平田タイルショールームに行ってきました。

投稿日:2017年11月04日

 

こんにちは、小島です!

先日、平田タイルのショールームに
お客様をご案内しました!

_DSC0193

平田タイルは、主に輸入タイルを扱っていて、
東京では中野坂上にショールームを構えています。
壁にも床にも、一面にタイルが展示されています・・・!

平田タイルの特徴は、おしゃれで一風変わったタイルが
多いことでしょうか。

カタログの写真も素敵でいつも見とれてしまうのですが、
やはりショールームで本物を見ると違いますね!

 

IMG_4555

こちらは、今回ご採用いただいたモザイクタイル。
ひし形で3色という凝ったデザインです。
私の写真ですといまいち魅力が伝わりませんが・・・

image4

実際のイメージはこんな感じです。
特徴的ですが、茶系の色味なのでとっても上品。
今回はトイレのアクセントとして使用します!

 
IMG_4563

こちらは洗面室にご採用いただいたタイル。
これも私の写真では魅力が伝わらない・・・(´;ω;`)

グレースイメージ

ほんとは、こんな風にゆらゆらツヤツヤとして
水面のように美しいのです。

 
他にもすてきなタイルがさまざまございますが、
今回は洗面器をご紹介!

aquapia

え?タイルのショールームなのに洗面器?
と思うかもしれませんが、
こちらも平田タイルが取り扱っています。

世界各国のデザイン性に富んだ洗面器が
展示されていました。

IMG_4575

こちらは脚付きの洗面器!
ボウルの形こそはいたってシンプルですが、
脚をつけることで遊び心が加わりますね。

IMG_4572

こちらはモダンな形の置き型の洗面ボウル。
コーディネートしたペンダントライトもかわいいっ!

 

IMG_4574

こんなシェル型の愛らしいボウルもありましたよ。
乙女心をくすぐりますね~。

 
★★★★★

 
遊び心溢れるタイルや洗面器のある平田タイルショールーム、
見に行かれてみてはいかがでしょうか。
ご予約なしでも見学OKですので、お気軽にどうぞ!

 
ではでは小島でした~(^^♪

 

北区志茂 H様邸改修工事 完了しました。

投稿日:2017年11月03日

こんにちは、半田です。

北区志茂 H様邸LDK・浴室改修工事が、給排水管工事・床工事を経て完了しました。

親子2代に渡って工事のご依頼を頂いているお客様で、

今回は息子さんご夫妻の依頼です。

お父様所有の賃貸物件だったのですが、息子さんがご結婚されたタイミングで、

借主さんが退去されたのを期に、新婚さんに住まいを提供して

後を引き継いでもらう事にされました。

息子さんご夫妻のご要望は、リビング・ダイニング・キッチンの壁を無くして

自分たち仕様にリフォームしたいとご相談を頂きました。

    

キッチンは対面をご希望で、窓位置や収納を設置する壁の方向を考慮して

ご提案させて頂きました。

 

 

以前から、この家の改修工事をお任せ頂いていた事もあり、

浴室がとても気になっていたので、浴室のリフォームもお奨めしました。

         

1116サイズのハーフユニットバス 窓枠が木で腐食している状態でした。

  

1216サイズにサイズUPして、上の窓を活かして、下の窓は塞ぎ鏡を付けました。

 

今回採用商品  オールLIXIL製品

キッチン シエラ I 型 W1950 プラス 食器収納棚・家電収納

浴室   リノビオV 1216サイズ

床材   ハーモニアス12

カラーコーディネートは奥様主体でお決め頂き、とてもセンス良く仕上がりました。

お客様も予想以上の仕上がりに大満足されています。

現場を担当してくれた、職人さん監督に感謝です。

 

 

外壁タイルを防水する外装リフォーム

投稿日:2017年10月28日

こんばんは。後上です。

やっとこ晴れまして・・・って、
また台風かぁ~い!!

もうここまで来ると怒りを通り越して笑ってしまいます。
10日近くの雨天&台風。

外装リフォームの現場をお陰様で2ヶ所お預かりするものの、
全く進みません・・・  (T_T)

が。ようやく晴れた27日。
ここぞとばかりに職人さんらが頑張ってくれました。

でもやっぱりまだ終わらないけど・・・

****************************

ようやく着手した工程、【外壁タイル 防水塗料】についてご紹介。

前回に続きご紹介する【K様邸】。
2階・3階はALCパネルにタイル貼り。
このタイル、果たしてメンテナンスは必要か?

RIMG0665 (800x800)

本来外装で使用されるタイルは、
耐久性にも優れているので、
塗装仕上げの外装に比べて、
メンテナンスサイクルは長期となります。
が。

長期に渡れば、紫外線や振動により、
表面には汚染物が付き、
タイルその物の浮きや最悪の場合には剥落、
タイル表面・目地セメントのひび割れから漏水の原因になる事もあります。

あからさまにタイルが部分的に欠損している建物などを見かけると、
落下したタイルが通行の方々にケガでもさせやしないかと、
恐ろしく思う事もあります。

結論。メンテナンスが必要なんですね。

****************************

では、どうやってメンテナンスを行うのか?

修繕の目的は二つ。
●  防水・・・タイル表面や目地のひび割れから漏水させない ⇒ 防水
●  保護・・・未来に向けて、タイルが再び浮いても落下させない ⇒ 落下防止

タイルにシート状の物を覆い被せ、
保護と模様替えを兼ねた外装材も存在しますが、
相対的に費用はかなり高額となります。
何よりせっかくのタイル仕上げが失われてしまう・・・

そんな時、
私たちがご提案するのが【アクリル樹脂透明塗膜 = セブンS】です。

****************************

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この塗料は施工時白濁した(イメージは木工ボンド?)やや固めの液状ですが、
乾燥するとほぼ完全な透明に。
タイル仕上げの美観を損ねません。

また侮れないのが【建物への振動】
建物自体が揺れてしまい、塗膜が破れてしまっては、
漏水原因の解決にはなりません。

この【セブンS】は、完成した塗膜が肉厚でありながら、
伸縮性にも優れているので、
多少の振動でも塗膜が切れる事がありません。( ※ 追従性が良い )

****************************

こちらの【K様邸】でもセブンSをご提案、
ご採用いただきました。

割愛しますが、
塗装前には全てのタイルの浮きを検査。
怪しいタイルは全て部分貼り替えを行い、
加えて痩せてしまったタイル目地も再充填。

タイルのコンディションをしっかり整えて・・・

****************************

12

↑ 実際の施工の様子 ↑

長年当社に協力下さっている塗装の秋本さん。
貴重な晴れ間を逃すものかと、
私のちょっかいや冷やかしにも目もくれず、
せっせと塗装中・・・

さておき、
うっすら白濁した塗装面、お分かりになりますでしょうか。

3RIMG3147 (800x800)
ステキ ❤❤❤

このべっとり感が、
この先数十年にわたってタイルを保護します・・・

****************************

この1工程だけでもこのこってり感。

加えてこのセブンSは、
下地から数えると何と最低でも『5工程』(状況により6工程)となります。

デリケートな材料でもあり、
塗装面がしっかり乾燥していないと、
のちのち『膨れ』などの不具合を引き起こします。

雨天の翌日は、
よほど気温が上がってくれないと、
建物が乾燥しない為、すぐには塗れないのです。(>_<)

****************************

塗って、塗って、塗って・・・ 5回。

材料自体も確かに高価ではありますが、
それだけの手間を掛けることで、
冒頭お伝えした【防水】と【保護】の目的を叶えます。

他のお客様でもご採用いただき、
完成の様子を目の当たりにしていますが・・・

まるで厚手の透明ビニールでラップされたようにしっかり保護され、
お日様に当たってキラキラ光る様子を見ると・・・
『これで大丈夫』と言う安心感とともに、
何とも言えない感慨がこみ上げます・・・

あぁ・・・

現在施工中のK様邸でも、
その日が来るのはもうすぐ・・・

頼む!晴れてくれ!!

まだ少し工程を残しているだけに、
強く願う、貴重な晴れの1日でした・・・・

水工房のプチハロウィン☆

投稿日:2017年10月28日

こんにちは! 中野です。

雨の印象しかない10月も残すところあと3日…。

まもなく月末、31日はハロウィンですね!

いまやすっかり定番となったハロウィン。
クリスマス同様、本来の宗教的な意味とは無関係に
純粋にイベントとして楽しんでしまう、
日本人ってフレキシブルな国民性なのでしょうかね?

ってことで、
水工房のお店でもチョットだけハロウィンを楽しもうと
TORIさんとKAERUさんに魔女帽子を作ってかぶせてみましたヽ(^。^)ノ

色画用紙で作った、ぬいぐるみの簡単コスプレです♪

halloween_torikaeru

KAERUさんは、ジュリー(勝手にしやがれ)風に被せてみました♪

※そう言って通じたのは、店長の後上(ごがみ)と、半田(はんだ)の2人だけ…(^_^;)

TORIさんとKAERUさんは、
リクシルPATTOリフォームの公式オリジナルキャラクターです。

⇒ 「TORI・KAERU」ゆるキャラグランプリ参戦!

ただ今、ゆるキャラグランプリ参戦中!
企業・その他部門 477エントリー中、現在76位です☆
投票は11月10日までとなっております。
どうぞ清き一票を♪

このTORIさんとKAERUさんは、小さなお子様連れでのご来店の際に、
けっこう人気なんですよ~(^^)

次はクリスマスコスプレしているかもしれません!?

ぜひご来店の折には、店内におりますTORI・KAERUを探してみてくださいませ♪

板橋区マンションH様邸スケルトンリフォーム工事 進行状況定点撮影

投稿日:2017年10月27日

こんにちは、半田です。

板橋区マンションHサマテイ全面改修工事の進捗です!

① ⇒ 板橋区 マンションH様邸 全面改修工事始まりました!! 半田

② ⇒ 板橋区 マンションH様邸 配管工事・下地工事 河北

 

板橋区マンションH様邸のお部屋の一壁を定点で解体から仕上げまでを撮影してみました。

IMG_4209   RIMG2890

解体前                    解体後

 

RIMG3230  IMG_0548

下地組                   セルローズ断熱施工後

IMG_0696    IMG_0775

下地合板張り後                クロス貼り後

IMG_0798   造作家具(オーディオ機器・蔵書収納)

搬入取付後

いつもは、前中後位の撮影ですが、今回は断熱工事や造作家具取付等がありましたので、

工程順に同じアングルで撮影を初めて試みました。

また機会がありましたら、一点で変化して行く様子を写真撮影しようと思います。

北区志茂 H様邸改修工事 進行中です。

投稿日:2017年10月24日

施工管理の菅谷です。

北区志茂 H様邸 進捗報告です。

鉄骨ALC2階建て、2階部分の改修工事で以前からお世話になっているお客様です。

IMG_0712

木造の既存床、浴室、キッチンなどを解体撤去

PA160012

設備の山田さんと新たなキッチンの位置を打合せし墨出し。

PA170003PA200055

それに合わせてお湯水排水配管、食器洗い乾燥機用専用電気配線、ガス配管を新設、

浴室ではお湯水排水配管、追い焚き配管を新設。

PA190039

キッチンレンジフード用のダクト配管を新設。

PA190044

大工の工藤さんが床仕上がりレベルを確認しながら置床を施工。

PA230094

ユニットバスが無事に組立完了し、

PA210085

ユニットバスの排水配管を接続し

PA230090

床下地工事完了しました。

これから仕上げ作業に入り、フローリング貼りをしてシステムキッチン組立を迎えます。

次回仕上がり報告をいたします。

 

 

 

 

外装リフォーム 荒天で困った・・・

投稿日:2017年10月22日

こんばんは。後上です。

すっかりご無沙汰してしまい・・・

と、言いますのも、
現在わたくしが担当させて頂いております工事、
何と外装リフォームが殆ど。

しかも・・・

10月13日以降、
この秋の長雨で全く工事が進みません・・・(T_T)
既に10日ほど止まったまま・・・

発狂しそうです。

********************

RIMG2457 (800x800) RIMG0665 (800x800)
足立区のK様邸。
3階建ての鉄骨造のお住まい。

足場もカッコよく決まったのに・・・

********************

2・3階部分はALCパネルにタイル貼り。
幕板から下の1階部分は【石目調のシート貼り】です。

一見すると本物の石が貼ってあるかの様ですが、
実は厚み4mmほどのシート状、外装材です。

キャプチャ

 

IMG_1503 (800x600) IMG_1506 (800x600)
主に商業施設などの大型建築物、
タイル貼り外装の落下防止も兼ねた、
改修工事などに使われている材料です。

何がなんだか・・・な説明ですが。

要は、タイル貼りの大型建物、
経年から外壁に貼ってあるタイルが落下して事故にならないよう、
通常は落下しそうなタイルを部分的に貼り替えて補修するのですが、
この材料を上から貼ってしまい、
落下を防ぎつつ、メンテナンス・リニューアルしよう!・・・と言った材料。

********************

こちらのK様宅では、
ご新築時に既にこのシートが貼られており、
このシート自体も、漏水こそないものの経年で・・・

RIMG0633 (800x800)

 

 

 

 

←  紫外線と雨水で、
表面は退色し、サメ肌の様になっていました。

 

 

 

 

さて・・・これをどうするか?

剥すことも出来るのですが、
何分がっちりと外壁下地のALCパネルに接着されている事もあり、
今回は既存シートに【上貼り】と言う選択としました。

ガレージ内部や戸境で日照が少ない面などは劣化も軽微、
この様な面はコンディションも悪くない事から、
専用の保護塗料でコーティング。

********************

私自身、初めて扱う材料でもあり、
緊張と楽しみが混在した気分でしたが・・・

いよいよ本工程に入ろうかと言うタイミングで・・・
この長雨ですよ。(T_T)

火曜日以降は台風一過で晴天模様。

上部のタイル面の保護塗装と兼ねて、
工事再開の見込みです。

どんな施工・仕上がりになるのか・・・

続きはまたブログでご報告いたします。

ではでは。(‘ω’)ノ

寒い季節

投稿日:2017年10月21日

皆様

 

こんにちは、小柳です。

 

最近は、急激に寒くなり台風が来週には上陸する予定とのこと。

もう、嫌になってしまいますね 笑

 

寒くなってきたこの季節に、よく故障してしまう物があります。

この季節に欠かせない給湯器です。

 

通常、メーカーからは、大体10年前後が交換目安と公表されていますが、

10年待たないうちに壊れたり、

私が担当したお客様では、20年経っても現役で動いてる給湯器もありました。

 

冬は、寒い分給湯器自体の稼働率が通常より上がりますので、

長年使っていたものが急に動かなくなったりというのは、よくお問い合わせいただきます。

 

もし、10年以上お使いで交換をご検討されていたら、是非壊れる前にご相談下さい。

今の給湯器は、とても環境に良い”エコジョーズ”という商品がございます。

排気熱を利用してお湯を作るので、従来型より環境に優しく、何よりランニングコストが良いので、

約10年ほどご使用いただければ商品代の元が取れるほどです。

実際の商品がこちらです。

 

IMG_3064

特徴としては、ドレン排水という、エアコンの室外機からでる水が給湯器下部から出ますので、

雨樋に繋げたりします。

文章で見ると施工が大変そうに見えますが、意外と簡単です。

エコジョーズは従来の白色ではなく、メタリック調の色ですので、外壁の色と調和して外観を損ねません。

 

もし、交換をご希望でしたら、お気軽に水工房までお問い合わせ下さい!!

S様邸 漏水補修工事

投稿日:2017年10月20日

こんにちは村上です。

S様邸 漏水補修工事のご報告です。

 

築42年 RC造 3階建てになります。

お客様は新規のお客様ですが、お客様の妹様からのご紹介でした。

何十年も前に弊社が工事をさせて頂いたにも関わらず、

覚えていて下さり、またご紹介をして頂き、誠に有難う御座います。

 

さて、まず漏水調査に私と水道職人の山田とお伺いをお致しました。

漏水箇所はは3階の洗面台です。

そして階下の2階の天井に漏れていました。

IMG_2878 IMG_2982

わずかですが、シミの跡があります。

酷い時は、壁伝いに水が垂れてくるそうです。

幸いなことに、手前にダウンライトがありましたので、

そこから天井の内部にカメラを入れ撮影。

IMG_2881

水のシミの跡が天井の下地などに、、、

 

ですが、問題の漏水箇所が給水なのか排水なのかは、

まだわかりません。

手前の太い管が排水、

奥の細い管が給水です。

この配管の上に、3階の洗面台があります。

 

 

*******************************************

お客様も漏水が確認できてから、給水の大本のバルブも使用時のみ開けて水を使っていたとの事です。

また、3階の流し台や洗濯機も極力使用しないようにしていたとの事です。

とても不安だったと思います。

心中ご察し致します。

*******************************************

 

 

■漏水調査開始です。

まず、私たちはバルブを開け、水漏れ箇所を再度観察を致しました。

そして、時間をあけてから3階の洗濯機を回し排水をしました。

 

2時間後に漏水箇所が発見できました。

IMG_2911

先ほどの写真と同じ角度で、2時間後に撮影いたしました。

配管の下に水のシミが出来ました。

角度的に判断し、給水配管からの水漏れと断定できました。

 

 

■補修工事。

水漏れ箇所が特定できたので、

然るべき位置に天井点検口を設置し、そこから配管の補修を行う段取りです。

 

IMG_2985 IMG_2989 IMG_3023

大工さんに点検口を設置してもらいました。

 

ここから水道工事です。

IMG_2992 IMG_2993 IMG_2997

■問題発生

しかし困ったことが起きました。

実際の漏水個所は、給水管で間違いがないのですが、

3階の床下に露出した配管部分ではありませんでした。

3階の床(スラブ)のコンクリートの中で水漏れがおきておりました。

 

 

給水管は写真の位置から3階の床下で3階の壁の中に入って立ち上がっています。

本格的に手直し(給水管を隠蔽配管)をするとなると、3階の床や壁のコンクリートを大きく斫る必要が出てきます。

そうすると、構造の配筋などの躯体に大きなダメージを与えてしまいます。

適切に補強し、手直しは可能ですがそこそこの大きな工事となります。

また、費用も掛かってきます。

 

このことをお客様へお伝えをし、また代替案のご提示も致しました。

費用や工法などを、工事店の都合で選ぶことは出来ません。

お客様にご納得して頂く必要があります。

 

 

■代替案にて補修

代替案は床の開口を最小限にし、流し台廻りの配管を露出にする工事です。

IMG_3016

3階の流しの下に5cm程の穴をあけて、貫通させます。

IMG_3002

2階の天井部です。

問題の管を撤去する為に、配管を切りました。

キャップをして再度バルブを開け通水します。

他の箇所からは水漏れが無い為、3階の床の中(コンクリート)で水漏れを起こしていたのを

再確認。

IMG_3024 IMG_3025 IMG_3026 IMG_3027 IMG_3028  露出にて配管をし直しました。

 

■まとめ

今回の漏水補修は大規模に修繕をするのではなく、

見た目は良くないですが、露出配管での補修となりました。

お客様にとっては、

①ご来客など他の人様の目に入らない3階

②対費用効果

③スピード重視

をとても重要視されていた結果だと思います。

特に③番のスピードです。

お客様にとっては水を使うのに不安な状況をいち早く改善し、

日常生活を送りたいとの思いが強かったように思います。

 

 

今回の件にて、お客様にとって何が一番重要かによって工事内容を

しっかりと考える必要のあることを再認識させられました。

 

これからもお客様のご要望をしっかりと認識し、

より良い工事を選択・ご提案していきたいと思います。

 

村上でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

プロ顔負けの手書き図面

投稿日:2017年10月20日

皆様

 

こんにちは。

青木です。

 

本日は、私が担当をさせていただいている、

お客様の手書き図面をご紹介いたします。

 

収納を作ってほしいから打合せ来てほしいと電話があり、

お伺いをすると手書きの図面が出てまいりました。

 

建築のお仕事の経験がないお客様ですが、

このまま職人さんに指示が出来るくらいのクオリティです。

その図面がこちらです。

IMG_1134

IMG_1137

 

フリーハンドでここまでの図面をかかれるのはすごいです。

本当に素晴らしい!そして指示が細かくて正確です!

 

こちらのお客様からは、沢山の学びをいただきました。

 

それはなぜなのかというのは、今はお伝えが出来ませんが、

こちらの工事が完了したときに書かせていただこうと思います。