M様邸 硝子交換

投稿日:2018年10月28日

こんにちは村上です。

今日は北区滝野川の戸建てにお住まいのM様邸のご報告です。

工事の内容は窓ガラスの交換になります。

家具をぶつけてしまったとのことで、窓ガラスにヒビが入ってしましました。

 

網入りのガラスで不幸中の幸いです。

網入りガラスでないと、ガラスが飛散したり、落ちてきたりし怪我をしていたかもしれません。

 

ところで、網入りのガラスはなぜ網が入っているかご存知でしょうか。

網入りガラスは防火上必要な設備になるからです。

火災時にガラスが飛散し、周りに延焼しないためにあります。

とっても重要なガラスなんです。

 

ただ、網が入っていることで何にもしていなくても割れる事があります。

原因は熱膨張です。

ガラスは寒かったり、暑かったりで膨張・伸縮はしません。

しかし、網は膨張・伸縮します。

そのため、ガラスがその膨張に耐えられず割れてしまうのです。

 

窓ガラスの前に物を置いていたり、エアコンの外機の熱がかかる位置に置かれていたりなど

様々な条件で網入りガラスは割れてしまいます。

窓ガラスの周りに何もなくとも、熱といった自然条件化でも割れます。

ただし、網が入ってますので飛散などはしませんので、ご安心ください。

 

このように網入り窓ガラスの特性上何もしていなくても割れてしまうのは本当に困ります。

でも、ご安心ください。

皆さまは火災保険に加入していますでしょうか。

この窓ガラスの破損は火災保険で対応出来る可能性があります。

いま現状、割れている方。割れるのを心配な方は

一度加入している火災保険の確認をお勧めいたします。

全額出ることもあります。

 

さて、M様邸の硝子交換です。

 

こちらが割れている既存のガラスです。

硝子交換の為、アルミのフレームを外します。

こちらが新しいガラス。M様邸の硝子はペアガラスの為、とても重たいです。

2人ががかりで3階まで搬入します。

 

フレームに新しいガラスをはめ込みます。

完成

 

もし窓ガラスが割れた場合は、保険屋さんと工事店さん両方へお声掛けください。

工事までの流れは、

まず工事店さんが保険屋さんへのお見積を作ります。

お見積りを保険屋さんに渡し、OKが出れば

工事の手配となります。

 

以上 村上でした。