2021年度 既存住宅における断熱リフォーム支援事業 二次公募がスタート!

投稿日:2021年06月10日

国からの助成金である「2021年度既存住宅における断熱リフォーム支援事業」(通称:断熱リノベ)の公募が6月7日(月)からスタートしました。   断熱リノベは、高性能な断熱材や窓を用いた断熱改修を支援する制度で、戸建て住宅の場合1戸あたりの補助額の上限は高性能建材導入費用の1/3、上限120万円、および対象設備に対する補助となります。公募の締め切りは2021年7月26日(月)まで。

対象となる製品
未使用品であり、かつ以下を満たしたもの。
高性能建材(ガラス・窓・断熱材)
・補助対象製品一覧に掲載されている製品であること。
家庭用蓄電システム
・SIIが定める要件を満たし、SIIに登録されている製品であること。
・蓄電システムの導入価格が、保証年数に応じて定められた目標価格以下のシステムであること。
家庭用蓄熱設備
・自然冷媒を用いた電気ヒートポンプ式給湯機(エコキュート等)であること。
・日中に太陽光で発電した電気を優先的に蓄熱に活用する運転モードを備えていること。
熱交換型換気設備
・熱交換率65%以上であること。
・上記と同様の性能を満たす空調設備(エアコン等)も対象とする。改修する部位
①改修する部位は「エネルギー計算結果早見表」から選択し、地域区分毎の最低改修率の要件を
満たすこと。
②居間または主たる居室を中心に改修すること。
③導入する断熱材及び窓・ガラスは、原則、改修する居室等の外皮部分全てに設置・施工すること。補助率・補助金額上限(戸建ての場合)

補助対象製品 補助率 補助金の上限額
高性能建材
(ガラス・窓・断熱材)
補助対象経費の
1/3以内
戸建住宅1戸当たり:120万円
家庭用蓄電システム 20万円
家庭用蓄熱設備 5万円
熱交換型換気設備等 5万円

公募スケジュール
公募期間
2021年6月7日(月)〜2021年7月26日(月)
交付決定
随時採択
完了実績報告書提出期限
事業完了日から起算して30日以内又は以下のいずれか早い日の17時必着
戸建て住宅および集合(個別)の場合:2021年12月15日(水)

詳細情報はこちら 

※公募情報については予告なく変更される場合があります。
最新の情報はホームページにてご確認ください。

-------------

板橋区、足立区のリフォームなら

株式会社水工房

【速報】国土交通省「グリーン住宅ポイント制度」について

投稿日:2020年12月17日

こんにちは。高野です。

新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るために、令和2年度3次補正予算で

「グリーン住宅ポイント制度」が創設されることになりました。

対象となるのは

一定の性能を満たす注文住宅の新築や新築分譲住宅の購入、一定の要件を満たす既存住宅の購入、対象工事を実施する

リフォ―ム及び一定の性能を満たす賃貸住宅の新築。

リフォ―ムは最大60万ポイント‼です。

令和2年12月15日から令和3年10月31日までに請負契約または売買契約を締結した住宅が対象となります。

①対象となる住宅

  

※1)若者世帯:40歳未満の世帯
※2)子育て世帯:18歳未満の子を有する世帯
〇既存住宅を購入しリフォームを行う場合、各リフォームのポイントを2倍カウント
〇上記算定特例を除いた発行ポイント数が5万Pt未満のものはポイントの発行対象外

②ポイント交換

1.一定の要件に適合する商品
・「新たな日常」に資する商品
・省エネ・環境配慮に優れた商品
・防災関連商品
・健康関連商品
・家事負担軽減に資する商品
・子育て関連商品
・地域振興に資する商品

2.一定の要件に適合する追加工事
(1)「新たな日常」に資する追加工事
・ワークスペース設置工事
・音環境向上工事
・空気環境向上工事
・菌・ウイルス拡散防止工事
・家事負担軽減に資する工事
(2)防災に資する追加工事

 

③スケジュール

【対象】2020年12月15日(閣議決定日)〜2021年10月31日までに契約を締結したもの

制度の詳細につきましては国土交通省のHPもご確認下さい。

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000181.html

又、スタッフにも声をかけてくださいね。

以上、高野でした^^

 

 

STAYHOMEを応援!快適1dayリフォーム

投稿日:2020年05月25日

こんにちは、小島です!

ついに、非常事態宣言が解除されましたね!
皆様、そろそろ自粛疲れされていることと思います。

しかしながら、すぐに元通りになることはないですし、
まだまだ心配はありますよね!

そんな中でも、家にいるとやはり家のことが気になるもの。
リフォームしたいけど自粛されている方もいらっしゃると思います。

でも我慢しなくても大丈夫です!
水工房では、コロナウィルス対策を万全にして
営業しております!
詳細は下記をご覧ください。

【重要なお知らせ】新型コロナウイルスの対策について

我慢している方もたくさんいらっしゃるんじゃないか?
という思いから、こんなチラシを作成しました!

STAYHOMEを応援!快適1dayリフォーム

・トイレリフォームで節水
・収納リフォームでスッキリ
・キッチン機器交換で家事ラク
・ワークスペースで快適テレワーク

などなど…
同じようなお困りごとをお持ちでしたら、
お気軽にご相談ください!

オンライン(ビデオ通話)でのご相談も承っております。
こちらからお申込みください♪
https://suikoubou.co.jp/contact

早く思い切りお出かけできる日が来るのを願っております。
ではでは小島でした~(^^♪

4月1日の民法改正によるリフォームへの影響

投稿日:2020年01月10日

こんにちわ、今井です。
皆様今年も宜しくお願い致します。

今年4月1日に120年!ぶりに民法が改正されます。
これがリフォームと、どう関係があるのかしら?と疑問を持たれた事と思います。
ところが色々と影響が出るんです。

まずは瑕疵という単語が「契約不適合」に代わります。
確かに「瑕疵」は不動産関係やリフォームの経験が無いと、あまり耳にする事が無い単語ですよね。
お恥ずかしながら私も水工房に入社してから知りました。
瑕疵担保責任という名称も債務不履行責任に。
消費者に分かりやすくするため、今のことばに刷新されます。

 

リフォームに関わる改正条項は7項目あり、消費者に分かりやすい表記になります。
内容もリフォームをされる施主様に優しくなる改正もありますが、
逆に厳しくなり、注意が必要な改正が2項あります。

1つは旧法では木造住宅は5年間、非木造住宅は10年間の瑕疵担保を請求できる権利があったのですが、改正後は一律5年に変更になってしまいます。

2つ目は改正後は業者側に過失がある場合のみ責任を負うという点。
施主側は業者側の過失を、業者側は過失が無いことを証明する必要があります。
リフォームをご検討の方は、打合せ記録や施工前・施工中の記録などしっかり渡してくれる業者に依頼する必要があります。

 

ここでちゃっかり水工房の宣伝となってしまいますが、
弊社では担当者が徹底した現場調査を行い
そのうえでお客様のお住まいに必要なご提案・お見積りをし、
プラン変更があればその都度お客様に説明とご了承頂きながら進めております。
今回の改正はちょっぴり水工房にとってはありがたい改正かもしれません。

最後は手前味噌となり、失礼いたしました。

フラット35の変更点

投稿日:2019年11月17日

10月1日からの消費税引き上げに追随して、色々なサービスや制度で変更がありました。

長期固定金利住宅ローンといえばフラット35。
そのフラット35でも10月1日から、新しいサービスが増えたり、お得な変更がありました。
このサイトの「フラット35」のページで2019年10月1日以降の変更点を追加しましたので、ローンをご検討中の方は是非お目を通してみてくださいね。

消費税引き上げで変わったもの事はかなり多く、全てを追いきれないうち話題にもならずひっそりと変わっている事が多いです。日常でも「あれ?いつの間に?」とひそかに変更されていて、時々驚かされます。

消費税といえば外食で「イートイン」と「持ち帰り」で税率が10%と8%に分かれますが、先日のニュースでちょっと驚いた事が。大学構内のコンビニでは食料品の税率が全て10%だそうです。理由は大学構内で食べる=イートインとして区分するためだとか。
お小遣いやバイトでお財布と睨めっこする学生さん達にはちょっと厳しいのでは…。

お小遣いと大学生
そんなぁ…逆に学割して欲しいよー。 …ですよね。

リフォーム減税あれこれ

投稿日:2019年11月16日

リフォーム業界では「次世代住宅ポイント制度」。
電子決済では某Pなどで2%還元サービス。と、10%増税後の消費の活性化を狙ったキャンペーンが行われています。
「所得税」の控除や「固定資産税」の減額措置を受けられる減税制度も、消費税10%に対応して改変されました。

詳細は当サイトの「リフォーム減税」のページを更新致しましたので、リフォームを施工中の方、ご検討の方は是非お目を通してみてくださいませ。

対象となるリフォームも、『耐震』『バリアフリー』『省エネ』『同居対応』『長期優良住宅化』の5種類に増えています。

リフォーム減税あれこれ

水工房ではご相談を承っていますので、是非お声がけくださいね。

冬のリフォームはLIXILキャンペーン利用でトリプルお得に

投稿日:2019年11月09日

こんにちわ、今井です。

10月の中頃までは荒天か暑い日が交互に続いていましたが、
11月に入って「冬」の気配が濃くなって来ました。
朝起きる時、特に冬になってきたなぁと感じます(笑

以前こちらのブログで紹介させて頂いた
「次世代住宅ポイント制度」ですが、LIXILの特定の商品を施工頂くと
それに加え、2つのキャンペーンを適用頂ける3重にお得な情報をご紹介します。

先ず1つ目は「快適リフォームキャンペーン」
次世代住宅ポイント制度でLIXIL対象商品をお選びいただくと
電子ギフト(Amazon、nanaco、楽天他)が更にもらえます。

次が「冬のあったかリフォームキャンペーン」
こちらは更に、豪華家電や旅行などが抽選で当たるキャンペーンにご応募頂けます。

3つのお得を利用できる商品は
・インプラス(内窓)
・リプラス(窓交換)
・リシェント(扉)
の3点のみですが、隙間風が気になるわ…。などと、丁度リフォームをご検討されている方には、お薦めです。
上記LIXILの2つのキャンペーンの締切は2月末となっています。

暖かいニャー
彼らが室内で日向ぼっこを始めると冬の到来を感じます。

皆様も、お風邪にはお気をつけくださいね。

LIXILの次世代住宅ポイント制度の特集サイトが開設しました。

投稿日:2019年09月28日

こんにちわ、今井です。
水工房でも10/19、10/20に次世代住宅ポイント制度の相談会イベントを行いますが、
タイムリーにLIXILで制度を特集したサイトが開設されました。

ポイント申請のカンタンな流れや、良くある質問に答えたQ&A集などが掲載されておりますので、
相談会イベントにおいでいただく前に見て、相談内容を絞り込む。
相談会イベントにご来店後に確認する。
など、是非参考にしてください。

(※リンク先は外部サイト:LIXILのサイトとなります)

リフォームシーズン到来?

投稿日:2019年09月26日

皆様

こんばんは。
青木です。

9月も終わりに近づき、もうすぐ消費税の増税が近づいてまいりました。
増税後の10月からは、次世代住宅ポイントの給付が始まります。
それって何?という方は、今井がご案内をさせていただいた、
10月19・20日の相談会に是非お越しください!!

秋

色々な工事で色々な特典がつくんです!!
増税前の工事が間に合わなかったという方に超朗報ですよ~!!
相談会の詳細は、前回の投稿に書かれています!

相談会は、予定があってどうしても行けないというお客様は、
お気軽にお声がけください!
詳細資料も準備万端です!!

消費税率引き上げに向けて2

投稿日:2019年07月21日

こんにちは!高野です。

毎日、蒸し暑い日が続きますね。。。

髪の毛のセットが・・・・・(;^ω^)

今回は、消費税率引き上げに向けの支援策

~リフォ―ム減税~

をお知らせします。

 

リフォ―ムでも減税制度

リフォ―ムを行う際にも減税制度が適用になることがあります!

減税対象となるのは、耐震リフォ―ム、バリアフリーリフォ―ム

省エネリフォ―ム、三世代同居対応リフォ―ム、長期優良住宅化リフォ―ム

という5つの工事。

現金を使用してリフォ―ムを実施した際に適応になる投資型減税

ローンを活用してリフォ―ムを行った時に適用になるローン型減税

固定資産税が減額になる制度があります。

2019年10月から消費税率が10%に引き上がりますが住宅取得に関しては増税後の負担を

軽減するために様々な支援策が打ち出されています!