板橋区マンション こだわりのキッチンリフォーム!

投稿日:2021年07月01日
こんにちは、小島です!
板橋区マンションのキッチンとトイレリフォームをご紹介します。ご要望は、壁付けのキッチンを対面キッチンにすることと、
内装も含めたトイレリフォーム。

今回はキッチンについてお伝えします。

フラット対面キッチン

こちらが完成したキッチン!
LIXILのリシェルSIというシリーズを採用しました。
本当はコンロ前の壁も撤去してフルフラットキッチンがご要望でしたが、
間取りの関係上隣の洋室に影響が出るため、
コンロ前の壁を残したフラットキッチンに。

 

こちらがリフォーム前のキッチン。
床を残してのキッチン交換だったため、
腰壁を撤去した後の床の補修が課題でした。

プラン時はこのようにイメージと図面を作成し、
どの程度床の補修が必要になるかご説明しました。

補修の仕方は、似た色のフローリングなどを継ぎ足すことが一般的ですが、
今回はお客様のご希望でステンレスのフラットバーと巾木を回して、
デザインのポイントに。

実はここの納まりが一番の懸念だったのですが、
このようにきれいに納まりました!

ステンレスの巾木のコーナー部分は通常は専用の部材で納めるのですが、
継ぎ目ができてしまうので目立ってしまうかな〜と心配しておりました。

現場監督の我妻と相談しながら、
最終的にはコーナー部材なしで納められました!
この部分にこだわられていたお客様にも、
大変ご満足いただけました(*^o^*)

まるでもともとそういう商品であるかのように、
とても自然に見えます。
ステンレスが入ることで木目のキッチン×フローリングでも、
全体が締まって見えますね!

 

キッチン自体でのポイントは、ミーレの食洗機!
最近LIXILでもミーレの取り扱いが可能になりました。
国産商品は幅45cmに対し、
ミーレは幅60cmで庫内も広いので大容量!

こんな感じです。これなら大家族でも心配ないですね!
キッチンリフォームはやっぱり一番ワクワクします!
私もいつか素敵なキッチンを手に入れることを思い描いて…
ではでは小島でした〜(o^^o)

-------------

板橋区、足立区のリフォームなら

株式会社水工房

板橋区 マンション工事 トイレ床張替え

投稿日:2021年06月18日

こんにちは、我妻です。

トイレ床が傷んでいるとゆうことで床の張替えをお願いされました。

先ずは、トイレを外します。
既存床には、クッションフロアが張られています。

今回、張る床材はTOTO製品のハイドロセラです。

セラミックで作られている床材で、陶磁器ならではの質感と高級感があります。

ハイドロテックの優れた抗菌効果により、汚れやニオイの発生を抑える効果があります。

大工さんに床材の割付、加工をしてもらい接着剤で張ります。

廊下床面とトイレ床面との段差を解消する為に、勾配を付けた床見切り材を取り付けます。

巾木を廻して、トイレを取り付けたら完成です。

セラミックの素材特性により汚れがさっと拭き取れ毎日のお掃除がラクになるので、
お客様もとても喜んでいました。

ジメジメしたこの時期、掃除もラクが一番!

お奨めします^^

以上、我妻でした!

 

-------------

板橋区、足立区のリフォームなら

株式会社水工房

板橋区戸建て 床暖房上張り工事

投稿日:2021年05月10日

こんにちは。

施工管理の菅谷です。

板橋の戸建改修現場で床暖房上張り工事を行いました。

リフォーム向けの既存の床材の上に施工するタイプで、工事期間も短くて済みます。

 

 

 

 

 

 

 

既存の床の上に薄型温水マットを敷きお客様と位置のお打合せをし固定します。

温水マットは5.5mmの厚さがありますので、マットを敷かない部分はベニヤで高さを均一にし、

その上から6.4mm厚のフローリング材を施工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の床から約12mm上がりますが、サッシや建具との取り合い部はこの様な段差解消部材で

納めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給湯器交換をご検討の時には床暖房も一緒に出来ること、お考え下さい。

 

-------------

板橋区、足立区のリフォームなら

株式会社水工房

板橋区 戸建の現場から 屋根板金葺き替え

投稿日:2021年04月13日

こんにちは、我妻です。

板橋区の戸建リフォームの現場をご紹介します。

天上に水滲みがあるとゆうことで、板金屋さんに現調をしてもらい屋根板金葺き替え工事をしました。

漏水している周辺の屋根を剝がします。

屋根を剝がすと防水シートがでてきます。劣化も酷く、想像していた以上の状態でした。

防水シート下は下地材で、かなり水が入っていて腐っているのが分かります。

傷んでいた下地の張り変えを大工さんにお願いしました。

防水シートを板金屋さんが張って、最後に屋根板金を施工したら完成です。

綺麗に仕上りました。

「漏水しなくなったよ」とお客様からご連絡を頂き安心しました。

 

-------------

板橋区、足立区のリフォームなら
株式会社水工房

板橋区マンション玄関リフォーム

投稿日:2021年04月04日

こんにちは、小島です!
すっかり暖かくなりましたね!
やはり皆さん春になると活動的になるのか、
リフォームのご相談も増えているように感じます。

さて今回は、マンションの玄関リフォームをご紹介します!
玄関収納を設置し、壁にエコカラット を張りました。

もともと広めだった空間を生かして、
幅120cmの玄関収納に加え、
ベンチを設置しました。
どちらもLIXILのものです。

 

ご提案の際には図面を作成し、
ミリ単位で寸法を決めました。

右側の両開きのキャビネットですが、
実は標準仕様では
片方の扉しかミラーがつけられないのですが、
メーカーに重量の安全性を確認し、
特別に両扉ともミラーの仕様に。

なるべく圧迫感が出ないよう、
収納の奥行は通常40cmのところ、
36cmの薄型を選定。

 

玄関に入ってすぐはベンチなので開放感があります。

 

右側のキャビネットはコートハンガーを設置。
引き出せるようになっています。

 

反対側の壁には調湿・消臭効果のあるエコカラットを。
ビンテージオークのグレイッシュブラウンです。

 

このような凹凸のある異形状タイルもありますが、
フラットなものだけで揃え、
よりスタイリッシュに。

お客様には、
「すごく気に入ってます。
周りからは、セレブマンションみたいって
言われました!」と、
大変喜んでいただきました。
私も羨ましいです(笑)

私も最近自宅をすこしずつ改良中ですが、
賃貸のためリフォームするわけにもいかず。
でも、お客様の家をリフォームして喜んでいただくと、
それだけで結構満足してしまいます(笑)

ではでは小島でした~(^^♪

 

-------------

板橋区、足立区のリフォームなら
株式会社水工房

マンションスケルトン改修工事 NO.3

投稿日:2021年02月09日

.施工管理の菅谷です。

スケルトン改修工事現場の進捗報告です。

 

 

 

 

 

 

 

遮音の為の置床、合板捨て貼り。

 

 

 

 

 

 

 

フローリング貼り、床の養生。

 

 

 

 

 

 

 

天井・壁の石膏ボード貼り。

 

 

 

 

 

 

 

建具枠取付、石膏ボード貼り終了。

 

 

 

 

 

 

 

クロス屋さんが下地処理、電気屋さんが照明器具の指定の位置で穴あけ。

 

 

 

 

 

 

 

内装工事が終わり、建具・組立家具等取付。

残り作業もあとわずか、次回完了まで報告します。

 

-------------

板橋区、足立区のリフォームなら

株式会社水工房

 

 

 

部屋の通気、採光を良くするリフォーム

投稿日:2021年01月13日

こんにちは、我妻です。

板橋区にある戸建の現場から、
もともとはガラスブロックで通気が悪かったお部屋にすべり出し窓を取り付けました。

解体前
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスブロックを解体後、すべり出し窓を取り付けます。隙間には断熱材を充填します。

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の回りに枠を取り付けて完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

風通りを良くするだけではなく、採光も今まで以上に確保できる為、お部屋の環境がとても良くなりました。
お客様にも、部屋の居心地が良くなったと言って頂き、嬉しい限りです。

どうしても、おうち時間が長くなるこの中で、水工房で「らしい」と「喜び」を見つけてみては、いかがでしょうか。

 

-------------

板橋区、足立区のリフォームなら

株式会社水工房

マンションスケルトン改修工事 NO,2

投稿日:2021年01月09日

新年明けましておめでとうございます。

施工管理の菅谷です。

 

現在の状況、皆様体調管理には十分お気を付け何事もなく

健康にお過ごし出来るようお祈りいたします。

我々現場に関わるものも改めて注意喚起をし対応してまいります。

 

さて前回墨だしまで終了した改修工事現場ですが

見えなくなってしまう箇所の作業、設備配管や電気配線工事も

終了し、遮音の為の置床、天井の下地、壁の下地作業まで進んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンの位置が移動しますので換気ダクトも新設しています。

 

 

 

 

 

 

 

ユニットバス搬入・組立。

 

 

 

 

 

 

 

天井下地組をしマンション最上階ですので暑さ対策の為天井に断熱材をいれ、

壁下地組、置床作業となります。

 

引き続きご報告いたします。

寝室のオシャレリフォーム♪

投稿日:2020年12月25日

 

こんにちは、小島です!

今回は寝室のオシャレなリフォームをご紹介します!
輸入クロスにナチュラルでアンティークな飾り棚をつけて、
ダウンライトで演出しました(o^^o)

アクセントの輸入クロスはウィリアムモリスデザイン。
ウィリアムモリスとは、19世期に活躍したデザイナー。
草木をモチーフにした有機的なデザインが特徴です。
そんなに昔のデザインが今も愛されるってすごいですよね!

そんなクロスに合う、ホワイト塗装の飾り棚とアイアンのブラケット(棚受け)。
可憐だけど上品な、大人なガーリーに仕上がりました!
それをユニバーサルダウンライト(向きを変えられるダウンライト)で
演出してみました♪

完成イメージはこんな感じ。

実はこのクロス、通常のビニールクロスと違って、施工が難しいんです。
通常はクロス同士を貼り合わせるとき、
少し重ねた状態で上から切ります。

ですが輸入クロスはクロス同士をピッタリとくっつけて施工しなければいけません。
ハッキリとした柄クロスのため、
柄同士がズレないように合わせる必要があります。

また、幅が52cmと、ビニールクロスの90cm幅よりも狭いため、
継ぎ目が多くなります。

そのためどんな仕上がりになるかな…とドキドキしておりました。

いよいよ、クロスを貼り始めます。

 

そして、このように継ぎ目は柄を合わせてクロス同士をピッタリとくっつけます。

 

ローラーでなじませて…

 

きれいに貼り上がりました!
もちろん近くで見ると継ぎ目はわかりますが、

よく見なければ目立ちません。

 

飾り棚もつけて、一気にナチュラル&アンティークな雰囲気に(*^^*)
お客様にも大変ご満足いただきました❤︎
これから家具や小物が入るのが楽しみです♪

お引渡しの際には、
クリスマスイブ前日ということもあって、
手作りのシュトーレンをいただきました(*≧∀≦*)
とっても美味しかったです❤︎
Y様ありがとうございました!

ではでは小島でした〜(*^o^*)

 

マンションスケルトン改修工事 

投稿日:2020年12月24日

施工管理の菅谷です。

 

解体作業が無事終了し大工の工藤さんや配管の山田さん、担当の半田と墨だし・打合せを

おこないました。

解体前想定していた寸法とは微妙に違っていましたが、皆で現況を把握し、問題点は無いか?

など打合せをし間仕切り壁の位置を墨だしします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この墨をもとに設備配管や電気配線を施工していきます。