ガーデンニングの職人技、大公開!

投稿日:2016年05月26日

この工事の投稿一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は足立区戸建てA様邸
エクステリア工事の続報をお届けします。

エクステリア…業界では「外構」(がいこう)とも言いますが、
つまるところ、建物以外の周囲の地面の部分、
塀や門扉、植栽、カーポート、そして
ガーデニングなどのお庭なども指します。

ガーデニングは「自分でじっくり取り組む派」
の方は、DIYで済ますことも多いかもしれません。

しかし!今回、現場を見て、
ちょっと考えが変わりました。

まずは、登場人物のご紹介を。。
今回工事をしている職人さん、
柔らかい物腰の近藤さんです。

IMG_0830近藤さん

養生も、いつものようにぬかりはありません!
施工時だけでなく、資材の搬入出で
ご近所さんにご迷惑をかけては
意味がありません。
これが弊社のデフォルトです!

IMG_0811養生

先のブログのように、
プランは決定済みです。

荒野邸-プレゼン

本日の工事はレンガ積みですが、
その工程を、細かく追ってみましょう。
DIY派の方は、ご参考になるかもしれません。。

職人・近藤さんのレンガ積みの技、大公開!

まずはセメントを載せます。

まずはセメントを載せます。

レンガを配置します。

レンガを圧力をかけながら配置します。力加減は経験がモノをいいます。

水平をみて調整します。

水平をみて調整します。

セメントを流し込みます。

セメントを流し込みます。

またまた水平をみて調整します。(何度も水平確認をします!)

またまた水平をみて調整します。(何度も水平確認をして細かく調整します!)

目地を押し固めるように整えます。力加減は豊富な経験が必要です。

目地を押し固めるように整えます。こちらの力加減も、豊富な経験が仕上げを左右します。

水分を含んだ刷毛で、余分なセメントを取り除きます。

水分を含んだ刷毛で、余分なセメントを取り除きます。

こんな感じで、レンガひとつひとつ、
丁寧に繰り返していきます。

結果、こんなにきれいな仕上がりに!
特に、目地のアールをご覧ください!

IMG_0825仕上がり

鉄筋を入れて補強する、ということも含めて、
このクオリティをDIYでやるのは、
さすがに難しいと思いました。

何といっても、セメントの扱いは難しく、
豊富な経験が、仕上がりを左右します。

こうした大きな部分の工事は、やはり
しっかりとしたプロの業者に頼んだほうが
全体の見た目のクオリティも段違いに上がりますので、
結果的に、ガーデニングするのも楽しくなる、
と考えます。

自宅の屋根裏部屋の壁を
DIYで左官工事をして、、、
そのクオリティの低さに
家族から集中砲火を浴びている
政所でした。(^^;)ゝ
(延々と言われ続けることになりますので…ご注意を!)

この工事の投稿一覧はこちら