月別: 2017年1月

足立区リフォーム現場の床組工事です!!~足立区加平戸建てリフォームO様邸~

投稿日:2017年01月20日

こんにちは、河北です。

前回は解体工事をご紹介しまして、今回は次工程の床組の工事をご紹介いたします。

置床工事は先ず床のレベルをきめて、壁ぎわに防振システムネダを施工していきます。

従来では防振システムネダではなく際根太を使用していたそうですが、それだと壁に直接接触しているため

上の階から下の階へ音を伝える原因にもなっていました。

次は支持脚をスラブ面にならべて(専用の接着剤を使います。)床パネルを敷いていきます。

床パネルの高さは支持脚のボルトをドライバーで回して正確にミリ単位で調整していきます。

O様邸リビングの置き床

リビングに敷き詰められたパーティクルボード

床パネルを施工し、高さ調整を終えましたら次は床材の下地になるベニヤを施工します。

なぜ直接床材を張らないの?

と思われる方もおいでるかもしれませんが床パネルだけではまだまだ材料があばれるので更にベニヤ貼ります

パーティクルボードの上にベニヤを貼ります

ベニヤの上にフローリングを貼ります

そして最後に仕上げとなります床材を施工します。

今回はカリン材を使用しました。

カリン材は家具・仏壇・床柱・床框・装飾・楽器などにも使用されている材料で耐久性や強度が高い商材です。

 

無垢のカリンの床材

 

 

個人的には重厚感や質の高さも感じ、味のある商材だと思いました。

以上、床組工事についてご紹介いたしました。

見学会に向けて、撮影をさせて頂きました!~板橋区マンションリフォーム~

投稿日:2017年01月12日

みなさんこんにちは、政所です。
今回は、お客様にご協力をいただき、
プロカメラマンによる写真撮影を行わせていただきましたので、
そのようすをお伝えいたします。

お伺いさせていただいたのは、板橋区のお客様で、
Y様邸とS様邸です。
当日はお天気にも恵まれ、
自然光を活かした素敵な写真を撮ることができました。

 

+++++++++++++++++++

まずはS様邸をご紹介します。

S様邸は、1/20(土)~21(日)の無料見学会で、実際にご覧いただくことができます。
>>見学会の詳細はこちらをご覧下さい<<

 

S様はお忙しかったお仕事がひと段落され、
ようやくゆったりとできる時間を手に入れることができたS様。

ふと気づけば、今まで自宅は寝に帰るだけの場所だった…と、
思い知らされたそうです。

そこで、新たに住まいを移して、
きちんとした「自分の居場所」を作ろうとご計画され、
リフォームのご相談を頂きました。

キッチンからLD、寝室を望む

 

新しい「居場所」となるこちらのS様邸は、築40年で広さは43㎡。
平米数だけを見ると、
ややコンパクトな印象をお持ちになるかもしれませんが、
今回のリフォームでは、開放的な間取りをご提案。
回遊性もあり、効率の良い動線で
必要なものにすぐに手が届く、
使い勝手の良い住まいになりました!

 

リビングダイニングからキッチンを望む

 

当日は大人6名で撮影に臨みましたが、
まったく狭さを感じることなく、
撮影小物や家具の搬入・搬出すら、
とてもラクラク・スムーズに行えました!

私自身、「間取りでこんなにも変わるものなんだ…」
と、改めて気づくことができました。

ファブリックに包み込まれた寝室

 

さて、冒頭でもお伝えしましたが、
S様邸は、1/20(土)~~21(日)の無料見学会で、実際にご覧いただくことができます。
「43㎡で開放感のある空間」を、ぜひご体感ください!

>>見学会の詳細はこちらをご覧下さい<<

 

+++++++++++++++++++

 

続いてY様邸です。

お住まいになりながらのリフォームで、
工事を部分的に3回に分けて、
順番にリフォームを進めさせて頂きました。

今回のリフォームで最後の3期目になりますので、
ようやく完成となります!

しっかり防音された音楽室

こちらはマンションの北側にあるお部屋です。

・湿気が多くじめじめ
・暑さ・寒さなどが厳しい
・共用廊下に室外機を置けず、ルームエアコンを設置できない
・生活空間としての環境が厳しく、結果的に納戸(倉庫)に…
などのお悩み・ご相談が多めの部屋になります。

今回のリフォームでは
・環境にやさしく、遮音効果も優れたセルロース断熱
・抗酸化工法で空気をキレイに
・内窓で断熱・遮音化
・無垢の杉を使った自然素材の床

といったリフォームをいたしました。

工事後もきれいな和室・リビングダイニング

 

撮影でお伺いした際、お部屋はとても心地よく、ぽかぽか。
なにより、飼っていらっしゃる猫ちゃんが
このお部屋に居座ってしまうほどです!

猫ちゃんも喜ぶ空間になりました

湿度も終日50~60%で安定しているので、
ご趣味の弦楽器、カメラなどの保管部屋としても、
重宝されています。(写真の右上、棚の上にはレンズがたくさん…!)

暖房も朝ちょこっとつけるだけで、1日中、
お住まい全体がぽかぽかだそうです。

お部屋が快適で、しかも節電で環境にも貢献できるなんて、とても素晴らしいですね!

 

+++++++++++++++++++

さて現在、事例ページで全貌を詳しく見られるように
制作を進めておりますので、
お楽しみに…!

 

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

足立区で新しいリフォーム現場の解体工事はじめました!!~足立区加平戸建てリフォームO様邸~

投稿日:2017年01月11日

こんにちは河北です。

今回はリビングの床組と内装、寝室と和室を一間にするなどの工事をさせて頂きます。

実はこちらのお客様はよく工事をさせて頂いてますOBの方です。

私はまだ入社して浅いのではじめてお会いしました。(とても誠実な方でした。)

工事着手にともない先ずはリビングに置かれていた家具などを営業さん、大工さんと一緒に

移動しました。

リビング南面

このような状態になりました。

 

そして次に、キッチンは今回工事しませんので

ほこりなど入らないように養生します。

リビングからキッチンを望む

今回はこのように養生をしました。

解体への下準備ができましたら次に床組を解体していきます。

 

床組のビフォアー&アフター写真です。

リビングの床(リフォーム前)

リビングの床を解体したところ

これから床組工事に入っていきます。

角材をならべて施工していく根太組じゃなくパーティクルボードという木材の小片で成形されたものを

床に敷いていく置床工法を使用します。

施工しましたらまた載せますのでご覧になってください。

宜しくお願いします。