木造戸建てバリアフリー工事 ~水まわりと手摺その②~

投稿日:2017年08月26日

こんにちは、現場監督の河北です。

先日お伝えしましたバリアフリー工事の続きです。

⇒ 木造戸建てバリアフリー工事 ~水まわりと手摺その①~

ユニットバス組立が終わりますと大工さんにユニットバス入り口の壁と枠を取付けてもらいます。

洗面化粧台を取付ける為にあけた配線ルートや配管の壁の穴をふさぎ、必要とあれば壁の補強をします。

次は電気屋さんにお風呂や洗面台で配線しました線を壁からだしてもらい必要な器具を取付けもらいます。

翌日に内装屋さんに洗面脱衣室の壁紙、フロアタイルを貼ってもらい新しい洗面化粧台を取付け、

機具や水漏れのチェックをし、クリーニングして引渡しとなります。

お風呂・洗面台・洗濯機水栓の取替え、手すりの設置工事で実働約7日の工事となりました。

ご高齢のお客様もおいででしたのでバリアフリーとなるようUBの段差の解消、お風呂場に手摺を3ヶ所、

廊下や玄関・ポーチ、脱衣室にも手すりを設けました。

下記のようになりました。

IMG_0402

IMG_0405

 

IMG_0403

IMG_0400

 

RIMG2861

RIMG2860

 

RIMG2859

RIMG2863

以上、木造戸建てのバリアフリー工事でした。

ありがとうございました。