きず補修

投稿日:2014年03月17日

こんにちは。

施工管理の菅谷です。

 

日々生活をしていると気が付かないうちに増えるもの、小じわ・白髪・ため息・・・ではなく

住まいのキズ

しょうがない・気にしない・あきらめようとお思いの方が大多数だと思いますが

結構きれいになおるんです。

 

DSC07401敷居の角が欠けてしまっています。

 

 

 

DSC07405

 

色を調合したパテで補修。

 

 

 

DSC07409けずって形をととのえたら筆で木目をつける。

 

 

 

DSC07413なんということでしょう~(ビフォーアフター風)

 

 

 

この技術にはいつ見ても感心させられます。

 

フローリング・木枠・白木・家具などの木製補修は当然ですが、

アルミサッシ・ステンレスなどの金属補修、ユニットバスなどのFRP補修、

人工大理石などの石材補修、タイル・ホーローなど様々な製品の補修等々

直すことが可能なものは沢山あります。

今まで無理だとあきらめていた方、ぜひご相談ください。

 

 

 

大分仕上がりました!

投稿日:2014年03月16日

こんにちは!
現場の田邉です(^○^)

先日、ご紹介した配管更新工事を行わせていただいている現場が
大分仕上がってきました!!

ジャン!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャジャン!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、床にコルクタイル、天井・壁にはシラスの左官塗り和紙クロス
自然素材を提案させていただきました。
窓がなく、湿気やにおいが籠りがちなマンションの洗面所やトイレにも、調湿・消臭機能が
ある自然素材がおススメです。

もう一度言います。

 

水廻りにも自然素材がおススメです\(◎o◎)/!

 

また、デザインのある建具や吊戸・オシャレなクロスと意匠性にもこだわってます!!

あっでも、その辺については私よりも設計の高橋にお聞き下さい<m(__)m>
かなり語ってくれると思いますよ(笑)

完成したらまたご紹介しますね。
ではまた。

桧の吊戸

投稿日:2014年03月15日

桧吊戸

こんにちは、高橋です。

写真は板橋区中台のY様のお住まい、トイレの吊戸です。
箱組みも扉もヒノキの板材で作りました。
なので、桧の心地よい香りがプ~ンと漂ってきます。
扉の溝加工もいい感じですよね!(自画自賛!)

吊戸などの家具は合板などの材料で作ると、どうしても箱の内部の化学物質臭(主にホルムアルデヒド)が気になります。
もちろん基準は満たしてはいるのですが、小さいお子様やお年寄りがいらっしゃるお住まいではちょっと心配…。
なので造り付け家具を作る場合には、お客様の暮らしぶりや使い勝手をお話させていただいて上で、出来るだけ無垢の材料を利用するようにしています。

リフォーム後のご訪問

投稿日:2014年03月11日

こんにちは、高橋です。

昨年末にお引渡しさせていただいた板橋区のU様のお住まい、
引渡しの時はこんな感じだったのですが…
U様リフォーム前

今週末、二期工事(トイレの改修)のお打合せでお伺いさせていただくと、
このようになっていました。
U様リフォーム後

「外国では、住まいの改装は出来る限り自分で楽しみながらゆっくりとやるのよね~。」とおっしゃる通り、U様もご自分で家具のレイアウトやコーディネート、飾りつけをいろいろと工夫していて、なんとも居心地のよいU様らしいお住まいに変身していました。

私たちは、お引渡しの時に喜んでいただくこと以上に、お住まいになってからのこと(日々心地よく、お客様らしく暮らしていただけるように…)を大切に考えています。

なので、こんな素敵に住まわれているのを見ると、ものすご~くうれしいんですよね…。

秋には3期工事(洗面所、浴室の改修)のお話もいただいているので、それまでじっくりとプランを練りたいと思っています。

がんばります。

配管の更新工事です。

投稿日:2014年03月10日

こんにちは!!
現場の田邉です。
今回はマジメなお話<m(__)m> でも大事なお話\(◎o◎)/!

まずはこちら↓↓↓ 洗面所の床を剥がした状況の写真です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、浴室、トイレ、化粧台の交換とそれに付随する内装工事を行っているのですが、
配管の更新工事も合わせてやらせていただいています。

20年以上前の建物ですと、
水は鉄管
お湯は銅管
が一般的に使われていました。
当然金属ですので、時間が経つとさびたりして腐食してきます。

↓↓↓真ん中で腐食しているのが鉄管です↓↓↓
P1130389 (800x600)

このまま放置しておくと最悪は漏水の原因にもなるので、水廻りの機器を交換する際に
配管の更新も行うことをおススメしています。

更新後の様子がこちら↓↓↓
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青い管が水、オレンジの管がお湯になっています。
材質はポリエチレンという樹脂の管で鉄管や銅管のように腐食することはありません。

また、一昨年にLDKの工事をさせていただいた際に
キッチンの配管を更新できるよう下準備をしていたので
今回の工事ですべての水廻りの配管更新工事を行うことができました。

間取りにもよりますが、エリアごとの工事でも配管の更新工事は可能なんですよ。
・・・あまり提案する業者さんはいないと思いますが・・・

見えないところこそ大事!!
といつも思っている田邉でしたぁ。
ではまた。

夢二ブーム

投稿日:2014年03月07日

夢二

こんにちは、高橋です。

個人的な話ですが、最近「夢二」がマイブームです!
竹久夢二の壁紙です。

例えばメーカーの柄物だと何か物足りなさを感じるし、ウィリアムモリスなどの輸入物は「洋」な主張が激しいものが多く、室内がこってりと洋風に仕上がってしまいます。
夢二の壁紙は和柄なんだけど、モダンなので(和モダンということですね…)、自然素材で仕上げた空間によく馴染み、それでいて品よく十分にアクセントにもなるデザインだと思います。

写真、左は板橋区のU様のお住まいで使う豆をモチーフにした壁紙、右は板橋区のY様のお住まいで使う洋梨をモチーフにしている壁紙。
どちらのお住まいも壁面のアクセントとして「夢二」をご提案し、お2人とも気に入っていただいて採用することになりました。

2種類の「夢二」による空間、出来上がったらまたご紹介しますね…。