北区F様邸のリフォーム工程見学(4)

投稿日:2019年07月05日

こんにちわ、今井です。
再び北区F様邸のリフォームの工程見学にお伺いさせて頂きました。

今回は「墨だし」という作業を見学しました。
工事中に必要な線や位置などを床や壁などに表示する作業になります。
墨出しされた情報を元に何をどこに設置するかが決まるため、間違いの許されない作業なんです。

墨だしレーザー

これ、何だと思いますか?
今にも歩き出しそうな黒いタコ?を思わせる小さな機械、これは「レーザー墨出し器」
この機械から赤いレーザーが照射されて壁や床にラインが表示されます。
丁度、レーザーをビーーーっと発射!しているところを激写したのですが、残念ながらレーザーの光が写真に写らない?!
折角の雄姿を披露できずに残念…
墨だしでひかれた線は「レーザー墨出し器」の下に薄っすらと見えている黒いラインです。
これもなかなか写真にハッキリ写ってくれない…いや、私の写真のスキルに問題があるのか。

墨だしレーザー稼働中

細かい個所や確認や調整は現場監督と職人さんが行います。
何でも機械に頼り切りではなく、ちゃんと人がダブルチェックしてくれるのはやっぱり安心します。

確認作業

神経を使う作業の間にお邪魔させて頂いてありがとうございました!
こうやって少しづつ現場を見学し勉強をしております。
また、進捗をお知らせいたしますね。