玄関収納・タイルリフォーム♪【板橋区戸建】

投稿日:2022年03月18日

こんにちは、小島です!

先日、板橋区戸建の
玄関リフォームが完成しましたので、
ご紹介します!

今回のリフォームは、
鉄骨造戸建の玄関収納交換と、
玄関の床タイルの張替えです。

さっそくbefore afterからご覧ください♪

トール型の玄関収納を、
カウンター収納と吊戸棚のセパレート型に。

間の壁には前回のリフォームで使用し、
余った輸入クロス(ウィリアムモリス)を貼りました。
そのときの工事のご紹介はこちら↓↓

寝室のオシャレリフォーム♪

お気に入りのクロスが活用でき
喜んでいただきました(#^.^#)

吊戸棚に照明もついているので、
よりクロスと飾り物が際立ちますね♪

また、床から浮かせて設置したことで、
圧迫感がなくなり下に靴もしまえます。

 

床のタイルは、
既存のタイル上に上張りしました。

もともと玄関ドアと土間で
3cmほど段差ができていたため、
フラットになるように調整しました。

 

***********

 

ここからは実際の工事の様子を
お伝えします。

既存の玄関収納を撤去後、
吊戸棚下につく照明用に
新たに配線をしていきます。

電気屋さんが、
収納に隠れる範囲だけで穴あけしようと
努力してくれました。

ただその範囲で利用できる配線がなく、
最終的には離れたコンセントから電源を取ったので、
新たに穴あけをしました。

もともと天井のクロス貼替えは想定していたため
問題ありませんでした。

 

そして玄関収納を組み立てて設置していきます。
吊戸棚下に照明がつくため、
大工さんと電気屋さんで協力します。

次は壁紙の工事です♪

 

天井は既存と同じクロスで貼替え。

 

玄関収納のオープンになった部分の壁は、
輸入クロスで仕上げました。

クロスと既存壁の境目の部分は、
タイル用の見切材でスッキリ納めました。

この壁は左官で仕上がっていたため、
そのままクロスは貼れないので、
薄いベニヤ板を張り、
その上からクロスを貼りました。

そのベニヤ板の断面が見えないよう、
見切り材で隠したんですね(*^^*)

クロスが終わったら、
次は床のタイルです!

 

もともとは濃いグレーの小さめのタイルで、
お客様は明るい雰囲気にしたいと
希望していらっしゃいました。

今回は既存タイルをはがさず、
上から新しいタイルを張りました。

 

玄関ドアの沓摺とフラットにするため、
セメントでできたパネル状の下地を敷きました。

 

タイルを1枚ずつ丁寧に張っていきます。

 

こちらが完成です!
すっかり明るい雰囲気になりました(*^-^*)
お客様には大変喜んでいただきました✨

数年前にリビングを中心にした
大幅な工事をさせていただいたお客様。
そのときにできなかった工事を
数年置きにさせていただいているのですが、
今回でほぼほぼ全面的にリフォームが完了。

無垢のメープルのフローリングを
張らせていただいたりと、
素敵なインテリアとなっていましたが、

全体で統一感が出て、
より素敵になりました♪

こうして何度もリフォームを
ご依頼いただけることは、
何よりも嬉しいことですね(*^^*)
Y様、本当にいつもありがとうございます!

ではでは小島でした~(^^♪

 

-------------

板橋区、足立区のリフォームなら

株式会社水工房