フラット35

「フラット35」は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供される長期固定金利住宅ローンです。
「フラット35(リフォーム一体型)」が、中古物件の購入費用とリフォーム費用を一括して組むことができます。
リフォーム工事単体での利用はできませんが、『中古購入×リノベーション』をご検討の方には魅力ある公的ローンです。

お手持ちの現金が少なくても、勤続年数に不安をお持ちの方も、小さなお子様のいる若いご夫婦も、金利上昇のリスクに頭を悩まさせられることなく、35年という超長期間、比較的低金利でローンが組める最大のメリットを活用し、『中古購入+リノベーション』で理想の住まいを実現することができます。

【フラット35の特徴】

1.全期間固定金利

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

民間金融機関では、短期の資金を運用しているため、長期固定型、とくに全期間固定型の住宅ローンはあまりありません。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

現在の低金利時代では、変動金利の利率の低さに目が行きがちですが、全期間固定の低金利で最大35年間の借入が可能、借りた時点で返済総額が決まるので、返済計画が崩れることなく、安心して35年間住宅ローンを利用できます。

[/wc_column][/wc_row]

2.審査が通りやすい

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

住宅ローン審査は、物件と人物(年齢、収入、職業(勤務先)、勤続年数、他の借入状況等)の審査があり、民間の金融機関は、この審査が厳しいと言われています。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

フラット35でも同様の審査は行われますが、民間金融機関が返済能力を重視しているに対し、国の支援を受けているフラット35は、良質な住宅の供給に寄与する役割もあるため、一定の住宅の適用基準に合致しているか、が審査ポイントとなり職業(勤務先)、勤続年数等はあまり問われず、比較的審査に通りやすいと言われています。

[/wc_column][/wc_row]

3.リフォーム瑕疵保険

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

リフォーム工事後、適合証明検査が行われますが、リフォーム瑕疵保険への加入することで省略が可能です。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

リフォーム瑕疵保険は、リフォームの工事内容を専門の検査機関が保証してくれるとともに、万が一、工事に不具合があったり、工事業者が倒産してしまった場合でも補修費用を保険で請求できますので、お施主様にとっては大きなメリットとなります。
リフォームかし保険についてはこちら。

[/wc_column][/wc_row]

4.保証人・保証料不要、繰上返済手数料が無料


デメリット

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

デメリットとしましては、手続きに時間がかかるということ、また全期間固定金利ですので、もしも金利が下がる局面になった場合には全期間固定金利型のメリットは薄れる可能性があります。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

参照サイト:住宅金融支援機構

[/wc_column][/wc_row]