突板屋さんに行ってきました!

投稿日:2019年07月31日

 

こんにちは、小島です!
いよいよ真夏の気候になってきましたが、
皆さん夏バテされてないでしょうか?
小島は早くもバテ気味です(つД`)ノ

そんな暑さの中、昨日突板屋さんに見学に行ってまいりました!
『突板屋さん』って、聞いたことないですよね。(笑)

突板(つきいた)とは、木をスケスケになるくらいうすーくスライスしたもののこと。

 

 

それをベニヤ板に貼ったものを、家具やフローリングなどに使用します。
無垢材よりも安価でできるため、主流になっています。

その突板を専門で扱っている会社さんにお邪魔して、
造作家具の樹種の選定のために実際の突板を見させていただきました。

 

 

倉庫には所狭しと突き板が保管されています!
まず見させていただいたのは、スプルスという樹種。

 

 

昔から和室の建具や長押などに使われている、日本人にはなじみ深い木です。
特徴は、癖がなく落ち着いた木目。

 

 

これは違う木ですが、薄くスライスされたものがたくさん重なっています。
こうしてみると、一つの木から切り出したものだとわかります。
(これで1本分ではないですが)

 

次に見させていただいたのは、トドマツという木です。

 

 

その名の通り松の仲間で、うっすらとした流れるような上品な木目が特徴です。
今回は、こちらの木を採用することに決めました!

 

他にもたくさんの突板があり、変わったものもありました。

 

 

こちらは樹種は忘れてしまいましたが(←おいっ( ̄Д ̄)ノ)
「杢目」が出ているものです。
杢目とは「もくめ」と読みますが、普通の木目とは違って、
うにゃうにゃと複雑な模様が出ているものを指します。
古くから高級家具や高級車の内装に使われています。

 


 

同じ木でも、切り出す部分や方向によって木目の出方は全く違います。
基本的には、木目には「柾目」と「板目」とがあります。

 

柾目とは、木目が真っ直ぐに揃っているものを指します。
木の中央付近を切ると現れます。
スッキリとして清楚な印象を与えます。

 


 

一方板目は、木の中心からずれたところを切り出すと現れます。
ゆらぎのある表情豊かな木目が特徴で、ナチュラルな雰囲気を醸し出します。

 


 

もうひとつ、変わった木目の突板をもう一つご紹介します。

 

 

こちらはホワイトオーク。ホワイトオークと聞くと、
その名の通り白っぽい色をイメージしますが、芯は黒いんだそう!
面白いですよね〜!

 

★★★★★

 

いかがでしたでしょうか?
ひとくちに木といっても本当にいろいろな種類があって奥深いですね!
あなたのお家にぴったりの木をご提案しますので、
家具やフローリングなどで迷ったらぜひご相談ください!

以上小島でした〜(o^^o)

 

板橋区マンション K様邸給水給湯管更新工事

投稿日:2019年07月30日

こんにちは、半田です。

今日は、マンションの給水管・給湯管・排水管の更新工事をご紹介致します。

  

メーターBOXから配管されているルートの床下地を撤去して既存管を撤去

更新準備   オレンジが給湯管

ブルーが給水管・ホワイトが追い焚き管

 既存管撤去前  

 更新後

築年数が若いマンションでは給水給湯管材を架橋ポリエチレン管で配管してありますので、

耐久年数が格段に長くなっていますが、築20年を超えるマンションでは、

給水管(ライニング鋼管)・給湯管(被覆銅管)で施工している建物も多く

管材の対応年数が20年~30年 水漏れ事故も起きる年数で配管の更新工事必須です。

水回り設備の交換等リフォームの際に必ずやっておきましょう!!

勝手口ドアをカバー工法で1日できれいに!

投稿日:2019年07月30日

皆様

 

こんにちは。

青木です。

 

今までに何回か玄関ドアの交換をご紹介いたしましたが、

今回は、勝手口ドアに玄関用ドアを取り付けた工事をご紹介致します。

 

ちなみに、玄関ドアも勝手口ドアもたったの1日で交換ができてしまうんですよ!

まずは、元々の状態をご紹介致します。

古い木製の薄いドアがついています。

まずはこのドアを枠だけ残して解体します。

今回は、ガラス部等がないので、通常より簡単に解体が出来ました。

その枠の上から新しいドアの枠をつけます。

 

 

 

 

ドアの枠がつくと、あとは扉を取り付けていきます。

 

ここまで出来るとほぼ出来上がりが見えてきますね。

あとは、ドアまわりに化粧の額縁をまわしたら出来上がりです。

今回は、勝手口でサイズも小さく、ガラスなどがなかったので、

半日位で作業は終了いたしました。

 

たった一日で玄関や勝手口がきれいになり、防犯性も良くなり、断熱効果も良くなります。

カバー工法でのドア交換のご紹介でした。

 

北区F様邸のリフォーム工程見学(7)

投稿日:2019年07月27日

こんにちわ、今井です。
週に一度はF様邸の見学が日課となっています。

ところが!
痛恨の見逃しをしてしまいました。昨日ユニットバスを設置したとの事。
見たかったのに!

それは、地下鉄へどうやって列車を搬入するかに感じる謎と同じで
あんな一つに成形された物をどうやって組み込むのかなー?
と、不思議だったのです。
今回は見逃しましたが、次にチャンスがあれば謎を解明しに見学に向かうつもりです。
現場の方からすれば、謎でも何でもないのかもしれませんが…

ユニットバス
既に収まってしまったユニットバスが、湯船の端を覗かせて「残念でしたー」と言っている様です。

 

代わりに前回の謎グッズ「下げ振り」を使っているところが見られました。
え?そんなの珍しいかな?という職人さんに
リフォーム初心者なので、初めて見る物が多いのです。
と、説明すると
そりゃ珍しいかー。と、現場をウロウロしつつ写真を撮る私に色々説明下さいました。

下げ釣

しかし、1つ前の投稿の「夏の現場、本格的に始まりました」の記事で菅谷さんも仰っておいでですが、現場は暑い!
何もせず短時間で汗だくになる私に対し、職人さんは仕事をしながら籠りきりになるので大変です。

 

上げる下げる今回は床を上げて防音材を、天井を下げて断熱材をという作業の意味が良くわかりました。
前回の木組みの上にボードが乗せられ高低差の出た所に資材が入っています。
写真で見るのと実際見るのでは、なるほど!と実感の差が大きいですね。

やっぱり見学するだけでも、色々勉強になります。

 

 

 

 

夏の現場、本格的に始まりました。

投稿日:2019年07月25日

こんにちわ、菅谷です。

まだ梅雨の明けきらない、じめっとした天気が続いていますが
現場は夏が本格到来しました。

夏のユニットバス改修在来浴室をユニットバスに改修する工事ですが
解体工事の時などは粉塵が外や他の部屋に出ないように窓を閉め

養生をし部屋の出入りなどお客様にもご迷惑をおかけしながら

作業しますので今日のように暑くて湿度が高い日は汗だくで

職人さんたちも一苦労です。

 

 

 

今日もそうですが、これからどんどん気温が上がって行くので
熱中症に気をつけて水分補給はこまめにしながら作業しています。

 

 

 

 

 

蝉が今からワイらの季節やで。と、準備万端の構えに入っていました。

 

現場から菅谷でした。

北区F様邸のリフォーム工程見学(6)

投稿日:2019年07月22日

北区F様邸のリフォームの工程見学シリーズ6回目です。

前回用意されていた木材はすっかり組まれて、部屋の間取りがハッキリ分かるようになってきました。
こちらがいつものアングル。

キッチンが出来る箇所
キッチン側を向いた角度の写真ですが、何処にキッチンが組み込まれるのか分かります。
足元にはキッチンを待ち構える配管君たちが。
こういった状況を見る機会は無いので面白いです。

 

そしてリフォーム初心者の私の目を奪った謎グッズが。

ミノムシでも武器にもあらず

…ミノムシ?
いや、違いますよね。
振り子の様です。

これ何ですか?と青木さんに尋ねると「下げ振り」との事。
あ、振り子でいいみたいです。

ググってみると
「オモリを吊り下げて使用する。木材や据え付ける機器の垂直を測定する工具」との事。

ミノムシだの、何か功夫映画で出てくるようなヒュンヒュン振り回す武器みたい…と、トンチンカンな事を想像してしまった形状ですが、ちゃんと真面目で良い仕事をしてくれるグッズでした。

消費税率引き上げに向けて2

投稿日:2019年07月21日

こんにちは!高野です。

毎日、蒸し暑い日が続きますね。。。

髪の毛のセットが・・・・・(;^ω^)

今回は、消費税率引き上げに向けの支援策

~リフォ―ム減税~

をお知らせします。

 

リフォ―ムでも減税制度

リフォ―ムを行う際にも減税制度が適用になることがあります!

減税対象となるのは、耐震リフォ―ム、バリアフリーリフォ―ム

省エネリフォ―ム、三世代同居対応リフォ―ム、長期優良住宅化リフォ―ム

という5つの工事。

現金を使用してリフォ―ムを実施した際に適応になる投資型減税

ローンを活用してリフォ―ムを行った時に適用になるローン型減税

固定資産税が減額になる制度があります。

2019年10月から消費税率が10%に引き上がりますが住宅取得に関しては増税後の負担を

軽減するために様々な支援策が打ち出されています!

 

 

北区F様邸のリフォーム工程見学(5)

投稿日:2019年07月15日

こんにちわ、今井です。
北区F様邸のリフォームの工程見学シリーズ5回目です。

前回までは建物がすっかり丸裸?にされてしまう過程でしたが、
今度は段々と組み立ててゆく過程に入りました。
リフォーム工程見学シリーズに良く登場する、キッチンとリビングのスペースには今から組まれる木材が山と積まれています。
これらが今から使われていきます。
組まれるのを待つ材木

 

部屋の壁が出来る部分に木組が建てられ、何となく新しい間取りがわかってきました。
木材が組まれていきます
職人さんが丁度水回りの空調取り付けの準備作業をされていました。
おつかれさまです!

こうやって着々と新しく生き返る工程に入りました。

大雨の影響がこんなところにも

投稿日:2019年07月07日

こんにちわ、今井です。

てるてる坊主水工房のある都内でも雨がずっと続いています。
部屋干しをするために、冷房の苦手な私もエアコンでドライにし寒さにふるふるしながら洗濯物が乾くのを待つ毎日です。
特に今朝は4月下旬並みの涼しさだったようで、出勤中の列車の乗客には風邪っぴきさんが何人か同じ車両にいました。
今日は折角の七夕ですが、天の川は見れそうにありません。

この雨の影響がこんなところにも出ています。
大雨が降り続いた九州南部では、シラス台地で表層崩壊が起きたりと大変な様子。
シラスは水が浸透しやすく、150~200ミリ程度の雨が降った場合、さらに数十ミリ程度の雨が加わるだけで、表層崩壊が起きやすくなるそうです。
水工房のお取引先からも「九州南部を中心とした大雨の影響によるご注文品お届けの遅れについて」というお知らせが来ました。

天然の素材は、やはり自然に左右されやすいんですね…。

北区F様邸のリフォーム工程見学(4)

投稿日:2019年07月05日

こんにちわ、今井です。
再び北区F様邸のリフォームの工程見学にお伺いさせて頂きました。

今回は「墨だし」という作業を見学しました。
工事中に必要な線や位置などを床や壁などに表示する作業になります。
墨出しされた情報を元に何をどこに設置するかが決まるため、間違いの許されない作業なんです。

墨だしレーザー

これ、何だと思いますか?
今にも歩き出しそうな黒いタコ?を思わせる小さな機械、これは「レーザー墨出し器」
この機械から赤いレーザーが照射されて壁や床にラインが表示されます。
丁度、レーザーをビーーーっと発射!しているところを激写したのですが、残念ながらレーザーの光が写真に写らない?!
折角の雄姿を披露できずに残念…
墨だしでひかれた線は「レーザー墨出し器」の下に薄っすらと見えている黒いラインです。
これもなかなか写真にハッキリ写ってくれない…いや、私の写真のスキルに問題があるのか。

墨だしレーザー稼働中

細かい個所や確認や調整は現場監督と職人さんが行います。
何でも機械に頼り切りではなく、ちゃんと人がダブルチェックしてくれるのはやっぱり安心します。

確認作業

神経を使う作業の間にお邪魔させて頂いてありがとうございました!
こうやって少しづつ現場を見学し勉強をしております。
また、進捗をお知らせいたしますね。