床の下地が出来上がりました!~文京区 マンションリフォームI 様邸~

投稿日:2016年10月31日

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。dsc_0029
今回は文京区マンションI様邸の
リフォーム工事進捗状況をご報告します。

先日はユニットバスの工事の様子をお届けしましたが、
実はその脇で、大工の工藤さんが、
着々と床の下地を組み上げていました…。

防音効果もある置き床工法です。

防音効果もある置き床工法です。

そして、ついに…

床下地が完成しました!

img_6473

 

床の下地がきっちりと完成しました。
お部屋が広いので圧巻ですね!

そして見上げれば、天井組もはじまっていました。

img_6403

 

 

 

 

 

 

骨組みになる垂木も搬入済み。準備万端です!

骨組みになる垂木も搬入済み。準備万端です!

 

 

 

 

 

 

 

 

次はフローリング、石膏ボード貼りなどの工事が続きます。。

それではまた追って、
進捗をご報告します!

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら

新建材が続々登場!~ジャパンホームショー2016に行ってきました~色柄編

投稿日:2016年10月30日

みなさんこんにちは、政所です。多彩な和風壁紙

今回は、前回に引き続き、住宅を構成する建材のメーカーさんたちが
一堂に介するジャパンホームショー2016の様子をお届けします。

今回は、カーテンや壁紙、カーペットなど、
表に出てくる色柄の新製品情報をお届けします☆

和の柄が大盛況です!

ちょっと前までは、リフォームといえば
和室を洋間に(畳⇒フローリングに)、という
ご要望が多かったのですが、ここ最近では、
「和室はそのまま残したい」というご希望も増えております。

テレビ番組や雑誌などでも、
日本の良さを見直す企画を多く目にします…☆

そんな流れでしょうか、各建材メーカーさんでも、
数年前までは数えるほどしかなかった和の色柄のラインアップ(しかも料亭や旅館向けのような豪華な柄ばかりだったり…)が、
今やメイン商品になろうかといういうほどの勢いです!

では、早速見てみましょう…

続きを読む>> 新建材が続々登場!~ジャパンホームショー2016に行ってきました~色柄編

新建材が続々登場!~ジャパンホームショー2016に行ってきました~耐震リフォーム編

投稿日:2016年10月29日

みなさんこんにちは、政所です。ジャパンホームショー

今回は、住宅を構成する建材のメーカーさんたちが
一堂に介するジャパンホームショー2016に行ってきましたので、
その様子を数回にわたってお届けします。

どのメーカーさんも気合を入れて、
新商品をアピールするイベントです☆

続きを読む>> 新建材が続々登場!~ジャパンホームショー2016に行ってきました~耐震リフォーム編

壁を作りはじめました!~板橋区戸建てリフォームY様邸

投稿日:2016年10月27日

板橋区戸建てリフォームY様邸の工事進捗一覧はこちら

こんにちは、政所です。
今回は板橋区戸建てリフォームの
Y様邸の工事現場の様子をお届けします!

先日防音の床下地をつくり終えて、
メープルの無垢板材を貼ったところまでお知らせした
Y様邸リフォーム工事。

今回は壁を作り、シラスの左官材を塗るための
下地造りを開始しました!

 

Y様邸の木工事を担当しているのは、
大工の池田さん。

若いのに(失礼!)熟達した技術を持ち、
そのうえ礼儀やマナーもとてもきっちりされていて、
社内からも問屋さんからも、もちろんお客様からも、
とにかく大人気の職人さんです☆

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

 

早速、現場の状況です。

img_6361

壁が着々と立ち上がりはじめています。

 

壁の石膏ボードも、どんどん貼られています。

壁の石膏ボードも、どんどん貼られています。

ここでちょっと余談です。
先日菅谷現場監督から
「防音床」の工事(床下地材)のお話をお届けしていましたが、
その端材が現場にありましたので、参考写真をパチリ☆

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

こんな感じでALCの上に貼られています。

表面上はグレーのゴム板のような感じですが…

 

裏側は防音素材が付いています。

裏側にはクッション性のある防音素材が付いています。

 

厚さを測ると2cm弱。ブ厚い!

厚さを測ると2cmほど。…ブ厚い!

 

 

実際に施工した床の断面は、こちらです。

img_6320

下から上に向かって順に、白いブロック状の物がALC>その上に合板>さらに防音パネル>仕上げのメープルの無垢板材です!

ALCの上に合板が貼られ、その上に
これだけしっかりした防音下地。
さらにその上には無垢板材が貼られますので、
とてもしっかりした防音床になります!

早く次の工程を見てみたいのですが、
しっかり、ていねいに作業を進めています。
もうしばしお待ち下さい!

それではまたご報告します!

板橋区戸建てリフォームY様邸の工事進捗一覧はこちら

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

壁紙以外にもこんな壁はいかがでしょうか?【シラス壁】

投稿日:2016年10月26日

こんにちは、河北です。img_5615

今回は、先日見学会を開催させていただきました、
板橋区サンシティM様邸の
リフォーム工事で施工しました「シラス壁」について
ご紹介したいと思います。

「シラス」といっても、既にご存知のこととは思いますが、
ここで改めて、ご紹介したいと思います。

シラスはマグマが岩石となる前に粉末となった物質であり、
養分を持たない「原始的な土」といえます。

続きを読む>> 壁紙以外にもこんな壁はいかがでしょうか?【シラス壁】

新築校舎にて

投稿日:2016年10月25日

こんにちは、村上です。

子供ネタ連投です。

先日、息子の幼稚園で運動会がありました。

息子にとっては初めての運動会なので、とても楽しかったようです。

img_0291

 

 

 

 

 

 

 

さて話は少しそれますが、写真の運動会をしている校舎は私の母校でもあり、

つい最近建て直したばかりの新築中学校です。

前の校舎は昭和8年に建築されたものでした。私の頃にはすでにボロボロで、

エアコンも無く、夏場は校舎横のプールからの蒸発した熱気が教室内に充満していました。

数年前まで、他人事ながら耐震工事はしないのかな?と思っていましたら新築とは!!でした。

images

運動会後のお片付けで校舎内に入りましたが、最近の学校はすごいですね(@_@;)

室内の床は全てフローリングでした!!

メーカーさんによれば無垢材を提案しているところもありますから、ここも無垢のフローリングかしら、、、

仕事柄で違う新築校舎の工事中に入ったこともありますが、そこは小学校で自動ドア・エレベーターがありました。

top-image

ここもあるのかしら?キョロキョロ(;一_一)

 

こちらの工事、解体から竣工まで約3年から4年掛っていると思います。

一般住宅ですと、新築は3か月ほどから。

リフォームですと長くても1~2か月ほどと考えると、ずいぶん長い期間になります。

息子が通う予定の小学校ですが、こちらも耐震工事はしないのかな?と思っていましたら、

建替えのお知らせが、、、、

在学中の4年弱はプレハブ校舎ですかね。不憫(~_~;)

しかし、ものは考えようです。旧校舎・プレハブ校舎・新校舎と「一度で三度おいしい」という考えも。

ふと思いました、

新築に限らず、リフォームも同じかもしれません。

新しくなるドキドキ感もあれば、以前の趣や思い出を残しながら綺麗にしたりと

「一度で何度でもおいしくなる」 そんなご提案をしていこうと、

子供が走っている新校舎を見つつ思いました。

アルミ製ドアで採風・採光を実現する商品は?

投稿日:2016年10月24日

こんばんは。後上です。

お陰様で、先日のマンションリフォーム内覧会は大盛況のうちに終了。

ご来場のお客様にはお礼申し上げますとともに、
何より開催機会を下さったM様に、
深く深く、心から感謝申し上げる次第です。。。

みなさま有難うございました。 _(._.)_

*****************************

この度お世話になりました、
M様お住まいでの計画について、
担当者(後上)目線でのポイントは・・・

2箇所お取付しました【スライディングドア】です。 (‘ω’)ノ

スッキリとした外観にこだわられたM様。
諸々ご提案はしておりましたが、
今回使用した【 YKK 製 ドア 】は、
M様からご提案いただいた物でした。

*****************************

そう。あの【 YKK 】です。

サッシ・エクステリア商材を扱う会社らしく、
室内ドアについても、
アルミ素材を上手く活かした商品が目に留まります。

廊下を間仕切るドア 光の漏れ方が美しいドア

 

 

 

 

 

 

 

↑  リビングとホールを仕切る引き戸

 

洗面室を分割して脱衣室に ドアは軽く開けられます

 

 

 

←  脱衣室 パーテーションドア

 

 

 

 

 

いずれも重さを感じさせないよう、
開口枠を付けず、天井吊・壁内に滑り込む『引込み納まり』としました。

*****************************

ご採用いただいた製品以外にも、

あったらいいな・・・
ありそうでこんなの無かったな・・・

と思う、YKK製 の 機能性ドアをご紹介。

 

【 通風ドア  】

通風ドアの例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑  ドアに入った縦型のスリット。

羽が回転して、風を取り入れます。
扉を閉めたままでも、
設置した室内に風を取り込み換気が可能に。

*****************************

換気のできるドア

 

←  こちらは『ランマドア』

コレ、ありそうで無いな~と思うドアの一つ。

マンションにお住いのお客様は、
換気が気になるのか、
何かとドアを開けっぱなしに
されている方が多いように思います。

開かずの扉、年頃のお子さんが使う
『子供部屋』などにいかがでしょうか?

閉めておきたいお子さんと、
開けて換気したいお母様・・・

これで喧嘩せずに済むかな?

 

 

 

 

 

 

*****************************

【 採光・採風ドア 】

光と風を取り入れるドア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ アルミの強度を活かして、大採光を実現します。

どうしても採光部分が小さく、
外周フレームが太く・大きくなってしまい、
“ ゴツイ ” 印象になりかねない『室内間仕切り戸』も、
スマートな印象に。

上げ下げで開口させる事ができ、
採風も兼ね備えます。

*****************************

空間を仕切るだけの扉で済ませず、
採風や採光も実現したい・・・

そんな時にはお奨めの商品です。

一点物の造作ドアから、
メーカー各社、
特性を知った上での既製品ドアのご提案まで。

ご予算・設置個所に合わせて、
喜ばれる適材をお届けしたいと思います。 (‘ω’)ノ

ではでは。

洗面室のリフォームを計画する前に・・・

投稿日:2016年10月24日

こんばんは。後上です。
早いもので10月も残すところあと僅か。

目まぐるしい毎日に、
昨日の晩ごはんも思い出せなくなる時が。 (;゚Д゚)

いかん、いかんと思いつつ、
お陰様で今年も忙しい秋を過ごさせていただいております。

*************************

さて、今日は『洗面室』について。

かねてより『たかが(?)洗面室、されど洗面室』と思っております。

トイレやお風呂に比べて、
どこか『ついでに洗面所もリフォームして・・・』などと、
少しだけ優先順位が低く見られがちな洗面室。(勝手な思い込みでしょうか・・・)

*************************

洗面室には、トイレや浴室以上に、
実は要求される点が結構多いものです。

清掃性,見た目の美しさはもちろん、
あなどれないのが『収納』。
タオルに洗剤、こまごました身づくろいの物まで。
時には化粧品などを片付けるドレッサーの役目まで。

限られた空間ではありますが、
各ご家庭、苦心する所が多いのではないでしょうか。

*************************

【 機能性重視で短工期 : 既製品を利用する 】

メーカー各社が用意する『既製品』を計画いただく場合、
一番のメリットは“ 機能性 ” と 短くて済む “ 工期 ” にあると言えます。

実機をショールームで確認頂ける事や、
収納ユニットも豊富ですので、
お好みに合わせて商品選びも容易です。

洗面台の交換例交換の場合、
基本的には設置可能なサイズで商品を検討。

● 開き戸 → 引き出し付き
● 1面鏡 → 3面鏡収納

これだけでも随分と使い勝手が変わってきますね。

洗面の選び方1 洗面の選び方2

 

 

 

 

 

 

 

 

設置可能なスペースに、
商品を上手に無駄なく配置していきます。

主流の60cm・75cm幅の物から、1mを超える大型商品まで、
サイズは幅広く展開されています。

化粧台本体をピッタリサイズとしても良いですが、
60cm(本体)+15cm(サイドキャビネット)=75cm幅  等、
寸法が合えば、組み合わせは自由です。

マンション設置例左 マンション設置例右

 

← マンション設置例。

幅 90cm+15cm=1050cm 総間口

奥行は45cmとスリムですが、
大きな樹脂製ボウルで、
使い勝手は十分です。

 

 

*************************

【 素材・意匠にこだわり : 化粧台を造作する 】

●  ホテルのような洗面室にしたい
●  物を置けるよう、カウンター部分が広い洗面器にしたいなどをリクエストされる方は、
造作で洗面化粧台をお造りする事をお薦め致します。
既製品では実現しにくい洗面のタイプと言えば『アンダーカウンター』 式。
カウンターに洗面器を組み込むタイプの総称です。
ボウル形状の違い

 

更に詳しくは・・・
ボウル形状に合わせて様々となります。
見ようによっては
少し『一昔前』に感じますが、
ベッセル型などは、
既製品にはない印象を与えます。

洗面造作例

ボウル・カウンター・水栓金具・化粧鏡・・・

造作でお造りする場合、
構成する全てを1点ずつお選びいただき、
組合せて参ります。間接照明や壁面にタイルをあしらって、
他にない洗面空間を実現できるのが魅力ですね。 (*´з`) ♥♥

*************************

【 既製品をちょっと変わった雰囲気で 】

最後に、既製品の機能性を活かしつつ、
造作でお造りした様な事例をご紹介。

洗面化粧台例2ボウルまわり

洗面本体は既製品で、
あえて間口より小さめの商品を設置し、
サイドにはタイルでカウンターを造作。下部は洗面台とお色を合わせたオープン収納に。
お手持ちのごみ箱サイズにぴったり合わせました。
壁掛けの洗面例
こちらは電気温水器(向かって左)で
限られたスペースに、
壁掛けタイプの洗面器を設置。背面の壁には水はね防止に、
ツルツルのキッチンパネルを貼りました。
*************************

 

いかがでしょうか。

ご相談いただく多くのケースとして、
洗面室という場所は、
決して満足の行く広さではないようです。

限られた空間ではありますが、
お客様が何を一番にお考えになるか?
案外ライフスタイルが最も現れる空間かもしれません。

これからご計画のお客様に・・・
ご参考になれば幸いです。

ではでは。

文京区マンションリフォームI様邸進捗一覧

投稿日:2016年10月24日

築47年のマンションを快適な住まいへとリフォーム中です。

※打ち合わせ時のイメージCG

築年数の進んだマンションが
こんなに快適に変わります ⇒

・窓を高断熱タイプに変えてぽかぽかの室内に
・間取りを使い勝手のよく変更
・水まわりを新しくして清潔で機能的に

2016/11/30

配線工事をしました

pb300031

2016/11/25

壁紙を貼りました

pb250020

2016/11/18

壁・天井の下地を平らにするパテ処理をしました

pb180122

2016/11/11

石膏ボードを貼りました

img_7008

2016/11/08

エアコンの先行配管が無事終了しました

pb070056

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/31

床の下地が出来上がりました!

dsc_0029

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/24

ユニットバスを設置しました!

img_6154

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/15

窓を「カバー工法」で高断熱タイプに変更しました。

img_5550

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/14

解体工事が終わり、配管工事が始まりました!

img_5208

この工事の詳細はこちら>>

 

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

ユニットバスを設置しました!~文京区 マンションリフォームI 様邸~

投稿日:2016年10月24日

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は文京区マンションI様邸の
リフォーム工事進捗状況をご報告します。

 

ユニットバスの設置工事をしました!

今回はユニットバスの設置工事をしましたので、
その一部始終をお伝えします!

ユニットバスは一回納まってしまうと、
表荷出ている面だけしか見ることが出来ませんので、
なかなか見られないかもしれません。。

それでは早速、工事開始です!

 

文京区I様邸のマンションは、1968年築。
今から48年前に竣工した建物です。

タイルやブロック壁など、当時ならではの建材が使われていますが、
これらは必要以上には壊さず、一部を残しながら施工をしています。

ユニットバスの部分もこれに該当していまして、
浴室のタイル壁は壊さなくても十分なスペースが取れるため、
強度を検証のうえ、一面は残したまま工事を進めています。

 

浴槽を設置します。

浴槽を設置します。

柱を立てます。

壁の裏側にある配管をつなげておきます。

壁の裏側にある配管をつなげておきます。

壁の裏の配管が完了。

壁の裏の配管が完了。

柱にあわせて壁をはめます。

出入りするドア枠もつけます。

水平・垂直をみながら壁を固定します。

水平・垂直をみながら壁を固定します。

梁欠き部分も含め、天井を載せて固定します。

梁欠き部分も含め、天井を載せて固定します。

水平・垂直をみながら天井を固定します。

水平・垂直をみながら天井を固定します。換気扇など電気まわりも設置します。

img_6053

表に出てくる水栓金物や鏡などを取り付けます。

[/wc_column][wc_column size=”one-third” position=”last”]

仕上げにコーキングを打ちます。

仕上げにコーキングを打ちます。

養生をして完成です!

これでようやく完成です!
掛かった時間は丸一日でした。

ユニットバスを構成する各部品は
思ったよりもコンパクトに設計されていて、
マンションのエレベーターが狭かったり、
玄関や通路が狭くても搬入に問題ないように作られています。

また、ユニットバスだけ入れ替える場合でも、
狭い出入り口周辺の壁を壊すことなく、
入れ替えができるように
部品は細かく分かれていました。

 

意外と簡素な印象を受けましたが、いやいや、
ここにたどりつくまで、メーカーの技術者があらゆる技術を駆使して、
また長年の試行錯誤を繰り返して、
ようやくここまでコンパクトに効率良く
リフォームできるようになったそうです。

しかも「魔法瓶浴槽」をはじめとした高い断熱性能や
水はけの良い「からり床」、ごみを取り出しやすい排水口など、
過去の浴室とは比較にならないほどの、

さまざまな優れた機能がぎっしり凝縮して詰め込まれているのです!

それではまた追って、
進捗をご報告します!

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら