足立区マンション改修工事

投稿日:2020年08月31日

施工管理の菅谷です。

 

新型コロナウイルス感染拡大や連日の猛暑の中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

工事自体を延期した時期もありましたが、現在では工事にかかわる全ての関係者が

工事現場でのコロナウイルス感染拡大防止の対策をとり、熱中症対策をとって工事を進めさせていただいております。

またコロナウイルス感染防止の為に在宅ワークをされている住民の方も多数おりますので、今まで以上に音やマナーに注意を払い作業を進めております。

 

解体工事終了

通常よりも職人の人数を減らした分日数はかかりましたが、音に配慮した作業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

墨だし

壁間仕切りのラインやキッチンの配管位置を明確にします。

 

 

 

 

 

 

 

先行配管・木軸組

お湯水排水配管を墨の位置に合わせて配管します。

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコン先行配管・電気配線

室外機に直接配管出来ない中部屋になるところに冷媒管とドレン管を配管します。

 

 

 

 

 

 

 

次は置床施工となります。

まだまだ暑い日が続きます。事故なく無事に現場を進めるよう注意していきます。

【コロナ対策】工事の安全配慮セットを用意しました!

投稿日:2020年07月28日

こんにちは、小島です!

最近本当に蒸し暑いですね!
マスクで熱中症にならないようにしないとですね!

さて、長引くコロナ禍の中、
水工房では対策を徹底した上で、
工事を進めております!

その対策をパワーアップすべく、
最近このようなグッズを用意しました!

コロナ対策工事の安全配慮セット

名付けて「安全配慮セット」!

消毒用アルコールやマスク、ひんやりグッズや救急セットなど、
まさに現場での安全に配慮したセットとなっております(o^^o)

コロナ対策工事の安全配慮セット2

早速、昨日着工の現場にセットしました!

コロナ対策工事の安全配慮セット3

今後も、できることはどんどん取り入れていかないとですね!

ではでは小島でしたー♪(´ε` )

オシャレな室内窓が届きました!

投稿日:2020年07月24日

こんにちは、小島です!

昨日、会社に「室内窓」が届きました。

かっこいい!!(≧◇≦)
完全オーダーメードの木製窓です!

 

豊島区マンションの和室を洋室にするリフォームで、
設置する予定です♪

 

窓がない部屋なので、通気と採光が取れるように、
室内窓をつけることになりました。

 

こんなイメージ☆

 

既製品のものもあるんですが、
窓の開き具合がどうしても、
お客様が希望されているよりも小さかったため、
今回は完全オーダーで作ることになりました。

 

ほら!
こんなに開くんです!
これならエアコンの風もガンガン取り入れられますね♪

取付の日が楽しみです(#^^#)
工事が完了したらご報告します!

ではでは小島でした~(^^♪

 

板橋区マンションリフォームが完成しました!〈収納編〉

投稿日:2020年07月21日

こんにちは、小島です!

先日、板橋区マンションの工事が完了したのでお伝えします!

内容は、
・リビングにクローゼットを設置
・壁面収納取付
・キッチン機器交換
・キッチン収納交換
です。

完成はこちら!

 

 

 

もともとセンス良くスタイリングされていましたが、
アクセントクロスを入れたこともあって、
よりスタイリッシュなリビングに!
写真だと伝わりにくいのが残念です( ;∀;)

 

今回のリフォームで、
一番打合せを重ねたのがこちらの収納。

高さ260cmもある、大型の引き戸を設置しました。
実は木製ではなくアルミ製です。
タチカワブラインドの「プレイス」という商品。

なぜこちらにしたかというと…
壁や柱を立てずにつけられる」から!

 

通常建具は、壁や柱のないところにはつけられません。
それは、「枠」を設置する必要があるからです。

 

しかし今回は、クローゼットの奥行きを確保すると、
建具が窓にかぶってしまいます。

そこに壁や柱を立てると、窓の前にせまーーい妙な空間ができてしまい、
日差しは遮られるし、お掃除はしにくくなってしまいます。

そのため、縦の枠が必要ない建具を探して、
この商品に行き着きました。

これなら左側をオープンにすると、
リビングの景色は今まで通りのままです!

 


また、カーテンに干渉することもなく、
逆にちょうどよいカーテンだまりスペースになりました。

 

そしてもうひとつのポイントは、
天井から吊っている棚板!

 

通常このような間口の大きいクローゼットを作る際には、
棚がたわんでしまわぬよう柱などで下から支えることが多いです。

 

でも、下は手持ちの衣装ケースなどを自由に置きたいとのことでしたので、
棚を上から吊って支えるプランをご提案しました!
どのように吊っているかというと…

 


天井を開口し、コンクリートにボルトを固定しました!
(※マンションの規約によってはできない場合があります)

 

以上、今回はちょっとマニアックな収納のお話でした。
次回はまた別のテーマでお伝えします!

ではでは小島でした~(*^^*)

 

板橋区戸建トイレ改修工事について

投稿日:2020年06月26日

施工管理の菅谷です。

 

4日間の期間をいただき作業させていただきました板橋区戸建のトイレ改修工事のお客様です。

工事期間中は夕方の作業終了時に仮設でトイレを設置させていただき、夜間にお使いいただきます。

翌日の朝、仮設のトイレを外すところから作業開始、この方法でしたらご安心して工事に臨めるのではと思います。

解体前

 

 

 

 

 

 

 

 

1日目 床・壁解体、配管更新

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目 床・壁下地まで完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目 内装工事完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

4日目 TOTO レストパル完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレの工事をしたいなぁ、けど夜間にトイレが使えないのは困るのでどうしようかと

お考えの方は是非ご検討いただければと思います。

ありがとうございました。

板橋区マンション配管更新工事

投稿日:2020年06月09日

こんにちは、我妻です。

板橋区マンション、配管更新の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(更新前写真)

 

配管を修復するのではなく配管を新しくするのが配管更新です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(給水給湯管が赤錆で詰まりかけています、漏水の原因、健康被害にもつながる可能性があります)

 

傷んだ配管を更新する事で、衛生設備の問題を予防し、我が家を長持ちさせることに繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(鉄管だった給水給湯管を、ポリエチレン管に取替えていきます、排水管も通り道を考えながら取替えました。)

 

配管更新をする事で、居住空間、生活空間、健康維持の改善にも繋がります。

人と同じで、家も歳をとるものです。

何十年も住む我が家だからこそ、大切にしたいですよね。

水工房で、我が家の健康診断をしてみては、いかがでしょうか。

板橋区マンションスケルトンリフォームⅣ

投稿日:2020年06月03日

こんにちは、半田です。

昨日に続き、玄関と洋室2部屋の完成をご紹介します。

 

ミラー付きの玄関収納で外出前の姿がチェックできます

元は収納がありませんでしたが

キッチンのオープンパントリーと背中合わせの可動収納棚

クローゼット

クロスはコンクリート打ちっぱなし風で無機質な感じに仕上げました

爽やかなカラーのクロスで仕上げ、断熱性を高める為内窓を取付ました

 

カバー工法でサッシ交換し、それ以外の全窓に内窓を取付・外周面の壁は全て

断熱材を入れました。

また、給水管・給湯管・排水管の更新工事、電気配線の更新

見えない部分も全面改修しての完成。

建物は40年を過ぎていますが、宅内は居住環境をグレードアップした新築です。

 

板橋区マンションスケルトンリフォームⅢ

投稿日:2020年06月02日

こんにちは、半田です。

昨日に続き、今回はマンションサッシ交換(カバー工法)を

時系列でご紹介します。

施工前

サッシ窓を外します

サッシのカバー枠を組み立てます

4方枠が出来上がりました

既存の枠にカバー枠を取付けます

カバー枠取付完了

サッシ窓を吊り込んで枠を調整します

調整後外部からシーリングをします

窓枠も取付て完成です

築年数30年を超えるとサッシの滑りが悪くなり、戸車を交換しても

直ぐに摩耗してしまい、開閉に苦労する様になってしまいます。

こちらのマンションはカバー工法での交換が管理組合で承認されていますので、

今回はペアガラス(複層ガラス)のサッシにし、断熱効果をアップしました。

既存サッシ枠はそのままでカバー枠を取付ますので、共用部である外壁は

一切痛める事無く交換が可能です。

これで、断熱性能もアップしストレスなく開け閉めができます。

 

次回Ⅳでは、玄関と洋室2部屋をご紹介します。

 

 

板橋区マンションスケルトンリフォームⅡ

投稿日:2020年06月01日

こんにちは、半田です。

今日は、昨日に続き水回り設備完成写真のご紹介です。

 

L2400のシステムキッチン&食器棚・家電収納カウンター

天井梁と柱を跨いで設置しているためプランニングに悩みましたが、

現場スタッフ皆の苦労のおかげでとても良い仕上がりになりました。

レトロ調のペンダントライトも素敵です

 

キッチンから廊下を横断すれば洗面室へ家事動線を最短に

ストックの管理がしやすいオープンパントリーを設けました。

広い洗面室 奥は洗濯機置場&物干し場

脱衣時の間仕切りはロールスクリーンを下げて目隠し

 

1216サイズから1317にサイズアップした浴室&トイレ

浴室・トイレ共に一壁だけアクセントカラーを配し

水回り設備機器一式もダークカラーでトータルコーディネート

 

次回Ⅲでは、サッシ交換(カバー工法)をご紹介します。

完成後のお部屋の写真撮影

投稿日:2020年05月31日

 

こんにちは、森です!

ちょっと日数が経ってしまったのですが、先日リフォーム後のお客様のお家の写真撮影に立ち会いました。
プロのカメラマンさんを呼んで、様々な角度からお部屋の撮影をするのですが、色々と新鮮でとても勉強になりました。

例えば、子供部屋の時はぬいぐるみの配置を変えたり、キッチンの時は流しに置いてある洗剤を一時的に片づけたり。リビングの時には、机の上に緑が足りない!ということで、フェイクグリーンを置いてみたり、花瓶に生けたお花の角度を写真ごとに変えたり…と色々。
こちらが用意したものやお客様の私物をお借りして、先輩の小島さんとカメラマンさんが相談しながら配置、撮影。

データを見せていただくと、「ちょうどいいくらいに生活感があって、清潔感のある」綺麗なお部屋の写真が撮れていました。

たただ黙々とお部屋の写真を撮るだけではなく、見た人に「素敵!」「こういうお家に住んでみたい!」「私もリフォームしたい!」と思っていただけるような写真を撮影するために沢山の工夫がなされているんだな、と感動しました。
私も今後、お客様にリフォームの魅力を伝えられるような、そんな写真撮影ができるようスキルを磨きたいです!

(撮影風景の写真がなくてスミマセン…次回こそは!)