月別: 2017年9月

葛飾区 O様邸 木工事等始まりました。

投稿日:2017年09月30日

施工管理の菅谷です。

 

床下に隠れてしまう配管工事が一段落しましたので、これからは大工さんの仕事が

メインとなります。

 

床下地を組み、以前は無かった床断熱材をしっかり施工。これにより床暖房の熱も

効果的になります。

P7140035

その後天井の下地、間仕切り壁や外壁部の下地作業を行います。

天井や間仕切り壁の下地がくみあがったら再び電気屋さんの登場。

今度は天井裏や壁に隠れてしまう配線工事を行います。

P7200095

施工の進捗度合やタイミングに合わせあの職人さん・この職人さんと作業に入りますので

それぞれのコミュニケーションや打合せ・指示が明確でないと作業をすすめることが出来ません。

施工管理と大工さんとがつどつど打合せをし工期短縮をめざし施工しております。

I様邸 お仏壇工事

投稿日:2017年09月24日

こんにちは、営業の村上です。

 

I様邸ではバリアフリーを主な目的とした工事をさせて頂いておりました。

また、外壁面に断熱材を入れる為に

壁を真壁を大壁にするお打合せの最中に、、、、

 

ふと、目に入ったお仏壇。

IMG_1772IMG_1773

とても立派なお仏壇ですが、周りの壁が大壁になると

このままではお仏壇が浮いてしまいます。

 

そこで率直にご質問を致しました。

このまま残されますか?  こちらも大壁にしてクロスを貼りましょうか?

 

 

その答えは、

親戚も来るので、お仏壇はしっかりしたものが良い。

でした。

 

また、お仏壇の下には収納があり、その横にはTV台がありました。

 

また同じように使いたいとのご要望でしたので、

お仏壇・収納・テレビ台をセットで造作することをお勧めいたしました。

 

I様のご要望は他にも、

同じ部屋にある神棚と雰囲気を揃えたい。

お仏壇にある家紋は残したい。

手の力が弱くなっている為、収納は桐ダンスとは異なり

開け閉めし易く。

 

などなど。

 

 

ちなみに神棚はこちらです。

IMG_1775

神棚の色合いや風合いを

新たに造るお仏壇に活かします。

 

しかしながら、営業の私では力不足。

 

ここはコーディネーターの土田さん、

家具屋の木下さんにお力添え頂き、プラン作成→お打合せ→プラン作成、、、

を何度もお施主様とさせて頂きました。

 

170712石田様お仏壇図面

 

こちらがプランの1例です。

 

結果、出来ましたのがこちら

 

IMG_2795IMG_2793

TV用のコンセントなどはカウンター上に埋め込みで設置し、

スッキリとさせました。

家紋を残しつつ、格子柄の化粧板を両脇に配して

内部には照明も備え付け、

また、収納はソフトクローズ機能の付いたレールを採用し

開け閉めしやすく、取っ手も大き目のものを付けつまみ易くしました。

 

背面には引戸が来るため、カウンターを引戸の分だけ

切欠きしています。

 

 

IMG_2799

実際にTVを設置したあとです。

 

お施主にも大変喜んで頂き、わたしも大変うれしく思います。

 

 

造作家具の一例

ike17_6529s ike17_6520s ike17_6757s ike17_6756 IMG_3339 IMG_0053 IMG_0057

 

造作家具はお施主様の要望に応じ、面材からサイズ・収納の形状など思いのままに製作可能です。

上の写真では洗面化粧台のカウンターを柱型に合わせて作っています。

 

 

お客様だけの家具

そんな造作家具のご紹介でした。

 

 

村上

 

 

 

 

 

 

 

葛飾区 O様邸 配管工事等始まりました。

投稿日:2017年09月20日

施工管理の菅谷です。

解体工事が終了したO様邸、本体工事が始まりました。

大工さんがだした墨の位置に沿って給水・給湯・排水配管・ガス配管をすべて新しいものにして

大工さんが床の下地を組みます。

0様邸では温水式の床暖房も新設しますのでこちらの配管も先にしておきます。

P7110002

大工さんの作業本格始動です。

 

 

外壁タイル塗装工事

投稿日:2017年09月15日

皆様

 

こんにちは。

青木です。

 

今回は、板橋区の外壁タイルの塗装工事をご案内いたします。

ご相談いただいた内容は、

コーキング目地の多数のクラックが不安でタイルの脱落がないかとの事でした。

施工前の状況がこちらです。

IMG_1214

近くで見てみると・・

IMG_1219

IMG_1220

このように無数のクラックが入っていました。

8年前に塗装工事をしたようですが、

コーキングにも塗料を塗ってしまったようです。

 

このクラックから水が入り、

タイルが浮いてきて脱落したら大変です。

 

ということで、今回はタイルの打音検査をし、

タイルの浮いているところがないか調査をし、

浮いているところは入れ替えて保護の塗装をしていきます。

 

まずは、足場をかけていきます。

IMG_1221

 

IMG_1238

 

IMG_1239

 

ここからタイルの打音調査をしていきます。タイルが浮いていると軽い音が聞こえてきます。

 

今回は、40枚ほどのタイルの浮きがありました。

また、タイル目地の欠損も見つかりました。

 

IMG_1240

IMG_1242

 

タイルの入替が必要な部分はカッターを入れて、

取り除きます。

IMG_1245

取り外したタイルの一部がこちらです。

IMG_1349

新しいタイルを貼りましたら、

後は塗装とコーキングの打替えです。

IMG_1316

下塗りのプライマー塗布1回、中塗り3回、

最後にトップコートを塗るまで計5度塗っていきます。

IMG_1318IMG_1317

 

そして、足場の解体で終了です。

IMG_1354

IMG_1357 IMG_1356

足場のアンカー跡をタッチアップしてお引渡しです。

訳あって全体写真をお見せできませんが、

お客様には大変満足いただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I様邸 外溝工事

投稿日:2017年09月11日

こんにちは村上です。

 

今回は板橋区徳丸のI様邸 外構工事と玄関の工事のご紹介になります。

 

80代のご夫婦の為、段差の少ないご提案をさせて頂きました。

 

 

工事前

IMG_1550 IMG_1533 IMG_1504 IMG_1503

 

玄関内には式台・框が高く、とても上り下りが困難でした。

また玄関内と外のポーチには跨ぎもあります。

 

 

工事途中

RIMG3040 IMG_2501 IMG_2498

ポーチの高さを上げ、まずは跨ぎをなくします。

玄関の土間もその分、かさ上げをし式台・框の段差を解消しました。

 

完成

IMG_2688 RIMG3123 IMG_2690

最後にスロープを付け、より上り降りをしやすくしています。

 

脚が不自由で、出入りに段差があると外出するのも億劫になってしまいがちです。

 

今回のリフォームで気軽に外出して頂けるようになって頂けたら嬉しいです。

 

村上 雄一

 

 

板橋区マンションH様邸全面改修工事~断熱・防音施工

投稿日:2017年09月09日

こんにちは、半田です。

8月着工しました、H様邸のスケルトンリフォームの進捗です。

工事進捗① ⇒ 板橋区 マンションH様邸 解体工事

工事進捗② ⇒ 板橋区 マンションH様邸 墨出し

寒暖が厳しい一部屋を断熱・防音に効果を発揮するセルローズ断熱施工が完了。

まず、大工さんが断熱材を吹き込む厚さの下地組をします。(6cm~10cm)

IMG_0484  040

天井1面・壁4面・床1面の6面断熱施工   上の写真は床下に吹込みをしている所です。

断熱材の原料はとてもエコで、紙・古紙を細かくした自然の材料です。

026  IMG_0548

天井壁はシートを貼って吹込みノズルを差してぎっしりと吹き込み、完了です。

この状態では、吸音効果がはっきりと体感できます。

この後、このお部屋に内窓を施工して、断熱性能をさらにアップさせます。

 

順次進捗を投稿してまいります。

***********************************************************

暑さ寒さや結露対策にお困りの方、

特にマンション最上階の角部屋にお住まいの方、

是非ご相談下さい。

 

 

 

板橋区 O様邸 工事

投稿日:2017年09月04日

こんにちは村上です。

 

今回は板橋区加賀のマンション

O様邸 短期工事のご報告をさせて頂きます。

 

 

O様のお困りごとは、クロスのカビです。

 

IMG_2169 IMG_2168 IMG_2167

 

玄関入ってすぐの天井にはカビがびっしり!!

 

私が一番最初に心配したのは上階からの水漏れです。

 

ちょっと冷や汗がでました、、、、、

 

幸い天井にはダウンライトが付いていましたので、外してカメラを差し込み何枚かパシャリ・パシャリ。

 

IMG_2161 IMG_2166

 

うーん? 天井裏はとってもきれい?

 

よくよくO様にお聞きしてみると、

毎年花粉症の季節は部屋を〆っぱなしにしており、

通気をしていないとの事。

 

この季節にカビが増えてくるんだそうです。

 

このままクロスを貼り換えても良いのだろうか、、、

と私は思いました。

 

そこでお客様に了解を得て、カビの生えている箇所のクロスを少し剥してみました。

 

クロスは通常3枚からなっています。

張替の時は上の2枚を剥し、1枚残して再度クロスを貼ります。

 

 

さて、剥してみると、、、、

なんと最後の1枚にはカビが生えてませんでした。

壁の下地にもカビが生えていません。

 

と、いうことは、、、

完全に室内環境が原因となります。

花粉症の季節も時折換気するか、除湿をいた方が宜しい旨をお伝えしました。

 

また、クロスですが通常の一般的なクロスよりも通気性の高い珪藻土クロスをお勧めいたしました。

IMG_2639

新たにクロスを貼り換えました。

 

 

このクロスであれば、前みたいに簡単にはクロスにカビが生えることはないでしょう。

珪藻土を練り込んでいるので、調湿効果が高く

夏は湿気を吸い取り・冬は水分を放出しカビの発生を軽減する働きがあります。

 

洗面脱衣室など水廻りにもお勧めのクロスになります。

 

また、同時に隣の洋間のカーペットをフローリングに。

クロスも張替・結露対策に内窓も設置しました。

IMG_2183

施工前のカーペットです。

 

IMG_2629 IMG_2630

フローリングを貼り、、 クロスを貼ります。

IMG_2648 IMG_2653

完成。

 

洋間は窓回りにカビがありました。

窓の結露が原因なので、内窓を設置しました。

板橋区では区から補助金が出ます。

この窓一つで2万円ちょっと助成されます。

 

内窓は性能が高く・お手頃価格!

さらに助成金ももらえる。

さらにさらに工事は短時間でOK

 

とてもすごい商品だと思います。

 

結露・防音・エコにご興味のある方は是非ご検討下さい。

 

 

計4日間の工事ですが、

珪藻土クロスと内窓で室内環境は大幅にアップしました。

 

O様の健やかな生活のお助けが出来、とてもよかったです。

 

 

村上でした。