猫のよろこぶ部屋

投稿日:2016年04月30日

こんにちは。中野です☆

ゴールデンウィーク、
毎年結構暑くなる気がしますが
今年も東京はいいお天気ですね^^

休日、自宅で愛猫を観察していると
気持ち良いのか
窓際で新緑と風の匂いを嗅ぎながら
日がな一日うたた寝していました^^

IMG_0193

わが家のお猫さま・12歳・こう見えて女の子です♀

三白眼ですけど、女の子です♀

 

IMG_1176

ドロボウ猫のかぶりものをさせてみたら、
案外まんざらでもない様子(^_^)

 

前回の後上のブログにもありましたが、
わが家の愛猫は、保護猫です。

生まれてすぐに、保健所に運び込まれ、
そこから保護団体によって救い出され、
ボランティアの人の手でミルクを与えられ、
それから縁あって、わが家にやってきました。

**************************************
猫を飼っているものとしては
住まいは猫のための工夫をしたい!と思うのが親心☆

狭い賃貸マンション住まいながら、
私が愛猫のためにしていることは・・・。

・出窓のある部屋を選んで住んでいる。
・キャットタワーを置いている。
・ソファーやベッド、棚が猫道になるように置いている。
(キャットウォーク風)
・いつでも運動会ができるよう常にドアを開けている。
(猫は夜中に走り出すんで♪)
こんな感じです☆

いつか、
大きなキャットタワーやキャットツリー、
キャットォークをのある住まいに住ませてあげたいものです。


☆☆★キャットウォークのあるお部屋★☆☆

水工房の施工事例 ♪

IMG_5249IMG_5200023

 

この所想うこと・・・

投稿日:2016年04月28日

こんばんは。後上です。

長ら~く投稿から遠ざかっていました。

えぇ、えぇ、サボっていた訳ですよ。

久しぶりのブログ。

ココ数日の、
まるで示し合わせたかのように
起きた出来事について想うこと。

何事も無かったかのように、
ひっそり投稿いたします。。。

***************************

・・・間もなく完工を控えていらっしゃるM様。

そして、2008年に初めてのお手伝い、
先日久しぶりにお声を掛けて下さったY様。

共通の話題は・・・『保護犬』・『保護猫』です。

***************************

M様は、工事でお世話になっている期間中、
保護犬の里親になられました。

私も先日この『わんこ』にご挨拶を済ませましたが、
人懐こく、気立ても良く、
すっかりリフォーム後の新居にも慣れていました。

***************************

Y様は、職場でも『猫部長』と呼ばれるほど。

職場近くで頻繁に捨てられる猫たちを保護、
里親を探してお世話をなさっていらっしゃいます。

ご自宅には犬1匹(保護犬)に、猫3匹。

新参者の子猫は、
やはり職場近くで保護した1匹。

過去に何頭も飼って来られたY様に、
『怪物くん』と呼ばせる暴れん坊(でも ♀)です。

***************************

そんなY様と何気ない会話の中、
『後上さん、“ 殺処分 0運動 ”って知ってる?』
と聞かれました。

・・・保健所に引き取られた犬・猫は、
いずれ殺処分の運命を辿ります。

これは日本に住む大多数の人が知る周知の事実。

年々減少こそしていますが、
現在も犬・猫合わせて10万頭超が処分されています。

『可哀想だな~』と思いつつ、
随分前から私も知っている事実。

が。

教えてもらった『殺処分 0 運動』のお話。
既に一部の自治体では、
『処分0』の目標を達成しているとのこと。

***************************

このお話、そしてM様・Y様の
お顔を思い出しては想うこと。。。

それは、私が『見てみないようにしていた』と言う事。

この運動のお話を聞いた時、
私は自分でも思いがけず驚いてしまいました。

嬉しい出来事ではありますが・・・
あえて恥を忍んで言えば、
『何万単位が “0” になんて出来るのか?』と。
『そんな事が可能なのか?』と思ったんですね。

これは裏を返せば、
ただ可哀想と思うだけで、
何も知らない・知ろうとしない・何もしないと言う事。

***************************

よくよく考えたら、
処分されていることが周知の事実で当たり前って・・・
全て人間の都合で消える命にも関わらずおかしな話です。

そしてその事が当たり前になっている自分、
心のどこかで『仕方ないこと』と見ないようにしていた自分、
M様やY様と、ただの動物好きの程度でお話していた自分に、
恥ずかしさと恐ろしさを感じました。

自分が出来ることを・出来る範囲で。

まさにM様やY様は、
ただ『可哀想だよね』では終わらせず、
自ら出来ることを、
出来る範囲でなさっていらっしゃいました。

***************************

この事をきっかけに、
こんな理不尽を当たり前にしないドイツの取り組み、
日本のペット(生体)販売やペットブームについての問題、
浅くではありますが諸々を知るきっかけとなりました。

腹を立てることすらしなくなり、
当たり前のことと受け入れてしまっていたら・・・

何よりそれが一番恐ろしいこと。

こんな時にも・・・
諦めずに『いつかは』と思い取り組む方たちがいらっしゃる。

すぐに『里親』とまでは行かないまでも、
募金やボランティアなど、
ささやかでも出来ることから。

その点では、
先ずは震災で被災された方への『出来ること』から。

***************************

やっぱり・・・

大切なことはお客様に教えていただく。

そんな後上でした。(゚∀゚)

slide13

 

 

 

 

『そうじゃろ、そうじゃろ~』

壁・床を作ります♪

投稿日:2016年04月23日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさまこんばんは
ソノダです。

現在工事させて頂いている足立区のB様邸
主寝室の木工事が始まりました☆(≧∀≦*)ノ

いつも、気づくと終わってしまっている木工事・・・
今回こそは!と行ってまいりました♪

********************************************

こちらのB様邸、戸建てではありますが、
木造ではないため、床の下にマンションなどで使用する
置き床を敷いていきます。

置き床指示ボルト

 

 

置き床とは、防振ゴムのついた支持脚でパネルを
支える仕上げ構造をいいます。

 

 

 

システム根太と呼ばれる根太に支持ボルトをセッティングしていきます。

システム根太

 

ソノダは、全部手でセットしていくのかと思っておりまして、
大変だな…と思っていたのですが…(´ー`A;)

インパクトでうぃ~ん
とあっと言う間にセッティング完了!∑(*´◯`ノ)ノ

 

 

ちなみに、壁を先に立てているのは、床鳴りしないように。
床鳴りとは・・・歩くと床がギシギシ・キイキイ音がなることです。

 

レベル調整

 

レーザーでレベル(水平)を確認しながら、セットしていきます。

 

 

 

 

 

DSC08443

 

脚がセッティングできたら、
合板を敷いていきます。

 

 

 

 

ここで、ソノダはまた退散・・・(T_T)

きっと、次回行った時には壁床が出来上がっていることでしょう。。。

という事で、また次回ご案内したいと思います!☆(≧∀≦*)ノ

この工事の投稿一覧はこちら

最後は経験がものをいう「墨だし」

投稿日:2016年04月21日

墨だしは、ハイテクな道具を大量投入!

今回は「墨だし」についての投稿です。

どんな作業か、ざっくり言てしまうと、
設計された図面を、実際の現場にあてはめて
「しるし」を書き込んで「位置決め」していく作業です。

これをひとつ間違えると
すべての位置が狂ってしまうので、
とても慎重に行います。

ではそのようすを、ちょっと覗いてみましょう。

おおよそ、図面にあわせて
鉛筆などでしるしをしていきます。

sumidashi01

…と思ったら、
ふだんの暮らしでは、まず見ることのないであろう、
いろんな道具が続々と登場して、活躍しています!

suichoku sumitsubo-now

上は垂直を測る「下げ振り」。
左の弾丸のようなカタチの重りを
上部から糸で垂らすことで、
垂直を測ることができます。

その下は「墨つぼ」で、
墨のついた糸をびよ~んと伸ばして、
「パチンっ」と弾くと、
長い直線のしるしが付けられます。

そして、今回の目玉がこちら。

r2d2

この「R2-D2」のようなもの、
実は「レーザー墨だし器」といいます。

どんな感じで使うかというと…
この「R2-D2」から、
水平・垂直のラインで、
赤いレーザー光線が出ます。

そうすると、遠く離れた
部屋全体の壁の水平・垂直のラインが
一発で出る、というとても便利なものです。

見えにくくてすみません、白い矢印の先の赤いラインが、照射された赤いレーザーです。

見えにくくてすみません、白い矢印の先の赤いラインが、照射された赤いレーザーです。

それでも最後は、経験が頼りに。

ハイテク機器を大量投入する「墨だし」ですが、
どんなに正確に採寸しても、
床や壁、建物自体がゆがんでいたり、
取り除くことができない思わぬ障害物があったり…。

特にリフォーム工事では、経年による影響で、
図面どおりにはいかないことが結構あります。

そういうときは、やはり職人さんの経験がものをいいます。

水工房の工事現場をみると、
そんな職人さんの神業の連発であることが、
最近、ようやくわかってきました。

今後は、そのあたりを少しずつでも、
工事ブログのほうでご紹介していきたいと思います。
それではまた!

 

戸建てリフォームの主寝室工事を開始!

投稿日:2016年04月20日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は、戸建て全面リフォームの
主寝室工事のようすをご報告します。

この工事は住みながらのリフォームで、
生活の場を、部屋ごとに順々に移していただきつつ、
空いた部屋から順々にリフォーム工事を
行わせていただいています。

ちなみに今回ご紹介するのは、
前回の子供部屋工事(一期工事)に続いての、
二期工事になります。

解体工事終了!

このお部屋はもともと畳のある和室でしたが、
リフォーム後はフローリング床の洋室になります。
4月20日にお伺いしたときは、
すでに内装の解体工事が終わっていました。

Befor:和室でした。

Befor:和室でした。

工事途中:解体後のようす(4月20日)

工事途中:解体後のようす(4月20日)。ブルーシートの先は、一期工事が終わった子供部屋。

順調に進行しています。
どんな寝室になるのか、
今から完成が楽しみです!

この工事の投稿一覧はこちら

仮住まいアレコレ☆

投稿日:2016年04月17日

こんにちは~、中野です。
リフォーム工事に関わる気がかりなことの一つに
「工事中は、仮住まいをしないといけないの?」
ということがあります。

仮住まい先や荷物整理などへのご面倒から、
「リフォームはやりたいんだけど・・・」と
予定を先延ばしにされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

というわけで今回は、
「仮住まい」についてお話ししたいと思います☆
************************************

さて、ご実家やご親族が近くにあって
頼れればいいかもしれませんが
なかなか、そうは問屋がおろしませんよね。

では、短期間とはいえ、どこに「仮住まい」するか?
◆◇ホテル◇◆

「工事中の4~5日だけ」といった
大きなお荷物移動の必要がない超短期間の場合、

hotel  住みながらでも大丈夫だけど
ストレスだから…と感じる方は
ホテル暮らしもアリではないでしょうか?


◆◇マンスリーマンション◇◆

単身やご夫婦のみといった方、
リフォームを機に家具家電も一新して、
すべて買い換えようと思われている方は
マンスリーマンションを選ぶといいかもしれません。

ご存知の通り、マンスリーマンションは
家具家電が一通り揃っている上に、光熱費も含まれています。
インターネットも使用料を支払えば利用できます。

一般の賃貸マンションに比べ、賃料は割高ではありますが、
なんといっても身体一つで、
水道電気などの使用手続きの必要もなく、
即日生活ができるというのが魅力です。

狭いのが難点…かもしれませんが
短期間、そのような暮らしも面白い!
と楽しめる方であればおススメです。

荷物が入りきらない場合は、
合わせてトランクルームや貸コンテナ等を利用することになります。

◆◇賃貸アパート・マンション・借家◇◆
お子様のいらっしゃるご家族、
お荷物の多い方、ペットがいる…などの方は、
短期貸し可能な賃貸物件への「仮住まい」がいいかと思います。

ご家族構成(人数)、荷物の量に応じて
適切な「仮住まい先」を選べます。
★★★★★

私がおススメするのは「URの短期貸し」です♪
都市再生機構(Urban Renaissance Agency)の略称「UR」。
いわゆる「公団」ですね☆

・礼金と敷金は不要。
・保証人も不要。
・仲介手数料無料。
・最短2週間から家賃と光熱費のみで賃貸可能。

仮住まい探し UR仮住まいコンシェルジェ http://www.karizumai-ws.com/

なんと。
「仮住まい」のためにあるような好条件です(笑)

総費用も一番おさえられるかと思います。
★★★★★

戸建がいい、ペットがいる、
子どもの学区や通勤事情、
今借りている駐車場の近くで…など
もっともご希望に近い「仮住まい」物件を探すとなると…、

短期貸し可能な一般賃貸物件を探すことになります。

・礼金と敷金(いまは礼金・敷金ゼロも多くありますね)
・保証人(または保証料)
・仲介手数料
・火災保険料

などなどが必要になります。

とはいえ、短期貸し可能な物件量は限られていますので
自力で探そうにも難攻してしまわれるかもしれませんね。

きっと、ここで面倒になってしまうのでは・・と思われます^^;

安心してください^^

水工房では、「仮住まい先探し」のご相談を
絶賛承ります!!

お客様に代わって
私、中野がお手伝いします☆

「短期貸し」専門に紹介してくれる業者さんの紹介もできますヨ☆
************************************

ちなみに・・・・。

当然ではありますが、
「仮住まい」は、どんなリフォームでも必要なわけではありません。
たとえば、リビングと水廻り(バスルーム・洗面・トイレ)
といった部分リフォームであれば、
「住みながらのリフォーム」が可能です。
工事規模、お客様のライフスタイル、
ご予算面などを考慮しながら、
柔軟に個別のご提案をさせて頂いております^^

また
「住みながらのリフォーム」の場合でも、
当社では、日常生活にご迷惑にならないよう
お客様との関係・コミュニケーションを蜜にし、
ストレスの軽減に努めております。

************************************

まずはお気軽に相談くださいませ(#^.^#)
仮住まいアレコレでした~m(__)m

板橋店の看板が設置されました!

投稿日:2016年04月16日

こんにちは、小島です!

 
水工房が板橋へ引っ越して来て早9か月。
先日、新しく看板が設置されました!
なぜ今更かと申しますと・・・

 
それまで窓に社名のカッティングシートを貼っていたのですが、
やっぱり看板があった方がお客様も見つけやすいよね!
ということで設置することになりました。

 
そのデザインを私が任されまして、
ここ数か月奮闘しておりましたが・・・

 

IMG_0497

 

 

 

 

 

 

 

 

できあがりはこんな感じ!

シンプルに、ロゴと社名でまとめました。
これなら遠くからでも水工房だとわかるはず!
さてさて、この看板がどんな感じで設置されたのかというと・・・

 

IMG_0071

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは枠を土台に取り付けます。

特注でつくってもらった取り付け金具を、
ビスを貫通させて止めていました。

 

IMG_0070

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板のプリント部分は、このような「押し縁」を使って固定します。
サッシに窓ガラスを挟み込むようなイメージと言ったらわかりやすいですかね?
IMG_0072

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで固定していきます。もうすぐ完成~わくわく(^^♪
IMG_0078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたく完成です☆遠くからでも目立ちますね!

サイズ感は最後まで悩んだ部分なのですが、
なかなかちょうど良い大きさになったのでは・・・(自画自賛?笑)
看板のデザインは初めてだったのでドキドキしましたが、
これもまた空間デザインのひとつなので、
やらせていただいてとても良い経験になりました!
ではでは小島でした~(^^♪

床下配管工事が終わりました!

投稿日:2016年04月16日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさまこんにちは。政所です。
ついに、足立区マンションY邸の
床下配管工事が完了しました!

床下配管工事完了のようす

Befor:4月13日。

Befor:4月13日。

After:4月16日。

After:4月16日。

水工房のクオリティ

漏水事故などを防ぐために、
高い技術や豊富な経験が必要なことは、
先の投稿でお伝えしましたが、
細かい部品レベルでも、
さらに事故を防ぐ二重・三重の防止策を
徹底していました。

たとえば、配管の分岐部分では…

Befor(施工前):もともと入っていた分岐のパーツは、熱で溶かして接合したものでした。

Befor(施工前):もともと入っていた分岐のパーツは、熱で溶かして接合したものでした。

After(施工後):分岐のパーツは、がっちりした頑丈なタイプに変更。

After(施工後):分岐のパーツは、がっちりした頑丈なタイプに変更。

After(施工後):ガス管などと交わる部分に緩衝材で保護するのはもちろんですが…

After(施工後):ガス管などと交わる部分に緩衝材で保護するのはもちろんですが…

After(施工後):分岐のパーツは、がっちりした頑丈なタイプに変更。

After(施工後):金物などと交わる部分にも、緩衝材でしっかりと保護。

よく見てみると、いろんなところでグレードアップ。
これは、水まわりの工事を長年手がけてきた
水工房ならではのクオリティです。

漏水などの事故を未然に防ぐ知恵や工夫が
至るところで見られた現場でした☆

この工事の投稿一覧はこちら

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

和室から洋室に

投稿日:2016年04月15日

みなさまこんにちは
ソノダです。

本日は、和室の畳からフローリングへの
お取替え工事をご紹介☆

和室からフローリング

 

 

 

 

 

 

 

畳とキレイなグリーンの塗り壁で仕上げられている和室でしたが、
お客様のご希望により、フローリングへ交換のご依頼。

真壁の和室、久しぶりに拝見させて頂きました!(*>∇<)ノ

最近中々お目にかかれない、純和室。
ちょっともったいない気も致しましたが・・・(*´>д<)

でも、キレイに仕上がりました!

 

じゃ~ん!

DSC08350

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったくもって、Before・Afterになるようなアングルの写真がなく・・・(´ー`A;)
ご案内しづらいのですが・・・(*´>д<)

押入れは、クローゼットに。
壁は、合板を増し貼りして壁紙を貼りました~

明るく素敵な洋室に仕上がりました♪

和室を洋室にしようかな・・・
とお考えの方、ご相談くださ~い!+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚

 

今時のドアホンです!

投稿日:2016年04月14日

みなさまこんばんは
ソノダです。

暖かくなったり、寒くなったり・・・
朝、何着ていいか分からない毎日ですが、
いかがお過ごしですか?

さて、本日は、ドアホンのご紹介です♪
なぜドアホン?

それは、先日お客様の代わりにお調べしていて、
ソノダがびっくりしたからです。☆(≧∀≦*)ノ(笑)

最近のドアホンって、すごいんですよ!!

と言うわけで、ご紹介。

*************************************

ソノダがご対応させて頂いたお客様は、
戸建てを二世帯でご使用。
玄関は1つ。

インターホンが1つしかないので、
2階でも対応できるようにとご希望。

2階でも画面を見て対応したいとのお話し。
大型の画面を2台設置するには有線でしか対応
できないので、ハンディで対応。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、
モニターが付いている部分を「モニター親機」
外についている呼び鈴?を「玄関子機」と言います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、お探ししていて見つけたドアホン。

じゃ~ん
ドアホン_パナソニック

 

 

 

 

 

 

※画像は、パナソニックさんからお借りしてきました。

大型画面のタッチパネルです。

いやいや、別に。。。って感じですね。(笑)

ドアホン_パナソニック

 

 

 

 

 

 

 

お家の中で、どこでも対応できます。

まだまだ。。。ですね。

ドアホン_パナソニク2

 

 

 

 

 

ソノダが驚いたのは、こちら↑
スマートホンでも対応可能なんですって!!∑(*´◯`ノ)ノ

なんでもスマートホンでどうにかなってしまう
世の中になってまいりましたね。(´ー`A;)

************************************
東京で1人暮らしを始めた頃、
ぴんぽ~んって鳴ると、画面でお客さんを
確認できるだけでもすごいと思っていたのに。。。

メーカーさんはどんどんいろんなことを
考えているんですね。。。∑(*´◯`ノ)ノ

こちらのドアホン、別売のカメラを設置すると
気になる場所も確認できるそうです。

最近いろいろ物騒ですので、
防犯対策としていかがでしょうか?ヽ(≧∀≦)ノ

本日は、ソノダが個人的に気になったドアホンのご紹介でした~!

お取替えをご検討の方は、ご相談下さい♪