木格子取付&オイル塗装

投稿日:2013年07月31日

階段格子

こんにちは、高橋です。
「Aさんとネコたちの住まい」、本日はまず階段脇の格子取付作業を行いました。
ネコたちが下の階へ行かないようにするための木格子。
どうせ付けるなら…と、高級旅館っぽい?デザインを狙ったのですが、いかがでしょう…。

そして大工工事が完了したネコたちの部屋では棚板の塗装が始まりました。
ネコたちがペロっと舐めてしまうことも考えられ、またネコの体は人間の赤ちゃんと同じくらいの体の大きさであり、化学物質をたくさん含んだ空気を吸い込むのはキツイだろうなと考え、害の少ない植物系のオイル塗料を選んで塗っています。

オイル塗装

塗装が終ると、壁紙を貼る内装工事、電気工事などが入り、いよいよ完成となります…。

 

波打つ棚コーナー

投稿日:2013年07月27日

波打つ棚
こんにちは、高橋です。

写真は板橋区の「Aさんとネコたちの住まい」の波打つ棚コーナー、各棚板を桟木で止めたところです。

『波打つ棚コーナー』は文字通り、波打っている棚板を取り付けたコーナー。
少しずつ波のカタチをずらしているので、ずれているところからネコたちが昇り降りできるように考えました。

果たしてネコたちはこちらの思惑通りに使ってくれるのか…?
楽しんで使ってくれるとうれしいのですが…。

 

ひなたぼっこコーナー

投稿日:2013年07月25日

ひなたぼっこコーナー

こんにちは、高橋です。

「Aさんとネコたちの住まい」は大工工事が順調に進んでいます。

写真は本日取り付けた『ひなたぼっこコーナー』のカウンター。
すべての棚板は、ネコが引っ掻いたり、爪を研ぐのを予想して固めの材料であるナラ材の集成材を使いました。

上はネコ専用の外を眺め、物思ったりするカウンター、下のカウンターはAさんとネコがいっしょに外を眺めたり、座ってくつろいだりするカウンターです。

早速、下のカウンターに座ってみたのですが、なかなかの座り心地。
4cm厚のカウンターを取り付けたので、メタボ気味の私が座ってもビクともしない安定感でした…。

「Aさんの住まい」解体工事

投稿日:2013年07月23日

解体着工

こんにちは、高橋です。

板橋区の『Aさんとネコたちの住まい』、本日より解体工事が始まりました。
写真は「押入をいざ解体!」の図。
今回は解体箇所が少なかった分、ていねいな解体を要する箇所が多かったのですが、非常に手際よく、きれいに作業してくれました。

明日からはいよいよ大工さんの工事が始まります。

十和田石

投稿日:2013年07月21日

十和田石

こんにちは、高橋です。

造り付けのお風呂などに利用される『十和田石』のサンプルを取ってみました。

う~んっ。やっぱり萌えますね~。

天然石ならではの質感、模様、圧倒的に素晴らしい…。

水に塗らすと色が鮮やかに湧き出てくるので、浴室に使われるのもよくわかります。
(写真右が濡らした状態です。)

お風呂だけでなく、リビングとか玄関とかの壁のアクセントとして利用してもいいと思いますが、いかがでしょうか…?

 

 

 

桧の扉

投稿日:2013年07月20日

桧の扉

 こんにちは、高橋です。

家具の打合せをするために、お世話になっている木下木工所へお邪魔しました。

造作家具に「できるだけ化学物質を使いたくないなぁ~」と相談をしていて、
「扉はこんなのがいいんじゃない」と提案してもらったのが、写真の扉です。

埼玉県産材の桧材を使った框戸です。
鏡板(框に囲まれた真ん中)も埼玉県産材の桧材(接ぎ板)を使っています。

箱組みや棚板も同様の接ぎ板を使うことで合板は一切使わずに済むので、合板特有のホルマリン臭のない、安心して利用できる家具を作ることができます。
(逆にヒノキのいい香りがここちよいです…。)

シンプルでクラフト感があり、またカントリーっぽい雰囲気もあるので、好みはあると思いますが、選択肢のひとつとして、十分オススメできる扉仕様です。

ネコの目線。

投稿日:2013年07月13日

ネコルーム

こんにちは、高橋です。

先週「Aさんとネコたちの住まい」のリフォーム工事のご契約をさせていただきました。

お客様のお住まいのプランを作る際、いつもはお客様になりきって、家の中を散歩したり、料理をしたり、お風呂に入ったり、ゆったりくつろいだり、ビールを飲んだり…、と妄想力全開で図面の何度も何度も歩き回ったりするのですが、今回はネコになりきって、
どうしたら楽しいのか?
どうしたら心地いいのか?
どうしたら飽きずに暮らせるのか…?
とネコ目線で考え抜きました。

休みの日もネコになりきっていました…。

果たして、出来上がってからたくさんのネコたちに楽しんでもらえるのか?

いつもとはちょっと違った意味で、出来上がりがとっても楽しみなリフォーム工事がまもなく始まります。

巣鴨信用金庫 志村支店

投稿日:2013年07月05日

 

巣鴨信金・志村支店

こんにちは、高橋です。

写真は巣鴨信用金庫志村支店の外観です。
「銀行」には見えないですよね~。

「銀行ならではの堅苦しさをなくしたい」との巣鴨信金の想いを受けて、東京在住のフランス人建築家エマニュエル・ムホーさんがデザインしました。

街並みとの調和具合とか、ツルツルな素材感とか(いつまでもキレイに保つのはメンテナンスが大変そう…)、個人的に気になったところはありましたが、アート作品のような大胆な色使いやカタチはとても素敵だなぁと思いました。
(このデザインを受け入れた巣鴨信金さんも素敵です!)

軒下空間にはちょこっと座って休めるスペースもあったりして、その心遣いに好感が持てました。

こんな銀行だったら思わず口座を作りたくなっちゃいますよね~。