月別: 2016年4月

補助金ご活用のススメ☆

投稿日:2016年04月09日

こんにちは! 中野です。

春がきた! 桜が咲いた!と思ったら、
あっという間にかなりの暑さに…

気温の寒暖差も激しいので、
体調を崩さないように、
ぜひお気をつけくださいませ…(^^)

さて今回は、本年度使える
補助金についてお知らせします。

①『H27年度補正予算 住宅省エネリノベーション促進事業』

1次公募が始まっております!

(経済産業省)
住宅省エネリノベーション促進事業について
http://www.meti.go.jp/information_2/publicoffer/27hosei/27hosei_PR_34.pdf

(環境共創イニシアチブ)※運営
http://sii.or.jp/renovation27r/

集合住宅の窓全部の改修で、
最大150万円(対象工事費の1/3上限)がもらえるという、
何とも魅力的な制度です。

戸建て住宅では
床・壁・天井と組み合わせる必要がありますが、
集合住宅の場合は窓のみでOK!(全ての窓です)

補助金を利用するには、
ご契約・工事の前に交付申請をする必要があります。

 LIXIL「インプラス」の例

LIXIL「インプラス」による窓の断熱例

②さらに。。。
4月に入り、各自治体でも
H28年度の省エネ改修の補助金について発表されております。

各自治体の場合、補助金額はさほど高くはありませんが、
なんといっても
「すべての窓」という縛りがない☆

つまり、マンションで北側の居室のみに内窓を・・・
といった工事でも対象になるんです!
これは、かなりおススメです♪

ちなみに板橋区では、
「二重窓」などの窓の断熱工事をすると、
設置に要する経費の25%(上限 100,000円)
が補助されます(#^.^#)

このほか太陽光発電システムや
燃料電池システム(エネファーム)など、
住まいの省エネ化に関する工事で、
補助を受けられます☆

他の区でも同様の助成制度を設けていることが多く、
北区の場合は窓の断熱改修工事で
経費の1/5(上限50,000円)、さらに、
断熱塗装(高反射率塗料・上限100,000円)
でも助成を受けられます。

そして足立区では、省エネ家電やLEDの購入でも、
12,000円の補助を受けることができるんです!ヽ(^◇^*)/

補助を受けるにはそれぞれ細かい規定があったり、
補助する件数が決まっていたりしますので、
詳しくは、お住まいの区のホームページ等でご確認ください。
ご参考までに、板橋区、足立区、北区のURLを記しておきますね♪

(板橋区)
平成28年度 住宅用新エネ及び省エネ機器等導入補助金制度
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/004/004900.html

(足立区)
省エネ機器等助成制度のご案内
https://www.city.adachi.tokyo.jp/kankyo/kurashi/kankyo/joseiseido.html

(北区)
新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成
https://www.city.kita.tokyo.jp/kankyo/jutaku/kankyo/hojo/energy/jose-info.html

補助金は、予算がなくなり次第終了しますので、
お早めにご相談くださいませ!(*^_^*)