エコカラットのタイル工事が完了しました!~豊島区マンションY様邸リフォーム

投稿日:2016年11月18日

こんにちは、小島です!

先日、豊島区高田のマンションにてタイル工事がありました。
ユニットバス交換、クローゼット改造や建具交換、
壁紙張替など様々な工事が行われている現場なのですが、
タイルは玄関の壁面に貼りました!

場所は、玄関ドアを開けた目の前に見える壁。
最初に目に付くところなので、
せっかくならただの白い壁じゃなくてタイルで素敵に。

ということでプランさせていただきました。

使用したのは、LIXIL(以前のINAX)の人気商品の
エコカラットです。

エコカラットとは?

エコカラットは、ただのタイルではありません。
「調湿・消臭」により、空気を心地よくしてくれる効果があります。エコカラット機能説明

タイルの表面に無数にできた小さな孔が、

湿気やにおいを吸ってくれるのです。

そんな優秀なエコカラットですが、
魅力はそういった効果だけでなく、
多様なデザイン性にもあります。

エコカラットの事例こちらもエコカラットの事例です
こんな淡い色のエコカラットもあります 女性らしいデザインのエコカラット

最近は形だけじゃなく、色もカラフルなものが
選べるようになってきたんですよ~(^^♪

いろいろある中で今回選んだのはこちらです。↓↓

モダンな印象のエコカラット

縦ラインの模様に見えますが、ひとつひとつ凹凸があり、
くっきりと影ができることでストライプ柄になっています。
これを、ベーシックな正方形のものと組み合わせました。

エコカラット図面

仕上がりのイメージはこんな感じです。
これをいよいよ貼っていきます!

エコカラットを貼る場所は玄関!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、丁寧に寸法を取ってフレームを固定していきます。

 

エコカラット施工中

そしてその中に接着剤をならしていき、
端からタイルを貼っていきます。
エコカラットは基本的に目地をつくらないので、
タイル同士をぴったりとくっつけて施工していきます。

そしてあっという間に完成!

エコカラット設置後

貼る作業よりも、タイルがきれいに納まるように
フレームを固定していく作業の方が時間がかかるんだそうです。

 

恐るべし職人さんの知恵

そして今回の何よりのポイントは・・・
ここっ!

エコカラット施工後細部

ちょっとわかりづらいでしょうか?

エコカラットのフレーム拡大

ここなんです!

微妙に、フレームに段差ができているのがわかりますか?

これはタイル職人の大崎さんのアイデアで、
あえて段差をつけています。

実は、縦ラインが入ったタイルと無地のタイルは
厚みが微妙に違います。

そのため、同じ厚みのフレームを回してしまうと、
厚みがある方のタイル(縦ラインの方)の部分は
フレームが隠れてしまうのです。

そこで、その部分だけ厚みの違うフレームを使うことで、
正面から見た時の見え方が均等になるように
調整していただきました。

正面から見ると、縦ラインのタイル部分のフレームも
ほんとに均等に見えています。

これぞ、長年の経験を誇る職人さんの知恵・・・。
感動してしまいました。

一生懸命デザインを考えたつもりでしたが、
やっぱり知らないことや思いつきもしないことが
たくさんあるんだなあ~と実感した工事でした。
★★★★
今回はいつもに増してマニアックな
内容になってしまいましたが、(笑)
今後もそんな情報をお届けしていきたいと思います!

おまけ☆

壁紙を剥がした後

クロス工事のための下地処理をしていた壁が
なんだか芸術的だったので撮ってみました!
ではでは小島でした~(^^♪