開き戸を引戸に交換!アウトセット引戸工事ご紹介【文京区マンション】

投稿日:2022年04月21日

こんにちは!小島です。

今回は前回ご紹介した文京区マンションの
洗面室収納リフォーム工事と同じ現場の、
開き戸を引戸に交換した工事をご紹介します!

さっそくBefore Afterをご覧ください♪

アウトセット引戸

また間違い探しみたいになっていますね(笑)
こちらは、開きドアを引戸に交換しました!

もともと廊下にドアが集中しており、
開けるとドア同士が干渉してご不便していらっしゃいました。

通常の引戸をつけるには壁を壊す必要があり
大工事になってしまうのと、
扉を引いた先が玄関框の段差があるため、
通常の引戸はつけられませんでした。

そこで、「アウトセット引戸」を設置しました!
アウトセット引戸とは、
壁やドア枠を壊さずに、
壁の手前でスライドできるようにした引戸のことです。

 

上から見るとこんな感じです。
通常の引戸より扉が出っ張ってしまいますが、
壁を壊さずに設置できるので、
リフォームに最適です。

LIXILやパナソニックなど各メーカーにも
ご用意はありますが、
今回は既存ドアと色を合わせたかったため、
造作(オーダー)でお作りしました。

既存ドアの面材シートの品番を特定できたため、
それを取り寄せて同じ柄に!

扉には鍵も付けました。
通常は引手のある方に鍵をつけますが、
そうすると新たに枠をつけないといけないため、
悪目立ちしてしまうので少し特殊な鍵を付けました。

 

こちらは室内から見た様子。
引手と反対側の金具をプッシュして鍵をかけることができます。

 

このように金具が引っ掛かって扉が開かなくなる仕組みですね。
写真は既存ドアの金具のビス跡補修前です。
リペア工事で穴は補修したのですっかりきれいに!
↓↓

 

************

今日は開き戸からアウトセット引戸への交換工事をご紹介しました!
ちょっとマニアックな内容でしたが、
扉が並ぶマンションでは需要も多いと感じています。

ではでは小島でした~(^^♪

 

-------------

板橋区、足立区などのリフォームなら

株式会社水工房