読売新聞に水工房の事例が掲載されました!

投稿日:2016年08月30日

こんにちは、政所です。

8月21日(日)読売新聞朝刊で、
水工房のリフォーム事例が紹介されました。
全国900社が加盟しているリフォームポータルサイトの中で
浴室リフォーム事例として水工房が選ばれました。

20160821yomiuri

掲載された事例は、
「リフォームで延ばそう!住まいの健康寿命」というテーマで、
住まいの中でも傷みが早めに来てしまう
「水まわり」の例として挙げられています。

水工房では水まわりをリフォームした事例が多数あります。
>>こちらをご覧下さい<<

もし水まわりで不安に思われる部分があったら、
現場調査を無料で行っておりますので、
ぜひ、お気軽にご相談くださいませ!

 

 

狭いスペースでも立体的に考え上手く利用した技ありな子供部屋

投稿日:2016年08月30日

Y様邸事例1

 

Y様邸事例2

左の写真の裏側です・・・

河北です。

6畳もない決められた空間でも二部屋居室をつくれます!!

>>>この事例の詳細はこちら<<<

色々な環境変化に伴い、今あるお部屋に中にもう一つ子供部屋を作りたい!という方もおいでるかと思います。

写真のような方法でお答えできるかもしれません。

平面的ではなく立体的に考え、ベッドを二台横に並べるのではなく縦に二台置き、デッドスペースををうまく活用しました。

このように創意工夫し、いろんなご要望にお答えできるよう頑張ってまいります。

 

現場も終え、引渡ししましてお客様に喜んでいただき、更に・・・・・

投稿日:2016年08月29日

河北です。IMG_2683

今日は思ったより台風の影響もなかったので、
カッパを着て出社致しました。

先日、内装がメインの現場が終わり、
お客様に引渡ししましたところ大変喜んで頂き、さらに
頂き物まで頂戴しました。

数ある業者の中から水工房を選んで頂き、
さらにご協力も頂き、無事現場を終えて引渡しさせて頂き
「ありがとうございます。」
と思っていた上に、頂きものまで頂戴しまして・・・感動しました。

もっともっと仕事を覚えて、喜んで頂けるよう、
頑張ろうと再確認しました。

押し入れ・クローゼットの収納のコツ。

投稿日:2016年08月28日

こんばんは、小島です!

突然ですが、皆さんクローゼットや押し入れの収納はどうしていますか?
最近、収納のご相談をいただくことが多くあります。

「押し入れの収納が深すぎて使いづらい!」
「納戸があるのはいいけどどう整理していいかわからない・・・」

など、収納を有効的に使うことって難しいですよね。

 

ちょっとの工夫でぐっと使いやすく。

 

そんなときこんなふうにスケッチを描いて収納の使い方をご提案することがあります。

収納提案

これは、奥行きが深い物入れを、外形は変えずに使いやすくするご提案です。
ポイントは、奥行きを前後で分けて使うこと。

奥行きのある収納でやってしまいがちなことが、
奥にあるものを取り出そうとしたら、
手前のものが無造作に放り込まれていて取り出せない!
ってことですよね。

それを回避するためのご提案として・・・

①奥にカラーボックスなどを並べて、普段はあまり出し入れしないものを整理して入れる。
②手前は日常的に使うものを、かごなどに入れて出し入れしやすく。

前後を分けて使うことで、ものの定位置が生まれて整理しやすくなります。

下の段は、こんな押し入れ用の収納キャビネットをおすすめしたり。

収納キャビネット

 

 

 

 

 

 

 

 
こんな感じで、最小限のリフォームで最大限使いやすく!なプランをご提案したりしています。
リフォームやさんなのに、ネット通販の商品をおすすめするのもどうなの!?
という複雑な思いもあったりしますが・・・(笑)
★★★★

 

メーカーの収納ユニットに頼るのも手

 

ここからは、少しリフォームやさんらしい話をします(笑)

ウォークインクローゼットについて。
広ーいウォークインは女性なら誰しも憧れますよね。

でも広いからこそ、上手に整理しないとあっという間にすごい状態に・・・
最近、各メーカーからクローゼット向けのこんな商品が出ています。

収納ユニット

こちらは、ダイケンの収納ユニット「リラクロ」という商品です。

棚板、ハンガーパイプ、引き出しなどを好きなように組み合わせられるユニットです。
うまく活用することが難しいコーナー部分も無駄なく使うことができます。

 

 

 

 

こういう施工例を見るだけでも、大分イメージがわいてくるんじゃないでしょうか。
あとは、自分のお荷物と照らし合わせて・・・

それが実は一番難しい作業かもしれないですね。
自分の荷物をすべて把握している人はなかなかいないと思います。

そういった収納のお悩みがありましたら、
客観的な目で判断したうえで改善案をご提案いたします。
リフォームを期に、お荷物も整理して新規一転できると思いますよ!

ではでは小島でした~(^^♪

スイス漆喰講習会に行って来ました。

投稿日:2016年08月27日

こんにちは 半田です。

先日、八幡工業さんへスイス漆喰の講習会&実習に行ってきました。

 

看板も左官仕上げ(かき落とし)で出来ていて、

さすが左官職人さんの会社!!

DSC_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

水工房でも自然素材にこだわりのあるお客様に様々な漆喰をご提案してきましたが、

室内の天井・壁にスイス漆喰を使いたいとのご要望があり、左官仕事のほんの一部ですが、

体験学習できる講習会に参加してきました。

 

漆喰と言ってもたくさん種類があり、それぞれ採取される国や場所によって性質や純度が違います。

今回受講しましたスイス漆喰は、アルプス山脈で取れる石灰岩を原料にできていて、

天然100%の純度の高い漆喰です。

キャプチャ

特徴として

①強いアルカリ性

②アルカリ性による自浄作用(強いアルカリ性による還元作用で有機汚れが漂白される)

③汚れにくい(静電気が起きにくい)

④紫外線劣化しない(天然100%)

⑤メンテナンス性に優れている

⑥日本の気候風土に適している(スイスの気候と似ている)

⑦日本の建築物に適している(固く強い)

などなど  良い所取りの万能仕上げ材ではないでしょうか。

価格は少々お高めですが・・・・・・

 

DSC_0011

 

午前中の講習

DSC_0033                      午後の実習

経過を撮影したかったのですが、実際塗始めたら、手に漆喰が付いてしまって写真を撮る事が出来ませんでした。

 

DSC_0035

 

 

1㎡程 私が塗った壁ですが、

白い材料なので写真では表情がわかりませんね。

 



 

DSC_0010

 

表情と言えば、プロが製作すると様々な造形や

仕上がりがあり感動しました。

下の写真は、煉瓦・切り株です。

DSC_0008

 

講習を受けて、左官職人さんの技術でどんな物でも製作可能なのだと、改めて感心感動を頂いた1日でした。

おいしい野草茶をいただいて健康生活気分♪

投稿日:2016年08月26日

皆様

こんにちは。

 

不健康生活を続けているのが、

日に日に見た目に反映されている青木です。

 

不健康な青木を不憫に思ったお客様より、

『命草』という野草茶をいただきました。

IMG_0293

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお茶には、エビス草、ハトムギ、クマ笹、クコ葉、

エゾウコギ、ドクダミ、バンザクロ、玄米、スギナ、紅花・・・

などたくさんの野草が入っているのです。

 

お客様のところで飲んだところ、

すごく飲みやすくおいしかったのです。

 

お客様の御厚意で飲み始めましたが、

体の毒素が出ていく気がしてはまっています。

 

天然素材を使った健康的な住宅へのリフォームをしている水工房の

スタッフでありますので、健康には気を付けようとお客様に気付かされた出来事でした。

 

 

会社で残業をしていたら、おいしいお土産をいただきました。

投稿日:2016年08月25日

皆さま

こんにちは。水工房の青木です。

 

弊社の代表の青木から、『今日は仕事帰りに食事でもどうか』と誘われました。

すごくお腹が減っていたのですが、『まだ仕事があるので』と格好つけてしまい、

断ってしまいました。

なんで素直に『行きます!』と言えないのでしょうか。

もうちょっと素直になりたいななんて後悔をしながら仕事をしていると、

 

IMG_0304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時近くになったところでおいしそうなお土産が届きました!

そんなささやかな喜び があった月末の一日でした。

お土産を持ってきてくれた方々に感謝です。

どうもありがとうございます。

 

 

 

個人的にほっこりしたもの

投稿日:2016年08月25日

こんにちは、小島です!

今日は久々に1日中晴れて、暑いですが夏らしく気持ちの良い日でした。
そんな中、個人的にほっこりするものを見つけました。

とんぼです。

駐車場に車を取りに行ったところ、ぽつんといたのです。
こんな感じで。(苦手な方もいると思うので画像は小さめ・・・)

IMG_0990

 

 

 

 

 

 

だからどうってわけでもないのですが、
なんだかすごく久しぶりに見た気がします。
東京にいるとなかなか出会えないですよね。

しかも真っ青。赤とんぼなら秋になるとたまに見かけますが・・・
調べたところ、オオシオカラトンボという種類みたいです。

静岡の田舎で育った私は、子供のころはトンボやバッタなど追いかけまわしていたのですけど、
東京に住む子供はなかなかそんな経験もできないのかな~と。

虫が増えてほしいわけではないですが、
東京にももっと緑が増えたらいいなあと思った日でした。

完全なるひとりごとですみません・・・(笑)

 
ではでは小島でした~(^^♪

内装工事スタート、フローリングの剥がし作業は本当に大変なんです。

投稿日:2016年08月24日

 

施工管理の菅谷です。

この間まで工事をさせていただいておりました足立区B様の別の建物の

内装工事がスタートしました。

既存の遮音床材を剥がし、新しい床フローリングに張り替えるのですが

躯体にシンダーコンクリート、そこに床材を専用のウレタン系接着剤で

直接張る直貼り工法となります。

ウレタン系接着剤は接着力が非常に強力で、特にコンクリート面に強いのですが

それが仇となり、剥がす時には非常に厄介な存在となります。

 

P8270027P8270016

 

.固まった接着剤などを残さず剥がさないと新しく張るフローリングが

きれいに仕上がりませんのでバールやスクレーパーを使い、

地道に剥がし作業をするほかありません。

満足いく仕上がりの為に手を抜かず頑張ってくれる大工さんに感謝です。

 

 

 

 

 

質問されて『はっ!』とした。照明器具の事・・・

投稿日:2016年08月20日

こんばんは。後上です。

今日は『照明器具』のお話し。(‘ω’)ノ
ざっくりと・・・LEDのダウンライトについて。

******************************

先日、当社スタッフの小島から、
照明器具について質問を受けました。

彼女が現在担当しているお客様。
18帖弱の大きなリビング、
照明計画についての相談でした。。。

******************************

『どんなお客様なの?』
『日ごろ、どんな感じでリビングで過ごしてるの?』

リビングの照明計画。。。

各ご家庭、リビングは多目的に利用する場所ですので、
様々な用途に対応できるだけの照明計画が必要になります。

******************************

数年前、大変お世話になった、
70代女性・一人暮らしのお客様。

設計の意向で、
室内で計画された照明器具は全て『電球色』。
オレンジ色の光が、室内を温かみある印象に照らします。

が!!

ご入居後の間もなく、
『新聞の字が見えない!!』
『毎日夕暮れみたい!!』

・・・とのお電話。

このお客様は、
頻繁にダイニングテーブルで
読み物・書き物なさっていらっしゃいました。

慌ててお伺いし、
滞在時間の長いダイニングテーブル直上のランプについて、
全て『昼白色』にお取替えしました。

意匠を優先させた結果の、
恥ずかしい・・・思い出です。

******************************

たかがランプ。されどランプ。


2
34

 

 

 

 

 

 

上はランプ色の違いから、
室内がどの様な印象で見えるか?の写真です。

向かって左から『電球色』・『温白色』・『昼白色』、
同じ木目のしつらえも、大きく印象が異なります。。。

真ん中の『温白色』は余り聞きなれないかもしれません。

素材の色が余り変化せず、
自然な色のイメージ・・・との事。

各社呼称が異なったり、
全ての製造機種にこのランプが選択できる訳ではありませんが、
電球色ではちょっと明るさが足りない・・・
と感じる時はお奨めです。

******************************

リビングのお話で言えば、この『多目的な部屋』は、
一体どんなランプにしたら良いのか・・・

と、便利なモノがあるのです。

1

 

☜ まさに、欲張りなあなたにおすすめ。

3色をお好みで調色ができるのです。

スイッチを『パチン!』で切り替わる。

おぉ~。
これで悩まずに済む!

 

 

更に・・・これで満足してはいけません・・・

5

 

 

 

 

 

明るさも1%~100%まで、
ダイヤルをひねってお好みで調整いただけます。

書き物・読み物の時も・・・
のんびりDVDを観る時も・・・

リビングでの様々なシーンも、
これでストレスなくお過ごしいただけます。

******************************

かれこれ6年前。

LEDのダウンライトが出回り始めたころ・・・
何の取り立てた機能もないランプが、
当時1台1万以上の価格で販売されていました。

今や定価でも3千円を切る価格。
ましてやこんな機能まで出て来ちゃって・・・

******************************

入社間もない頃、
馴染みのお客様から
『電球切れちゃったから取り替えて!』
なんてお電話を頂いたりしていました。

寿命10年のLEDが主流となり、
そんな事も無くなるのでしょうか・・・

ちょっと寂しくも感じますが、
省エネ・便利なLEDで、
ランプの色で悩むこともなくなりそうです。(*´з`)