カテゴリー: 足立区マンションY様邸

NEW 足立区マンションY様邸:プロのカメラマンが撮影をしました!

投稿日:2016年07月03日

一部屋に子供4人のプライベート空間を実現 足立区マンションリフォーム

before  after

 

築浅の広々としたマンションの全面リフォームです。
ご夫婦とお子さん4人の大家族のお住まいです。
ポイントは、何といっても子供部屋。今までは2部屋を何とかやり繰りして共同で使っていましたが、それを4人それぞれに個室を与えたい、というのが、ご夫婦のご要望でした。
そこで、今まで分散していた水まわりをコンパクトに隅にまとめ、間取りにメリハリをつけてスペース効率を高めました。
各子供部屋は、互い違いベッドを使ってさらに効率化。お子さん全員に、ベッドと勉強机、衣類収納をそれぞれ1セットずつ確保しました。
このほか、トイレの追加、リビング棚の流用、パソコンコーナーの設置、無線LAN拠点の設置など、ライフスタイルに合わせたオーダーも実現。
ご家族にとって暮らしやすい住まいを実現します。

■■物件データ■■
所在地:足立区 種別:マンション 専有面積:73.17㎡ 建築年:2003年

Before
リフォーム前の現場のようす。

IMG_9952-200 IMG_9968-200 (左)窓際はリビングと和室が並びます。
(右)共同で使っていた子供部屋。

2016/04/07

IMG_0099-200 IMG_0082-200 (左)解体工事がはじまりました。
(右)このスペースに、お子さん4人分のスペースを作ります。

詳細はこちら

2016/04/09

IMG_0205-200 IMG_0187-200 (左・中)床と壁が取り払われました。
(右)床下にあった配管が見えます。

詳細はこちら

2016/04/13

IMG_0418-living130 IMG_0442-kodomo01 (左・中)新しい配管を設置。次の木工事用の資材が運ばれました。
(右)新しい配管。頑丈なものに生まれ変わりました!

詳細はこちら

2016/05/06

IMG_0597 (右)新しいユニットバスが入りました。保温性抜群のエコ仕様です!ダクトもほぼ完成しました!

詳細はこちら

2016/05/11

(左)床下地の工事が完了しました。
(右)断面を見ると、とても厚くて頑丈。これなら足音などの生活音は外部に漏れにくそうです!

詳細はこちら

2016/05/23

(左・中)壁が立ち上がりました。
(右)床の下地も、きっちり施工してます。

詳細はこちら

2016/05/24

組みあがったベッドに丁寧に養生をする、菅谷現場監督。 IMG_0857 中央の鉢巻姿が、木工職人の木下さん。 (左・中)子供部屋の2段式ベッドが組みあがりました。
(右)ベッドの加工について打ち合わせをしています。

詳細はこちら

2016/05/27

今日も丁寧に仕事をこなす、木工職人の池田さん。 IMG_0895 スクリューパッキンが取り付けられました。

詳細はこちら

2016/06/01

キッチンを設置しました!

詳細はこちら

2016/06/13

壁紙工事が完了しました。お子さんそれぞれの部屋には、個性豊かな壁紙が貼られました!

詳細はこちら

2016/06/15

電気まわりの工事が始まりました。

詳細はこちら

2016/06/17

IMG_1215 IMG_1244 細かい工事を残して、いよいよ完成に近づいています。

詳細はこちら

リビング_28 IMG_1472 プロのカメラマンが撮影を行いました!

詳細はこちら

今までご愛読をありがとうございました!

他のリフォーム工事も随時更新中です。

ぜひご覧下さいませ!

この工事の投稿一覧はこちら

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

プロカメラマンが撮影をしました~小物を飾って素敵なお部屋に!

投稿日:2016年07月02日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。

完成をした足立区マンションY様邸ですが、

その後、プロカメラマンによる撮影を行いましたので、

その様子をお届けします・・・。

LDK!

リビング_28

リビングに濃茶のセンターテーブルを置きました。右手奥に見えるのはパソコン用のデスクです。

洗面室!

洗面所_03

贅沢な2ホールの洗面台。お花を飾ると、アクセントになって素敵ですね!

子供室!

子供部屋4_04子供部屋3_02子供部屋2_04子供部屋1_01

左から順番に長男14歳、長女12歳、次女9歳、三女7歳のお部屋。

それぞれ年齢ならではの特徴を

小物で演出してみました。

その舞台裏では・・・

大量に溢れた小物の中に、コーディネーター小島の姿が・・・。

IMG_1472

撮影小物などの搬入物で床を傷つけないように、毛布で養生しています。

ここで撮った写真は順次、図面や原稿を添えて、

上帯のメニューバーの左から3番目「事例集」の中にUPされますので、

それまで楽しみにしてお待ちください。

それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

4人の子供部屋を実現させたマンションリフォームが(ほぼ)完成しました!

投稿日:2016年06月17日

この工事の投稿一覧はこちら

こんにちは、政所です。
長期に渡った足立区マンションY様邸ですが、
ようやく完成に近づきました。

残すは、残りのエアコンの取り付けや
換気口の取り付けなど、
細かい部分を残すのみです。

ここで、Befor→Afterを
写真で振り返ってみましょう!

IMG_9954 IMG_9979 IMG_9962
IMG_1168 IMG_1171 IMG_1174

 

IMG_9952 IMG_9947 和室IMG_9943
IMG_1211 IMG_1215 和室IMG_1225

 

IMG_9973 IMG_9957 洗面IMG_9959
IMG_1240 IMG_1186 洗面IMG_1190

 

 IMG_9958  IMG_9968
 IMG_1189  IMG_1244

とても素敵なお住まいになりました!

残り工事もあと少し。
また進捗があったらをお知らせします。

それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

大人6人以上で練りに練った、有孔ボードがついに完成・取り付け完了しました!

投稿日:2016年06月15日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は、先に大人6人掛かりで練った、
子供部屋のベッドに付く間仕切りの
「有孔ボード」についてお届けします!

IMG_1253

まずは、一番上の長男さん、14歳のお部屋。

 

壁紙にあわせて、こげ茶色の有孔ボードです。

壁紙にあわせて、こげ茶色の有孔ボードです。

その裏は、末っ子の三女、7歳のお部屋です。

IMG_1289

三女のお部屋の隣は、次女・9歳のお部屋です。

 

奥が三女、手前が次女のお部屋です。

奥が三女、手前が次女のお部屋です。

そして、次女のお部屋の裏が、長女12歳のお部屋!

IMG_1247

有孔ボードには、向こう側の光が
漏れないような工夫がされていて、
どちらかが先にベッドで寝ることがあっても、
すやすや眠れるようになっています。

また、フックを掛けても、
向こう側に金具が飛び出ないようにもしています。

先の大人6人で打ち合わせていた内容の中には、
この仕掛けをどう作るか、
造り方・耐久性・使い勝手など、
方法論の議論についても、
結構やっていたのでした。

それではまた!

 

この工事の投稿一覧はこちら

電気機器まわりの設置工事が始まりました。ダクトなど配管は壁の中に収めまています

投稿日:2016年06月14日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は、電気設備の様子をお伝えします。

家じゅうの電気まわりを設置・接続します!

電気まわりの職人さんといえば、
山西さんです。

後ろ姿でごめんなさい!

後ろ姿でごめんなさい!

コンセントから照明、エアコンなど、
電気まわりのことなら何でもお任せの、
頼れる職人さんです。

こうした電気設備の取り付けの流れで、
洗面台の鏡の取り付け工事も並行して進んでいます。

IMG_1092
この鏡は中が棚になっていますが、
照明も仕込まれているため、
電気関連の接続も必要なのです。

その工事の様子は…

大人3人がかりで、水平をみながらていねいに確実に取り付けています!

大人3人がかりで、水平をみながらていねいに確実に、取り付けています!左から水まわり職人の山田さん、河北現場監督、電設職人の山西さんです。

こんな素敵な洗面台が取り付けられました。鏡が大きく、中の収納もたっぷりです!

こんな素敵な洗面台が取り付けられました。鏡が大きく、中の収納もたっぷりです!

ダクトのゆくえは…?

ところで、施工途中で天井付近を巡っていた見えていた
ダクト(排気用の管)などが見当たりません。

ちょっと流れを見てみましょう…

長男さんのお部屋のエアコンの位置は、専有部分のまさに中央。

長男さんのお部屋のエアコンの位置は、専有部分のまさに中央。

長男さんのお部屋のエアコンの位置は、専有部分のまさに中央。エアコンの配管は室外機のあるベランダまで伸ばす必要がありました。

エアコンの配管は室外機のあるベランダまで伸ばす必要があり、天井に這わせてありましたが…

 →

こんな感じで、天井の中におさまり、まったく違和感がありません!

こんな感じで、配管はきれいに天井の中におさまりました!なお、エアコン本体からの排水(ドレン)も、壁の中で共有の排水管へ接続済みです!

2016/04/27の様子。北側にトイレを2つ設置する関係で、ダクト(排気)は、建物の梁をかわす必要があります。

2016/04/27の様子。実は、ここがダクト(排気管)の最大の難所。北側(写真の右側)にトイレを2つ設置する関係で、ダクトはベランダ側(写真の左方向)へ逃がします。しかし、建物の大きな梁をかわす必要がありました…

こんな感じで、壁の中にキレイに納まりました!

こんな感じで、壁や梁の中にキレイに納まりました!

こんな感じで、リフォームでは、
配管を壁や天井、あるいは床下の中に
隠すことができます。

たとえばマンションで、
共有の廊下部分に室外機を置けず、
かといってベランダまでは遠い。
エアコンの排水も、逃がす場所がない…
ということで、(場合によっては仕方なく)窓付けエアコンに
されているケースもあるかと思います。

そんな場合でも、リフォームなら
壁付け・天井付けなどなど、
問題なく設置可能です。

もちろん、開口部分を最小限にとどめた
コスト優先の工事も可能です。

床の端だけを剥がして、配管を収める工事の一例です。

そして実は水工房は、
公共施設の空調設備も
数多く請け負っている会社でもあります。

ギャラクシティ

ギャラクシティ(足立区)

葛西臨海水族園

葛西臨海水族園(江戸川区)

確かな技術で、しっかりとした
リフォーム工事を行いますので、
ぜひご安心してお任せください!

それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

子供4人、それぞれの個性を生かした子供部屋の壁紙工事が完了しました!

投稿日:2016年06月13日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は壁紙工事の状況をお知らせします。

全室の壁紙を貼り終わりました!

あっという間に、
全部屋の壁紙が貼り終わりました。

IMG_1078

手がけた職人さんは、
確かな技術のイケメン壁紙職人、
現場にひっぱりだこの柚木さんです。

IMG_1020

トイレの壁も、こんな感じで素敵に仕上がりました!

トイレの壁も、こんな感じで素敵に仕上がりました!

清潔で、癒しの雰囲気もたっぷり!

そして、2つ並んだトイレの隣、
洗面脱衣室をご覧ください。
部屋に入っただけで癒される、素敵なお部屋です!

IMG_1110

この洗面脱衣室は、床にもご注目を。
水に強い複層ビニル床タイル(45cm角)ですが、
この模様がまた、地中海のリゾートを思わせるような、
なんとも素敵な雰囲気です!

東リPST713_IMG_1111

タイル1枚だと、こんな模様です。

タイル1枚だと、こんな模様になっています。

お子様4人のお部屋の壁紙!

そして今回の大注目ポイント、
子供部屋の壁紙です。

4人のお子様、それぞれ
好きな壁紙を選んでいただきました!
どの部屋も個性あふれた雰囲気です!

まずは一番上のお子さん、長男(14歳)のお部屋。お兄さんらしい、木目調のシックで落ち着いた雰囲気です。

まずは一番上のお子さん、長男(14歳)のお部屋。お兄さんらしい、木目調の大人っぽい落ち着いた雰囲気です。

続いて2番目のお子さん、12歳長女12歳のお部屋です。花がモチーフの女の子らしいお部屋です。

続いて2番目のお子さん、長女12歳のお部屋です。花がモチーフの女の子らしいお部屋です。

写真だと分かりにくいので、カタログ画像をUPしてみました。半透明の花のラインアートが全面に描かれています!

写真だと分かりにくいので、カタログ画像をUPしてみました。こんな半透明の花のラインアートが全面に敷き詰められています!

こちらは3番目のお子さん、次女9歳のお部屋です。

こちらは3番目のお子さん、次女9歳のお部屋です。

拡大すると、やさしいトーンの十字型のドットがいっぱいの、かわいい壁紙です!

拡大すると、やさしいトーンの十字型のドットがいっぱいの、かわいい壁紙です!

最後は末っ子の三女、7歳のお子さんのお部屋です。シックなお花が魅力の、ラブリーなお部屋です!

最後は末っ子の三女、7歳のお子さんのお部屋です。シックなお花が魅力の、ラブリーなお部屋です!

いかがでしょうか。
それぞれのお子さんの個性や好みが
十分反映されたお部屋になっていると思います!

自分の部屋に好きな壁紙を選べるなんて、
とても羨ましいです!
(Y様邸に生まれたかった…!)

ここでひとつ、ひと口メモ(^o^)/

これらの壁紙は、実はメーカーがばらばらです。
住宅メーカーさんやリフォーム会社さんによっては、
コスト(仕入れの掛け率)などの関係で、
壁紙は1つのメーカーの製品からしか選べなかったりします。
照明器具も同様で、1世帯丸ごと、
1つのメーカーの中から探さないといけなかったり…。

しかし!水工房では、お客様の「らしさ」と
「喜び」を追求する会社ですので、
そういった制限は一切ありません。

もちろん、お客様のご要望により、
コストを優先したセレクトも可能ですので、
遠慮なくおっしゃってくださいね。(๑╹◡╹)ノ”

最後に、壁紙職人技をひとつ…

前述のように、今回の子供部屋の壁紙は、
メーカーも違えば、素材、厚み、硬さも、
まったくのバラバラ。

しかし、今回のY様邸では、
部屋を家具で仕切って分ける展開。

4人それぞれの壁紙を、
同じ部屋の中にうまく収めるのがミッションです。

どんな問題が発生するかといえば、
壁紙の境目、付け合せが、
スムーズにうまくつながっていけるかどうか、です。

では、それぞれの境目を、ちょこっと見てみましょう…

次女~三女のお部屋の境目です。

次女~三女のお部屋の境目です。

三女~長男の境目です。

三女~長男のお部屋の境目です。

 

廊下の壁紙~長女のお部屋の壁紙の境目は、このように細い壁の厚み中に収めます。これは神業です!

廊下の壁紙~長女のお部屋の壁紙の境目は、このように細い壁の厚みの中に収めます。これは神業です!

これだけ異なる壁紙同士なのに、
隙間なくぴったりキレイ!

いずれ間仕切りベッドが入るので、
ほとんどは隠れてしまう部分なのですが、
それにしても職人・柚木さん、
見事な仕事っぷりです!

ちなみに、キッチンの吊り棚の裏側の垂れ壁部分も、こんな感じで無駄なくキレイ!

ちなみに、キッチンの吊り棚の裏側の垂れ壁部分も、こんな感じで無駄なくキレイ!

それではまた更新します!

この工事の投稿一覧はこちら

真っ白い、素敵なキッチンが設置されました!

投稿日:2016年06月01日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は、キッチンの取り付けの様子を
お届けします。

では早速ご報告!

まず、取り付ける職人さん。
このキッチンのメーカーさんから
やってきた職人さんです!

天吊りの収納も、手際よく作業をこなしていきます。

天吊りの収納も、手際よく作業をこなしていきます。

なお、この収納などを取り付けるにあたり、
「ここに下地を入れておいて」などの指示は、
予め図面で用意されているので、
それを設計・木工工事の段階で
しっかりと反映させているので、問題ありません!

換気扇のダクトも、図面の指示の通りに出しておいてあります。それをメーカー職人さんが接続!

換気扇のダクトも、図面の指示の通りに出しておいてあります。それをメーカー職人さんが接続!

給排水管も、図面の指示にしたがって
予め、職人・山田さんが出しておいています。
それをメーカー職人さんがていねいに接続します。

仕上げは、引き出し収納の取り付けです。

010

最後に、養生をして終了!

最後に、養生をして終了!

お客様が選んだ扉は、白い鏡面タイプ。
今後の工事で傷がつかないように、
丁寧に養生をして、
キッチンの設置が無事終了しました!

キッチンが入ると、
いよいよ「住まい」らしくなってきますね☆

それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

壁の内部へ潜入!?

投稿日:2016年05月27日

この工事の記事一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は少しマニアックな話、
「壁の中」についてです。

足立区マンションY様邸の工事現場、
内装の壁を作っているところです。

今日も丁寧に仕事をこなす、木工職人の池田さん。

今日も丁寧に仕事をこなしていく、木工職人の池田さん。

 

その現場で、黒い突起物が
コンクリートの躯体の壁に
等間隔でいくつもくっついているを発見しました。

IMG_0895

この黒い突起物は、一体、なに!?

これは、躯体と石膏ボードなどの内装壁の
隙間に入るもので、「スクリューパッキン」
と呼ばれるものです。

こうした鉄筋コンクリート造の内装壁の仕上げには
・コンクリートに直接仕上げる。
・GLボンドで石膏ボードを張る。
・ケイテンや木の棒(胴縁)を立てて、石膏ボードをビス止めする。

などいくつかの方法があり、
それぞれ長所短所がありますが、
施工する箇所など現場の状況にあわせて
最適な工法を選びます。

コスト面だけで見ると、
コンクリートに直接仕上げるのが
有利なように見えますが、
躯体のコンクリートには、
意外にも凹凸があるのです。
※このように平らでないことを、「不陸」(ふろく)と言うそうです。

ゆえに、一般的には、GLボンドで
石膏ボードを張る工法(GL工法)が
多く見られます。

水で練ったGLボンドを等間隔で盛り付けて…

水で練ったGLボンドを等間隔で練り付けて…(写真:吉野石膏)

石膏ボードを貼ります。

垂直をみながら石膏ボードを貼ります。(写真:吉野石膏)

 

解体時のY様邸。梁の部分にも使われていました。

解体時のY様邸。梁の部分にGLボンドが使われていたことが分かります。

躯体~表面までの壁厚が少なくて済むので、そのぶん
室内を大きくできるなどの利点があるものの、
水平・垂直の精度を出すのに時間が掛かったり、
場所によっては湿気が表面に出てしまうなど
ちょっぴり難点もありました。

そこで、近年開発されたのが、この
「スクリューパッキン」です。

pack

ネジで隙間の調整が簡単にできるので、
垂直・水平の精度も上げやすくなります。
しかも工事で水分を使わないので、
湿気対策としても問題ありません。

現場に付いたスクリューパッキン。

現場に付いたスクリューパッキン。

簡単に高さ調整ができます。

ネジのように回転させることで、簡単に高さ調整ができます。

このように胴縁に付けてもよし、直接石膏ボードに付けるもよし。万能です!

建築用の金物や部材も、
どんどん進化しているんですね!

この工事の記事一覧はこちら

ベッドが組みあがりました!

投稿日:2016年05月24日

この工事の記事一覧はこちら

こんにちは、政所です。
今日は、子供部屋の工事進捗をお知らせします。

2段ベッドが組みあがりました!

組みあがったベッドに丁寧に養生をする、菅谷現場監督。

組みあがったベッドに丁寧に養生を施す、菅谷現場監督。

1台1台、大切に養生をします。

こんな感じで1台1台、大切に養生を済ませました。

子供部屋で使われる2段式ベッドは、
量販店で販売されている既成の家具です。
こうした既製品も適宜工夫して使うことで、
工期やコストを抑えるなど、お客様の
ご希望に合わせたオーダーに対応しています。

さてベッドは組みあがったのですが、
実はまだ完成していません。

このベッドには、部屋を分けてくれる
「間仕切り」の役目を持たせるのです。

完成イメージは、こんな感じです。

片方からみたベッド。

片方からみたベッド。

反対からみたベッド。

反対側からみたベッド。

つまり、ベッドに板を貼ることで、ベッド自体を間仕切りとしても使います。
片方は下の段、もう片方は上の段。
ちょうど互い違いの入れ子のようにして
ベッド(兼・間仕切り)を使うことになります。

これなら、限られたスペースでも、
たくさん部屋を間仕切ることができます。

そして、もうひと工夫!

間仕切る板には、たくさん穴があいた
「有孔ボード」を使います。

boad

穴にフックなどの金物を挿せば、
ちょっとした壁収納にもなります!

たとえばこんな感じに・・。

たとえばこんな感じで、穴に挿す金物によっていろんな使い方ができる優れモノです!

この有孔ボードの加工・取り付けは、
木工職人の木下さんにお願いします。
水工房では、棚や造作家具など、
細かい制作物をお願いしている職人さんです。

中央の鉢巻姿が、木工職人の木下さん。

中央の鉢巻姿が、木工職人の木下さんです。

上の写真は、木工制作にあたって、
サイズや実際の使い勝手、搬入や組み立て、
取り付け方法などを現場で再確認しているところです。
いわゆる現調(ゲンチョウ:現場調査)のひとつです。

お客様よりもひと足先に、暮らしています!(※図面の中で)

先のような打ち合わせ中の写真は
ブログに上げることは少ないのですが、
実は、ものすごく頻繁に、真剣に打ち合わせをしています。
そして、何度も何度も、実際の生活や暮らしを
シミュレーションしています。

ドアの開きは邪魔ではないか、
間口の高さは問題ないか、
棚の高さは使い勝手が良いか、
家事動線は効率的か、
通風や日差しの入り方は快適か、
温熱環境は通年で快適か、
ロールスクリーンの高さは使いやすいか…、などなど
数え出したらきりがありません。

すべては、お客様にとって
本当に暮らしやすい住まいにしたいためなのですが、
こうしたシミュレーションは、
設計、現調、施工途中で、
何度も何度も繰り返し確認&調整します。

おそらく図面の中では、数週間は
暮らしているのではないでしょうか。
(お客様、ひと足先にごめんなさい!)

解体直後の現調では、
インテリアコーディネーターの小島が、
スケルトンでがらんどうの状態にも関わらず、
メジャーを片手に位置を想像しながら、
何度もお風呂に入っている姿を目撃しました。
(主に浴室ドアの高さ確認のためでした)

リフォームアドバイザーの後上も、
お客様の実際の生活をイメージして、図面上で
朝のお子さんたちの送り出しを何回済ませ、
何回洗濯機を回し、何回干して畳んで収納したことか…、
聞き出すのが恐いくらいです(*_*)

今回の有孔ボードも、職人さん含むスタッフ総勢6名、
今日だけで、少なくとも100回以上は、
あっちからこっちから、
座りながら、立ちながら、ベッドに寝ころがりながら、
フックを抜き差ししたと思われます(๑˃̵ᴗ˂̵)و
シミュレーションの結果、
修正したほうが良いと思われる部分は
お客様に都度提案し、ご了承を得られたものを採用します。

こんな緻密なシミュレーションを経て、
ひとつの住まいが完成していくのですね。

この工事の記事一覧はこちら

壁が立ち上がりました!

投稿日:2016年05月23日

この工事の記事一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
足立区マンションY様邸のリフォーム工事ですが、
いよいよ壁が立ち上がりました!

ついに壁が!

2016年5月20日のようす。骨組みとなる鉄の柱(ケイテン)が立ちました。

2016年5月20日のようす。骨組みとなる鉄の柱(ケイテン)が立ちました。

2016年5月24日。ケイテンに合板や石膏ボードが取り付けられ、いよいよ壁らしくなりました。

2016年5月23日。ケイテンに合板や石膏ボードが取り付けられ、いよいよ壁らしくなりました。

壁が立ち上がると間取りが明確になるので、
完成後のお住まいをイメージしやすくなりますね!

こうした壁、床、天井を
作っているのは、
大工職人の池田さんです。

とても気さくな職人・池田さん。

とても気さくな大工職人・池田さん。

 

とにかく正確で寸法もぴったり。
ていねいで仕上がりがきれいなんです。

 

たとえば床。表面には出ない「下地」の工事でも・・・

たとえば床。表面には出ない「下地」の工事でも・・・

どうですか、このきれいな仕上がり!この下地を表面にしてもまったく問題ないクオリティです!

写真だと分かりにくいかもしれませんが、
複雑な配管やドア枠、壁の凹凸を交わしながらも、
合板と合板の隙間は1mmも無く、ぴったり!
(※繰り返しになりますが、これは下地です)

たとえば薄いクッションフロアで仕上げるときは、
床の凹凸を拾ってしまうことがあるので
下地は確かに重要なのですが、
それにしてもこのクオリティですよ!

合板が3枚突き合っている部分も、ご覧の通り隙間ナシ。※下地です。

合板が3枚突き合わさる複雑な部分も、ご覧の通り隙間ナシ。※下地です。

このほか、たとえば寝室の石膏ボードも、こんな具合で仕上げ並のクオリティ!

このほか、たとえば寝室の石膏ボードも、こんな具合で、表面仕上げ並のクオリティ!

実際、現場で見ると感動モノなのですが、
一緒にいる現場監督は涼しい顔…。
どうやらこれも、水工房では
あたり前のクオリティのようです。

今日も、職人さんの技に脱帽の1日でした。

この工事の記事一覧はこちら