大雨の影響がこんなところにも

投稿日:2019年07月07日

こんにちわ、今井です。

てるてる坊主水工房のある都内でも雨がずっと続いています。
部屋干しをするために、冷房の苦手な私もエアコンでドライにし寒さにふるふるしながら洗濯物が乾くのを待つ毎日です。
特に今朝は4月下旬並みの涼しさだったようで、出勤中の列車の乗客には風邪っぴきさんが何人か同じ車両にいました。
今日は折角の七夕ですが、天の川は見れそうにありません。

この雨の影響がこんなところにも出ています。
大雨が降り続いた九州南部では、シラス台地で表層崩壊が起きたりと大変な様子。
シラスは水が浸透しやすく、150~200ミリ程度の雨が降った場合、さらに数十ミリ程度の雨が加わるだけで、表層崩壊が起きやすくなるそうです。
水工房のお取引先からも「九州南部を中心とした大雨の影響によるご注文品お届けの遅れについて」というお知らせが来ました。

天然の素材は、やはり自然に左右されやすいんですね…。