何役もこなすセルロースファイバー

投稿日:2019年12月06日

こんにちわ、我妻です。

初めて、セルロースファイバー断熱材の施工現場に立会いました。

 

垂木下地にシートを、丁寧に張り付けてから、空いた空間にセルロースファイバーをスプレーガンで目一杯詰め込んでいきます。

 

よく使われる断熱材(グラスウール)と比較すると、圧倒的に隙間を作らず高密度で施工される為、湿気容量が極端に大きく水をほとんど吸いません。だから、湿気によって壁の中で落ちる事もなく、断熱性能を長期にわたって安定的に発揮する事が出来ます。

その他にも
・湿気を吸うので快適な温度キープ
・高い断熱効果により夏は涼しく冬は暖かい家を実現
・地球や人に優しいエコロジー資源
・害虫予防
・高い防音性能
・防火性能
・結露やカビを予防、家が腐ることを防ぐ

一人で何役もこなすセルロースファイバー、おすすめしたいです。

着工中の現場から(2)

投稿日:2019年11月07日

こんにちは
水工房の我妻です。

先日ご紹介した工事の現場の様子の続報です。
1階のガレージはこんな感じになりました。


実はコンクリート打ちっぱなしのガレージを居住スペースにリフォームしていたのでした。
左は壁に断熱材を、右は床に断熱材をいれている様子です。

大工さんの下地工事も終盤、枠を付けたり、ボードを張ったり、水平をだして床の高さを決めたり、断熱材をいれたりと大工さんの腕の見せ所です。

ユニットバスも無事に入り、一安心です。

線で描いた図面が、職人さん達の手で上々に形になっていきます。
一面コンクリートのガレージ、どう変わるのか、完成が楽しみです。

デザインと機能性にこだわった玄関収納が完成しました!

投稿日:2019年10月31日

 

こんにちは!小島です。

 

今回は、前回キッチンリフォームをご紹介した現場の、
玄関リフォームをお見せします!
前回のブログはこちら↓↓

 

デザインにこだわったキッチンリフォームが完成しました!

 

造作の玄関収納が見どころです(o^^o)
さっそくお見せします!

ナチュラルな雰囲気がお好きなお客様に合わせ、
トドマツの突板(つきいた)を使いました。
トドマツは普段あまり使わない樹種なのですが、
イメージを実現するため選び抜いた結果こちらになりました。

 

イメージ通りに仕上がったので、
樹種を選ぶため突板やさんに足を運んでよかった!
そのときの様子のブログはこちら↓↓

突板屋さんに行ってきました!

 

また、かわいらしい陶器のつまみを選びました❤︎

 

キッチンのタイルとも相性抜群です(o^^o)

 

せっかく造作家具にするのなら、
やっぱりこだわって選びたいですよね!

 

中はこんな感じ。
通常は扉の吊り元は中間仕切りがありますが、
できる限り収納力を上げるため、
間仕切りなしで設計しました。

 

トールキャビネットは、
傘立てに入りきらないほどあった傘が収納できるよう、
パイプを前後で2本設けました。

 

デザインも機能性もお客様に合わせたプランができるのは、
造作家具ならでは( ^ω^ )

 

既製品では満足できない方、
ぜひ造作家具のご相談を!

 

ではでは小島でした~(o^^o)

 

 

着工中の現場から

投稿日:2019年10月26日

こんにちわ、我妻です。

現在、着工中の現場です。

もともとガレージだった1階を工事している所です。ガレージだった場所が、どう造り変わっていくのかは、今後の写真を楽しみにして下さい。

今は大工さんが現場に入っていて下地の施工をしたり、枠を付けたり木工事の真っ只中です。

 

木工下地中の様子

木工下地2

 

一面コンクリートだったガレージが職人さん達の手によって、どう変わるのかとても楽しみです。

デザインにこだわったキッチンリフォームが完成しました!

投稿日:2019年09月30日

 

こんにちは、小島です!

 

もう9月も終わり・・・早いですね!
今月はどこもかしこも工事のお引き渡しラッシュで、
コーディネーターの私も毎日現場を飛び回っておりました。

 

その中で、先日工事が完了した現場のご紹介をさせていただきます!

 

キッチンと造作の玄関収納にこだわったリフォームです!
今回はキッチンをご紹介(^^♪

 

じゃーん!
どうですか?かわいらしいキッチンですよね❤
システムキッチンは、ステンレスの丈夫さと清潔さが魅力のクリナップです。

 

何よりこだわったのはタイル!

 


※急遽取った写真なのでお客様の私物等はぼかさせていただきました。

 

正面の壁には調味料置きのニッチを作り、
その部分はモザイクタイルで仕上げました。
優しいピンクとブルーがかわいいです( *´艸`)

 

凹凸のある部分にタイルを貼るので、
タイルの割り付けがぴったりと納まるように、
ニッチの寸法を吟味しました。

 

タイルが貼られるまでうまくいくかドキドキでしたが、
狙い通りぴったり収まりました☆

 

職人さんに「小島さん完璧だね~」なんてほめられて調子に乗りました(笑)

 

もうひとつこだわったのはタイルの壁に取り付けたコンセント。

使い勝手上タイル面にコンセントをつけるしかなかったのですが、
せっかくタイルが素敵なので、普通のコンセントじゃ興覚めだなぁと思い、
雰囲気に合った陶器のかわいいコンセントプレートを選びました。
お客様にも大変気に入っていただき、私自身もイメージ通りで満足❤

 

★★★★★

 

他にもこだわったのはキッチン周りの壁の羽目板!

もともとリビングに羽目板を張っていらっしゃり、
ご趣味の手作りキルトや植物を飾ったりと、
ナチュラルな雰囲気がお好きなお客様でしたので、
その雰囲気に合わせナチュラルな羽目板に。

 

軽食用の折り畳みのカウンターと、
キッチン側面の壁にはマガジンラックを設置。
機能性とデザイン性を重視しました(*^^*)
タイルに合わせたピンクのペンダントライトもかわいらしい❤

 

ダイニングの脇には、パントリーの可動棚を設置。

ロールスクリーンで隠せるようにしていますが、
羽目板と同じ米ツガ材の棚板なので、見えていても全然いい感じです♪

 

★★★★★

 

完成してみると、ご提案時にお作りしたイメージパースの
イメージ通り仕上がりました♪

こうして見比べると、完成のイメージがわかないお客様にとって、
イメージパースは大事だなあとつくづく感じます。

 

完成しないとどうなるかわからないでは、
安心して工事をご依頼いただけないですからね!

 

以上、キッチンリフォームのご紹介でした。
次回は、造作の玄関収納をご紹介します!

 

ではでは小島でした~(^^♪

 

北区F様邸のリフォーム工程見学(10)

投稿日:2019年09月13日

こんにちわ、今井です。
週一の日課となっているF様邸の見学の続きです。
本当は台風前に見学にお邪魔したのですが、掲載が遅れておりました…

リフォームの修理の工程はほぼ終わり、内装の工程に入りました。
断熱ボードや板材が剥き出しだった壁も、綺麗にお化粧が進んでいきます。
ちょっといかにも改修中の様相から、そろそろ住めそうな雰囲気に変わってきました。

左のいつもの角度からの写真では、キッチンや壁がこの通り!真っ白です。
他の部屋も綺麗にお化粧中です。

こんな感じで、クローゼットは左の状態がみるみるうちに、右の写真の様に今すぐ使えそうな状態に変身。

この後は、どんどん部屋が綺麗に装っていく工程なので、どんな風に変わってゆくか楽しみです!

北区F様邸のリフォーム工程見学(9)

投稿日:2019年09月02日

こんにちわ、今井です。
週一の日課となっていたF様邸の見学に行ってまいりました。
「いた」となっているのはお盆の店舗がお休みの際、1週間サボってしまったためです。

ドアをくぐった瞬間、部屋の中が見渡せていたのが、壁で殆ど隠されてしまいました。
いつもの角度からの写真。もうキッチンに隠れて玄関ドアは見えません。
前回の投稿ではまだ全景が見渡せていたリビング+廊下+クローゼット+キッチンの空間には間仕切りが出来ていました。初回(1)で登場したステンドグラスを嵌め込む部分も既に出来ています。
何か色々見逃した気分です。

今回は職人さん達の多い日で、断熱ボードを貼る作業をされている中、ウロウロと写真を撮る私はちょっとお邪魔虫。…すみません。

断熱ボードの表面を均等にするのに厚みを調整したり、裁断したりと手早く黙々と作業されていました。
そして、この日もかなり暑かったので皆さんの全身には玉のような汗が!
…ご苦労様です。

板橋K様邸、完成見学会に向け順調に進行中

投稿日:2019年08月31日

こんにちわ、菅谷です。

9月14・15日に見学会を行うK様邸では内装工事が終了し、
キッチン組立とタイル工事をこれから行う予定です。

搬入と養生
施工後に搬入出来ない施主様の大型家電や家具を、今の段階で搬入します。
リフォーム後の床も、大事な家電も傷つけない様、養生シートで丁寧に梱包し運びます。
気の抜けない作業です。

 

特徴のあるリビング天井
こちらはキッチン組み立て中のリビングです。
見学会会場のK様邸の特徴を、告知前にちょっとだけご紹介します。
ご注目頂きたいのがこちらの天井です。これは施工途中ではありません。
銀色のダクトもこれが最終段階です。

これからK様邸のもう一つの特徴、タイル張りを行います。
どんなお住まいになるかご期待ください。

現場から菅谷でした。

北区F様邸のリフォーム工程見学(8)

投稿日:2019年08月09日

こんにちわ、今井です。
週一の日課となっているF様邸の見学に行ってまいりました。

見学はあまり職人さん達の邪魔にならないような日時を選んでいるので、
たまに職人さん達がお休みの現場に写真を撮りに行くことになります。

職人さんがいると、見つけた謎グッズの説明などしていただけるのと
何より
部屋がサウナになっていないので助かるのです。

案の条、人のいない部屋は熱々で熱がモワァーンと籠ってました。
暑い!!
多分、いつもは作業中に涼を送っているのであろう、上の写真に写りこんでいるオレンジ色の扇風機。
下手にいじるのは不安なので、機械をよそ目に窓を開けてみるも、風の無い日だったのであまり変わりない…。
私はまだ歩きまわって写真を撮るだけですが、この中で作業をするのは本当に暑くて大変そうです。

段々仕切りが増えて、いつものキッチンとドアを向いた角度の写真の通り、部屋に入ると奥まで見渡せていたのが密林状態です。
隣のブロックは戸板が付けられ、各部屋はもう1フレームに入りません。
間取りも現場を見て想像がつく状態に進んでいました。

今回の謎グッズ

そして左の写真が現場でまたまた発見した謎グッズ。一見オモチャの車の様ですがよくよく見ると「エア・コンプレッサー」の文字が。
?何に使うんでしょうか。
会社に戻って聞いてみると「ネイル(釘)打ったり、塗装に使う」との事。

そして謎ではないですが懐かしグッズも。
墨汁。印や線を引く時に使っているのでしょう。そういえば最近使ってないな墨汁。
習字は「元気があってよろしい」くらいしか褒められた事が無かった記憶があります(私は悪筆です)

他にも気になる物があったので次回は職人さん達が使っているところを見たいなぁ。

だいぶ密林

次に見学に来るときは、もう奥が見渡せない状態になっていそうです。

板橋区マンション K様邸給水給湯管更新工事

投稿日:2019年07月30日

こんにちは、半田です。

今日は、マンションの給水管・給湯管・排水管の更新工事をご紹介致します。

  

メーターBOXから配管されているルートの床下地を撤去して既存管を撤去

更新準備   オレンジが給湯管

ブルーが給水管・ホワイトが追い焚き管

 既存管撤去前  

 更新後

築年数が若いマンションでは給水給湯管材を架橋ポリエチレン管で配管してありますので、

耐久年数が格段に長くなっていますが、築20年を超えるマンションでは、

給水管(ライニング鋼管)・給湯管(被覆銅管)で施工している建物も多く

管材の対応年数が20年~30年 水漏れ事故も起きる年数で配管の更新工事必須です。

水回り設備の交換等リフォームの際に必ずやっておきましょう!!