◆Re棲家 2016年12月号「リフォームで、冬を温かく健康に過ごしましょう!」

[wc_row][wc_column size=”one-fourth” position=”first”]

[/wc_column][wc_column size=”three-fourth” position=”last”]

1612-title1

[/wc_column][/wc_row]

Y様邸のリフォーム物語

handa こんにちは。リフォームアドバイザー半田志乃舞です。今回は私が担当させて頂きました、驚きのリフォームの完成見学会をご案内をさせてください。
今回の主役はサンシティI棟にお住まいのY様の奥様です。今年長く勤められたお仕事をご退職。「これからは毎日をもっと楽しく暮らしたいの」とおっしゃってました。
Y様ご夫妻は音楽をこよなく愛され、お二人とも楽器を演奏されます。「時間がやっと自由になったのだから、音漏れとか気にしないでいつでも自由に演奏をしたいの」とのことでした。
本来でしたら、防音室工事・・・というところですが、ご予算は決まっています。また、北側のお部屋ということで楽器に大敵な湿気が高く、皮膚が弱くカビにも敏感な奥様にとっては、その部分も徹底して解消して差し上げたいと思いました。
私やY様のリフォームに関わる者の間では「今まで頑張ってこられたY奥様の”ご褒美リフォーム”だから、きっと解決しようね」という気持ちがありました。そこで「健康」と「音」にこだわった新工法プランをご提案させていただきました。今までに無い工法でしたので、時間を掛けて工事前から実証調査と実証検査をさせていただきました。奥様はいつも「どうぞ~♪」と快く応じてくださり、お任せいただきましたので、とてもスムーズにできましたが、同時に大きな責任も感じながらの工程でした。
完成結果は・・・「音」「湿度」「温度」ともに、私もビックリの数値をクリアできました。ホッ(笑)
奥様もご主人様も猫ちゃんもずっとそこに居たくなるお部屋ですが、その効果は写真では分からないのです。是非見学会で体感してみてください。私がご案内いたしております。見学会でお会いできることを楽しみにいたしております。

今回リフォームされたY様のご感想

neko このたびはお世話になりました。水工房さんには3年前から段階的にリフォームをしていただき、我が家のこと、猫のことも理解していただいておりましたので、安心してお任せいたしました。violin
それにしてもこの部屋がこんなにも快適になるなんて思ってもみませんでした。音はもちろんなんですが、居心地の快適さといったら私より猫が証明してくれてます。前は南側のリビングのひなたが猫の居場所だったのですけれど、今は北側のこの部屋が大のお気に入り。我が物顔で占領しているんですよ。
あと、水工房さんにもこの部屋を寝室にすることを薦められていたのですけれど、まだしていなかった時、この部屋でうたた寝しちゃったらカラダの調子がとてもよくて、「あら? もしかして」と夜も寝るようになりましたら、ぐっすりなんです。
自然な暖かさがあるので、今の時期も平気です。以前は「寒い」「暑い」「うるさい」部屋でしたけど、ウインドファンも必要なくなって快適になったって主人も帰宅後演奏を以前より楽しんでいます。

title2

dannetsu

朝にエアコンを少しつけた
だけで、1日中ぽかぽか。

dannetsu2

Y様邸では北側の一室を音楽室にしました。その断熱材には、古紙を活用したセルロースファイバーを採用しています。床・壁・天井の6面をくるみ、さらに窓を内窓にすることで、高い断熱性能を実現しました。

seru

▲床・壁・天井の6面をセルロースファイバーの断熱材でくるみました。

 

shitsudo

加湿器や除湿機を使わなくても、

celu

再生紙を活用したセルロースファイバー

適度な湿度で安定しています。shitsudo2

床・壁・天井に充填したセルロースファイバーは、室内の湿度を調整する役目もあり、結露やカビの発生を防ぎます。また、リバース工法で使う珪藻土や床の無垢材にも調湿効果があり、室内はいつでも快適です。

 

oto

ピアノを弾いても、
音が外に漏れにくくなりました。oto2

Y様邸の音楽室では、吸音性能にも優れたセルロースファイバーの断熱材のほか、今ある窓にもう1つの窓を付け足す内窓も採用して遮音化。さらに室内ドアも遮音タイプにするなどで防音性能を高めています。なお、内窓では板橋区の助成金を活用しました。

uchimado

今ある窓の内側にもう1つ窓を取り付ける「内窓」

 

kosanka

空気が浄化されて、
心も体も健康に。

kosanka2

キレイな空気の住まいを作るために、リバース工法を採り入れました。特殊酵素を溶かし込んだ溶液を壁・床・天井に塗り込むことで、室内の活性酸素を吸着し、有害化学物質や臭いを分解・低減してクリーンな空気に整えます。

akimoto

リバース溶液を下地と仕上げ面、それぞれ床・壁・天井の6面に塗りました。

※記事中の「音」「湿度」の数値データは実際のY様邸での測定値。それ以外はメーカー測定値です。

住みながら施工を行うステップリフォーム

Y様邸はLDKや水まわりを含めた全面リフォームです。工事中に別の場所に仮住まいをするケースもありますが、Y様は猫ちゃんへの負担も考え、住みながら工事を進める「ステップリフォーム」をご選択されました。工期を3回に分け、今回が3期目の工事でした。
● Ⅰ期工事…LDKと和室をリフォーム。自由に間仕切れる引き戸がポイントです。
● Ⅱ期工事…水まわりのスペースの悩みを、自然素材を活用して解決しました。

1-2

>この事例の詳細は、こちらをご覧下さい<<

Y様邸では、12/10(土)・11(日)無料完成見学会を実施します。
ご自宅までお車での送迎ご予約も受け付けておりますので、遠慮なくお問い合わせください。

kengaku4

板橋店 リフォーム相談会


※板橋区・足立区・豊島区・北区のお客様でご希望のお客様にはご郵送していますので、
以下のページよりお申込くださいませ。
(ご遠方のお客様はお手伝いできる範囲外としてお断りすることがございます。あらかじめご了承ください)

情報誌お届けお申込ページ>>