快適♪ 床暖房

投稿日:2016年01月30日

こんにちは!! 中野です。

今年のは暖冬だな~~と思っていたら
はやり来ましたね(+o+) 寒波。。。 寒いです。。
ですが、水工房の板橋店事務所には
『床暖房』という強~~い味方がいます☆

思えば、ここに越してきたのは暑い夏の最中でした。
エアコンの調子がイマイチで
湯だつような毎日だったので、
床暖房があることなどすっかり忘れていたのですが…。

この冬。
この『床暖房』、大・大・大活躍ですっ!

エアコンなしでも、大概大丈夫なんです。
あったかいです♪

IMG_1257

 

 

 

※手前は、女子の味方:強力加湿器です☆

 


床暖房のポテンシャルの高さに
感激しているこの冬の私。

ナカノ、この冬初めての体感です♪

 

***********************************************

床暖房は、
床を通して発せられた「輻射熱(ふくしゃねつ)」によって
部屋全体が暖まる、という特徴があります。


つまり、温まった床が発する熱で、部屋の壁面が温まり、
天井が温まり、その熱で人が温まり、さらにその熱で
部屋の気温が上がるのです。

 

yukadan

床暖房のある部屋は、
室内温度が均一になるのも特徴の一つです。
足元だけ、天井付近だけということはありません。


■空気も乾燥しにくく、喉やお肌に優しい
■ホコリやらハウスダストを巻き上げない
■静かでクリーン

身体にやさしい「陽だまりのような暖かさ」なので
赤ちゃんのいるご家庭にもおススメかと思います^^
***********************************************
床暖房には大きく分けて
「電気式」と「温水式」の2タイプがあります。

水工房で使用しているのは「温水式」。
リンナイさんのガス温水式床暖房です。

必要なときだけガスを燃焼させてお湯を作り、
温水を循環させて床を温めてくれます。


「電気式」は、床下に暖房パネルを設置するだけなので、
施工が簡単、初期費用が比較的安い…ということで
リフォーム向きとも言えます。


床暖房っていろいろあるけど、どう選べばいいの?
と悩まれるかと思いますが、
初期費用とランニングコストから考えると…、

初期費用 : 電気式 < 温水式
ランニングコスト : 電気式 > 温水式

● リビングやダイニングや子供部屋…
複数の部屋を床暖房にする場合や、広い面積をやりたい場合は温水式。

● リビングだけ!とかキッチンだけ!
など、限られた場所だけをやりたい場合や、
一日のうち短い時間しか床暖房を使用しないという方は電気(ヒーター)式。
というのが目安になるかなと。


仕組みによって暖まり方やコストが異なるので、
暮らし方や家族構成などでコスト試算し、
自分に合ったものを選ばれるといいですね☆


ご興味を持たれましたらご相談くださいませm(__)m

あ。ちなみに、床暖房によって光熱費は上がります。
ですが、補助暖房の使用頻度が減ること、快適さから考えると
やはり床暖房、おススメです♪