和室から洋室に

投稿日:2016年04月15日

みなさまこんにちは
ソノダです。

本日は、和室の畳からフローリングへの
お取替え工事をご紹介☆

和室からフローリング

 

 

 

 

 

 

 

畳とキレイなグリーンの塗り壁で仕上げられている和室でしたが、
お客様のご希望により、フローリングへ交換のご依頼。

真壁の和室、久しぶりに拝見させて頂きました!(*>∇<)ノ

最近中々お目にかかれない、純和室。
ちょっともったいない気も致しましたが・・・(*´>д<)

でも、キレイに仕上がりました!

 

じゃ~ん!

DSC08350

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったくもって、Before・Afterになるようなアングルの写真がなく・・・(´ー`A;)
ご案内しづらいのですが・・・(*´>д<)

押入れは、クローゼットに。
壁は、合板を増し貼りして壁紙を貼りました~

明るく素敵な洋室に仕上がりました♪

和室を洋室にしようかな・・・
とお考えの方、ご相談くださ~い!+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚

 

漏水を防ぐ、職人さんの技術力

投稿日:2016年04月13日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさまこんにちは。政所です。
今日は、足立区マンションY邸の
配管工事現場のご報告します。

先日配管撤去を行ったのですが、
今回は配管の敷設です。

これらは床下にあるので、
万が一の漏水があった際、
最悪の場合は床板をはがさないと
修理ができない部分です。
そのため、職人さんも慎重に作業を進めています。

 

排水管は勾配をつけて、排水を促します。

言葉でいうのは簡単なのですが、
床下の限られたスペースの中で
確実に勾配をつけるのは、綿密な計算と
熟練職人の豊富な経験が必須です。

水工房の職人さんは大ベテランですが、
それでも気を緩めることなく、水平器で何度何度も角度を測って、
ものすごく慎重に、時間を掛けて
ていねいに勾配を調整していました。

配管作業で必須の水平器。

配管作業で必須の水平器。

その作業の間は、職人さんに声を掛けられないほど
現場に緊張感があって、真剣そのものです!

芸術的な配管!

ここはトイレ×2、洗面、浴室といった
水まわりの設備が集まっている部分です。

綿密に計算された配管。

緻密に計算し尽くされた配管。

結果的に配管が複雑に配置されていますが、
職人さんの技術で、それぞれの勾配を的確に保ち、
スムーズに排水できるように計算されています。

ふだんの快適な暮らしの裏には、
こんな技術が注ぎ込まれていたのですね☆

この工事の投稿一覧はこちら

子供部屋できました~!

投稿日:2016年04月12日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさまこんばんは
ソノダです。

先日政所がご紹介した、「1つの部屋に子供部屋を2つつくります」
でご紹介したお部屋ができました~

子供部屋

 

 

 

 

 

 

 

これから壁紙が貼られます♪

お子様お二人とも中学生とのことで、
楽しみにしていただいております。ヽ(≧∀≦)ノ

壁紙も素敵なのを選んでいただきました♪

サンゲツ壁紙

 

お嬢様のお部屋はシルバーの
お星様入りの壁紙がアクセントです♪

 

 

トキワ壁紙

 

ご長男様のお部屋は
素敵なグリーンがアクセント♪

 

 

素敵なお部屋になりますよ~に☆+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚

 

この工事の投稿一覧はこちら

解体工事後に発見!縁の下のちから持ち

投稿日:2016年04月11日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさん、こんにちは。

政所です。

今回は、先日行った足立区のマンションリフォーム

解体工事現場の「解体後」のようすをご報告します。

この工事は全面改修ということで、
お住まいの中の床や壁を
すべて取り払うことが必要です。

改めて、これまでの経過を追ってみると…

4月5日、解体前。

4月5日、解体前。

4月7日、解体中!

4月7日、解体中!

4月9日、解体後!

4月9日、解体後!

いわば、「がらんどう」といった感じです。
骨組以外をまるごと替えるフルリフォーム、
いわゆる「スケルトンリフォーム」ならではの
工事のようすです。

住まいは機能があってこそ

そんな中、普段は床の下にあって見ることのない、
配管を見ることができました。

床下を縦横に走る配管。

床下を縦横に走る配管。

緑が常温水、オレンジが温水、ベージュがガス、
白は追い炊き用の配管です。
太いグレーの筒は、配水管です。

一方、天井には配線やダクトが
所狭しと駆け巡っています。

これを見て、住まいは
単なる「空間」や「箱」ではなく、
さまざまな設備による「機能」が備わってはじめて、
快適に暮らせるようになる、
というのを改めて実感させられました。

この工事の投稿一覧はこちら

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

キッチンパーテーション工事、完了!

投稿日:2016年04月10日

こんばんは、小島です!
すっかり暖かくなってきましたね!
先日、私が担当させていただいていたお客様の工事が無事完了しました!
実はこれが、初めて最初から最後までやらせていただいていた案件だったりして・・・
それはもうドキドキでした!

 

内容は、キッチンのパーテーションの新設工事。
before☆

DSCN5131

こんな感じで、キッチンとダイニングの間に収納カウンターが置かれていて、
「使いやすいんだけど電子レンジの裏側が丸見えなのが気になる・・・」
というご相談から始まりました。
「レンジを隠せて、なおかつ開放感を損なわないパーテーション」。
お客様といっしょに何度も考えた結果・・・

 

 

 

 

 

after☆
IMG_0166
とてもシンプルな、白い木目調の腰壁になりました。
実はここに至るまでデザインも紆余曲折あったのですが、
最終的に落ち着いたシンプルな形が、
このすっきりとしたお部屋にマッチしたのでは・・・と思います。

 

 

 

★★★★★
そしてそして、作ったのは壁だけではないのです。
実はこの収納カウンター、ちょっぴり新しく生まれ変わっています!

before☆
DSCN5144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

after☆

IMG_0169

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気づきですか?
以前は炊飯器やポットが入っていたところに電子レンジを入れられるように、
真ん中の家電スペースを改造して高さを大きくしたのです。

 

これは、腰壁をなるべく低くするため。
どうしても高さを出したくないというお客様からご提案なのです。
★★★★★
そして、腰壁にはレンジやポットなどのコンセントが使えるように、
中に配線が通してあります。
壁から配線を引っ張り出して、腰壁の中に通して、
壁に空いた穴は家具と腰壁で隠しちゃいます。
ここで必要になるのが、家具屋さんと電気屋さんの連係プレイ!
工事の順番として、
壁から配線を引っ張る→腰壁に通す→配線を結ぶ
となるので、家具屋さんと電気屋さんに同じ時間に現場に入って作業してもらいます。
IMG_0142
まずは電気屋さんが壁から配線を出して・・・

 

 

 

 

IMG_0151

腰壁を皆で設置場所に運んで・・・
さすが、顔なじみの職人さんたちなだけあって、息もぴったりです。

 
そして完成☆

IMG_0160

 

 

 

 

初めて自分の頭の中にあったデザインが実現して、
何とも言えない感慨深い瞬間でした。
お客様にもとっても喜んでいただけて・・・
反応が直に見れる仕事って、やっぱりいいなと感じました!

 

ではでは小島でした~(^^♪

1つの部屋に子供部屋を2つつくります!

投稿日:2016年04月07日

この工事の投稿一覧はこちら

はじめまして

みなさまはじめまして。
4月から、水工房に勤務することとなりました、
政所(まんどころ)と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

少しだけ自己紹介をさせてください。
私はインテリアスタイリストを経て、
住宅・インテリア雑誌の編集をしておりました。

こうした経験を活かして、
みなさまの夢の住まいの実現に向けた
お手伝いをさせていただければ幸いです。

いよいよ木工事が始まります!

早速ですが、今回は
戸建てのリフォーム現場をお伺いしました。
全面のリフォームですが、この現場では、
部屋ごとに順を追って工事を進めています。

まずは、子供部屋を2つに分けるリフォームです。
昨日までに養生が終わり、
今日はいよいよ木工事が始まります。
そのための資材搬入のようすです。

木工事のための資材です!

木工事のための資材です!

「壁を作るだけ」と言葉でいうのは簡単ですが、
実際作るとなると、こんなに材料が必要なのですね。

これからどんな空間ができあがるのか、楽しみです!

この工事の投稿一覧はこちら

愛あるリフォーム工事

投稿日:2016年04月07日

この工事の記事一覧はこちら

マンションのお部屋を解体しています!

みなさまこんにちは。政所です。

今回はマンションにお住まいの方の
全面リフォームの解体工事をご報告します。

間取り変更のほか、水まわりの移設工事も含めた、
大規模なリフォームです。

 

4月5日、解体前。

4月5日、解体前。

4月7日、解体中!

4月7日、解体中!

全面リフォームということで、
解体工事もダイナミックに進行しています。

工事でご迷惑を掛けないように…

マンションに限らず、住まいの工事は
音や振動などで、どうしても
近隣にお住まいの方々にご迷惑を掛けてしまいます。

また、工事会社の印象は、
ダイレクトにお客さまへ跳ね返ってきてしまいます。
場合によっては、
リフォームで住みやすくしたはずなのに、
工事会社のせいでご近所付き合いが悪くなり、
逆に住みにくくなってしまったり…。

このようなことを防ぐため、
水工房では工事に際して
管理組合の方との綿密な調整を行うのはもちろん、
近隣にお住まいの方々への挨拶を必ず行い、
工事日程や音の出る日時などをお伝えし、
ご了承をいただきながら、
ご迷惑を掛けないように慎重に進めています。

そのひとつに、汚れや傷を防ぐために
シートやクッション材で
床や壁などを保護する「養生」があります。

こちらは共用スペースの養生です。
ここまでていねいに養生する業者は
実は今まで見たことがないのですが、
水工房では、当たり前なのだそうです。

共用部分の養生。搬出入で足跡がつきそうな範囲に幅広く貼っています。

共用部分の養生。搬出入で足跡がつきそうな範囲に幅広く貼っています。

こちらは1階のフロント部分。右のエレベーターから左の駐輪場へまわりこむ搬出入経路です。

こちらは1階フロント。右のエレベーターから左の駐輪場へまわり込む搬出入経路に養生。資材を一時的に置く場所(左側)にも養生しています。

すべては、お客さまが快適に暮らせるように…。
そんな思いが、込められた現場でした。

この工事の記事一覧はこちら