月別: 2016年10月

床の下地が出来上がりました!~文京区 マンションリフォームI 様邸~

投稿日:2016年10月31日

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。dsc_0029
今回は文京区マンションI様邸の
リフォーム工事進捗状況をご報告します。

先日はユニットバスの工事の様子をお届けしましたが、
実はその脇で、大工の工藤さんが、
着々と床の下地を組み上げていました…。

防音効果もある置き床工法です。

防音効果もある置き床工法です。

そして、ついに…

床下地が完成しました!

img_6473

 

床の下地がきっちりと完成しました。
お部屋が広いので圧巻ですね!

そして見上げれば、天井組もはじまっていました。

img_6403

 

 

 

 

 

 

骨組みになる垂木も搬入済み。準備万端です!

骨組みになる垂木も搬入済み。準備万端です!

 

 

 

 

 

 

 

 

次はフローリング、石膏ボード貼りなどの工事が続きます。。

それではまた追って、
進捗をご報告します!

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら

壁を作りはじめました!~板橋区戸建てリフォームY様邸

投稿日:2016年10月27日

板橋区戸建てリフォームY様邸の工事進捗一覧はこちら

こんにちは、政所です。
今回は板橋区戸建てリフォームの
Y様邸の工事現場の様子をお届けします!

先日防音の床下地をつくり終えて、
メープルの無垢板材を貼ったところまでお知らせした
Y様邸リフォーム工事。

今回は壁を作り、シラスの左官材を塗るための
下地造りを開始しました!

 

Y様邸の木工事を担当しているのは、
大工の池田さん。

若いのに(失礼!)熟達した技術を持ち、
そのうえ礼儀やマナーもとてもきっちりされていて、
社内からも問屋さんからも、もちろんお客様からも、
とにかく大人気の職人さんです☆

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

 

早速、現場の状況です。

img_6361

壁が着々と立ち上がりはじめています。

 

壁の石膏ボードも、どんどん貼られています。

壁の石膏ボードも、どんどん貼られています。

ここでちょっと余談です。
先日菅谷現場監督から
「防音床」の工事(床下地材)のお話をお届けしていましたが、
その端材が現場にありましたので、参考写真をパチリ☆

こんな感じでALCの上に貼られています。

表面上はグレーのゴム板のような感じですが…

 

裏側は防音素材が付いています。

裏側にはクッション性のある防音素材が付いています。

 

厚さを測ると2cm弱。ブ厚い!

厚さを測ると2cmほど。…ブ厚い!

 

 

実際に施工した床の断面は、こちらです。

img_6320

下から上に向かって順に、白いブロック状の物がALC>その上に合板>さらに防音パネル>仕上げのメープルの無垢板材です!

ALCの上に合板が貼られ、その上に
これだけしっかりした防音下地。
さらにその上には無垢板材が貼られますので、
とてもしっかりした防音床になります!

早く次の工程を見てみたいのですが、
しっかり、ていねいに作業を進めています。
もうしばしお待ち下さい!

それではまたご報告します!

板橋区戸建てリフォームY様邸の工事進捗一覧はこちら

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

文京区マンションリフォームI様邸進捗一覧

投稿日:2016年10月24日

築47年のマンションを
快適な住まいへとリフォーム中です。

※打ち合わせ時のイメージCG

築年数の進んだマンションが
こんなに快適に変わります ⇒

・窓を高断熱タイプに変えてぽかぽかの室内に
・間取りを使い勝手のよく変更
・水まわりを新しくして清潔で機能的に

2016/11/30

配線工事をしました

pb300031

2016/11/25

壁紙を貼りました

pb250020

2016/11/18

壁・天井の下地を平らにするパテ処理をしました

pb180122

2016/11/11

石膏ボードを貼りました

img_7008

2016/11/08

エアコンの先行配管が無事終了しました

pb070056

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/31

床の下地が出来上がりました!

dsc_0029

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/24

ユニットバスを設置しました!

img_6154

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/15

窓を「カバー工法」で高断熱タイプに変更しました。

img_5550

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/14

解体工事が終わり、配管工事が始まりました!

img_5208

この工事の詳細はこちら>>

 

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

ユニットバスを設置しました!~文京区 マンションリフォームI 様邸~

投稿日:2016年10月24日

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は文京区マンションI様邸の
リフォーム工事進捗状況をご報告します。

 

ユニットバスの設置工事をしました!

今回はユニットバスの設置工事をしましたので、
その一部始終をお伝えします!

ユニットバスは一回納まってしまうと、
表荷出ている面だけしか見ることが出来ませんので、
なかなか見られないかもしれません。。

それでは早速、工事開始です!

 

文京区I様邸のマンションは、1968年築。
今から48年前に竣工した建物です。

タイルやブロック壁など、当時ならではの建材が使われていますが、
これらは必要以上には壊さず、一部を残しながら施工をしています。

ユニットバスの部分もこれに該当していまして、
浴室のタイル壁は壊さなくても十分なスペースが取れるため、
強度を検証のうえ、一面は残したまま工事を進めています。

 

浴槽を設置します。

浴槽を設置します。

柱を立てます。

壁の裏側にある配管をつなげておきます。

壁の裏側にある配管をつなげておきます。

壁の裏の配管が完了。

壁の裏の配管が完了。

柱にあわせて壁をはめます。

出入りするドア枠もつけます。

水平・垂直をみながら壁を固定します。

水平・垂直をみながら壁を固定します。

梁欠き部分も含め、天井を載せて固定します。

梁欠き部分も含め、天井を載せて固定します。

水平・垂直をみながら天井を固定します。

水平・垂直をみながら天井を固定します。換気扇など電気まわりも設置します。

img_6053

表に出てくる水栓金物や鏡などを取り付けます。

仕上げにコーキングを打ちます。

仕上げにコーキングを打ちます。

養生をして完成です!

これでようやく完成です!
掛かった時間は丸一日でした。

ユニットバスを構成する各部品は
思ったよりもコンパクトに設計されていて、
マンションのエレベーターが狭かったり、
玄関や通路が狭くても搬入に問題ないように作られています。

また、ユニットバスだけ入れ替える場合でも、
狭い出入り口周辺の壁を壊すことなく、
入れ替えができるように
部品は細かく分かれていました。

 

意外と簡素な印象を受けましたが、いやいや、
ここにたどりつくまで、メーカーの技術者があらゆる技術を駆使して、
また長年の試行錯誤を繰り返して、
ようやくここまでコンパクトに効率良く
リフォームできるようになったそうです。

しかも「魔法瓶浴槽」をはじめとした高い断熱性能や
水はけの良い「からり床」、ごみを取り出しやすい排水口など、
過去の浴室とは比較にならないほどの、

さまざまな優れた機能がぎっしり凝縮して詰め込まれているのです!

それではまた追って、
進捗をご報告します!

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら

床に美しいメープルの無垢板材を貼りました!~板橋区戸建てリフォームY様邸

投稿日:2016年10月23日

板橋区戸建てリフォームY様邸工事進捗一覧はこちら

こんにちは、小島です!

今日は板橋区にありますマンション群のサンシティにて、
完成内覧会2日目でした。
ご来場の皆様ありがとうございました!

このまま内覧会のご報告と行きたいところなのですが、
今回は現在施工中の、同じく板橋区でリフォーム工事をさせて頂いているY様邸の進捗状況をお知らせします。
★★★★★
現在Y様邸は絶賛床工事中。
無垢材がお客様の強いご要望だったので、
メープル材を提案させていただきました。

メープルは、肌色に近い優しい色合いと
きめ細やかな質感が特徴です。
こちらが採用したフローリングのサンプルです。

img_0057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やや硬めなので、杉やパインと比べて
傷やへこみもつきづらくなっています。

床材として一般的な樹種ではあるのですが、
無垢のものはやっぱり違う!と、
施工中の現場を見て実感しました。

img_0046

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが無垢のメープル材です。

自然なツヤと色むらがきれいですよね!

やはりこうして貼ってみると、
サンプルで見た時の印象とはまた違ってきます。

★★★★★

床が貼り終わって壁ができれば、
壁の左官工事やキッチンの設置工事に入っていきます。

壁に使うのは、火山灰を原料にした
「シラス」という左官材です。

dsc02854

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調湿や消臭といった効果があり、100%自然素材でできています。
今回の内覧会の会場でも採用した商品です。

メープルの床材と合わせるのが楽しみです!

そのあたりは今後またご紹介していきますのでお楽しみに!

ということで小島でした~(^^♪

板橋区戸建てリフォームY様邸工事進捗一覧はこちら

防音マットを施工しています。~板橋区戸建てリフォームY様邸~

投稿日:2016年10月22日

板橋区戸建てリフォームY様邸工事進捗一覧はこちら

施工管理の菅谷です。

 

板橋区Y様邸、無垢の床材の下地に防音マットを施工しています。

Y様邸は戸建てですが、床がALCパネルのために直接床材の施工が出来ません。

またY様より階下への音対策として、防音施工をご希望いただいておりました。

通常は置床工法で施工しますが、置床工法ですと床下の最低寸法が55mm必要で、

Y様邸ではかなりおおきな段差が出来てしまいます。

そこでこの防音マットを選択。厚さは22mmですが防音等級LL40の防音効果を得ることが

可能な商品です。

pa220042pa220053

 

 

 

 

 

 

 

防音効果と床下の高さ、この二つの問題を両方解決する防音マット施工で次の工程へと進みます。

板橋区戸建てリフォームY様邸工事進捗一覧はこちら

江戸からかみの襖が入りました!~板橋区マンションリフォーム サンシティ M様邸~

投稿日:2016年10月21日

みなさんこんにちは、政所です。
今回は板橋区サンシティM様邸の
リフォーム工事の進捗をお知らせします。

まもなく工事完了で、
お引渡しの予定ですが、ここで、

江戸からかみの襖が到着しました!img_5731

 

「江戸からかみ」とは、和紙に様々な装飾を施して作られた伝統工芸品です。
平安時代から続く歴史があり、和紙に版木の文様を写しとる技法が特徴です。

M様邸では派手な模様こそありませんが、
シンプルでモダンな家具にぴったり。
近づくと、和紙ならではのテクスチャーが
心を和ませてくれます!

 

そのほか、これまで紹介しきれなかった部分をお届けします。

使い勝手抜群!の、オーダーメイドのキッチン収納

img_5810

img_5807

今回特注で造作した食器棚の下台には、
台車つきのトレーを仕込みました。

漬物樽や果実酒の瓶など、
重量物を置いてもこれなら楽に取り出せます!

 

洗面脱衣室にロールカーテン

 

img_5664

img_5748

img_5750

洗面室の扉を開けるとロールカーテンがあり、
その奥には左に洗濯機、右に温水器があります。

使わないときは隠す、
でも使うときはすぐにアクセスできる、
そんなメリハリが素敵です!

いよいよ完成です!

なお、M様邸では10/22(土)-23(日)に見学会を予定しております。

優れた温熱環境、壁の素材で調湿されたきれいな空気などなど、ぜひ体感してみてください。

皆様からの見学のご予約、お待ち申し上げます!

 

https://suikoubou.co.jp/tour/kengaku20161022

 

板橋区Y様邸の工事が始まりました!~板橋区戸建てリフォームY様邸~

投稿日:2016年10月18日

板橋区戸建てリフォームY様邸工事進捗一覧はこちら

こんばんは、小島です!

一気に寒くなったと思ったら、今日はなんだか暖かいですね。
先週くらいからすでにヒートテックを着ているので、
若干汗ばむくらいです。
★★★★★
さて、10月から板橋のY様邸の工事が始まりました!
3階建ての戸建て住宅の2階部分の改修です。

住みながらのリフォームなので、
お客様のご希望により、2期にわけて工事いたします。

1期工事は、リビングと和室をつなげて18畳ほどの大きな空間に。
また、お料理好きの奥様念願の最新のキッチンに入れ替えます。

こちらが解体前の様子です。

img_4897

img_4864
そして解体!
img_5079
大きな空間になりました。
これが全部リビングになるんですね。
この日は、対面キッチン工事のために、
TOTOさんの職人さんが来て現場で打合せです。

対面側には、造作家具がついたりもするので打ち合わせは慎重に・・・。

1deac813

おっ、この写真の小島、仕事してるっぽくないですか!?(笑)
(もちろん真面目に打合せに参加していましたよ♪)

現場監督の菅谷にかっこよく撮ってもらったので載せてみました(笑)
★★★★★
これから一気に壁が立って、完成に近づいていきますので、
(なるべく)随時お知らせします!

ではでは小島でした~(^^♪

板橋区戸建てリフォームY様邸工事進捗一覧はこちら

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。

板橋区戸建てリフォームY様邸進捗一覧

投稿日:2016年10月18日

ご夫婦お二人のあたらしい暮らしに向けて、

“ご夫婦らしい”居場所にリフォーム中です。

ysamateildk

これからのご夫婦お二人の住まいは、
こんなに快適に変わります ⇒

・シラス左官壁でいつもきれいな空気に
・ピアノ演奏を楽しめる広々としたリビング
・素足が心地よいメープルの無垢板材
・使い勝手にこだわった多機能キッチン
・押入をウォークインクローゼットに造り替え

2016/11/5

シラス左官壁の工事をしました!

img_6648

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/27

壁を作りはじめました!

img_6377

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/23

床に美しいメープルの無垢板材を貼りました!

img_0046

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/22

防音マットを施工しています。

pa220042

この工事の詳細はこちら>>

2016/10/18

板橋区Y様邸の工事が始まりました!

img_4897

この工事の詳細はこちら>>

 

窓を「カバー工法」で高断熱タイプに変更しました。~文京区 マンションI 様邸~

投稿日:2016年10月15日

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら

みなさんこんにちは、政所です。
今回は文京区マンションI様邸の
リフォーム工事進捗状況をご報告します。

 

窓をカバー工法で取り替え工事をしました!

「カバー工法」とは、単純にいうと、
「今あるものの上に部材を重ねる工事」で、
いろんな部位において、カバー工法が存在します。
たとえば…

屋根のカバー工法だったり…

外壁のカバー工法など。

外壁のカバー工法など。

そして、今回は窓です。

mado-cover

窓の「カバー工法」では、genkan
今まで使っていた窓のレールや枠を残しながら、
さらにその中に新しいレールを付けて、
新しい窓を入れる工事になります。
(ちなみに玄関ドアにもカバー工法があり、
それも窓と似た感じで枠を活かします。右図ご参照ください)

注意点は、窓がひとまわり小さくなることと、
マンションの管理規約によっては工事ができない
(変更してはいけない部分にあたる)こともある、という点です。

今回の文京区I様邸のマンションの管理規約では
カバー工法OK!でしたので、
ご提案させていただきました。

施工を担当するのは、建具(窓、ドア、扉)を
専門に扱うエキスパートの職人さんたちです!

まずは今までの窓を…

まずは今までの窓を…

取ります!(レールは残します)

取り去ります!(レールは残します)

残ったレールの上に、ジョイント金物を取り付けます。

残ったレール・枠に、ジョイント金物を取り付けます。

ジョイント金物は、こんな感じです。この上に新しいレールが載ります。

これがジョイント金物です。この上に新しいレールが載ります。

いよいよ新しいレールを付けます。

いよいよ新しいレールを付けます!

あらかじめ四角の枠に組み立てておき、それをはめます。

新しいレールはあらかじめ四角の枠に組み立てておき、はめ込みます。

下にスカートのような雨よけを付けました。新しいレールが光っています!

ピカピカの新しいレールが付きました!下のスカートのようなものは、新しい雨よけです。

FIX窓部分の拡大。傷んでいるのが古いレール、グレーがジョイント金物、白っぽいのが新しいレール&窓です。

FIX窓部分の拡大。一番外側の傷んでいるのが古いレール、グレーがジョイント金物、白っぽいのが新しいレール&窓です。

完成しました!あとはコーキングをして窓は終わりです。

ひとまず完成しました!あとはコーキングをして窓は終わりです。

ぱっと見は簡単な工程に見えるのですが、
実際のリフォームの現場では、元の窓枠(レール)が経年によって歪んでいることも多く、
右端と左端で高さや幅が違ったり、中央部分で弓なりになっていたりねじれていたり…。

ということで都度都度、現場合わせで
部材を削ったりすることも多く発生します。

今回は履き出し窓2つをカバー工法で工事しましたが、
この部分の施工は1日半掛かりました。

そんな時に大活躍するのが、こちら。カメラではなく「水平器」です!

現場合わせで大活躍するのが、こちら。カメラではなく「水平器」です!赤いラインが光り、水平を出してくれます。

頻繁に計測します。

都度都度計測しながら、慎重に作業を進めています。

どうしても納まらないところは、部材をサンダーで削ります。ミリ単位の細かい調整をしました。

どうしても納まらないところは、部材をサンダーで削ります。ミリ単位の細かい調整を何度も繰り返しました。

このように、窓の断熱化にも多彩な方法があり、
ライフスタイルやご予算に合わせて、いろいろ選べます!

それではまた追って、
進捗をご報告します!

文京区マンションリフォームI様邸の工事の進捗一覧はこちら

>>大がかりなリフォーム スケルトンリフォームの工事費用、工事方法、工事事例については「スケルトンリフォーム」のページでご案内しています。