カテゴリー: 足立区加平戸建てO様邸

足立区O様邸改修工事完了しましてお引き渡ししました!

投稿日:2017年02月20日

こんにちは、現場監理をしてます河北です。

先日からお伝えしてましたO様邸ですが、無事工事を終えました。

工事内容としましてはリビングダイニングの床・壁・天井、玄関・廊下の壁、寝室と和室の間仕切りをなくし
ひと部屋にし床・壁・天井の内装をやりかえるなどをしました。

床材には無垢材をつかい、壁はビニールクロスだけでなく
消臭効果や調湿効果のあるシラス壁とし機能とデザインのふたつの面でよい商品でした。

住みながらの工事でしたのでO様ともよくコミュニケーションがとれ、
たいへんご協力していただきお引渡しできました。

完工事にはわたしが日本酒をのむという雑談での会話をおぼえていただいてまして、もったいなくも
日本酒をいただきました!!O様のあたたかさに触れ感激でした!

そしてなんと、「また新たにリフォームしたいところがあるのでお願いします」と、
つぎの工事もご予約いただきました。

営業やコーディネーター・職人さん、お客様に協力していただき良いものをつくりあげ、
みんなが笑顔でよい気持ちで現場を終える。あたり前のことですが、まだまだ未熟な自分には簡単なことではありません。

これからもひと現場ひと現場一生懸命よいものをご提供できるよう頑張ってまいります。

以上です。ありがとうございました。

 

リビングの木壁

シラスの消臭左官壁

 

3階洗面室のタイル

3F書斎にあるモダンな琉球畳

 

 

 

機械ではなく人の手から生まれるシラス壁と障子の相性ぴったりな、ちょっと上質なリフォーム工事!

投稿日:2017年02月10日

こんにちは、河北です。

先日から工事してましたO様邸の工事で玄関・廊下の繊維壁をシラス壁に塗り替えました。

玄関廻りはお客様をお迎えするところでもありシラスを塗ることで、消臭効果や調湿効果がうまれます。

玄関でのジメジメした感じや気になる方もおいでるとおもいますが靴の匂いなどに効果的です。

見た目も左官職人がコテで仕上げるので、機械ではなく人がつくりだす自然な曲線もまたキレイでおちついた雰囲気に

なります。

入ってきたお客様に「あっ!このお宅ちょっと違うな!良い雰囲気だな~」と感じてもらえると思います。

私が工事が終わって確認しに行って真っ先に感じたのはシラスがつくりだす雰囲気に障子がすごく合っているなぁと

感じました。

みなさんもこの、人の手で自然素材をつかい生みだす空間を感じていただきたいなと思い写真を撮りました。

 

消臭除菌効果のあるシラス左官壁

シラス左官壁を玄関から見たところ

ちなみに工事日数はベテランの職人さんに施工して頂き一日で終えました。

リフォームをお考えのみなさんも是非ご検討ください。

以上、シラス壁と障子が生みだす雰囲気でした。

 

 

足立区リフォーム現場の床組工事です!!~足立区加平戸建てリフォームO様邸~

投稿日:2017年01月20日

こんにちは、河北です。

前回は解体工事をご紹介しまして、今回は次工程の床組の工事をご紹介いたします。

置床工事は先ず床のレベルをきめて、壁ぎわに防振システムネダを施工していきます。

従来では防振システムネダではなく際根太を使用していたそうですが、それだと壁に直接接触しているため

上の階から下の階へ音を伝える原因にもなっていました。

次は支持脚をスラブ面にならべて(専用の接着剤を使います。)床パネルを敷いていきます。

床パネルの高さは支持脚のボルトをドライバーで回して正確にミリ単位で調整していきます。

O様邸リビングの置き床

リビングに敷き詰められたパーティクルボード

床パネルを施工し、高さ調整を終えましたら次は床材の下地になるベニヤを施工します。

なぜ直接床材を張らないの?

と思われる方もおいでるかもしれませんが床パネルだけではまだまだ材料があばれるので更にベニヤ貼ります

パーティクルボードの上にベニヤを貼ります

ベニヤの上にフローリングを貼ります

そして最後に仕上げとなります床材を施工します。

今回はカリン材を使用しました。

カリン材は家具・仏壇・床柱・床框・装飾・楽器などにも使用されている材料で耐久性や強度が高い商材です。

 

無垢のカリンの床材

 

 

個人的には重厚感や質の高さも感じ、味のある商材だと思いました。

以上、床組工事についてご紹介いたしました。

足立区で新しいリフォーム現場の解体工事はじめました!!~足立区加平戸建てリフォームO様邸~

投稿日:2017年01月11日

こんにちは河北です。

今回はリビングの床組と内装、寝室と和室を一間にするなどの工事をさせて頂きます。

実はこちらのお客様はよく工事をさせて頂いてますOBの方です。

私はまだ入社して浅いのではじめてお会いしました。(とても誠実な方でした。)

工事着手にともない先ずはリビングに置かれていた家具などを営業さん、大工さんと一緒に

移動しました。

リビング南面

このような状態になりました。

 

そして次に、キッチンは今回工事しませんので

ほこりなど入らないように養生します。

リビングからキッチンを望む

今回はこのように養生をしました。

解体への下準備ができましたら次に床組を解体していきます。

 

床組のビフォアー&アフター写真です。

リビングの床(リフォーム前)

リビングの床を解体したところ

これから床組工事に入っていきます。

角材をならべて施工していく根太組じゃなくパーティクルボードという木材の小片で成形されたものを

床に敷いていく置床工法を使用します。

施工しましたらまた載せますのでご覧になってください。

宜しくお願いします。