風邪の季節になりました☆ 冬の寒さと乾燥対策はリフォームで☆

投稿日:2018年11月06日

こんにちは、中野です。

どんどん日が短くなり、寒くなってきましたね。
水工房板橋店のオフィスではすでに時折床暖房をつける日も。

昔と違ってすきま風の入る住宅は少なくなっていますが
それでもやはり冬は家中が寒いとお悩みの方も多くいらっしゃいます。

断熱リフォームや外装リフォームで
見違えるほど暖かく感じられるようになりますし、
床暖房の輻射熱は身体をポカポカにしてくれます。

調湿機能に優れた建材を使用することで
加湿器に頼らないでも快適湿度を保ってくれて、
風邪の大敵、冬の乾燥対策にもなります。

冬の寒さと乾燥対策はリフォームで叶えられます!
是非ご相談下さいネ。

*******************

さてさて、風邪やインフルエンザが流行るこの季節、
引いちゃった風邪はもとより、予防にも頼りになるアイテムが「マスク」。

その正しいつけ方があるって、知っていましたか?
つけ方によって効果も違うので、覚えておくと良いですよね!

ここでは、一般的に多く出回っているプリーツタイプのつけ方をご紹介します。

①プリーツ部分を上下に伸ばし、マスクを広げます。
②顔に当てて、ワイヤー部分を鼻に沿って曲げて密着させ、
そのまま顎の下までをマスクで覆いながら、ゴムひもを耳に掛けます。

ワイヤーのようなものが入っている方を鼻まわりにつけますが、
プリーツの向きの注目!
プリーツの折り目が「下」を向くようにつけることが大切です。

プリーツを上向きにつけてしまうと、
菌や花粉が折り目にたまってそれを吸い込んでしまい、逆効果になるのだとか!
・・・知らなかった・・・。
私はまんまと間違ってましたヨ・・・。

 

ガーゼタイプは、顔との間にすき間が生じてしまうので、
不織布タイプに比べると、効果が低くなってしまうそうですが、
おウチでの乾燥予防には良いそうですですよ!
洗濯して繰り返し使えるのもエコですよね☆