マンホール ふた

投稿日:2013年12月18日

こんにちは。

施工管理の菅谷です。

 

以前ラジオ番組で、マンホールのふたのデザインが各自治体でそれぞれ違い、

その市町村区の特徴が現されており、それを追いかけて日本全国旅して探している、

というゲストの方が熱いトークをされていました。

下水道管の保守点検にはなくてはならない大切なものですが、

普段の生活ではほとんど気にしません。

注目されるのは台風や大雨で下水が流れきれず、ふたが持ち上がっている時ぐらい

ではないか、と思います。

 

ネットで 『マンホール ふた』  と検索をしたら沢山いました。

マンホールに魅せられている人が。

設備工事を得意とする我社として、これを放置しておく訳にはいきません。

これからは 【マンホール ふた部】 として活動していきます。

 

 

そこで第1回目。

DSC06386

草加市のふたです。

草加市松原にある草加のシンボル橋がデザインとなっています。

いきなりクオリティーの高いデザインと出会いました。素晴らしい。

 

 

ちなみに、 『マンホール』 と普通に使っていましたが、

man(人)とhole(穴)を組み合わせた言葉で、人が作業の為出入りすることが出来る

大きさのものということでした。

まだまだ知らないことが沢山あります。

 

次はどこの現場で出会えるのか、楽しみが増えました。

 

光冷暖房

投稿日:2013年12月04日

こんにちは。

施工管理の菅谷です。

お久しぶりです。

 

さて、同じ研修会や勉強会に参加している株式会社アースさんの物件に

光冷暖房を設置しました。(光冷暖房システムとはこちら

DSC06338

 

お客様やかかわっている皆さんに喜んでいただけるよう

スキルアップを目指します。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

将来のことを考えて。

投稿日:2013年10月18日

こんばんは。

施工管理の菅谷です。

 

 

浴室の排水配管の作業中です。

施工図面の位置をもとにさや管を固定しています。

DSC06180

 

基礎コンクリート打設の後、排水配管をセットしました。

 

DSC06194

 

配管を直接埋設した場合、コンクリートを壊さなければ補修・点検は

難しいのですが、コンクリート内にさや管を埋設し、その中に配管を

通しているので、構造躯体に影響を与えずに将来の管の補修・点検が可能です。

 

 

仕上がりました( ^^) _U~~

投稿日:2013年10月12日

こんにちは!!
現場の田邉です。

10月なのに暑いですねぇ(;O;)
僕は未だに半袖生活です。
そんな中、先週紹介させていただいた屋根工事が仕上がりました(^○^)!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋根屋さんお疲れ様でした。
今回使わせていただいた屋根材は少し変わっていまして、
ガルバニウム鋼板に天然石を吹き付けてあるLIXILさんの商品で
Tルーフというものです。

鋼板の屋根の特徴である軽さを維持つつ、この風合い!!

もう一度言います。。。
この風合い\(◎o◎)/!!!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

耐震のことを考えると屋根は軽いほうが良いのでリフォームの際には
耐候性も高いガルバニウム鋼板をおススメすることが多いのですが、
どうしても平板を葺くので瓦のような凹凸感は出ません。
(個人的にはガルバニウム鋼板の無機質な感じは好きですが・・・)
でも瓦はリフォームには不向き。

そんな中これは良いですね!!おススメです。

ではまた。

雨との戦い

投稿日:2013年10月07日

こんにちは!!
現場の田邉です。
今回は9月の某日より工事させていただいてる
屋根吹き替え工事を紹介させていただきます(^○^)

まずはこちら↓
DSC_1113 (640x480)

古い屋根の仕上げを剥がしています。

そして~↓
DSC_1125 (640x480)

綺麗に剥がし終わったところです。
ここまでで1日(@_@;)

2日目、大工さんに↓
DSC_1171 (640x480)

補強も兼ねて合板を上貼りしてもらいました。
(場合によっては行わない場合があります)

そして夕方には屋根屋さんが来て↓
DSC_1193 (640x480)

ルーフィング(屋根用の防水紙)を貼ってもらいこの通り\(◎o◎)/!

ここまで来て雨が降っても大丈夫( ^^) _Uという状態になります。

屋根の工事は雨との戦いです。
外回りの工事は常に天気予報とにらめっこ状態ですが、
屋根工事は雨に降られると、もろに影響を受けるので特に短期集中で行います。

今回は台風がすべて雨雲を持って行ってくれた後の工事でしたので安心してできました。
只今、屋根屋さんが一生懸命仕上げ葺きをしています。
もう少しで仕上がりますのでまたUPしますね(^○^)

・・・ここからは余談です・・・
ワタクシ現場監督たるもの、住まいに関する知識は深く知っておくのはもちろん
その周辺の知識(家電であったり、虫の生態であったり・・・)も浅くとも幅広く知っておく
必要があると心がけ日々精進しているつもりです。
その中で不可抗力で詳しくなってしまったものがあります。
それが「天気」です。
現場近辺の雲の流れを予測したり、
最近では天気図まで読むようになってきています・・・(@_@。
・・・不可抗力です・・・
ワタクシはいったいどこに向かっているのかと疑問に思うこともありますが
役に立っているので良しとしますか(^_^;)

ではまた。

音対策

投稿日:2013年10月07日

おはようございます。

施工管理の菅谷です。

今からさかのぼること126年前の今日、横浜で日本初の近代的水道設備が

配水を始めた記念すべき日です。

初めて知りました。

 

北区 N様邸改修工事、ここしばらくの雨にも負けず

順調に進行しております。

DSC06070

 

さて、このグレーの配管は2階の排水配管です。

1階の天井が出来上がれば隠れてしまいます。

 

DSC06090

黒くなっています。

これは排水管の遮音と結露対策の為、シートを巻いた状態です。

上階・下階でお互いが気を使わずに設備機器を使える様、

この小さな作業がご家族の今後の住み心地に関わってくると考え

施工しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隠れてしまいます。

投稿日:2013年10月01日

こんにちは。

施工管理の菅谷です。

通勤時、今日は学生さんが少ないな~と思っていましたが

今日10月1日は東京都民の日。

公立学校はお休みなんですね。納得しました。

通学時間帯にかなり激しい雨が降っていましたので、

東京の学生さんはラッキーでしたね。

 

DSC06038

 

 

文京区で施工中の設備配管です。

洗面室になりますが、もともとあった配管はすべて撤去し

水・お湯・排水配管を新規で施工しています。

水圧試験で漏水が無いことを確認したら、大工さんが床下地を

施工し、隠れてしまいます。

この隠れてしまうところが何よりもお客様のご心配になられるところ、

との認識で施工しております。

 

 

 

これは何でしょうか(^○^)

投稿日:2013年09月28日

こんにちは!!
現場の田邉ですm(__)m

今回は不思議な道具シリーズです。
勝手にシリーズにしてみました(@_@。

さてこれは何でしょうか↓
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チクタク・・・

・・・チクタク・・・

・・・・・・チクタク・・・

・・・・・・・・・チーン!!

正解は鉄板を綺麗に折る道具でしたぁ(^○^)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

板金屋さんの道具で↑のように滑らせて使います。
板金加工はいかに切らずに継がずに1枚で形を作って行くかが重要になります。
鉄板で折り紙をしているようなものですね\(◎o◎)/!

職人さんの道具には不思議で便利なものがたくさんあります。
シリーズ化したからにはまた便利・不思議道具を紹介ますね。

ではまた。

作ってみました!!

投稿日:2013年09月24日

皆様、お久しぶりでございます<m(__)m>
現場の田邉です。
みなさんはお元気してましたか??
今回はこんなものを作ってみたのでUPしてみました( ^^) _U~~

ジャン!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さてこれはなんでしょう?
決して特大のティッシュケースではございません。

正解は~~~
:-)
(-:-)
\(◎o◎)/!

プランターケースでした(^○^)
お客様にご依頼いただき作成しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プランターそのままだとちょっと味気ないなぁというときには良い方法です。
この方法を応用してエアコンの室外機をカバーしている方も見かけますね。
(ファンを塞がないように注意してください)
ガーデニングやDIYが流行している昨今です。
こういう小物(?)から挑戦してみてはいかがせしょうか(^_^;)

ではまた。

陥没してます。

投稿日:2013年09月24日

施工管理の菅谷です。

DSC05406

この写真、どういう状態かわかりますか?

じつは給水配管の漏水による地盤の陥没なんです。

すぐに気付いて対処できれば良いのですが、

水道検針の際に水道使用料の大幅アップで指摘を受けて

気付くことが多く、それから修理のご相談をいただくことが

多いのが実際です。

また、マンションにお住まいの方の場合、階下へ多大な迷惑をかけてしまいますので

時々はご自宅の水道メーターをお調べすることをおすすめします。

調査は簡単で、水道を使用していない状態で水道メーターのパイロット(銀色の丸いこま)

が回転していなければ大丈夫です。

逆に使用していない状態でパイロットが回転している場合には、水道メーターから蛇口までの

どこかで漏水している疑いがありますので、ご心配の場合にはお早めにご対応下さい。