月別: 2017年7月

洗面脱衣室 内装工事

投稿日:2017年07月27日

こんにちは村上です。

いつもは板橋区のお客様が多いのですが、今回は練馬区石神井のS様邸(戸建2階)のリフォーム工事させて頂きました。

 

S様邸は10年前に1階を他社様にて大規模修繕をしておりましたが、洗面脱衣室の床にご不満を持っておりました。

 

S様邸の洗面脱衣室の床は廊下やリビングに使われているフローリングと同じものが使われておりました。

また、ドア枠は窓などに木製の建具でした。

結果、お風呂の入口付近の床と木枠は水を吸って腐りかけておりました。

 

今回のリフォームはお風呂の入口枠を樹脂製のものに変え、床材はフローリングから水に強いフロアタイルへと交換致します。

 

 

さて、いざ床と枠を解体してみると、、、、、、、

 

IMG_2103 IMG_2101 IMG_2098 IMG_2102

 

 

 

 

 

 

 

思いのほか、水が回っておりました、、、、、

想定はしていましたが、想像以上の傷み具合でした。

前回の大規模修繕から10年でここまでは考えられませんでした。

通常の使用ではここまでなりません。

何か違う原因があるはずです。

 

S様に現状のご説明と修繕方法をご相談させて頂きませた。

明日はフロアタイルやクロスを貼る内装工事を予定しておりましたが、いったん先延ばして

しっかり修繕する事となりました。

 

原因を探る為、もう少し解体をしていきます。

給水・排水からの水漏れなのか

他に原因があるのかを探します。

 

結果、原因はお風呂(在来)の中にありました。

 

入口ドア前に排水口があるのですが、入口サッシ・排水口周りのタイル目地に隙間がありました!!

しかも両側に(@_@;)

IMG_2116 IMG_2117

 

 

 

 

 

 

 

シャワーで内側から水を出し、攻めてみます。

IMG_2109 IMG_2113 IMG_2114 IMG_2118 IMG_2119

 

 

 

 

外側にジャバジャバ水が出てきました、、、、、

これでは土台も根太も腐って土に還ってしまいます。

原因が解ったので、大工さんには洗面脱衣室の仮復旧工事を、

 

私は浴室内の防水工事を。

IMG_2120

IMG_2121 IMG_2122

 

 

 

 

 

 

 

サッシ廻り・排水口周りをシール打ちします。

タイル目地ですが割れたり・欠けたようには見えませんでしたから、10年前の改修当初から水が漏っていたかもしれません。

 

洗面所内は仮復旧し、S様の生活に支障がないようにします。

しかし、土台や根太・柱の痛んだところは交換が必要です。

材料を手配したのち再度大工工事となります。

 

 

当初より、工事期間は伸びてしまいますが、しっかり直し長持ちする家にした方がずっと良いですね。

 

 

という事で、開けてビックリな水漏れ補修工事でした。

村上

戸建て改修工事 浴室まわりは特に白アリに注意!!

投稿日:2017年07月25日

こんにちは、現場監督 河北です。

先日から木造戸建ての住宅を何現場かさせていただいております。

浴室・トイレ・キッチンなど水まわりの改修や1Fの柱や土台など構造材だけ残しての全面改修などの

やっております。

木造住宅の解体時に気になるのは、やはり家の骨組み具合がどうなっているのか?だと思います。

なんと家を支えている大事な柱や土台などを食べ物とするさんがいます。

「シロアリ」です。

何が美味しいのかはわかりませんがシロアリにとっては食糧となり、その〇ンが土になるそうです。

なので地球にとっては必要な存在ではあります。

が、しかし住宅にとっては天敵であります。

家を支えている柱などを下の写真のように食べちゃいます。
2017-07-12 16.33.520392 0182 2017-07-12 16.33.55

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土台や柱の下部がなかったり、少し柱が残っているなと思いきや触るとボロボロに

なっていたりします。

もちろん家にとって悪影響です。必要な処置をとりシロアリがこないよう木部と土間部にも

薬剤を塗布します。

シロアリは湿気のあるところに出やすいので、先日からの現場もそうでしたが元お風呂場だったところが

ほとんどやられていました。

他の部屋の柱などでは概ね被害はなかったのですが、お風呂場は完全にやられていました

みなさんもリフォームされる時は、シロアリ被害のことも頭にいれて構造体への補強を

考えるよう、ご注意願います。

住宅の天敵白アリの対策工事をご紹介!浴室リフォーム等をお考えの方は必見です!

投稿日:2017年07月22日

青木です。

 

私が今工事をさせていただいている現場のご紹介をいたします。

浴室と脱衣室を解体したところ、白アリの被害が発覚致しました。

解体後の様子がこのような状態です。

IMG_0982

柱が根元から食べられており、土台から浮いています。

 

IMG_0992

IMG_0996

 

実際に解体時には白アリが堂々といましたので、

土の中には白アリの大きな巣があることは間違いないです。

ここからは白アリ対策の防蟻処理を行っていきます。

 

IMG_1047

土台に穴をあけていきます。

IMG_1049

おがくずの状態で木の状態を確認し、薬剤を注入していきます。

IMG_1052

IMG_1060

こちらは木部に塗る用の薬剤です。

これをたっぷり散布し、先程あけた穴に注入していきます。

IMG_1059IMG_1063

次は、土壌に散布をしていきます。

IMG_1062

 

いかにも効きそうな商品名ですね。

IMG_1066

よくかき混ぜて土壌にまずは注入していきます。

IMG_1068

この器具を土に刺し、先端か薬剤が出るという仕組みです。

IMG_1070

入っているのかわかりづらいですが、あっという間に

IMG_1072

無くなっちゃいました。

IMG_1073

そして、おかわりです。

繰り返すこと合計4杯を土にいれました。

これで防蟻処理は終了です。安心の5年保証付きです。

IMG_1050

 

このような蟻道や漏水があった場合は、調査することをおすすめします。

 

 

 

I様邸 サッシ交換

投稿日:2017年07月22日

暑い日が続きます。外にいると汗びっちょりの村上です(~_~;)

しっかり水分補給が必要です。

 

さて、今回はI様邸リフォーム工事のご報告です。

80歳代のI様ご夫婦は共に足腰が弱くなっている為、バリアフリー工事を行います。

建物は築50年(宮大工作)!!の立派な建物です。

しかしながら窓が全て木サッシの為、隙間風や外気の影響をとても受けやすくなっております。

バリアフリー工事と共にサッシを入れ替え断熱工事も行います。

工事前

IMG_1533 IMG_1534 IMG_1536

 

 

 

 

 

 

 

解体

0629 085 0629 088

 

 

 

 

 

 

 

サッシ取付

IMG_1916 IMG_1917

 

 

 

 

 

 

 

家の断熱性能を高めるには一番の開口部である窓対策が不可欠です。

また、壁・天井にも断熱工事をしていきます。

 

次回は、バリアフリー工事についてご報告をしたいと思います。

 

夏は涼しく・冬は暖かく、

段差のない家を、、、、

 

村上でした。

 

足立区千住 マンション室内断熱工事施工中です。 

投稿日:2017年07月19日

 

施工管理の菅谷です。

足立区千住にてマンションにて室内の断熱改修工事を施工しております。

室内側間仕切り壁はそのままで、躯体面のボード壁を一度解体し、

内装断熱リフォーム専用の断熱ボードを施工します。

リフォーム専用の商品ですので、躯体側にあたる断熱材の厚さを選ぶことができ、

室内側への影響も少なくできます。

 

 

 

 

 

 

 

既存断熱材の上からの不陸調整をしながら施工し、断熱ボードジョイント部分には

コーキング処理をすることで湿気の侵入を防ぎます。

サッシにはインプラスを取付ますのでこの冬は結露に悩まされずに過ごしていただけるのでは

と思います。

 

マンション北側のお部屋では結露問題に頭を抱えている方は少なくはないのではと考えます。

このような施工で解消する方法もありますので、ご参考になればと思います。

 

板橋区U様邸こだわりあるお住まい!!~フルスケルトン~完成いたしました。

投稿日:2017年07月15日

こんにちは、河北です。

7月も中旬となり、本格的にあつくなってきました。

私はいくつか現場をみてますので移動時間など涼しむ時間がありますが、職人さんたちは

現場で汗だくになりながらも一生けん命仕事している姿をみていると申し訳なさと感謝の気持ちが

わき、自分もまけじと頑張ろうと思う次第でございます。

 

さて、以前から記載させていただいておりますU様邸が完了し、引渡しも終えましたので

その全ぼうをご覧ください。

2017_06_27_01s-

玄関です。

2017_06_27_016

玄関入って右側の壁はスイス漆喰にこのような模様をつけました。

2017_06_27_09s

2017_06_27_033

 

2017_06_27_031

2017_06_27_128

2017_06_27_123s2

2017_06_27_103s

2017_06_27_104

2017_06_27_119

2017_06_27_118s

2017_06_27_171s

2017_06_27_176

2017_06_27_201s

2017_06_27_179

2017_06_27_067

2017_06_27_069

2017_06_27_063

2017_06_27_074

↑ 青を基調としたモザイクタイルを全面ではなく

ボーダー状に張りました。

 

←洗面所と脱衣室ともなるよう、ブラインドで仕切れるようにしました。

当初から計画をきいておりましたのでブラインドがつけれるよう先に

下地をいれておきました。

2017_06_27_044

2017_06_27_054

工期は約2月半ぐらいでした。

お施主様もよく見に来られていたので、顔を合わすとちょくちょく話をさせていただき

「私もどんな仕上がりになるかたのしみです」とお話してました。

壁紙ばかりでなく漆喰やガイナ、タイルと色んな品物つかい、いろんな職人さんが

入り、細かい所はどうするか悩み打合せしながら進めていった甲斐もあり満足の

いく仕上がりとなりました。

お施主様も喜んでいただいていると聞き、職人さん達ともよかったなと話してました。

以上、板橋区U様邸こだわりあるお住まい!!~フルスケルトン~についてでした。

ありがとうございました。

トイレのエコカラット工事が完了しました~板橋区加賀I様邸~

投稿日:2017年07月12日

 

こんにちは!小島です。
先日、板橋区加賀のI様邸にて、
トイレのエコカラットの工事がありました。

 

何度もご紹介しているエコカラットですが、
別に私がごり押ししているわけではありません(笑)

 

ですが、お客様の方から使いたいとご要望をいただいたり、
湿気やにおいが気になるというご相談にこちらからご提案したりという形で、
結果的に採用させていただくことが多くなっています。

 

最近は本当に種類も増えていますので、
お客様の様々なお好みにお答えできるようになっています★

 

今回は、においが気になりがちなトイレでの施工です。
空間が小さい分、1面に貼るだけでかなりの効果を実感していただけると思います。
(トイレなら1㎡以上が推奨です)

 

完成イメージはこちら!

エコカラットプレゼン

イメージ通りできるかワクワクドキドキ・・・

 

IMG_3473

 

今回はクロスの上からの施工です。
まずは、クロスが浮いてこないようにタッカーでしっかり留めます。

 

 
IMG_3474

 

上下で2種類のタイルを貼り分けるので、
上部に接着剤を塗っていきます。

 

 
IMG_3475

 

まんべんなくきっちりと塗れました!
この状態もアートのようできれいだな~といつも思います。

 

 
IMG_3476

 

そしてタイルを貼っていきます。
今回は上から真物(まもの)で貼っていきました。
真物というのは、材料を切ったりせずそのままの状態のことです。

 

タイルは今ある壁や床の寸法に合わせて貼ることがほとんどなので、
どうしてもどこかはタイルをカットしなければいけません。
それをどこに持ってくるかということも意外と見栄えに影響するので、
細かい部分はきちんと現場で職人さんと打ち合わせをして決めています。

 

 
IMG_3478

 

だんだん全体像が分かってきましたね。
このボーダー部分のタイルは、「ファンシーモザイク」という名前の
きらきらのラメが入ったエコカラットです。

 

IMG_3488
main

 

表面に凹凸があるので、光が当たるとゆらゆらと波が立ったように見えてきれいです。

 
そんなこんなで完成したものがこちらです!

IMG_3480

イメージ通りに仕上がりました!
まだ便器や床が既存のままなのが残念ですが・・・

 

便器は、従来のタンク式のものから、
すっきりとしたキャビネットつきのものに変わります。
今まであきらめていた部分のお掃除のお悩みもなくなります♪

 

IMGP3507

 

★★★★★

 

こちらのI様邸は、トイレ以外にも洗面・お風呂のリフォームもさせていただいたので、
次回そちらもふまえて完成後の様子をお伝えいたします!
統一感のあるホテルのような空間に仕上がる予定ですよ~♪お楽しみに( *´艸`)

 

ではでは小島でした~(^^♪

 

工事完了しました。 足立区戸建て改修工事

投稿日:2017年07月08日

施工管理の菅谷です。

関東では30度を超す暑さが毎日続いていますが、九州や四国地方では大雨による大きな被害

のニュースが報道されています。何十年に一度の災害、という言葉を最近では毎年聞いているような

気がしていますが、まずは被害にあわれた方々に心よりお悔み申し上げます。まだまだ雨は続きそう

です。今後大きな災害などが起こらなければと願っています。

 

さて、以前よりご報告していました、戸建て改修工事が無事終了いたしました。

リビング壁面にテレビを組み込んだこのような収納を設置しました。

 

P6300374P6300377

 

 

 

 

 

 

 

前面に扉があり見た感じとてもスッキリと見えます。

職人さんたちの力の結集でとても良い仕上がりになったのではと感じています。

豊島区N様邸 造作家具搬入取付

投稿日:2017年07月06日

こんばんは、半田です。

先日、9年前にスケルトンリフォームをさせて頂きました、

豊島区N様邸の造作家具の搬入取付立ち合いをしてきました。

年々物が増えてきて、今回はCDや雑誌・本等を収納する棚をオーダー

頂きました。

設置場所を採寸し、より多く収納できる様、家具職人さんと考え、ご提案しました。

IMG_0039[1]  IMG_0038[1]

CDは引出収納にすることで、

70~80枚程を収納でる様設計し、上部は可動の棚板で雑誌や

本のサイズに合うようにセッティング出来る様にしました。

オーダー家具でしたら、少しのスペースでも有効に活用できるので、

収納場所にお困りの方にはお勧めしたいです。

S様邸 お引渡し完了

投稿日:2017年07月01日

こんにちは村上です。

板橋のS様邸のお引渡しが完了致しましたのでご報告を致します。

鉄骨造3階建ての建物になります。

1階・2階はお施主様が住まわれ、3階は賃貸を前提として工事をさせて頂きました。

当初、4月中ごろに着工し、7月1週目から2週目までの工事期間を考えておりましたが、

現場監督さんや職方さんの頑張りにより、6月30日にお引渡しをすることが出来ました。

早目にお引渡しが出来ましたので、3階の賃貸部分に借り手が付けば、より早く家賃収入を得られますので

お客様も大変喜ばれておりました。

IMG_3556 IMG_3578 IMG_3474

 

当初、室内はかなり傷んでおりました。壁面からの水漏れや湿気で、壁の下地まで、、、、

ご予算の兼ね合いもありますので、活かせる箇所・更新する箇所をしっかり吟味して解体・造作となりました。

特に外周面は湿気がひどい為、しっかりと断熱をし内窓を設置致しました。

0629 172

元の窓が変形窓の為、変形の形通りには内窓は対応できません。窓と窓の間に帆建てを建てて取り付けました。

IMG_1810 0629 123

内装もしっかりと模様替えをし、こんなにきれいになりました。

0629 147 0629 114 0629 149

賃貸部分は備え付けの収納を増やし、設備機器を更新致しました。

エアコンやウォシュレットも備え付けです。

この度は、賃貸部分がありましたので板橋の不動産屋さんのご意見を聞き、いかに高い家賃収入を得られるか・いかに稼働率を上げるかにも

お施主様とご相談させて頂きました。

その為の、1階~3階までの予算の割り振りや設備機器のグレードなど細部にいたるまで打合せをさせて頂きました。

結果として、当初3階部分のお施主様の想定されていたご予算は150万円ほどでしたが500万程にまでなりました。

しかしながら、2年程で回収できるプランとなっております。

このように弊社では、個人のオーナー様へも不動産屋さんと一緒になってプランをしております。

良い環境であれば、良い家賃を得られます。稼働率も上がり、質の良いお客様が借り手になります。

そのためには、良い投資をしなくてはなりません。

ここの予算感やご提案は不動産屋さんと一丸となってやらさせて頂いたからこそです。

 

空いているマンション・戸建を賃貸でとお考えのオーナー様がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。

 

村上