自然塗料を塗った造作家具の設置工事が完了しました!

投稿日:2016年06月27日

こんにちは、小島です!
先日スタッフブログでちらっとご紹介した、
自然塗料を塗った造作家具工事が完了しました!

IMG_1393

 

 

 

 

 

 

 

 

逆光で若干見づらいですが・・・
既存の人造大理石のカウンター下に、間口220cmほどの収納家具を作りつけました。

シンプルですが、ホワイトオークの自然な風合いが何とも爽やかで、
お客様にもとっても気に入っていただけました!!
やはり、直接お喜びの言葉をいただけたときが一番うれしい瞬間です(^^♪

この家具が入る前は、こんな感じの家具が入っていたのですが・・・↓

IMG_1346

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱっと見た感じは新しい家具と似ていますが、使い勝手は異なっていたそうです。

以前の家具は引き出しがたくさんついていて、小物をしまうのに便利そうですが、
お客様はたくさんのグラスやお皿をしまいたいと考えていらっしゃいました。
他にも、カトラリーや大きなお鍋など・・・

そこで、何をどこにしまったら一番使い勝手が良いか
お客様と一緒に考えながら、割り付けとデザインを考えていき、
最終的に一番シンプルな形に落ち着きました。
★★★★
さて、工事ブログですし、工事の様子をご紹介しなくてはですね!

工事は2日に分けて行いました。
1日目は既存の家具の解体で、おなじみ大工の池田さんにやっていただきました。
バキバキッと解体する前に・・・

IMG_1351

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはマットを敷いて床を保護します。

IMG_1354

 

 

 

 

 

 

 

 

木くずやほこりで家具屋家電が汚れないように、ビニールで覆って・・・

IMG_1355

 

 

 

 

 

 

 

 

中で作業をする池田さん。
ふわふわのベールに囲まれて、なんだかメルヘンな雰囲気?(笑)

IMG_1366

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは木くずなどの掃除をする青木です。
ここまでで1日目の作業は終了。
翌日はいよいよ家具の設置工事です!
★★★★
2日目、家具屋さんが来て作業開始です!

IMG_1367

 

 

 

 

 

 

 

 

写っている二つのボックスは、両端の引き出しです。
大きい家具の場合は、このように箱ごとに分けて納品し、
現場でひとつにつなげていきます。

IMG_1373

 

 

 

 

 

 

 

 

3人がかりで設置しているのは、中央の開き戸の部分。
寸法がぴったりになるように巾木(箱の下の帯状の部材)で調整しているので、
カウンターとの間にはめこんでいくのも一苦労。

IMG_1376

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ、家具らしくなってきましたね!あとは引き出しや扉をつけるだけ!
そして完成したものがこれです。

IMG_1393

 

 

 

 

 

 

IMG_1386

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は現場でちょっとしたトラブルもあったりしたんですが、
最終的にびしっと納めてくれるのはさすが木下木工さん。
素敵な家具ができあがりました!
ではでは小島でした~(^^♪

外まわりの工事と給排水の配管工事が始まりました!

投稿日:2016年06月19日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは!政所です。
今回は足立区戸建てM様邸の工事現場で
解体後の工事の様子をお伝えします。

解体工事が終わり、次の工事へと進みます…。

解体工事が終わり、次の工事へと進みます…。

屋外では、窓の取り付けが済み、
木工職人の工藤さんが、
外壁の補強工事の真っ最中!

IMG_1316

その壁の向こうでは、配管職人の山田さんが、
水まわりの移設に伴う
配管の敷き直し工事をしています。

左が職人・山田さん。右は河北現場監督。

左が職人・山田さん。右は河北現場監督。

今回のリフォームでは、
浴室の隣にあったトイレを
階段下へ移設。

空いたスペースの分、
浴室を広げてゆったりとした
ユニットバスを設置する予定です。

これに伴い、柱を移動する必要がありました。
建物の構造に関わる重要な「通し柱」
ではない柱であり、図面上でも移動が問題ないのは確認済みです。

・・・というよりむしろ、
この柱は、経年による劣化で、
既に役目を果たしていませんでした・・・

解体直後の様子。右の柱が移動する柱。下のほうが、既にボロボロに…。

解体直後の様子。右の柱が移動する柱。下のほうが、既にボロボロに…。

どんなに大切に住み継いでも、
築年数が結構経ってしまうと、
水まわりはどうしてもこうなるケースが
多くなってしまいます。

この柱の移動するにあたって、
こんな感じに補強を施しました。

上の横に伸びる梁に、 さらに板を添えて頑丈に(添梁・「そえばり」というそうです)。移動した後の柱も補強しています。

上の横に伸びる梁に、さらに板を添えて頑丈に(添梁・「そえばり」というそうです)。移動した後の柱(右側の柱)も木を添えて補強しています。

なお、ここはユニットバスが入る予定ですが、
その壁には新たに断熱材を設置して、
快適さとともに、バリアフリー
(ヒートショック対策)のことも
しっかり考えています。

IMG_1327

リフォームは外見だけでなく、
壁の中の構造や断熱のことも、
暮らしにとても重要なんだと、
改めて気づかされた現場でした。

それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

4人の子供部屋を実現させたマンションリフォームが(ほぼ)完成しました!

投稿日:2016年06月17日

この工事の投稿一覧はこちら

こんにちは、政所です。
長期に渡った足立区マンションY様邸ですが、
ようやく完成に近づきました。

残すは、残りのエアコンの取り付けや
換気口の取り付けなど、
細かい部分を残すのみです。

ここで、Befor→Afterを
写真で振り返ってみましょう!

IMG_9954 IMG_9979 IMG_9962
IMG_1168 IMG_1171 IMG_1174

 

IMG_9952 IMG_9947 和室IMG_9943
IMG_1211 IMG_1215 和室IMG_1225

 

IMG_9973 IMG_9957 洗面IMG_9959
IMG_1240 IMG_1186 洗面IMG_1190

 

 IMG_9958  IMG_9968
 IMG_1189  IMG_1244

とても素敵なお住まいになりました!

残り工事もあと少し。
また進捗があったらをお知らせします。

それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

ついに、素敵な癒しのガーデニングが完成!お客様も大喜び★

投稿日:2016年06月16日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
先日のガーデニング工事が完成し、
お客様による植栽の植え付けも
ひと段落しましたので、ご報告いたします!

みなさんこんにちは、政所です。
先日のガーデニング工事が完成し、
お客様による植栽の植え付けも
ひと段落しましたので、ご報告いたします!

お庭が完成しました!

IMG_1128IMG_1138

いかがでしょうか。
正面のお宅の壁面のツタが
程よい借景にもなっていて、
素敵ですね!

ブロックとの境目には、
見切り用のレンガを並べて、
これまた素敵な雰囲気です!

IMG_1133

なお、お客様が植えられた植物は、
お花のほかにも、
シソやブルーベリー、デコポン、
フェイジュア(南国のフルーツ!)など、
食材にもなるものも、あちらこちらに…。

IMG_1147

見た目だけでなく、
農園としての役目も併せ持つ、
多彩な使い方のできるお庭が
完成したのでした!o(゚ー゚*o)

この工事の投稿一覧はこちら

大人6人以上で練りに練った、有孔ボードがついに完成・取り付け完了しました!

投稿日:2016年06月15日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は、先に大人6人掛かりで練った、
子供部屋のベッドに付く間仕切りの
「有孔ボード」についてお届けします!

IMG_1253

まずは、一番上の長男さん、14歳のお部屋。

 

壁紙にあわせて、こげ茶色の有孔ボードです。

壁紙にあわせて、こげ茶色の有孔ボードです。

その裏は、末っ子の三女、7歳のお部屋です。

IMG_1289

三女のお部屋の隣は、次女・9歳のお部屋です。

 

奥が三女、手前が次女のお部屋です。

奥が三女、手前が次女のお部屋です。

そして、次女のお部屋の裏が、長女12歳のお部屋!

IMG_1247

有孔ボードには、向こう側の光が
漏れないような工夫がされていて、
どちらかが先にベッドで寝ることがあっても、
すやすや眠れるようになっています。

また、フックを掛けても、
向こう側に金具が飛び出ないようにもしています。

先の大人6人で打ち合わせていた内容の中には、
この仕掛けをどう作るか、
造り方・耐久性・使い勝手など、
方法論の議論についても、
結構やっていたのでした。

それではまた!

 

この工事の投稿一覧はこちら

電気機器まわりの設置工事が始まりました。ダクトなど配管は壁の中に収めまています

投稿日:2016年06月14日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は、電気設備の様子をお伝えします。

家じゅうの電気まわりを設置・接続します!

電気まわりの職人さんといえば、
山西さんです。

後ろ姿でごめんなさい!

後ろ姿でごめんなさい!

コンセントから照明、エアコンなど、
電気まわりのことなら何でもお任せの、
頼れる職人さんです。

こうした電気設備の取り付けの流れで、
洗面台の鏡の取り付け工事も並行して進んでいます。

IMG_1092
この鏡は中が棚になっていますが、
照明も仕込まれているため、
電気関連の接続も必要なのです。

その工事の様子は…

大人3人がかりで、水平をみながらていねいに確実に取り付けています!

大人3人がかりで、水平をみながらていねいに確実に、取り付けています!左から水まわり職人の山田さん、河北現場監督、電設職人の山西さんです。

こんな素敵な洗面台が取り付けられました。鏡が大きく、中の収納もたっぷりです!

こんな素敵な洗面台が取り付けられました。鏡が大きく、中の収納もたっぷりです!

ダクトのゆくえは…?

ところで、施工途中で天井付近を巡っていた見えていた
ダクト(排気用の管)などが見当たりません。

ちょっと流れを見てみましょう…

長男さんのお部屋のエアコンの位置は、専有部分のまさに中央。

長男さんのお部屋のエアコンの位置は、専有部分のまさに中央。

長男さんのお部屋のエアコンの位置は、専有部分のまさに中央。エアコンの配管は室外機のあるベランダまで伸ばす必要がありました。

エアコンの配管は室外機のあるベランダまで伸ばす必要があり、天井に這わせてありましたが…

 →

こんな感じで、天井の中におさまり、まったく違和感がありません!

こんな感じで、配管はきれいに天井の中におさまりました!なお、エアコン本体からの排水(ドレン)も、壁の中で共有の排水管へ接続済みです!

2016/04/27の様子。北側にトイレを2つ設置する関係で、ダクト(排気)は、建物の梁をかわす必要があります。

2016/04/27の様子。実は、ここがダクト(排気管)の最大の難所。北側(写真の右側)にトイレを2つ設置する関係で、ダクトはベランダ側(写真の左方向)へ逃がします。しかし、建物の大きな梁をかわす必要がありました…

こんな感じで、壁の中にキレイに納まりました!

こんな感じで、壁や梁の中にキレイに納まりました!

こんな感じで、リフォームでは、
配管を壁や天井、あるいは床下の中に
隠すことができます。

たとえばマンションで、
共有の廊下部分に室外機を置けず、
かといってベランダまでは遠い。
エアコンの排水も、逃がす場所がない…
ということで、(場合によっては仕方なく)窓付けエアコンに
されているケースもあるかと思います。

そんな場合でも、リフォームなら
壁付け・天井付けなどなど、
問題なく設置可能です。

もちろん、開口部分を最小限にとどめた
コスト優先の工事も可能です。

床の端だけを剥がして、配管を収める工事の一例です。

そして実は水工房は、
公共施設の空調設備も
数多く請け負っている会社でもあります。

ギャラクシティ

ギャラクシティ(足立区)

葛西臨海水族園

葛西臨海水族園(江戸川区)

確かな技術で、しっかりとした
リフォーム工事を行いますので、
ぜひご安心してお任せください!

それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

子供4人、それぞれの個性を生かした子供部屋の壁紙工事が完了しました!

投稿日:2016年06月13日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は壁紙工事の状況をお知らせします。

全室の壁紙を貼り終わりました!

あっという間に、
全部屋の壁紙が貼り終わりました。

IMG_1078

手がけた職人さんは、
確かな技術のイケメン壁紙職人、
現場にひっぱりだこの柚木さんです。

IMG_1020

トイレの壁も、こんな感じで素敵に仕上がりました!

トイレの壁も、こんな感じで素敵に仕上がりました!

清潔で、癒しの雰囲気もたっぷり!

そして、2つ並んだトイレの隣、
洗面脱衣室をご覧ください。
部屋に入っただけで癒される、素敵なお部屋です!

IMG_1110

この洗面脱衣室は、床にもご注目を。
水に強い複層ビニル床タイル(45cm角)ですが、
この模様がまた、地中海のリゾートを思わせるような、
なんとも素敵な雰囲気です!

東リPST713_IMG_1111

タイル1枚だと、こんな模様です。

タイル1枚だと、こんな模様になっています。

お子様4人のお部屋の壁紙!

そして今回の大注目ポイント、
子供部屋の壁紙です。

4人のお子様、それぞれ
好きな壁紙を選んでいただきました!
どの部屋も個性あふれた雰囲気です!

まずは一番上のお子さん、長男(14歳)のお部屋。お兄さんらしい、木目調のシックで落ち着いた雰囲気です。

まずは一番上のお子さん、長男(14歳)のお部屋。お兄さんらしい、木目調の大人っぽい落ち着いた雰囲気です。

続いて2番目のお子さん、12歳長女12歳のお部屋です。花がモチーフの女の子らしいお部屋です。

続いて2番目のお子さん、長女12歳のお部屋です。花がモチーフの女の子らしいお部屋です。

写真だと分かりにくいので、カタログ画像をUPしてみました。半透明の花のラインアートが全面に描かれています!

写真だと分かりにくいので、カタログ画像をUPしてみました。こんな半透明の花のラインアートが全面に敷き詰められています!

こちらは3番目のお子さん、次女9歳のお部屋です。

こちらは3番目のお子さん、次女9歳のお部屋です。

拡大すると、やさしいトーンの十字型のドットがいっぱいの、かわいい壁紙です!

拡大すると、やさしいトーンの十字型のドットがいっぱいの、かわいい壁紙です!

最後は末っ子の三女、7歳のお子さんのお部屋です。シックなお花が魅力の、ラブリーなお部屋です!

最後は末っ子の三女、7歳のお子さんのお部屋です。シックなお花が魅力の、ラブリーなお部屋です!

いかがでしょうか。
それぞれのお子さんの個性や好みが
十分反映されたお部屋になっていると思います!

自分の部屋に好きな壁紙を選べるなんて、
とても羨ましいです!
(Y様邸に生まれたかった…!)

ここでひとつ、ひと口メモ(^o^)/

これらの壁紙は、実はメーカーがばらばらです。
住宅メーカーさんやリフォーム会社さんによっては、
コスト(仕入れの掛け率)などの関係で、
壁紙は1つのメーカーの製品からしか選べなかったりします。
照明器具も同様で、1世帯丸ごと、
1つのメーカーの中から探さないといけなかったり…。

しかし!水工房では、お客様の「らしさ」と
「喜び」を追求する会社ですので、
そういった制限は一切ありません。

もちろん、お客様のご要望により、
コストを優先したセレクトも可能ですので、
遠慮なくおっしゃってくださいね。(๑╹◡╹)ノ”

最後に、壁紙職人技をひとつ…

前述のように、今回の子供部屋の壁紙は、
メーカーも違えば、素材、厚み、硬さも、
まったくのバラバラ。

しかし、今回のY様邸では、
部屋を家具で仕切って分ける展開。

4人それぞれの壁紙を、
同じ部屋の中にうまく収めるのがミッションです。

どんな問題が発生するかといえば、
壁紙の境目、付け合せが、
スムーズにうまくつながっていけるかどうか、です。

では、それぞれの境目を、ちょこっと見てみましょう…

次女~三女のお部屋の境目です。

次女~三女のお部屋の境目です。

三女~長男の境目です。

三女~長男のお部屋の境目です。

 

廊下の壁紙~長女のお部屋の壁紙の境目は、このように細い壁の厚み中に収めます。これは神業です!

廊下の壁紙~長女のお部屋の壁紙の境目は、このように細い壁の厚みの中に収めます。これは神業です!

これだけ異なる壁紙同士なのに、
隙間なくぴったりキレイ!

いずれ間仕切りベッドが入るので、
ほとんどは隠れてしまう部分なのですが、
それにしても職人・柚木さん、
見事な仕事っぷりです!

ちなみに、キッチンの吊り棚の裏側の垂れ壁部分も、こんな感じで無駄なくキレイ!

ちなみに、キッチンの吊り棚の裏側の垂れ壁部分も、こんな感じで無駄なくキレイ!

それではまた更新します!

この工事の投稿一覧はこちら

NEW 足立区戸建てB様邸:玄関ドアを新しくしました!

投稿日:2016年06月10日

10代のプライバシーを考えてあげた住まい 足立区戸建リフォーム

別役邸過去図面2F  別役邸計画図面2F

足立区の閑静な住宅街の一角に佇む、築年数を重ねた鉄骨戸建てのリフォーム。親夫婦、長女の家族、それに長男という多世帯のお住まいです。
中学生になった長女のお子さんそれぞれに個室を与えながら、生活スタイルの異なる世帯間のプライバシーもしっかり確保しました。
より暮らしやすくするための工夫を随所に盛り込み、B様の暮らしに寄り添う住まいへと生まれ変わります。

■■物件データ■■
所在地:足立区 種別:戸建 施工面積:64.40㎡

Before
リフォーム工事前の現場のようす。

DSCN0288-130 DSC08385-300 (左)子供部屋。ここを2つに仕切ります。
(右)和室は洋室の主寝室にします。

2016/04/05

IMG_9892-130 IMG_9899-130 まずは子供部屋から工事を開始します。

詳細はこちら

2016/04/12

 子供部屋  DSC08349-130 子供部屋の工事が完成しました!

詳細はこちら

2016/04/20

 IMG_0513-500  IMG_0508-130 続いて二期工事。主寝室をリフォームします。
まずは解体工事です。

詳細はこちら

2016/04/23

    床の下地工事をしています。「置き床」を敷いていきます。

詳細はこちら

2016/05/2

    壁の下地を工事しています。ハイテク工具が活躍します!

詳細はこちら

 ↓

2016/05/10

 IMG_0666-400  IMG_0681-300- 床・壁・天井の下地が完成しました!

詳細はこちら

2016/05/17

DSC08544 DSC08548 トイレが完成しました!

詳細はこちら

2016/05/23

DSC08579 DSC08577 屋上の防水工事を開始しました

詳細はこちら

2016/05/27

新しい照明も入り、モダンな洋室になりました。 シンプルでかわいい洗面。照明もしっとりしています! (左)2階のクロス工事がはじまりました。

(右)洗面など並行した工事も着々と進んでいます。

詳細はこちら

2016/06/01

5-31-007 5-31-004 外壁塗装工事をしています。ローラーで丁寧に塗っていきます。

詳細はこちら

2016/06/02

IMG_1020 ローラーのような道具でつなぎ目を押さえます。 1階リビングダイニングのクロス工事が始まりました!

詳細はこちら

2016/06/08

P6020055 P6020059 屋上の防水塗装が終わり、金物部分もきれいに仕上がりました!

2016/06/10

P6100001 P6110044 新しい玄関ドアに交換しました!

詳細はこちら

只今、順調に工事が進行中!
更新まで、しばらくお待ちください。

この工事の投稿一覧はこちら

大切に暮らして来た親子2人の戸建ての解体工事がはじまりました!

投稿日:2016年06月07日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは。政所です。
今回は新しく工事が始まった、
足立区の戸建てリフォームの現場の様子をお届けします。

こちらは北千住駅の近くにある
閑静な住宅街にあります。

築年数が古いのですが、それが逆に、
レトロで趣があって素敵な住まいです!

懐かしい床、どこか心が落ち着く階段まわり。つくりもしっかりしていて、大切に暮らされていたことが窺えます。

懐かしい床、どこか心が落ち着く階段まわり。つくりもしっかりしていて、大切に暮らされていたことが窺えます。

「となりのトトロ」に出てきそうな、味わい深い浴室。タイルの色も素敵です!

「となりのトトロ」に出てきそうな、味わい深い浴室。床のタイルも素敵です!

 

しかし、水まわりや外装など、
住まいにいくつか傷みが出てきてしまい、
長い目で見たバリアフリー化も視野に入れて、
ついにリフォーム工事をすることになりました。

早速ですが、解体工事が始まりました!

トイレまわりです。しっかり木が組まれています。

トイレまわりです。しっかり木が組まれていました。

浴室の入り口部分、洗濯室の壁です。柱がだいぶ傷んでいますが、築年数を重ねると、水まわりはどうしてもこういった傾向になってしまいます。

浴室の入り口部分、洗濯室の壁です。柱がだいぶ傷んでいますが、築年数を重ねると、水まわりはどうしてもこういった傾向になってしまいます。

解体していくと、想定外のこともたくさん出てきます。
あるはずの構造壁がなかったり移動してたり、
配管の位置がズレていたり、想像以上に柱が傷んでいたり…。

こうしたあらゆることを逐一確認して、
予算なども鑑みながら、対策を練っていきます。

こうして編み出された対策提案は、
お客様にご報告し、摺り合わせをして、
確認をしてから工事を進めています。

さて、工事も始まったばかり。
動きが出てきたら、またご報告いたします。
それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら

ガーデニングの職人技、大公開!~その2~ レンガを縦に並べます

投稿日:2016年06月03日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
先日公開したガーデニングの職人技ですが、
大好評につき、続編をお届けします!

登場する職人さんは、
おなじみの近藤さん。
時節柄、蚊と格闘しながら頑張っています!

IMG_0830近藤さん

今回の工事は、両脇に広がる部分。
レンガを縦に並べて、地面よりも高い位置に
花壇をつくります。
(専門用語では、「レイズドベッド」というそうです)

今回は赤い丸で囲んだ部分を作ります。

今回は赤い丸で囲んだ部分を作ります。

全体のバランスをみながら、ていねいに作りあげていきます

まずは、前回までに作った
花壇とのバランスをみながら、
付け足す花壇の位置を調整します。

職人技のポイントは、メジャーを使ってしっかり採寸すること。

職人技のポイントは、メジャーを使ってしっかり採寸すること。

屋外ではありますが、
ぴったりと図面通りに、
ミリ単位で調整しながら進めています。

自分でやるとなると、屋外は暑いし、蚊もいるし、
ここまでていねいには絶対できません(汗)!

位置が決まったら、レンガを並べていきます。

位置が決まったら、レンガを並べていきます。もちろん、水平器で1個1個調整しながらです!

どんどん並べていきます。全体像は、こんな感じです。

どんどん並べていきます。全体像は、こんな感じです。

全体の位置が決まったら、隙間にモルタルを詰めていきます。

全体の位置が決まったら、隙間にモルタルを詰めていきます。

いかがでしょうか。
なかなか地道な作業の連続です。

今回のポイントは、レンガのすべてを並べて、
全体のバランスを確定させてから、
モルタルを詰めていくという点でした。

もちろん、モルタルが固まるまでの
時間との勝負や、モルタルを詰める
チカラ加減など、難しいところもたっぷりあります。

次回は、完成した状況をお届けします!
それではまた!

この工事の投稿一覧はこちら