カテゴリー: 足立区戸建てM様邸

NEW!! 足立区戸建てM様邸:足場を解体しました!

投稿日:2016年08月08日

暮らしやすさを求めた親子2人の住まい 足立区戸建リフォーム

Befor既存平面

After平面計画

 

 

 

 

 

 

 

足立区北千住の商店街を一歩足を進めると、そこには昔ながらの住まいが軒を連ねています。
そんな閑静な住宅街の中に佇むM様邸は、母と娘の親子2人暮らし。
築年数はだいぶ経ち、随所に、レトロファンが羨むような味わい深いあしらいが目白押しです。
大切にしながら暮らされていたようで、お住まいに目立った傷は見当たりません。
しかし、水まわりや外壁などには、経年による傷みがどうしても出てきてしまいます。
そこでM様は、将来のバリアフリー化も視野に入れながら、
暮らしやすさを追求したリフォームをご決断されました。

■■物件データ■■
所在地:足立区 種別:戸建

Before
リフォーム工事前の現場のようす。

IMG_1039 IMG_1044 IMG_1053 (左)廊下は床を張り替えます。
(中)浴室は最新のユニットバスに交換して、暮らしやすさを追求します。
(右)外壁も塗装をして、建物自体の長寿命化を図ります。

2016/06/07

022 028 いよいよ解体工事が始まりました!

詳細はこちら>>

2016/06/19

IMG_1322
IMG_1316  外まわりの工事と給排水の配管工事が始まりました!

この工事の詳細はこちら>>

 

2016/06/23

003 037 (左)新しい玄関ドアが付きました!(右)2階踊り場の洗面横は、窓まわり工事が始まりました。

2016/07/05

玄関から見た浴室方面。 021

内装の壁が完成!下地を丁寧に作っています。

詳細はこちら

2016/07/06

039 038 ユニットバスとトイレが設置されました!

詳細はこちら

2016/07/09

玄関まわりのモルタル工事をしました!

詳細はこちら

2016/07/11

キッチンのタイルを貼りました!

2016/07/13

外まわりの左官工事が進んでいます!

詳細はこちら

2016/07/16

外壁の塗装工事が始まりました!

詳細はこちら

2016/07/26

屋根をカバー工法でリフォームしました!

詳細はこちら

2016/08/01

外壁の塗装が終わりました!養生を、職人さんがていねいに剥がしています。

2016/08/07

足場を解体しました!ガスの配管をきれいにまとめています。

詳細はこちら

只今、順調に工事が進行中!
更新まで、しばらくお待ちください。

この工事の投稿一覧はこちら

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

 

足場を解体しました!~足立区戸建てM様邸~

投稿日:2016年08月07日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。

今回は足立区戸建てM様邸の工事の様子をお伝えします。

工事はいよいよ大詰めです

前回外壁塗装の仕上げが終わったのですが、

ようやく足場が外れ、外観全景が現れました!

外壁の色はとても綺麗な純白!

ちなみに・・・

工事前の外観と比較してみると・・

Before

Before

After

After

細かいヒビも補修し、ドアや雨樋も新しくなり、

外観全体が綺麗になりました!

現在は給湯器まわりのガスの配管をきれいにまとめているところです・・

IMG_2501

工事もあともうひと息。これからさらに、

細かい部分の塗装の残りや、給湯器のある裏面の地面に砂利を敷いたりします。

完成したら、またお知らせします!

それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

足立区M様邸:屋根をカバー工法でリフォームします!

投稿日:2016年07月25日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。

今回は足立区M様邸、戸建てリフォームの

屋根工事の様子をお伝えします。

 

屋根のリフォームの種類

・・・といえば、塗装、葺き替え、カバー工法などがありますが、

M様はカバー工法を選択されました。

コスト面でも、塗装ほどではありませんが、

葺き替えよりも低く抑えることができるメリットがあります。

 

ここで、屋根のおおまかな構造の解説をさせてください!

表面から

①瓦やコロニアルなど、一番表(上)に出る仕上げ材

②雨の侵入を防ぐ布状の「ルーフィング」

③野地板(耐水合板)

という感じになります。

001_01_01

 

「カバー工法」にもいろいろな種類があるのですが、

今回のリフォームでは、①の仕上げ材のみ取り去って、

②ルーフィングと③野地板はそのまま残して活かしつつ、

②の上にさらに新しい野地板、新しいルーフィング、新しい仕上げ材、

を載せる工事をします。

0726 004

まずは既存の屋根の解体からスタートです。

既存のルーフィングが見えます。

既存のルーフィングが見えます。

既存のルーフィングの上に、新しい野地板を敷きます。全部で30枚以上!

既存のルーフィングの上に、新しい野地板を敷きます。全部で30枚以上使いました!

新しい野地板を敷いた後、ルーフィングを敷きます。

新しい野地板を敷いた後、新しいルーフィングを敷きます。

ルーフィングの上に、仕上げ材を敷きます。断面が見えますが、断熱材付きです!

ルーフィングの上に、仕上げ材を敷きます。瓦の断面が白く見えますが、これは断熱材!断熱材付きの屋根材です。

きれいに葺くことができました。

きれいに葺くことができました。

ちなみに、リフォーム前の屋根は・・・

こんな感じで、所々塗膜が剥がれていて、いつ雨漏りしてもおかしくない状態でした。

こんな感じで、所々塗膜が剥がれていて、いつ雨漏りしてもおかしくない状態でした。

屋根のリフォームで雨じまいも万全。

断熱効果もアップしているので、暮らしやすくなります!

 

築年数が経つ建物の屋根では、

塗装ではカバーできないほど劣化していることがあります。

その場合は新しい屋根にする必要がありますが、葺き替えのほか、

このようなカバー工法も選択のひとつとして有効です!

 

次は外壁塗装の仕上げです。

またお知らせいたします!

この工事の投稿一覧はこちら

 

左官屋さんのお仕事、結構大変なんだな~と改めて考える。

投稿日:2016年07月19日

施工管理の菅谷です。

 

足立区千住のM様邸で窓や玄関ドアを新しいものに入れ替えたことにより、その周りのモルタル補修を

左官屋さんに作業してもらいました。

その時に玄関土間の立ち上がり部分のモルタルは既存のモルタルと色を合わせるということで、

このようなものを用意してもらいました。

P7090015

 

 

 

 

 

 

これをモルタルに入れて撹拌するとこんな色に。

P7090013

 

 

 

 

 

 

使い込まれたいろいろなコテを駆使しこんな感じ。

P7090031

 

 

 

 

 

 

決して恥ずかしがりやではなく、狭いところなのでこんな格好で

P7090036

 

 

 

 

 

 

このように仕上がりました。

P7090020

 

P7090039

 

この様な経験豊かな職人さんたちに支えられてわが社の仕事は成り立っていることを常に心にとどめ、

お客様・職人さんどちらにも喜んでいただける仕事を続けていければと改めて思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

足立区M様邸の外まわりの左官工事が順調に進んでいます!

投稿日:2016年07月13日

こんにちは、政所です。

今回は足立区M様邸の外まわりの左官工事の様子をお届けします。

キッチンなど水まわりが集中する北面の外装工事

まずは北側部分。こちらはキッチンや浴室などがある面ですが、

こちらは新しく大きな窓に取り替える工事をしています。

6月17日時点の工事の様子。大工の工藤さんが窓まわりの工事を進めています!

6月17日時点の工事の様子。大工の工藤さんが窓まわりの工事を進めています!

7月9日の工事の様子。キッチンの窓は素敵な格子のデザインのものに変更しています。窓の周囲は左官でモルタルをしなおしています。

工事途中の様子。キッチンの窓は素敵な格子のデザインのものに変更しています。窓の周囲は左官でモルタルをしなおしています。

 

工事前の庇。屋根はゆがみ、骨の部分から壊れていました。

こちらはキッチンの窓の上にある庇の部分(工事前)。屋根はゆがみ、骨の部分から壊れていました。

キッチンの窓の庇も劣化していたので、新しいものを取り付けます。

骨を作り直し、新しい庇にします。

きれいな金物の庇が付きました。工事の種類としては、「板金」という工事になります。

きれいな金物の庇が付きました。工事の種類としては、「板金」という工事になります。

玄関まわりの壁も、きれいに整えます

同様に、玄関ドアも新しいものに入れ替えていますが、

ドアの周囲の壁も、隙間なくきちんと整えています。

010 011

これで外まわりの壁の下地はだいぶ進みました!

あとは塗装工事を待つのみです。

それではまたお知らせします!

 

いつまでもぽかぽか温かい、快適な浴室が完成しました!

投稿日:2016年07月06日

この工事の投稿一覧はこちら

こんにちは、政所です。

今回は足立区の戸建てM様邸の

サニタリー、浴室やトイレの工事の様子をお届けします。

断熱仕様のユニットバス!

M様邸では、従来のタイルのお風呂からユニットバスに変更します。

浴槽は断熱材でしっかりと包み込まれています。

近年のユニットバスでは標準的ですが、

今までの浴槽と比べたら、温かさの持続がまったく異なると思います!

063

ちなみに、浴室の壁も、断熱材でいっぱいです!

070

これなら冬場でもひんやりし過ぎず、

入りやすいことでしょう!

完成写真はこちら。

039

ついでに、階段下へ移動するトイレも、

無事入りました。

038

手すりもついた、楽々トイレの完成です!

内部も大詰めですが、外壁まわりもいよいよ大きな動きが出そうです。

またご報告します。

それではまた♪

この工事の投稿一覧はこちら

壁が立ちました!下地工事も順調に進んでいます。

投稿日:2016年07月05日

この工事の投稿一覧はこちら

こんにちは、政所です。

今回は足立区の戸建てM様邸の

壁工事の様子をお届けします。

今回の主役の職人さんは、大工の工藤さん。

整理整頓を欠かさず、いつもきれいな現場の工藤さん。

整理整頓を欠かさず、いつもきれいな現場の工藤さん。

壁が立ちました!

地道な工藤さんの作業で、ついにすべての壁が立ち揃いました。

現在は、クロスを平らに貼れるうように

下地処理を済ませたところです。

 

玄関から見た浴室方面。

玄関から見た浴室方面。

こちらは浴室の隣の脱衣室です。もともとトイレがあったところですが、トイレは階段下へ移動するので、脱衣室は大きくとることができました。

こちらは浴室の隣の脱衣室です。もともとトイレがあったところですが、トイレは階段下へ移動するので、脱衣室は大きくとることができました。

2階の廊下にもひと工夫!

2階の廊下は、窓を変更する工事をしています。

窓(開口部)を減らすのですが、ただ減らすのではありません。

せっかく窓分の壁厚があるので、そこに

飾り棚を設けます!

026

なかなか良い雰囲気になりそうですね!

狭い場所に立てる足場

M様邸の周囲は住宅の密集地。

隣家とのスペースも狭めです。

でも、外壁をリフォームする工事が予定されています。

工事のための足場は無事入るかしら・・・?

なんて思ってたら、こんな感じで、見事に入りました!

020

結構ギリギリです!

これを現場では単管(たんかん)と言っていました。

でも、この足場でどうやって作業するのでしょうか?

すると・・・

021

要所要所でこんな感じのステップがありました。

こんなアクロバティックなところでも、

職人さんは作業ができるのですね(汗)スゴイです!

また進捗があったらご報告しますね。

それではまた!

 

この工事の投稿一覧はこちら

外まわりの工事と給排水の配管工事が始まりました!

投稿日:2016年06月19日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは!政所です。
今回は足立区戸建てM様邸の工事現場で
解体後の工事の様子をお伝えします。

解体工事が終わり、次の工事へと進みます…。

解体工事が終わり、次の工事へと進みます…。

屋外では、窓の取り付けが済み、
木工職人の工藤さんが、
外壁の補強工事の真っ最中!

IMG_1316

その壁の向こうでは、配管職人の山田さんが、
水まわりの移設に伴う
配管の敷き直し工事をしています。

左が職人・山田さん。右は河北現場監督。

左が職人・山田さん。右は河北現場監督。

今回のリフォームでは、
浴室の隣にあったトイレを
階段下へ移設。

空いたスペースの分、
浴室を広げてゆったりとした
ユニットバスを設置する予定です。

これに伴い、柱を移動する必要がありました。
建物の構造に関わる重要な「通し柱」
ではない柱であり、図面上でも移動が問題ないのは確認済みです。

・・・というよりむしろ、
この柱は、経年による劣化で、
既に役目を果たしていませんでした・・・

解体直後の様子。右の柱が移動する柱。下のほうが、既にボロボロに…。

解体直後の様子。右の柱が移動する柱。下のほうが、既にボロボロに…。

どんなに大切に住み継いでも、
築年数が結構経ってしまうと、
水まわりはどうしてもこうなるケースが
多くなってしまいます。

この柱の移動するにあたって、
こんな感じに補強を施しました。

上の横に伸びる梁に、 さらに板を添えて頑丈に(添梁・「そえばり」というそうです)。移動した後の柱も補強しています。

上の横に伸びる梁に、さらに板を添えて頑丈に(添梁・「そえばり」というそうです)。移動した後の柱(右側の柱)も木を添えて補強しています。

なお、ここはユニットバスが入る予定ですが、
その壁には新たに断熱材を設置して、
快適さとともに、バリアフリー
(ヒートショック対策)のことも
しっかり考えています。

IMG_1327

リフォームは外見だけでなく、
壁の中の構造や断熱のことも、
暮らしにとても重要なんだと、
改めて気づかされた現場でした。

それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

大切に暮らして来た親子2人の戸建ての解体工事がはじまりました!

投稿日:2016年06月07日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは。政所です。
今回は新しく工事が始まった、
足立区の戸建てリフォームの現場の様子をお届けします。

こちらは北千住駅の近くにある
閑静な住宅街にあります。

築年数が古いのですが、それが逆に、
レトロで趣があって素敵な住まいです!

懐かしい床、どこか心が落ち着く階段まわり。つくりもしっかりしていて、大切に暮らされていたことが窺えます。

懐かしい床、どこか心が落ち着く階段まわり。つくりもしっかりしていて、大切に暮らされていたことが窺えます。

「となりのトトロ」に出てきそうな、味わい深い浴室。タイルの色も素敵です!

「となりのトトロ」に出てきそうな、味わい深い浴室。床のタイルも素敵です!

 

しかし、水まわりや外装など、
住まいにいくつか傷みが出てきてしまい、
長い目で見たバリアフリー化も視野に入れて、
ついにリフォーム工事をすることになりました。

早速ですが、解体工事が始まりました!

トイレまわりです。しっかり木が組まれています。

トイレまわりです。しっかり木が組まれていました。

浴室の入り口部分、洗濯室の壁です。柱がだいぶ傷んでいますが、築年数を重ねると、水まわりはどうしてもこういった傾向になってしまいます。

浴室の入り口部分、洗濯室の壁です。柱がだいぶ傷んでいますが、築年数を重ねると、水まわりはどうしてもこういった傾向になってしまいます。

解体していくと、想定外のこともたくさん出てきます。
あるはずの構造壁がなかったり移動してたり、
配管の位置がズレていたり、想像以上に柱が傷んでいたり…。

こうしたあらゆることを逐一確認して、
予算なども鑑みながら、対策を練っていきます。

こうして編み出された対策提案は、
お客様にご報告し、摺り合わせをして、
確認をしてから工事を進めています。

さて、工事も始まったばかり。
動きが出てきたら、またご報告いたします。
それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら