トイレのエコカラット工事が完了しました~板橋区加賀I様邸~

投稿日:2017年07月12日

 

こんにちは!小島です。
先日、板橋区加賀のI様邸にて、
トイレのエコカラットの工事がありました。

 

何度もご紹介しているエコカラットですが、
別に私がごり押ししているわけではありません(笑)

 

ですが、お客様の方から使いたいとご要望をいただいたり、
湿気やにおいが気になるというご相談にこちらからご提案したりという形で、
結果的に採用させていただくことが多くなっています。

 

最近は本当に種類も増えていますので、
お客様の様々なお好みにお答えできるようになっています★

 

今回は、においが気になりがちなトイレでの施工です。
空間が小さい分、1面に貼るだけでかなりの効果を実感していただけると思います。
(トイレなら1㎡以上が推奨です)

 

完成イメージはこちら!

エコカラットプレゼン

イメージ通りできるかワクワクドキドキ・・・

 

IMG_3473

 

今回はクロスの上からの施工です。
まずは、クロスが浮いてこないようにタッカーでしっかり留めます。

 

 
IMG_3474

 

上下で2種類のタイルを貼り分けるので、
上部に接着剤を塗っていきます。

 

 
IMG_3475

 

まんべんなくきっちりと塗れました!
この状態もアートのようできれいだな~といつも思います。

 

 
IMG_3476

 

そしてタイルを貼っていきます。
今回は上から真物(まもの)で貼っていきました。
真物というのは、材料を切ったりせずそのままの状態のことです。

 

タイルは今ある壁や床の寸法に合わせて貼ることがほとんどなので、
どうしてもどこかはタイルをカットしなければいけません。
それをどこに持ってくるかということも意外と見栄えに影響するので、
細かい部分はきちんと現場で職人さんと打ち合わせをして決めています。

 

 
IMG_3478

 

だんだん全体像が分かってきましたね。
このボーダー部分のタイルは、「ファンシーモザイク」という名前の
きらきらのラメが入ったエコカラットです。

 

IMG_3488
main

 

表面に凹凸があるので、光が当たるとゆらゆらと波が立ったように見えてきれいです。

 
そんなこんなで完成したものがこちらです!

IMG_3480

イメージ通りに仕上がりました!
まだ便器や床が既存のままなのが残念ですが・・・

 

便器は、従来のタンク式のものから、
すっきりとしたキャビネットつきのものに変わります。
今まであきらめていた部分のお掃除のお悩みもなくなります♪

 

IMGP3507

 

★★★★★

 

こちらのI様邸は、トイレ以外にも洗面・お風呂のリフォームもさせていただいたので、
次回そちらもふまえて完成後の様子をお伝えいたします!
統一感のあるホテルのような空間に仕上がる予定ですよ~♪お楽しみに( *´艸`)

 

ではでは小島でした~(^^♪

 

工事完了しました。 足立区戸建て改修工事

投稿日:2017年07月08日

施工管理の菅谷です。

関東では30度を超す暑さが毎日続いていますが、九州や四国地方では大雨による大きな被害

のニュースが報道されています。何十年に一度の災害、という言葉を最近では毎年聞いているような

気がしていますが、まずは被害にあわれた方々に心よりお悔み申し上げます。まだまだ雨は続きそう

です。今後大きな災害などが起こらなければと願っています。

 

さて、以前よりご報告していました、戸建て改修工事が無事終了いたしました。

リビング壁面にテレビを組み込んだこのような収納を設置しました。

 

P6300374P6300377

 

 

 

 

 

 

 

前面に扉があり見た感じとてもスッキリと見えます。

職人さんたちの力の結集でとても良い仕上がりになったのではと感じています。

豊島区N様邸 造作家具搬入取付

投稿日:2017年07月06日

こんばんは、半田です。

先日、9年前にスケルトンリフォームをさせて頂きました、

豊島区N様邸の造作家具の搬入取付立ち合いをしてきました。

年々物が増えてきて、今回はCDや雑誌・本等を収納する棚をオーダー

頂きました。

設置場所を採寸し、より多く収納できる様、家具職人さんと考え、ご提案しました。

IMG_0039[1]  IMG_0038[1]

CDは引出収納にすることで、

70~80枚程を収納でる様設計し、上部は可動の棚板で雑誌や

本のサイズに合うようにセッティング出来る様にしました。

オーダー家具でしたら、少しのスペースでも有効に活用できるので、

収納場所にお困りの方にはお勧めしたいです。

S様邸 お引渡し完了

投稿日:2017年07月01日

こんにちは村上です。

板橋のS様邸のお引渡しが完了致しましたのでご報告を致します。

鉄骨造3階建ての建物になります。

1階・2階はお施主様が住まわれ、3階は賃貸を前提として工事をさせて頂きました。

当初、4月中ごろに着工し、7月1週目から2週目までの工事期間を考えておりましたが、

現場監督さんや職方さんの頑張りにより、6月30日にお引渡しをすることが出来ました。

早目にお引渡しが出来ましたので、3階の賃貸部分に借り手が付けば、より早く家賃収入を得られますので

お客様も大変喜ばれておりました。

IMG_3556 IMG_3578 IMG_3474

 

当初、室内はかなり傷んでおりました。壁面からの水漏れや湿気で、壁の下地まで、、、、

ご予算の兼ね合いもありますので、活かせる箇所・更新する箇所をしっかり吟味して解体・造作となりました。

特に外周面は湿気がひどい為、しっかりと断熱をし内窓を設置致しました。

0629 172

元の窓が変形窓の為、変形の形通りには内窓は対応できません。窓と窓の間に帆建てを建てて取り付けました。

IMG_1810 0629 123

内装もしっかりと模様替えをし、こんなにきれいになりました。

0629 147 0629 114 0629 149

賃貸部分は備え付けの収納を増やし、設備機器を更新致しました。

エアコンやウォシュレットも備え付けです。

この度は、賃貸部分がありましたので板橋の不動産屋さんのご意見を聞き、いかに高い家賃収入を得られるか・いかに稼働率を上げるかにも

お施主様とご相談させて頂きました。

その為の、1階~3階までの予算の割り振りや設備機器のグレードなど細部にいたるまで打合せをさせて頂きました。

結果として、当初3階部分のお施主様の想定されていたご予算は150万円ほどでしたが500万程にまでなりました。

しかしながら、2年程で回収できるプランとなっております。

このように弊社では、個人のオーナー様へも不動産屋さんと一緒になってプランをしております。

良い環境であれば、良い家賃を得られます。稼働率も上がり、質の良いお客様が借り手になります。

そのためには、良い投資をしなくてはなりません。

ここの予算感やご提案は不動産屋さんと一丸となってやらさせて頂いたからこそです。

 

空いているマンション・戸建を賃貸でとお考えのオーナー様がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。

 

村上

 

 

 

 

 

 

板橋区U様邸こだわりあるお住まい!!~フルスケルトン~塗装工事(ガイナ)について

投稿日:2017年07月01日

こんにちは、河北です。

ジメジメした日がつづいていますが夏生まれだからか、暑さに強いのであまり汗をかかずに

働いています。(汗をあまり掻かないので、残念ながらまわりからは頑張っている感が少なく感じるそうです。)

今回は以前から記載しています、板橋区マンションスケルトン工事の塗装工事についてお伝えいたします。

大工さんに塗装ができるようベニヤやボードを張ってもらい、塗装工事(ガイナ)に移ります。

今回お客様のご要望により、あまり耳にした事がない方が多いかと思いますがガイナ」という塗料

使用しました。

正直わたしも初めて知るものでした。

ガイナとはオフィシャルサイトによりますと

ガイナは、特殊セラミック層で構成されています。 この特殊セラミックが、周辺温度に適応する性質があり、その結果、熱の均衡化をもたらし、熱の移動を抑える働きをします。

JAXA (国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)の断熱技術を応用し、塗装で断熱ができる

「断熱セラミック ガイナ」を開発しました。

断熱・保温・遮熱・遮音・防音・消臭・耐久・防露・不燃の効果があるそうです。

その塗料が下記の写真です。

033 143

031 032

178 035

数回ぬりまして、このような仕上がりとなりました。

模様は何パターンかあります。

個人的にクロスが多い中、このような機械的モノではなくハンドメイドの仕上げ、かつ機能性があるモノ

を使用するのが好きですので良い仕上がりでした。

以上、塗装工事についてでした。ありがとうございました。

工事進行中です。 足立区戸建て改修工事

投稿日:2017年06月26日

施工管理の菅谷です。

着工前の養生をいたしました足立区戸建て改修工事現場、解体工事も終わり

現在大工さんと電気屋さんが下地や配線の作業中です。

P6260131

この壁面には造作家具を設置予定で、固定の為の木下地を入れています。

中央には壁掛け式でテレビを設置予定です。

照明機器も間接照明がメインになる為、天井を開口し配線をしています。

引き続き内装屋さんが入りクロス貼りの作業が始まります。

室内もガイナ塗装お奨めです  板橋区U様 

投稿日:2017年06月23日

こんばんは、半田です。

先日、板橋区U様邸 室内の壁仕上げにガイナ塗装を実施致しました。

ガイナって?と思われる方も多いと思いますが、

多機能・効果がとても期待できる塗料です。

「ガイナ」は、日本の宇宙ロケット開発技術を応用して生み出された商品なのです。

JAXAで打ち上げるロケットの先端にはガイナが使われていて、大気圏突入時の高温度から

機体を守っている断熱塗料です。

一般的には、外壁や屋根(おもに外部)に塗装をして、断熱・遮熱効果を期待する

塗料ですが、この度室内の壁に使いたいと、お施主様のご要望で施工させて頂きました。

 

水工房でも室内は初チャレンジ

033 031

ローラーの塗目がなくなるまで、何度も塗重ねて仕上げました。

177 178

 

室内に塗装をするとどんな効果があるの?

沢山の機能・効果があり拙い私の説明よりも

詳しくは、ガイナのホームページでご覧ください。

 

今後は、住んでみての効果や、クロス仕上げだった時と比較しての感想を

是非伺いたいと思っております。

着工前日の室内養生をしました。 足立区戸建て改修工事

投稿日:2017年06月20日

 

施工管理の菅谷です。

 

私共水工房では基本的に解体着工日前日に室内の養生作業をさせていただいております。

解体当日朝からの養生や家具移動ではバタバタしてしまい、しっかりとした養生作業が行え

ませんし、解体作業自体のスタートも遅くなってしまいます。

この養生にどれだけ手間をかけられるのか、それにより施工中の家具や施工範囲外への

ホコリや傷を防ぎ、余計なご負担をかけずにすみます。

また前日にお伺いをさせていただき、施工範囲を最終確認し、打合せ時に見落としが

無いかの確認もさせていただきます。

 

P6190118 P6190102

今回は残す箇所と解体する箇所がありますので大工さんの手で解体作業を行います。

明日からスタート、よろしくお願いします。

 

追伸、玄関先のお庭にて

P6190132P6190131

孵化したばかりのトンボが羽を乾かしていました。

夏です。

 

 

 

 

板橋戸建3階建 S様邸

投稿日:2017年06月17日

こんにちは村上です。

板橋のS様邸ご報告。

室内をリフォームさせて頂いていますが、屋上からの水漏れが発見されました。

もともと、5年前に他社にて防水工事済みでしたが今現在の状態はかなり悪くなっておりました。

今回、S様と屋上防水をやるかどうか、とのお話もありましたが予算の関係上後日工事にする事となっておりました。

しかしながら、現状水漏れがあるとせっかく室内をきれいにしても、台無しです。

 

208207

防水が切れていたり、膨れていたりとしています。

先にお話ししたように、予算の関係上、全てやりかえることは出来ません。

ので、今回は部分的な補修工事をする事としました。

279 282

 

怪しい箇所を補修していきます。

そしてこの上から同色の防水材を塗布していきます。

 

今回は、予算の事もあり補修で行いましたが、S様も近い将来に全面的な防水工事をするとの事です。

 

 

今回は防水のお話しでしたが、家というものは適したメンテナンスや改修をしないと、

どんどんダメになっていってしまいます。

しかしながら、どうしたら良い工事店と巡り合うことが出来るのかというのも大きな課題ですね。

以前、住設メーカーの営業さんから聞いたことがあります。

ショールームでキッチンのプランをするお客様の6割がどこに工事をお願いしたら良いか解らない、といった集計結果があるそうです。

私たちは、商品に値札を付けて買って頂く仕事ではありません。

これから、工事をする、まだ目に見えないものを買って頂いております。

良い工事店を見つけるためには、表面上の見積り金額だけではなく、その工事店の歴史や従業員の人間性を見定める必要があるのかもしれません。

結局は人と人の信頼関係で成り立っていると思います。

水工房としましては、『お客様の為に』が基本です。

 

村上でした。

 

 

 

 

 

 

板橋区U様邸こだわりあるお住まい!!~フルスケルトン~内装工事(クロス)について

投稿日:2017年06月14日

こんにちは、河北です。

6月も中旬となり、梅雨いりしたそうです。

傘をよくなくす為、晴れていたので油断してたら急に雨が降ってきたり、夕立にあったりしてます(笑)

今回も以前から記載しています、板橋区マンションの工事についてお伝えいたします。

床工事やボード張りの大工工事がおわりましたら、内装工事(クロス)に移ります。

ボードの継ぎ目や石膏ボードを止めるビス穴を埋めるのにパテ打ちを施工します。

パテ打ちとは・・・壁紙を貼ったときにボードの継ぎ目や不陸、ビス穴がわからないようにする為の作業です。

つまりは仕上がったときにキレイにみえるようにするための下準備です。

パテ打ちをし、不陸をなくすためペーパーをかけクロスを貼っていきます。

015 (2) 010

0523 003 0529 001

0523 001 022

024 020

こんな感じで仕上がりました。

こちらのお宅は左官仕上げや塗装仕上げもあるので、またお伝えいたしま~す。