思い出の残る住まいづくり

投稿日:2013年08月23日

おはようございます。
森岡です。

築60年の建物のリフォーム工事が始まり、
土壁に木製サッシなどが次々と解体される中、
解体現場でひっそりとその様子を見守っている“振り子時計”が目に留まりました。
ずーっとN様邸で沢山の喜びや悲しみを一緒に見守り、
時を刻んできた“振り子時計”

N様は、もう動いていないとのお話でしたが、
柱から外してみると不思議な事にまたカチカチと動き始めました。
まるで『まだ捨てないで。これから先も私は時を刻めるよ!』
とでも言っているようで…捨てる事ができませんでした。
さて、
それでは新たな住まいでまた新たな時を刻んで頂こうかな。
完成まで少し楽しみに待っててもらうことにしました。

20130823-100211.jpg

N様邸は、他に床柱も再利用します。
60年の思い出の残る住まい…頑張って完成させます!!