ご両親から受け継いだ狭小住宅を子世代仕様にリフォーム~クリーニング~足立区千住東戸建てリフォームK様邸

投稿日:2017年03月23日

ご両親から受け継いだ狭小住宅を子世代仕様にリフォーム~足立区千住東戸建てリフォームK様邸

この建物は、K様が子供時代を過ごされた住まいです。
ご両親が別の場所に移られた後、空き家になったところをご両親から譲り受けました。
ただし土地は借地権で、9年後が期限です。現在1歳になるお子さんがいらっしゃるK様は、
「この子が中学生になるぐらいまでの仮住まい」という気持ちで、この家に住まわれることになりました。

最初にご相談を頂いたのは、2階のみのリフォームで、「和室を洋室にして、ベッドが置ける寝室に」とのことでした。
しかし、9年は意外と長い期間です。打ち合わせを重ねる中で、キッチンにきちんとした冷蔵庫置き場を設けること、
洗面脱衣室を新しく設けること、1階の細かく仕切られた部屋割りを
「柱を抜いて」開放的な間取りにしてお子さんにとってものびのびと過ごせるようになど、
1階の暮らしにくさも解消するリフォームになりました。

10187木村様邸図面beforeafter


※写真をクリックすると、詳細ページにスクロールします。

IMG_86092017/01/21 近隣の皆様へ工事の挨拶をさせていただきました

職人さんとの現場打ち合わせ2017/01/24 リフォーム工事前の現場打ち合わせをしました

解体後LDK2017/02/03 解体工事を行いました

柱抜き後LDK2017/02/07 間取り変更に伴って、柱を抜きました

1F床下地完成2017/02/09 断熱材を敷いて1階の床の下地を作りました

2017/02/13 天井を作り始めました~1階天井の野縁組

2階床捨て貼り2017/02/15 2階の床をつくりはじめました~2階床捨て貼り

石膏ボード2017/02/21 もうひといきで石膏ボードを貼り終わります~石膏ボード貼り

キッチン設置前2017/02/24 キッチンまわりのカウンターなどを作りました~キッチン設置準備

システムキッチン設置後2017/03/08 システムキッチンと内窓を取り付けました~SK・内窓設置

リビングからキッチンをのぞむ2017/03/17 クリーニングをしました!


2017/01/21

近隣の皆様へ工事の挨拶をさせていただきました

こんにちは、村上です。

私がアドバイザーを担当させて頂いております、
足立区千住東にある戸建てのK様邸の
リフォーム工事がいよいよ始まります。

今回は工事に先立ち、ご近所様への挨拶をいたしましたので、
そのようすをお伝えします。

リフォーム工事は、どうしても音や、
場合によっては振動が出てしまいます。

そこで、近隣にお住まいの皆様に、
工事期間にご迷惑をお掛けする旨をお伝えし、
ご協力のお願いを工事が始まる前にさせて頂いております。

工事のご案内とタオル!

お伺いする際にお渡ししている「工事のお知らせ」やタオル

早速、K様邸のある足立区千住東を数件お伺いしたのですが、
意外にも、空き家になっているお宅があちらこちらに…。

調べてみると、このあたりは歴史が古く、
かつて駅近くの住宅街として賑やかだったそうですが、
今では高齢化にともなう過疎化が進んでしまっているようです。

お伺いしたご近所の方に
「リフォームで若い人たちがたくさん移り住んで来て、
前みたいに賑やかになるのは大歓迎だよ!」と、
とてもありがたいお言葉をいただき、
お礼をして挨拶を終えました。

そういえば、このあたりには古い建物が多く目に付きます。
5路線も乗り入れる便利な駅の近くなのに…もったいない!

リフォームで街を活性化できたら素敵だなぁ…
なんて考えさせられた近隣挨拶でした。


2017/01/24

リフォーム工事前の現場打ち合わせをしました

職人さんと現場打ち合わせのようす

いよいよ足立区の戸建てK様邸のリフォーム工事が始まります。
これに先立ち、アドバイザーの村上、菅谷現場監督のほか、
大工の工藤さん、建材設備屋さんの宮崎さんで
現場打ち合わせをしました。

どうやったらお客様のご要望を叶えられるのか、
現状を採寸したり詳しく見ながら、
最適な収め方や仕上げ方法、どのサイズの材料・設備が適切かなど、
具体的な施工について、シミュレーションをしています。

上の写真は、床下収納の開口部から、
床下の構造や基礎、配管を調べているところです。

 

K様のお困りごと

ここで、K様の主なお困りごと、リフォームでのご要望をいくつかご紹介します。

2階の和室(工事前)

最初にお話を頂いたのは、2階の和室を洋室にして、ベッドを置けるうようにとのご要望でした。

キッチンには冷蔵庫置き場がありません

1階にも、暮らしにくい部分がありました。キッチンの右側には、冷蔵庫を置けそうなスペースがありますが…→

トイレには扉を開けるスペースは必要です。

すぐ右にはトイレがあり、扉を開けるスペースに取られてしまっています。

キッチンの隣にある浴室

キッチンの隣に浴室があり、現状のキッチンは、洗面・脱衣・洗濯室を兼ねた、プライバシーの無い空間でした。

リビング・ダイニングからキッチンを望む(リフォーム工事前)

キッチンとリビング・ダイニングの間には扉があり、段差もあります。一旦調理に入ると、リビング側との会話ができません。小さなお子さんのいらっしゃるご家庭にとっては、不安の種です。

この空間が、リフォームでK様にとって暮らしやすい、
K様仕様の空間に生まれ変わります。

その過程をこのページでご紹介していきますので、
ぜひご期待ください!

それではまた!


2017/02/03

解体工事を行いました

みなさんこんにちは。政所です。
足立区千住東K様邸戸建てリフォームの進捗をお知らせします。

2/1~2/2で解体工事を行いました。
その解体後のようすを見てみましょう!

解体後LDK

1F 床は下地から新しく作るため、撤去しました。

 

解体後の2F

2F 和室から洋室に変更するため、畳も撤去。

戸建ての解体は初めて見ましたが、
こんなにガランとするものなんですね。。。

さて、このK様邸、実は構造で大事な工事を予定しています。
それは…「柱抜き」です。

K様邸の1Fキッチン周辺の図面をご覧下さい。

キッチン図面

左のBefore(施工前)の図面中、
水色の「×」3箇所は、撤去する柱、
ピンクの「○」は残す柱です。

写真で見ると…

抜く柱

こんなにたくさん!?

…という気もしますが、
通常の構造計算に加えて、
大工さんの長年の経験・ノウハウを加味したうえでの
安全・安心を十分過ぎるほど確保したうえでの柱抜きです。

一体、どうやって抜いて、
抜いた分の構造は、どうやって持たせるのでしょうか…?

そのあたり、きちんとレポートをしたいと思います。
それではまた!


2017/02/07

間取り変更に伴って、柱を抜きました

こんにちは、政所です。
足立区千住東・K様邸のリフォーム工事の進捗報告です。

今回は工事の中でも大きなイベント
「柱抜き」をしましたので、その様子をお伝えします。

 

柱を抜く前

柱を抜く前

順に説明しましょう!

柱A…奥に移動して、脱衣室の角の柱になります。

柱Aの解説

★は「添え梁」といって、補強用に新たに入れる梁です。

 

柱Aを移動したあと
添え梁

添え梁。左が残す柱で右が移動した柱Aです(柱は新しくしました)

柱B…こちらも柱Aと同様、添え梁で力を分散させます。

添え梁B

柱Bを抜いた部分の添え梁です。

添え梁の交わる場所

添え梁が重なる部分に残す柱があります。木組みのほか、金物でも補強しています。

そして、一番大きな部分が柱Cです。
元からある梁を支えていた柱で、力も掛かっています!

Before

太い梁あり

ここは、柱を抜くと3.6m柱が無いことになります。
そこで、高さが30cmほどある集成材の梁で補強(添え梁)します。

特大の梁

がっしりとした堅牢な梁!

それでは、柱Cを抜く工程を見てみましょう!

K様邸の大工さんは大ベテランの工藤さん。
現場打ち合わせからずっと参加して、
構造面でも綿密に確認しながら工事を進めています!

添え梁1

あらかじめ梁をはめ込む位置に切り欠き加工などを済ませたあと、梁をはめ込む位置まで持ち上げます。大人3人がかりです!

添え梁2

つっかえ棒を立てて、添え梁をはめ込みやすくします。

添え梁3

大きな木槌を使って、梁を所定の位置までズズッとスライドさせます。

添え梁4

添え梁の位置が決まったら、つっかえ棒と柱Cを外します。

添え梁5

金物で補強します。

添え梁設置完了!

添え梁6

添え梁7

添え梁を支える柱には切り欠き+金物で、しっかり固定されています。

柱抜き後LDK

開放的な空間ができました!

・・・柱工事の一方では、設備職人の山田さんが、排水管の工事を進めていました・・・

配管

手前がキッチン、奥は洗面です。

次は床工事です。

また進捗をお知らせします。

それではまた!


2017/02/09

断熱材を敷いて1階の床の下地を作りました

みなさんこんにちは、政所です。
足立区千住東・K様邸戸建てリフォームの進捗をお知らせします。

先日「柱抜き」という大きな工事を行いましたが、
その間に設備職人・山田さんが進めていた床下配管が終わり、
本日は1階の床の下地を作る作業を進めています。

 

ちょっと細かいのですが、
床を支える「束」は、リフォーム前は「木」でしたが、
今回「鋼製束」に変更します。

Before

木の束2

束変更後

鋼製束

木の束ですと床下の湿気の影響を受けやすく、
腐食や白蟻被害などの恐れが、どうしてもつきまとってしまいます。。。

こちらの「鋼製束」はメッキ処理されていてサビに強く、
高さの微調整もできてメンテナンスしやすいなど、
便利で性能が良いため、多くの現場で使われています。

さて、束もしっかりと設置されたら、次は断熱材です。
今回のリフォームでは、床下の全面に、
ポリスチレンフォームの断熱材を敷き詰めます。

床下断熱材

1Fの床下のようす

フクビ フクフォーム 2型

厚さ4cmの断熱材。(写真は施工時に余った切れ端の一部です)

実は解体前の現場打ち合わせに同行したとき、
日中にも関わらず床がキンキンに冷えていまして・・・

一緒にいた職人さんや現場監督も
「冷たいね、寒いね。何とかしたいね」といっていたのですが、
この断熱材で底冷えが軽減され、だいぶ暮らしやすくなると思います!

さて、床のパネル(下地)を根太に沿ってビスで止めます・・・

床パネルビス止め 床ビス止め

床の下地が完成しました!

床下地

続いて、天井を作ります!

天井の高さ

天井の位置を測る大工の工藤さん

垂木搬入

材料の垂木を搬入する工藤さん。もの凄くパワフルです!(お手伝いできず、ごめんなさい!!)

垂木

搬入完了!材料は足りなくなったら随時追加で入ってきます。

天井が決まったら壁が立ち上がり、
間取りがだんだんと見えてきます。
今から楽しみです!

また進捗をお知らせします。
それではまた!


2017/02/13

天井を作り始めました~1階天井の野縁組

みなさんこんにちは。政所です。
足立区千住東・K様邸の工事進捗をお知らせします。
本日は、天井をつくりはじめました!

天井

大工職人・工藤さんによる、
美しい柱組です!

この柱は天井の仕上材(天井板)を張り付けるための
下地に使われる柱で、「野縁」といいます。
また、これを組みあげることを、「野縁組」と言っています。

1階の全体を見ると、下の写真のようになります…

1F天井組み

洗面脱衣室部分は、早くも壁を作り始めています。

1F洗面脱衣室

なお、1階では電気職人・山西さんが、
配線を新しくしていました。

配線は給水・排水管と同様に
表には出ない部分ですので、
床・壁・天井が出来上がる前に作っておく必要があります。

1F天井配線

さて、1階の下地の目処がつき始めたところで、
2階に取り掛かりはじめます。

床・壁・天井の下地を作る際は、
必ず水平・垂直を測りながら施工します。
工藤さんも、最新のレーザー水平器で
何度も綿密に図りながら工事を進めています!

2F床下地

水平器

ひとまず、2階の天井の高さ・位置が決まりました。

2F天井 2F天井

これから2階も天井の野縁組、壁が立ち上がっていきます。

また進捗を追ってお知らせします。

それでは!


2017/02/15

2階の床をつくりはじめました~2階床捨て貼りの施工

みなさんこんにちは。政所です。
足立区千住東・K様邸の工事進捗をお知らせします。

今日は大工の工藤さんに加えてもう1人の大工さん、
福地さんも応援に駆けつけています!

福地さん

福地さんは2階部分を担当しています。
2階は天井の野縁組が終わり、
断熱材を敷き終わっています。

2F断熱材

現在は床を作り始めています。

どのような構造になるかというと…
下から順に、
・畳の下にもともと敷いてあった板
・根太(支える棒)
・捨て貼り
・フローリング
というようになります。

捨て貼りの構造

まず、畳の下に敷いてあった床板が水平ではなかったため、
根太の高さを細かく調整しました。

解説

根太の上端の高さを水平に揃えたところで、
1階と同様に捨て貼り(合板)を貼っていきます。

福地さん2

少し細かいのですが、捨て貼りを施工する際は、
合板と合板の隙間を2mm程度空けます。
これは、湿度などによる木の収縮に対応するためのもので、
フローリングを敷き詰める際にも同じように隙間を空けます。
なお、福地さんは、薄板を挟みながら施工していました!

隙間を空けて捨て貼り施工

そんなこんなで、捨て貼りがとってもキレイにできあがってきています。
フローリングで隠れてしまうのがもったいないほどの、美しい仕上がりです!

2階床捨て貼り

一方、1階部分は天井の石膏ボードが貼り終わり、
大工の工藤さんが収納部分を進めています!

1階天井の石膏ボード

1階天井は、石膏ボードを貼り終わりました!

収納をつくる工藤さん

レーザー水平器をフル活用しながら収納の柱を立てる大工の工藤さん

 

また進捗をお知らせします。

それではまた!

 


2017/02/21

もうひといきで石膏ボードを貼り終わります~石膏ボード貼り

みなさんこんにちは。政所です。
足立区千住東K様邸のリフォーム進捗をお知らせします。

今日は石膏ボードを貼っています!

洗面脱衣室

洗面脱衣室です。石膏ボードで壁ができると、部屋らしく見えます!

洗面脱衣室2

内部はこんな感じで、正面が浴室。右に洗濯機と洗面化粧台が入る予定です。

現在、大工の福地さんが、
収納内部の石膏ボードを貼っているところです。。。

福地さん

ほぼ、1Fは石膏ボードが仕上がってきています。

石膏ボード

2Fでは大工の工藤さんがフローリングを貼っています。

2Fフローリング 2F建具レール

上の右写真は2Fの部屋を間仕切る引き戸用のレール部分ですが、
フローリングの色と合わせているので統一感があります!
(写真はまだ施工途中です)

なお、2Fの壁下地は柱などの関係で、
石膏ボードではなくベニヤ板で作っています。

2Fひき 階段まわりボード

階段まわりも石膏ボード貼りがほぼ終了。
あとは残りの壁と扉や戸・ドアなど建具が入れば、
木工事はほぼ終わりになります。

また進捗をお知らせします。
それではまた!


2017/02/24

キッチンまわりのカウンターなどを作りました~キッチン設置準備

みなさんこんにちは、政所です。
足立区千住東K様邸リフォーム工事のようすをお知らせします。

本日は、キッチンのまわりにつく
カウンターを設置しました!

キッチンカウンター

キッチンの全景は、こんな感じです・・・

キッチン全景

LDの見晴らしの良いキッチン。開放的で良いですね!
これなら小さなお子さんにも目が届きやすく、安心です。

一方、2階では扉などの建具の枠を取り付けました!

2F建具枠

工事は着々と進んでいます!

また進捗をお知らせします!
それでまた!


2017/03/08

システムキッチンと内窓を取り付けました~SK・内窓設置

みなさんこんにちは、政所です。
足立区千住東K様邸のリフォーム工事の進捗をお知らせします。

先日キッチンのカウンターを作りましたが、そこに石膏ボードを貼って・・・

キッチンカウンターの石膏ボード貼り

いよいよシステムキッチンを設置します!

キッチン組み立て中

箱を組んだあと、引き出しや扉を取り付けて細かく調整しています。

そして、いよいよシステムキッチンが完成しました!

システムキッチン設置後

淡いピンクの、素敵なキッチンです♪

一方、窓まわりでは内窓の設置工事が終了しました。

Before                    →After

インプラス設置前 インプラス設置後

「内窓」は、今ある窓に、もう1枚窓を加えるだけの比較的簡単な工事ですが、
断熱・遮音効果はかなり大きいので、おすすめです♪(写真のように、4枚窓でも取り付け可能です!)

…実は我が家も5年ほど前に内窓を設置したのですが、
近くを通るバスのウインカー「ピピピッピピピッ」という音が、
内窓設置後、まったく聞こえなくなった、という経験があります…

これは逆に、「室内の生活音(子供が騒ぐ音など)も外に漏れにくくなっている」、
ということで、小さなお子さんをお持ちのご家庭にとっては、
ご近所迷惑にならないための対策としても、何かと心強いアイテムです!

なお、K様邸の内窓は「ペアガラス」。
1枚ガラスの内窓と比べて、さらに効果の高いタイプをご選択されています。

ペアガラス

さて、そのほかの工事では、収納扉などの建具が設置し終わり、
内装職人・柚木さんが、クロス工事を進めています…
1階は終了、現在2階と階段室のクロスを貼るため、下地を整える「パテ処理」を進めています。

1Fクロス工事 パテ処理をする柚木さん 2Fのパテ処理

また進捗がありましたらご報告します。

それではまた!


2017/03/17

クリーニングをしました!

みなさんこんにちは、政所です。
足立区千住東・K様邸戸建てリフォーム工事の進捗をお知らせします。

本日はクリーニングの日。今までしっかりと養生はしていましたが、
木工事の際に出てしまっていた細かい木屑などをきれいに拭き取り、
クッションフロアにワックスを掛けるなどを行いました。

リビングからキッチンをのぞむ

床の養生を取り、きれいなフローリングが見えます!

キッチンからLDを望む

淡いピンクのキッチンが素敵です!

キッチンからリビングを望む

キッチンからリビング・ダイニングへの見通しが抜群。小さなお子さんにも目が行き届きます。(ダンボールは取り付け前のカーテンレールです)

玄関

玄関は既存の収納家具を活かしました

トイレ

新しい清潔なトイレ。床はワックスを塗ったばかりなので、完全に乾く明日まで立ち入り禁止です。

階段

砂壁だった階段まわりは当初手をつけない予定でしたが、クロスを貼って明るくなりました

2F全景

2階も大きなワンルームに。間仕切りで簡単に2部屋に分けられます

大きなリフォーム工事はほぼ終わり、あとはカーテンレールなどの細かい工事を残すのみ。
いよいよ完成が近づいてきました!

この素敵なK様邸につきまして、お客様のご好意により、
2017年3月26日(日)に内覧会を開催させていただくことになりました!

狭小住宅ながらも開放的になった間取りのほか、
床下の断熱、内窓の断熱・遮音効果など、
ぜひお確かめにいらしてくださいませ。

内覧会は予約制です。お電話、またはこちらからご予約ください。>>jump

 

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。