カテゴリー: 板橋区戸建てK様邸

床の傷が消えてしまいました。

投稿日:2015年10月03日

こんにちは。

 

施工管理の菅谷です。

いつの間にか出来てしまっている床の傷やへこみ、生活しているのだから

しょうがない、と思われている方にプロの技をご紹介します。

 

壁のちかくにできてしまった小さな穴

この穴が

P9300021

 

 

 

 

 

 

こんな感じで

PA010066

 

 

 

 

 

 

無くなりました。

この床のへこみが

P9300016

 

 

 

 

 

 

こんな感じで

PA010071

 

 

 

 

 

 

無くなりました。

 

施工は彼ら

PA010060

 

 

 

 

 

 

見た目は職人さんらしくないのですが、彼らもプロの技を駆使する一流の

職人さんです。

ただひたすら傷やへこみと戦います。

 

床材や枠材等の木質系のほかにもサッシなど金属系の補修も可能です。

どうしても気になる、という時にはご相談ください。