北区F様邸のリフォーム工程見学(7)

投稿日:2019年07月27日

こんにちわ、今井です。
週に一度はF様邸の見学が日課となっています。

ところが!
痛恨の見逃しをしてしまいました。昨日ユニットバスを設置したとの事。
見たかったのに!

それは、地下鉄へどうやって列車を搬入するかに感じる謎と同じで
あんな一つに成形された物をどうやって組み込むのかなー?
と、不思議だったのです。
今回は見逃しましたが、次にチャンスがあれば謎を解明しに見学に向かうつもりです。
現場の方からすれば、謎でも何でもないのかもしれませんが…

ユニットバス
既に収まってしまったユニットバスが、湯船の端を覗かせて「残念でしたー」と言っている様です。

 

代わりに前回の謎グッズ「下げ振り」を使っているところが見られました。
え?そんなの珍しいかな?という職人さんに
リフォーム初心者なので、初めて見る物が多いのです。
と、説明すると
そりゃ珍しいかー。と、現場をウロウロしつつ写真を撮る私に色々説明下さいました。

下げ釣

しかし、1つ前の投稿の「夏の現場、本格的に始まりました」の記事で菅谷さんも仰っておいでですが、現場は暑い!
何もせず短時間で汗だくになる私に対し、職人さんは仕事をしながら籠りきりになるので大変です。

 

上げる下げる今回は床を上げて防音材を、天井を下げて断熱材をという作業の意味が良くわかりました。
前回の木組みの上にボードが乗せられ高低差の出た所に資材が入っています。
写真で見るのと実際見るのでは、なるほど!と実感の差が大きいですね。

やっぱり見学するだけでも、色々勉強になります。