板橋区 マンションH様邸 スケルトンリフォーム工事 墨だし作業について

投稿日:2017年10月16日

こんにちは、現場監督の河北です。

先日から着工しております板橋区マンションのフルスケルトン工事について記載致します。

前回① ⇒ 板橋区 マンションH様邸 全面改修工事始まりました!!

実はこちらのマンションでは今年に入り4件ご縁をいただきまして、そのうちの2件がフルスケルトン工事を

させていただいてます。

解体工事を終えましたら墨出しと言いまして、この空間のどこにカベやハシラがくるのかを床などに示していきます。

間取りがわかりましたら設備屋さんにお湯・水・排水の配管をしてもらいます。

RIMG2905

RIMG2937

キッチンのレンジフードや浴室などの換気についてダクトの配管をしてもらいます。

そのあといよいよ、大工工事となります。

まずはカベや天井の下地です。

タルキと呼ばれる大きさが45㎜×45㎜や30㎜×40㎜の木材を施工していきます。

RIMG3067

RIMG3071

これで部屋の大きさがグッとわかるようになりました。

次は床工事です。

今回は遮音性もとれる置床工法で施工します。

近年のマンションではよく使われている工法で、スラブ面(見えている床の下のコンクート面)と

床の仕上がり面に空間をつくります。

その空間にお湯や水、排水の配管をとおしたり、下階への音の配慮にすぐれた工法になります。

下の写真の感じです。

RIMG3153

RIMG3158

このパーティクルボードと呼ばれる木材などの植物繊維質の小片(パーティクル)に接着剤をつけ、

熱圧成形したものの上に更にベニヤを張ります。

ベニヤをしないでこのまま床の仕上げ材(フローリング)を施工しても良いのでは?と思われる方もいるかもしれませんが

下地がパーティクルボードだけだと湿気などにより木があばれてしまいます。

木材は呼吸をしているかのように伸縮します。

その影響により床なりの原因など色々と問題が生じてしまいますので、

当社では必ずベニヤを捨て貼りしてます。

 

そして大工さんが床の工事をしている時に、同時に電気屋さんに配線をしてもらったり、設備屋さんに配管をしてもらい

なるべく工期短縮につとめます。

そして現場では職人さん同士がコミュニケーションをとりつつ、ときより笑顔をみせながらも現場をすすめていきます。

IMG_0551

RIMG3093

木下地工事・配線・お湯や電気の配線が終わりましたら、クロス(壁紙)などの下地となります

「石膏ボード」や扉がつくように建具枠を大工さんに施工してもらいます。

↓  が石膏ボードです。

20170916 (6)

石膏ボードは防火性、遮音性にすぐれており

現在の建築現場ではなくてはならない資材であります。

大きさは、910㎜×1820㎜ 厚みはいろいろありますが

通常12.5㎜の物を使用してます。

重さは約14kgほどあります。

こちらのお宅では約200枚ほど使用します。

まずは天井にボードを貼ります。

20170916 (44)

20170916 (45)

ひとりで貼っているので佐々木大工お手製のつっかえ棒をつくって天井もひとりでも上手く

貼っていってます。

2017.09.27 (12)

20170921 (36)

 

 

 

 

 

次は扉がとりつくように建具枠、窓枠をとりつけます。

建具が水平・垂直になるように注意しながら枠材をとりつけましたらカベに

石膏ボードを貼っていきます。

その様子が下の写真です。

2017.09 (10)

2017.09 (11)

2017.09 (9)

 

2017.09 (14)

IMG_0696

次は内装工事などに入っていきます。

またお伝えしていきますので宜しくお願いします。

お引渡し前の仕上をお客様と共に仕上げました。

投稿日:2017年10月14日

皆様

 

こんにちは。

青木です。

 

先日、最後の仕上げのオイル塗をお施主様と一緒に行いました。

こちらでは、床材や建具や壁に杉の無垢材を使わせていただきました。

 

どんなオイルを塗ったかというと、

米ぬかを原料にした100%天然素材の『キヌカ』です。

IMG_2676

こちらは、木の素材感が無くならないというのが特徴です。

キヌカは1~1.5年に1回塗らなければいけないので、

お客様が今後メンテナンスをするという点でも、

体験していただく事が大事なんです。

IMG_2675

用意をし、注意事項等をご説明し、

キヌカ塗の開始です!

IMG_2681

一生懸命塗っていただいてる、

お施主様ご夫妻です。

IMG_2694

クローゼットの中もしっかり塗ります。

IMG_2703

ご主人様がこだわられたチェッカーガラス入りの無垢(パイン材)のドア。

ここは入念にご主人様が塗られていました。

このドアが握り玉仕様ですごくいいんです!!

ドアはこんな感じです。

ike18_0493s

お施主様のご協力もあり、

無事にキヌカ塗が終わりました。

どうもありがとうございました。

 

K様邸の事例写真は、

もうすぐホームページにアップされます。

乞うご期待です!!

 

 

 

 

 

 

お客様からの素敵なアイディア~板橋区マンション水まわりリフォーム工事~

投稿日:2017年10月07日

現場監督の河北です。

先日お世話になりました、板橋区のマンションで水まわりのリフォーム工事をお手伝いさせて頂いた現場について

「これは良いなぁ~、物を置かずにすみ、スッキリさせたい方におススメしたいなぁ~」と思いましたのでご紹介

させていただきます。

お風呂・トイレ・洗面化粧台のリフォーム工事を致しました。

下の写真にあります、洗面台上のカガミがついている収納棚は以前ついてたものを再利用いたしました。

IMG_0454

その3面あるカガミ付の収納の右側を、お施主様よりティッシュペーパーをいれて扉が閉まった状態でもつかえるよう

加工していただきたいとのご要望がありまして下の写真のようになりました。

IMG_0464

IMG_0463

収納の底部分に穴をあけ、そこからティッシュペーパーを逆さに取り出せるようにしました。

これで洗面台の上はスッキリしお手入れもしやすい、細かいところですが素敵な空間となったと感じました。

ステキなアイディアをありがとうございました。

 

他にも、おすすめしたいなぁ~と思うアイディアがありましたらご紹介させていただきますので

ご参考になさって下さい。

以上、お客様からの素敵なアイディアでした。

I様邸 外構工事 その②

投稿日:2017年10月07日

こんにちは村上です。

 

今日は前回お届けしました、I様邸外構工事の続報です。

 

リビングの掃出し窓からウッドデッキを設置しましたので、

ご紹介いたします。

 

着工前

IMG_1050

 

築50年の家の為、サッシは木製です。

内外装共に一新します。

0629 057 2017-07-14 15.50.56 IMG_2138

 

窓を入れ替え、断熱工事をしました。

RIMG3120 IMG_2692

ウッドデッキを設置するため、

土間を打ちます。

ウッドデッキは掃出しの前にステージを作り、

車いすでの利用を前提としています。

IMG_2935 IMG_2936 IMG_2938 IMG_2944

広めのステージですので、天気の良い日はステージの上で

ゆっくりくつろぐ事も出来ます。

両側に手摺が2段ありますので、背の低いおばあ様でもゆっくり上れます。

 

水工房では介護保険や窓断熱を含めご提案を致しております。

 

村上でした。

 

 

パナソニック洗面ドレッサー

投稿日:2017年10月02日

こんにちは、半田です。

先日、お客様ご希望のパナソニック洗面ドレッサー ラシス フロート設置タイプを

担当として初めて施工させて頂きました。

最近では、洗面キャビネットの収納力を求められるお客様が多い中、

デザイン性やスタイルを重視した商品を内装材やタイルと共にコーディネート

させて頂いての施工でした。

 

 

IMG_0157← 施工前キャプチャ←シュミレーション

 

コーディネーターの小島がお奨めタイルのシュミレーションを重ね、

ご希望のクロスとのカラーコーディネートも素敵に仕上がりました。

IMG_0676 IMG_0677

↑ 施工後  引きで撮影できなかったのが残念です。

 

 

 

 

葛飾区 O様邸 木工事等始まりました。

投稿日:2017年09月30日

施工管理の菅谷です。

 

床下に隠れてしまう配管工事が一段落しましたので、これからは大工さんの仕事が

メインとなります。

 

床下地を組み、以前は無かった床断熱材をしっかり施工。これにより床暖房の熱も

効果的になります。

P7140035

その後天井の下地、間仕切り壁や外壁部の下地作業を行います。

天井や間仕切り壁の下地がくみあがったら再び電気屋さんの登場。

今度は天井裏や壁に隠れてしまう配線工事を行います。

P7200095

施工の進捗度合やタイミングに合わせあの職人さん・この職人さんと作業に入りますので

それぞれのコミュニケーションや打合せ・指示が明確でないと作業をすすめることが出来ません。

施工管理と大工さんとがつどつど打合せをし工期短縮をめざし施工しております。

I様邸 お仏壇工事

投稿日:2017年09月24日

こんにちは、営業の村上です。

 

I様邸ではバリアフリーを主な目的とした工事をさせて頂いておりました。

また、外壁面に断熱材を入れる為に

壁を真壁を大壁にするお打合せの最中に、、、、

 

ふと、目に入ったお仏壇。

IMG_1772IMG_1773

とても立派なお仏壇ですが、周りの壁が大壁になると

このままではお仏壇が浮いてしまいます。

 

そこで率直にご質問を致しました。

このまま残されますか?  こちらも大壁にしてクロスを貼りましょうか?

 

 

その答えは、

親戚も来るので、お仏壇はしっかりしたものが良い。

でした。

 

また、お仏壇の下には収納があり、その横にはTV台がありました。

 

また同じように使いたいとのご要望でしたので、

お仏壇・収納・テレビ台をセットで造作することをお勧めいたしました。

 

I様のご要望は他にも、

同じ部屋にある神棚と雰囲気を揃えたい。

お仏壇にある家紋は残したい。

手の力が弱くなっている為、収納は桐ダンスとは異なり

開け閉めし易く。

 

などなど。

 

 

ちなみに神棚はこちらです。

IMG_1775

神棚の色合いや風合いを

新たに造るお仏壇に活かします。

 

しかしながら、営業の私では力不足。

 

ここはコーディネーターの土田さん、

家具屋の木下さんにお力添え頂き、プラン作成→お打合せ→プラン作成、、、

を何度もお施主様とさせて頂きました。

 

170712石田様お仏壇図面

 

こちらがプランの1例です。

 

結果、出来ましたのがこちら

 

IMG_2795IMG_2793

TV用のコンセントなどはカウンター上に埋め込みで設置し、

スッキリとさせました。

家紋を残しつつ、格子柄の化粧板を両脇に配して

内部には照明も備え付け、

また、収納はソフトクローズ機能の付いたレールを採用し

開け閉めしやすく、取っ手も大き目のものを付けつまみ易くしました。

 

背面には引戸が来るため、カウンターを引戸の分だけ

切欠きしています。

 

 

IMG_2799

実際にTVを設置したあとです。

 

お施主にも大変喜んで頂き、わたしも大変うれしく思います。

 

 

造作家具の一例

ike17_6529s ike17_6520s ike17_6757s ike17_6756 IMG_3339 IMG_0053 IMG_0057

 

造作家具はお施主様の要望に応じ、面材からサイズ・収納の形状など思いのままに製作可能です。

上の写真では洗面化粧台のカウンターを柱型に合わせて作っています。

 

 

お客様だけの家具

そんな造作家具のご紹介でした。

 

 

村上

 

 

 

 

 

 

 

葛飾区 O様邸 配管工事等始まりました。

投稿日:2017年09月20日

施工管理の菅谷です。

解体工事が終了したO様邸、本体工事が始まりました。

大工さんがだした墨の位置に沿って給水・給湯・排水配管・ガス配管をすべて新しいものにして

大工さんが床の下地を組みます。

0様邸では温水式の床暖房も新設しますのでこちらの配管も先にしておきます。

P7110002

大工さんの作業本格始動です。

 

 

外壁タイル塗装工事

投稿日:2017年09月15日

皆様

 

こんにちは。

青木です。

 

今回は、板橋区の外壁タイルの塗装工事をご案内いたします。

ご相談いただいた内容は、

コーキング目地の多数のクラックが不安でタイルの脱落がないかとの事でした。

施工前の状況がこちらです。

IMG_1214

近くで見てみると・・

IMG_1219

IMG_1220

このように無数のクラックが入っていました。

8年前に塗装工事をしたようですが、

コーキングにも塗料を塗ってしまったようです。

 

このクラックから水が入り、

タイルが浮いてきて脱落したら大変です。

 

ということで、今回はタイルの打音検査をし、

タイルの浮いているところがないか調査をし、

浮いているところは入れ替えて保護の塗装をしていきます。

 

まずは、足場をかけていきます。

IMG_1221

 

IMG_1238

 

IMG_1239

 

ここからタイルの打音調査をしていきます。タイルが浮いていると軽い音が聞こえてきます。

 

今回は、40枚ほどのタイルの浮きがありました。

また、タイル目地の欠損も見つかりました。

 

IMG_1240

IMG_1242

 

タイルの入替が必要な部分はカッターを入れて、

取り除きます。

IMG_1245

取り外したタイルの一部がこちらです。

IMG_1349

新しいタイルを貼りましたら、

後は塗装とコーキングの打替えです。

IMG_1316

下塗りのプライマー塗布1回、中塗り3回、

最後にトップコートを塗るまで計5度塗っていきます。

IMG_1318IMG_1317

 

そして、足場の解体で終了です。

IMG_1354

IMG_1357 IMG_1356

足場のアンカー跡をタッチアップしてお引渡しです。

訳あって全体写真をお見せできませんが、

お客様には大変満足いただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I様邸 外溝工事

投稿日:2017年09月11日

こんにちは村上です。

 

今回は板橋区徳丸のI様邸 外構工事と玄関の工事のご紹介になります。

 

80代のご夫婦の為、段差の少ないご提案をさせて頂きました。

 

 

工事前

IMG_1550 IMG_1533 IMG_1504 IMG_1503

 

玄関内には式台・框が高く、とても上り下りが困難でした。

また玄関内と外のポーチには跨ぎもあります。

 

 

工事途中

RIMG3040 IMG_2501 IMG_2498

ポーチの高さを上げ、まずは跨ぎをなくします。

玄関の土間もその分、かさ上げをし式台・框の段差を解消しました。

 

完成

IMG_2688 RIMG3123 IMG_2690

最後にスロープを付け、より上り降りをしやすくしています。

 

脚が不自由で、出入りに段差があると外出するのも億劫になってしまいがちです。

 

今回のリフォームで気軽に外出して頂けるようになって頂けたら嬉しいです。

 

村上 雄一