益子へGO

投稿日:2013年05月04日

こんにちは、高橋です。
先日のH様邸見楽会の時に、H様より益子焼の作家・三宅洋司さん、三宅友子さんの個展の案内を見せていただきました。
H様は三宅洋司さんの器の大ファンで、私もその器を見せていただいてから一目惚れしてしまい、ずっ~と気になっていました。
案内を見ると、個展の初日が私のお休みの日!

ということで行ってきました、益子まで…。

益子に到着して、すぐに個展会場へ。
個展初日の朝イチだったので、たくさんの三宅さんの器が並んでいました。

三宅さんの器は普段使いの器というよりも、まさに芸術品のような存在感を持っています。
作品と向き合っていると、長年培ってきたであろうその技術の凄みや作り手の想いなどが伝わってくるようで、見ていてちょっと熱い気持ちになりました。
 
会場をを何周もして、たくさんの作品をじ~っと眺めて、何度も手にとって、いちばん気に入った湯呑みをGET!目的のひとつを達成です。

ところで益子は春と秋に陶器市をやっていますが、今はちょうどその期間中。
きっと混んでいるだろうし、量産ものを安く売っているイメージもあったので、今まであまり興味がなかったのですが…

「ヤバかったです。陶器市!」

たくさんの作家さん(こんなに益子焼の作家さんがいるの~という感じ)がそれぞれテントの中で作品を展示販売していて、安売り市というよりもクラフト市といった印象でした。
町全体が「手づくり感溢れるお祭り」といった感じで、とても居心地がよく、楽しかったです。
今回はあまり時間がなかったので長居出来ませんでしたが、次回来るときには時間をかけてゆっくりと楽しみたいと思います。

ということで今回収穫したもののうち、2つをご紹介。

左が額賀章夫さん作のフリーカップ。
右が三宅洋司さん作の湯呑み。

「くぅ~。見ていて飽きないですね~。」

以上、ここのところ毎晩、この器に焼酎や梅酒を注いで、英気を養っている高橋でした。