カテゴリー: 内装工事

小さなパン屋さんができました!

投稿日:2018年09月14日

 

こんにちは、小島です!
今回は、今日完成した現場をご紹介します!

北区のこちらの現場は、自宅の一部をパン屋さんに改装するという
ちょっと特殊なリフォームです。

幅120cm、奥行180cmほどの小さなスペースですが、
造作のショーケースを置いてしっかりお店仕様になります!

ショーケースの完成イメージはこんな感じ!
(多少変更点もありますが)

ショーケースの奥には間仕切り壁を立て、
焼きたてのパンを並べるための棚をつけます。

勝手口がお店の入り口になるのですが、
既存のドアはアルミ製でクールな印象。

ナチュラルで温かい雰囲気をイメージしていたため、
木製のドアに交換します。

まず既存ドアを撤去します。
側面壁のタイルを壊さずに解体できました!

木製ドアがつきました!

まわりのタイルを補修して・・・

いよいよショーケースの設置です!
今回は照明つきの家具なので、
電気工事も同時に入ります。
みんなで力を合わせて配線を通します。

上で配線を持っているのが家具屋の木下さん、
下からそれを引っ張っているのが電気屋の山西さんです(‘ω’)

 

電気がつきました!
照明の色はパンが一番おいしく見えるものを選びました。
パンが置かれるのが楽しみ~!!(*^-^*)

 

底板には照明のメンテナンスができるよう点検口を設けました。

 

こちらがお店の内側から見た様子。
お客さんからは見えませんが、
引戸と引き出しの取っ手がクローバー型でかわいいんです( *´艸`)

 

さて次は、奥に立てる間仕切り壁の設置です。
開口部のある羽目板を張った壁です。

でもこの壁ただの壁じゃありません。
なんと取外し可能になっているのです!

 

こちらは塗装中の壁。
なぜ取り外しできるようにしたのかというと、
将来的に大きな機械などを出し入れできるようにするため。
壁があると搬入経路がなくなってしまうため、
万が一の時は取り外し可能にしたのです。
ショーケースも同様に取り外しできるようにしてます。

 

この壁には、焼きたてのパンを並べるための棚板をつけます。
パンの蒸気がこもらないようにするため、
木の板などではなくアイアン製のものに。

棚板がつきました!いよいよお店らしくなってきた~!( *´艸`)

隣の小窓には、木製の内窓をつけました。
以前はよくあるアルミの上げ下げ窓だったのですが・・・

窓そのものを交換すると、外壁の補修もしなくてはならなくなり大ごとになってしまうため、
既存の窓を隠す形で手前にもうひとつ窓をつけます。
新しい窓をつけても奥の窓の開閉ができるよう、
同じように上げ下げ窓にしました。

大分雰囲気が変わりましたね!
奥の窓がぼやけるよう、モニュメントガラスを採用しました。
目隠しになるだけでなく、波のようなゆらぎがレトロな雰囲気を
醸し出してくれます。

 

★★★★★

 

こうして小さなパン屋さんが完成しました!

外壁にはお店だとわかるようポーチ灯と看板をつけました。
パン型のアイアンの看板はご主人様のデザイン!かわいいです❤

 

パンが並ぶのが楽しみですね!
その時が来たらまたお伝えします☆

ではでは小島でした~(^^♪

 

板橋区T様邸 解体工事完了しました。

投稿日:2018年08月29日

こんにちは。施工管理の菅谷です。

最近マンションの改修工事を担当させていただく事が多かったのですが

木造戸建ての改修工事が始まりました。

打合わせ・材料の拾いが終わり明日より設備屋さんが配管工事を始めます。

またご報告いたします。

造作壁面収納工事が完了しました!〈足立区マンション〉

投稿日:2018年04月14日

 

こんにちは、小島です!

 

朝晩も暖かい日が増え、
本格的に春らしくなってきましたね!
皆さん花粉症は大丈夫ですか?

 

今回は、先日行った壁面収納工事をご紹介します。
お客様のご希望通り、かっこいいデザインになっていますよ~(*^^*)

 

初めに完成を見せちゃいます!

 

 

ホワイトとブラックのツートーンでクールなデザインです。
フロート設置(床から浮かせて設置すること)で、
よりスッキリとモダンな印象に。
これらはお客様がこのような海外の事例からイメージされました。

 

 

ただ、壁面の幅があまり大きくなく、
また照明のスイッチがあることから
ここまでの横長のデザインが難しいことが気になる点でした。

 

そこでお客様の方から、
「スイッチはほとんど使っていないので
収納とかぶってしまっても大丈夫ですよ♪」
と少しでも間口を広げるアイデアをいただきました。

 

壁いっぱいまで収納を広げることで、
横長のゆったりとしたデザインになりました。

スイッチは扉を開ければ使えるようになっていますよ♪

 

 

今回のリフォームは、
デザインだけではなく配線周りの整理も
大きなポイントでした。

 

 

以前はこんなふうに配線がごちゃごちゃで
スッキリしない状態でした。

 

そういう場合TVボードの中に
コンセントを設けることが多いのですが、
今回は既存のコンセントをそのまま使用する計画だったため、
配線が見える部分がなるべく
目立たなくなるように工夫しました。

 

 

このように収納内部の仕切りに配線穴を設け、
全てのコードをまとめて
一番端のキャビネットの底板から出します。
これで見える配線は最小限にできます。

 

こんなふうに様々な工夫が必要な設計となりましたが、
実はこちら造作家具と既製品の組み合わせなんです。

 

ブラックの部分が造作家具で、
ホワイトの部分がLIXILのヴィータスという商品です。

 

 

もともとは既製品のみで検討していましたが、
ブラック色の用意がなかったため造作家具ミックスとなりました。

 

もちろん全て造作家具であれば、
色や寸法などの自由度は格段に上がりますが、
オーダーメイドな分どうしても費用がかかります。

 

そこで既製品を組み合わせることで、
費用を抑えることができました。

 

このように細かな部分で工夫をほどこし、
お客様のご要望通りの家具をお作りすることができました!
ご家族皆様にお喜びいただき・・・
小島も嬉しい限りです!( *´艸`)

 

ではでは小島でした~(^^♪

 

板橋区5F建て鉄骨造のスケルトン工事~4・5階でのリフォーム工事~

投稿日:2018年03月01日

こんにちは、河北です。

正月が過ぎ早くも1月下旬になりました。

冬も本格的になり雪がつもり、寒くなってきました。

毎朝ふとんから出るのがつらいです。太陽の光を浴びると目覚めやすいと聞きますが、私の部屋は日当たりが悪く

悲しいことに日差しが入りませんでした・・・。

 

さて、2018年に入り早くもスケルトン工事が始まりました。

新しく始まりました現場は板橋区で5階建ての鉄骨造のお宅です。

今回は4、5階のリフォーム工事となります。エレベーターがないので解体時や材料の搬入、

工事で出たゴミの搬出を考えると足場を組立て、電動ウィンチを足場に取り付けて

機械での搬出入をすることにしました。

ですので工事の解体までの流れは

現場養生→足場組立(ウィンチ設置)→キッチンなど水廻りの止水処理→解体となります。

材料の搬出入は外からとなります。

階段は基本的には他のお客様もいらっしゃるのでなるべく通らないよう、気をつけて

解体工事にとりかかります。

今回の解体工事は4・5階で約70㎡です。

基本的には室内階段を使用せずにウィンチで荷下ろししました。

建具や器具を撤去しまして天井・壁・床と解体していき3日で解体工事完了となりました。

このようにほぼ天井・壁・床・間仕切りを解体しました。

次は古い配管を撤去し、新しく配管します。

既存の鉄管では老朽化やさびなどにより水の出が悪くなっていったり、異臭、漏水

のおそれがあります。

この機会に部屋うちの配管をあたらしいものに変えます。

現在は架橋ポリエチレン管という樹脂管をよく使用しています。

写真でお伝えしますとピンクやアオ色の管がそうです。

こちらの架橋ポリエチレン管には保温材が巻いてあります。

柔軟性・耐食性などにもすぐれており、耐久性では30年以上もつとのことです。

管工事の配管を終え、つぎは天井や床組を大工さんにしてもらいます。

天井は既存の構造などを考え、軽量鉄骨材にしました。

暑さ0.5㎜の鋼材なので木材で下地をするよりも軽くて耐火性に優れています。

そして床組みは「置床工法」としました。

パーチクルボードと呼ばれる一枚、60㎝×182㎝で厚みは2㎝の木材のチップを圧縮した成形版を下地材とします。

重さはけっこう重くて約16kgあります。

これを荷上げ屋と呼ばれるマッチョな方々に今回は4階まで階段を使ってあげていただきました。

その様子をみていますと一度に4枚かついでいたりし、いつもながらビックリしております。

パーチクルボードに防振ゴムのついた脚をコンクリート面の床に置き、その脚のたかさが

配管などのスペースとなります。

その天井下地と床組の状況が下の写真です。

 

次回も大工工事となりますので、またお伝えしていきます。

よろしくお願いいたします。

 

完工しました。

投稿日:2017年12月28日

施工管理の菅谷です。

高島平のマンション室内改修工事、無事終了いたしました。

管理人さんにも大変よくしていただき、またご近所の皆様にも御協力いただき、

スムーズに工事をすすめることができ、本当にありがとうございました。

お客様が以前からお使いの造作家具も手直しさせていただき、サイズピッタリに収まりました。

完成見学会も開催させていただき、多数のご来場をいただきましたこと施工管理として本当に感謝しております。

ありがとうございました。

 

 

 

 

板橋区マンションリフォーム~間仕切り工事(和室を寝室・猫スぺースへ、ウォークインクローゼット、自転車スペース)~

投稿日:2017年12月24日

こんにちは。現場監督の河北です。

12月に入り、気温も下りさむくなってきました。

やはり社内でもちょっぴり風邪が流行ってきましたので皆様も手洗い、うがいをし

体調をくずさぬよう気をつけていきましょう。

ちなみに社内では風邪の引き初めには高麗ニンジンの栄養ドリンクが良いのでは?

との噂が・・・。ご参考までに。

 

板橋区のマンションで和室から洋室と猫スペースへとかえる工事をご紹介いたします。

まずはリフォームしない箇所へホコリやキズがつかないように保護などを目的とする養生をしまして、

解体となります。

解体しましたら部屋との境になる間仕切りや、マンションなので下階との騒音問題に配慮しました遮音材を施工

します。

床をリフォームする場合は既存の床との段差をなくすよう高さを調整するよう気をつけます。

建具を取付け、将来かべに棚などが取付けられるようベニヤをはりました。

そして内装屋さんに壁紙とカーペットを貼っていただきました。

窓にはフジサッシのセーフティールーバーという内窓を使用しました。

壁紙とも、合っていてとても良い雰囲気の部屋となりました。

猫スペースはL字となった建具でルーバーになっているものがないらしく、リクシルの2つの既製品の引き戸を

大工さんに加工してもらい、うまく納めていただきました。

正直初めての取り組みであり、リクシルの人や大工さんといろいろ打合せをし、現場でも品物をみて

いろいろ悩み取付けました。

出来上がるまで本当にできるのか?うまく納まるのか?心配でしたが

こまかい事などを得意とする池田大工に見事につけていただきました。

猫スペースには木下木工さんにオーダーの家具を作成してもらいました。

ネコちゃんが遊べるような穴があいていたり、落ち着きそうなスペースがある家具となりました。

以上が和室から寝室・猫スペースです。

つづいて寝室だった部屋をウォークインクローゼットと自転車を置くスペースにリフォームしました。

ウォークインクローゼットは天棚とパイプを用いたくさん収納ができるようになっています。

正面の壁は既存がエコカラット(「調湿効果」「ニオイ吸着」「VOC吸着」が期待できます。)でしたので

残すことになりました。

入り口の横には穴があいています有効ボードを用い、フックなどをかけ様々な使い勝手が

できようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車スペースには玄関からそのまま入れるようになっており、床材には塩ビタイルを用いて傷に

配慮した使用になっております。

もちろん下地には遮音材をもちいて音の面にも配慮してあります。

収納棚は可動棚となっており、収納するものに応じて好きな高さに取り付けられるように

なっています。

正面の壁はウォークインクローゼットと同じく既存のエコカラット活かしました。

以上、板橋区マンションリフォーム~間仕切り工事(和室を寝室・猫スぺースへ、ウォークインクローゼット、自転車スペース)~でした。

ありがとうございました。

 

押入れの下地 

投稿日:2017年12月06日

 

施工管理の菅谷です。

 

ただいま進行中の板橋区高島平のマンション室内改修工事、

こちらは今週末12月9日(土)~12月10日(日)に完成見学会を予定しており

お引き渡しに向け、関係者全員で取り組んでおります。

 

室内に畳コーナーを設け押入れを造作しておりますが、広がりを感じられるように

床から750mm離したところが押入れの底の部分となっております。

下地の状態                    木下地の他に全ねじボルトで天井スラブから吊っています。

見た目と強度、かっこよくてもすぐにグラグラしてしまっては大変なことになってしまいます。

しっかりと補強をし、事故の無いよう施工しております。

当然仕上がりにも注目していただきたいのですが、見えなくなってしまうところでも

いろいろと細かな細工をしておりますのでそこも注目していただければ有難いと思います。

 

内覧会予定の現場はただいま内装工事中です<板橋区高島平>

投稿日:2017年12月02日

 

こんにちは、小島です!

 

ただいま工事進行中の、
板橋区高島平のマンションの様子をお伝えします。

 

こちらは、12/9(土)~12/10(日)
完成見学会を予定している現場で、
仕上げに向けて突き進んでいるところであります。

 

現在はクロスやカーペットなどの内装工事中。
ここまでくると完成が見えてきてテンションが上がります☆

 

度々現場にいらっしゃりお打合せをするI様からも、
「クロスが貼られ始めて、実感がわいてきました~♪」
とお言葉をいただきました。

こちらはリビングのアクセントクロスを貼っている柚木さん。
畳コーナーになるため、少し和のイメージのある
オレンジ色のクロスをご提案しました。

 

完成イメージはこんな感じ♪

 

リビング以外にも、寝室や洗面室、トイレなど
そこかしこにアクセントクロスが貼られる予定です!

 

完成見学会では、
そういったクロスなどはもちろん、
無垢のカバザクラの床など、
落ち着きの中に大人の遊び心があふれる空間を
ご覧いただけます。

 

水回りもすべて交換していますので、
最新の設備をご覧になりたい方もぜひぜひ。
近いうちに専用バナーにて正式にご案内させていただくので、
要チェックです!( *´艸`)

【マンションリフォーム見学会】
板橋区高島平
12/9(土)~12/10(日)10:00~16:00

 

ではでは小島でした~(^^♪

木工事すすんでいます。

投稿日:2017年11月30日

施工管理の菅谷です。

板橋区高島平マンション工事、ユニットバスも組みあがり

天井下地、遮音床下地も順調に進んでいます。

解体工事が終了しました 

マンションではスラブコンクリートに直接クロスを貼って仕上がっている

天井もありますが、その天井では照明機器の移動やダウンライトを設置することが

不可能となります。

ですので今回は今までの室内高さより低くはなってしまいますが新たに天井をつくっています。

床下地が出来上がった時点で再び現場打合せ・墨出しを行い詳細な位置を出して行きます。

 

設置前の浴槽です。

直天井に下地組み、床も遮音二重床を施工。

 

 

 

 

 

 

 

 

解体工事が終了しました。

投稿日:2017年11月27日

施工管理の菅谷です。

板橋区高島平でマンション改修工事がはじまりました。

間仕切り壁や室内建具など残すものは残しての施工となります。

玄関からリビングまで床下地から解体し給水給湯排水配管の更新作業も行います。

設備機器のみの改修工事ですと配管の更新作業も施工範囲が限定されてしまいますが

ここまで解体させていただけますとメーターからすべて更新可能となります。

床下に隠れてしまう部分を直すことにより完成後の安心感が違ってくるのではないでしょうか。

既存の鉄管・銅管           樹脂管に更新