カテゴリー: 水廻り

LIXILメンバーズコンテスト2017

投稿日:2018年01月26日

こんにちは、半田です。

昨年キッチン改修工事をさせて頂きました、

板橋区T様邸事例がリフォームコンテストで入賞致しました。

LIXILメンバーズコンテスト リフォーム部門

 

☆☆☆☆☆ 敢闘賞 ☆☆☆☆☆

 

 

明るく開放的なツインタイプのオープンキッチン完成

 

工事前はコの字型の対面キッチン・吊戸棚がリビングへの視界を遮る圧迫感

  

 

私のご提案を採用して下さり、写真撮影にもご協力頂きましたT様には感謝感謝です。

今後もお客様にご満足頂ける様、ご要望・お困りごとの解消・より良いご提案を心がけ務めてまいります。

 

 

 

 

完工しました。

投稿日:2017年12月28日

施工管理の菅谷です。

高島平のマンション室内改修工事、無事終了いたしました。

管理人さんにも大変よくしていただき、またご近所の皆様にも御協力いただき、

スムーズに工事をすすめることができ、本当にありがとうございました。

お客様が以前からお使いの造作家具も手直しさせていただき、サイズピッタリに収まりました。

完成見学会も開催させていただき、多数のご来場をいただきましたこと施工管理として本当に感謝しております。

ありがとうございました。

 

 

 

 

素敵なタイルでアクセント トイレリフォーム

投稿日:2017年12月07日

こんにちは、半田です。

本日、やっと完成!!

夏にトイレリフォームをさせて頂いたのですが、

アクセントにお選び頂いたタイルが輸入品だったために、

約3ヶ月お待ち頂きまして、ようやく完成しました。

可愛い😍

タイルを貼る前3ヶ月間は

淡い水色のクロスでクールな印象でしたが

タイルを貼り、完成すると

なんとラブリーな仕上がり〜

一度で二度美味しい感じのリフォームでした。

押入れの下地 

投稿日:2017年12月06日

 

施工管理の菅谷です。

 

ただいま進行中の板橋区高島平のマンション室内改修工事、

こちらは今週末12月9日(土)~12月10日(日)に完成見学会を予定しており

お引き渡しに向け、関係者全員で取り組んでおります。

 

室内に畳コーナーを設け押入れを造作しておりますが、広がりを感じられるように

床から750mm離したところが押入れの底の部分となっております。

下地の状態                    木下地の他に全ねじボルトで天井スラブから吊っています。

見た目と強度、かっこよくてもすぐにグラグラしてしまっては大変なことになってしまいます。

しっかりと補強をし、事故の無いよう施工しております。

当然仕上がりにも注目していただきたいのですが、見えなくなってしまうところでも

いろいろと細かな細工をしておりますのでそこも注目していただければ有難いと思います。

 

木工事すすんでいます。

投稿日:2017年11月30日

施工管理の菅谷です。

板橋区高島平マンション工事、ユニットバスも組みあがり

天井下地、遮音床下地も順調に進んでいます。

解体工事が終了しました 

マンションではスラブコンクリートに直接クロスを貼って仕上がっている

天井もありますが、その天井では照明機器の移動やダウンライトを設置することが

不可能となります。

ですので今回は今までの室内高さより低くはなってしまいますが新たに天井をつくっています。

床下地が出来上がった時点で再び現場打合せ・墨出しを行い詳細な位置を出して行きます。

 

設置前の浴槽です。

直天井に下地組み、床も遮音二重床を施工。

 

 

 

 

 

 

 

 

解体工事が終了しました。

投稿日:2017年11月27日

施工管理の菅谷です。

板橋区高島平でマンション改修工事がはじまりました。

間仕切り壁や室内建具など残すものは残しての施工となります。

玄関からリビングまで床下地から解体し給水給湯排水配管の更新作業も行います。

設備機器のみの改修工事ですと配管の更新作業も施工範囲が限定されてしまいますが

ここまで解体させていただけますとメーターからすべて更新可能となります。

床下に隠れてしまう部分を直すことにより完成後の安心感が違ってくるのではないでしょうか。

既存の鉄管・銅管           樹脂管に更新

 

北区志茂 H様邸改修工事 完了しました。

投稿日:2017年11月03日

こんにちは、半田です。

北区志茂 H様邸LDK・浴室改修工事が、給排水管工事・床工事を経て完了しました。

親子2代に渡って工事のご依頼を頂いているお客様で、

今回は息子さんご夫妻の依頼です。

お父様所有の賃貸物件だったのですが、息子さんがご結婚されたタイミングで、

借主さんが退去されたのを期に、新婚さんに住まいを提供して

後を引き継いでもらう事にされました。

息子さんご夫妻のご要望は、リビング・ダイニング・キッチンの壁を無くして

自分たち仕様にリフォームしたいとご相談を頂きました。

    

キッチンは対面をご希望で、窓位置や収納を設置する壁の方向を考慮して

ご提案させて頂きました。

 

 

以前から、この家の改修工事をお任せ頂いていた事もあり、

浴室がとても気になっていたので、浴室のリフォームもお奨めしました。

         

1116サイズのハーフユニットバス 窓枠が木で腐食している状態でした。

  

1216サイズにサイズUPして、上の窓を活かして、下の窓は塞ぎ鏡を付けました。

 

今回採用商品  オールLIXIL製品

キッチン シエラ I 型 W1950 プラス 食器収納棚・家電収納

浴室   リノビオV 1216サイズ

床材   ハーモニアス12

カラーコーディネートは奥様主体でお決め頂き、とてもセンス良く仕上がりました。

お客様も予想以上の仕上がりに大満足されています。

現場を担当してくれた、職人さん監督に感謝です。

 

 

北区志茂 H様邸改修工事 進行中です。

投稿日:2017年10月24日

施工管理の菅谷です。

北区志茂 H様邸 進捗報告です。

鉄骨ALC2階建て、2階部分の改修工事で以前からお世話になっているお客様です。

IMG_0712

木造の既存床、浴室、キッチンなどを解体撤去

PA160012

設備の山田さんと新たなキッチンの位置を打合せし墨出し。

PA170003PA200055

それに合わせてお湯水排水配管、食器洗い乾燥機用専用電気配線、ガス配管を新設、

浴室ではお湯水排水配管、追い焚き配管を新設。

PA190039

キッチンレンジフード用のダクト配管を新設。

PA190044

大工の工藤さんが床仕上がりレベルを確認しながら置床を施工。

PA230094

ユニットバスが無事に組立完了し、

PA210085

ユニットバスの排水配管を接続し

PA230090

床下地工事完了しました。

これから仕上げ作業に入り、フローリング貼りをしてシステムキッチン組立を迎えます。

次回仕上がり報告をいたします。

 

 

 

 

葛飾区 O様邸 木工事継続中です。

投稿日:2017年10月18日

施工管理の菅谷です。

 

葛飾区O様邸、ユニットバス組立も終了し作業は順調にすすんでいます。

P7240164

O様邸では温水式の床暖房を採用しましたので、床下地に温水マットも施工します。

P7270192

温水マットを墨に合わせ正確に敷き、床に固定します。

通常のフローリングですと木材が熱の影響によりひび割れや反りが生じる場合

がありますので、膨張収縮を抑えた床暖房に対応するフローリングを温水マットの上に施工します。

マットの中にはチューブが組み込まれており、このチューブの中を温水が

循環することにより室内を暖めます。

温かい空気は上にあがってしまいますので、足元を暖め続けるのは難しいのですが

床暖房なら足元からやさしく暖めてくれ、部屋全体が温まります。

急に寒くなってきましたこれからの時期、床暖房の活躍が期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様からの素敵なアイディア~板橋区マンション水まわりリフォーム工事~

投稿日:2017年10月07日

現場監督の河北です。

先日お世話になりました、板橋区のマンションで水まわりのリフォーム工事をお手伝いさせて頂いた現場について

「これは良いなぁ~、物を置かずにすみ、スッキリさせたい方におススメしたいなぁ~」と思いましたのでご紹介

させていただきます。

お風呂・トイレ・洗面化粧台のリフォーム工事を致しました。

下の写真にあります、洗面台上のカガミがついている収納棚は以前ついてたものを再利用いたしました。

IMG_0454

その3面あるカガミ付の収納の右側を、お施主様よりティッシュペーパーをいれて扉が閉まった状態でもつかえるよう

加工していただきたいとのご要望がありまして下の写真のようになりました。

IMG_0464

IMG_0463

収納の底部分に穴をあけ、そこからティッシュペーパーを逆さに取り出せるようにしました。

これで洗面台の上はスッキリしお手入れもしやすい、細かいところですが素敵な空間となったと感じました。

ステキなアイディアをありがとうございました。

 

他にも、おすすめしたいなぁ~と思うアイディアがありましたらご紹介させていただきますので

ご参考になさって下さい。

以上、お客様からの素敵なアイディアでした。