北区F様邸のリフォーム工程見学(8)

投稿日:2019年08月09日

こんにちわ、今井です。
週一の日課となっているF様邸の見学に行ってまいりました。

見学はあまり職人さん達の邪魔にならないような日時を選んでいるので、
たまに職人さん達がお休みの現場に写真を撮りに行くことになります。

職人さんがいると、見つけた謎グッズの説明などしていただけるのと
何より
部屋がサウナになっていないので助かるのです。

案の条、人のいない部屋は熱々で熱がモワァーンと籠ってました。
暑い!!
多分、いつもは作業中に涼を送っているのであろう、上の写真に写りこんでいるオレンジ色の扇風機。
下手にいじるのは不安なので、機械をよそ目に窓を開けてみるも、風の無い日だったのであまり変わりない…。
私はまだ歩きまわって写真を撮るだけですが、この中で作業をするのは本当に暑くて大変そうです。

段々仕切りが増えて、いつものキッチンとドアを向いた角度の写真の通り、部屋に入ると奥まで見渡せていたのが密林状態です。
隣のブロックは戸板が付けられ、各部屋はもう1フレームに入りません。
間取りも現場を見て想像がつく状態に進んでいました。

今回の謎グッズ

そして左の写真が現場でまたまた発見した謎グッズ。一見オモチャの車の様ですがよくよく見ると「エア・コンプレッサー」の文字が。
?何に使うんでしょうか。
会社に戻って聞いてみると「ネイル(釘)打ったり、塗装に使う」との事。

そして謎ではないですが懐かしグッズも。
墨汁。印や線を引く時に使っているのでしょう。そういえば最近使ってないな墨汁。
習字は「元気があってよろしい」くらいしか褒められた事が無かった記憶があります(私は悪筆です)

他にも気になる物があったので次回は職人さん達が使っているところを見たいなぁ。

だいぶ密林

次に見学に来るときは、もう奥が見渡せない状態になっていそうです。

板橋区マンション K様邸給水給湯管更新工事

投稿日:2019年07月30日

こんにちは、半田です。

今日は、マンションの給水管・給湯管・排水管の更新工事をご紹介致します。

  

メーターBOXから配管されているルートの床下地を撤去して既存管を撤去

更新準備   オレンジが給湯管

ブルーが給水管・ホワイトが追い焚き管

 既存管撤去前  

 更新後

築年数が若いマンションでは給水給湯管材を架橋ポリエチレン管で配管してありますので、

耐久年数が格段に長くなっていますが、築20年を超えるマンションでは、

給水管(ライニング鋼管)・給湯管(被覆銅管)で施工している建物も多く

管材の対応年数が20年~30年 水漏れ事故も起きる年数で配管の更新工事必須です。

水回り設備の交換等リフォームの際に必ずやっておきましょう!!

北区F様邸のリフォーム工程見学(7)

投稿日:2019年07月27日

こんにちわ、今井です。
週に一度はF様邸の見学が日課となっています。

ところが!
痛恨の見逃しをしてしまいました。昨日ユニットバスを設置したとの事。
見たかったのに!

それは、地下鉄へどうやって列車を搬入するかに感じる謎と同じで
あんな一つに成形された物をどうやって組み込むのかなー?
と、不思議だったのです。
今回は見逃しましたが、次にチャンスがあれば謎を解明しに見学に向かうつもりです。
現場の方からすれば、謎でも何でもないのかもしれませんが…

ユニットバス
既に収まってしまったユニットバスが、湯船の端を覗かせて「残念でしたー」と言っている様です。

 

代わりに前回の謎グッズ「下げ振り」を使っているところが見られました。
え?そんなの珍しいかな?という職人さんに
リフォーム初心者なので、初めて見る物が多いのです。
と、説明すると
そりゃ珍しいかー。と、現場をウロウロしつつ写真を撮る私に色々説明下さいました。

下げ釣

しかし、1つ前の投稿の「夏の現場、本格的に始まりました」の記事で菅谷さんも仰っておいでですが、現場は暑い!
何もせず短時間で汗だくになる私に対し、職人さんは仕事をしながら籠りきりになるので大変です。

 

上げる下げる今回は床を上げて防音材を、天井を下げて断熱材をという作業の意味が良くわかりました。
前回の木組みの上にボードが乗せられ高低差の出た所に資材が入っています。
写真で見るのと実際見るのでは、なるほど!と実感の差が大きいですね。

やっぱり見学するだけでも、色々勉強になります。

 

 

 

 

夏の現場、本格的に始まりました。

投稿日:2019年07月25日

こんにちわ、菅谷です。

まだ梅雨の明けきらない、じめっとした天気が続いていますが
現場は夏が本格到来しました。

夏のユニットバス改修在来浴室をユニットバスに改修する工事ですが
解体工事の時などは粉塵が外や他の部屋に出ないように窓を閉め

養生をし部屋の出入りなどお客様にもご迷惑をおかけしながら

作業しますので今日のように暑くて湿度が高い日は汗だくで

職人さんたちも一苦労です。

 

 

 

今日もそうですが、これからどんどん気温が上がって行くので
熱中症に気をつけて水分補給はこまめにしながら作業しています。

 

 

 

 

 

蝉が今からワイらの季節やで。と、準備万端の構えに入っていました。

 

現場から菅谷でした。

北区F様邸のリフォーム工程見学(6)

投稿日:2019年07月22日

北区F様邸のリフォームの工程見学シリーズ6回目です。

前回用意されていた木材はすっかり組まれて、部屋の間取りがハッキリ分かるようになってきました。
こちらがいつものアングル。

キッチンが出来る箇所
キッチン側を向いた角度の写真ですが、何処にキッチンが組み込まれるのか分かります。
足元にはキッチンを待ち構える配管君たちが。
こういった状況を見る機会は無いので面白いです。

 

そしてリフォーム初心者の私の目を奪った謎グッズが。

ミノムシでも武器にもあらず

…ミノムシ?
いや、違いますよね。
振り子の様です。

これ何ですか?と青木さんに尋ねると「下げ振り」との事。
あ、振り子でいいみたいです。

ググってみると
「オモリを吊り下げて使用する。木材や据え付ける機器の垂直を測定する工具」との事。

ミノムシだの、何か功夫映画で出てくるようなヒュンヒュン振り回す武器みたい…と、トンチンカンな事を想像してしまった形状ですが、ちゃんと真面目で良い仕事をしてくれるグッズでした。

北区F様邸のリフォーム工程見学(5)

投稿日:2019年07月15日

こんにちわ、今井です。
北区F様邸のリフォームの工程見学シリーズ5回目です。

前回までは建物がすっかり丸裸?にされてしまう過程でしたが、
今度は段々と組み立ててゆく過程に入りました。
リフォーム工程見学シリーズに良く登場する、キッチンとリビングのスペースには今から組まれる木材が山と積まれています。
これらが今から使われていきます。
組まれるのを待つ材木

 

部屋の壁が出来る部分に木組が建てられ、何となく新しい間取りがわかってきました。
木材が組まれていきます
職人さんが丁度水回りの空調取り付けの準備作業をされていました。
おつかれさまです!

こうやって着々と新しく生き返る工程に入りました。

北区F様邸のリフォーム工程見学(3)

投稿日:2019年07月01日

こんにちわ、今井です。
前回に引き続きリフォーム工程の見学に伺わせて頂きました。

今回は配管作業が終わった様子をご紹介します。

キッチンのあった場所の配管は、レイアウト変更に合わせて位置を移動していました。
垂れ下がってちょっと荒涼感を醸し出していた配線もスッキリ!

 

今回は以前ご紹介していなかったトイレ・洗面・バスルーム側の配管の変更もご報告。
浴室と洗面、トイレが一か所にかたまっていたレイアウトを、
浴室と洗面を広くしトイレの位置を変更する予定です。
少し華奢で頼りなかったトイレの排水管もしっかりとしたものに変えられ
それぞれの水回りに分岐されています。
排水もスムーズに流れる様に、管が水が排水されていく側にパイプの高さが少し低くなるよう高低差が作られていました。
こういった工夫は普通見る事が出来ないので興味深いです。

 

人が使いやすい部屋を作るのって、見えないところが色々工夫されているんですね。
日々勉強になります!

豊島区H様邸キッチンリフォーム

投稿日:2019年06月30日

こんにちは、半田です。

昨日に続き今日は、豊島区H様邸キッチンリフォームをビフォーアフターでご紹介致します。

 

      着工前

上置きタイプの食器洗い乾燥機が流し横のスペースを占領していました。

 

解体中    解体後

 

   完成   

ビルトインの食器洗い乾燥機を組込W2400からW2700に大きくし、

オープンな対面式にして、吊戸棚をなくしてもスライド収納の収納力アップ。

食器棚や家電収納カウンターも統一してすっきりと見せるキッチンになりました。

 

 

【リビングダイニングから見たビフォーアフター】

着工前  解体中 

 

リビング・ダイニング・キッチンリフォーム完成

豊島区H様邸トイレリフォーム ビフォーアフター

投稿日:2019年06月29日

こんにちは、半田です。

先月完了致しました豊島区H様邸リフォームの全貌をご紹介したいのですが、

多忙を極めていて工事の記録写真をあまり撮る事ができませんでした~ なので

今日は、トイレリフォームをビフォーアフタースタイルでご紹介いたします。

手洗タンク付便器からタンクレス便器にして手洗器を新規で取付を致しました。

 

着工前  解体後 

 

新設手洗器の給水排水管施工中

 ⇒内装工事⇒ 

ワンデーリモデルタイプを採用すれば苦労はなかったのですが、あえて

便器の壁排水に接続する手洗器の排水管を壁中に隠蔽配管するため、

職人さんには苦労させてしまいましたが、露出の配管が無くすっきりと広く感じます。

 

TOTOワンデーリモデルご紹介

タンクレス便器にしたいけど・・・・・・工事費用や工事日数が心配な方はご相談下さい。

次回は、キッチン編です。

 

 

北区F様邸のリフォーム工程見学(2)

投稿日:2019年06月28日

こんにちわ、今井です。
スケルトン・リフォームの工程を見学させて頂くシリーズ第2弾。
実際に伺ったのは数日前なのですが、ちょっと遅れて投稿となりました。

スケルトン状態2前回ガラ~ンとなった部屋が更にガラ~ンと。
廊下との壁は無くなり、ドアを入るとリビングだった部屋も丸見え!
キッチンのあった場所には床に配管と天井に配線のみが残るだけ。
こうやって剥き出しになってみると、排水管の意外な細さにビックリ。
これは変な物を流そうものなら、詰まりが起きるのも無理もないです。

毎週パイプ洗浄剤で掃除していて良かった…。

 

 

 

スケルトン状態2そしてステンドグラスのあった壁はこの通り。
壁ごと無くなりました!
ほぼ箱の状態です。
もう人の住んでいた気配はベランダに見えている植木ぐらいでしょうか。

 

 

 

 

ここから部屋が再度構築されていくので、
どんどん生き返ってゆく姿が見られるのが楽しみです。