仮住まいについて

リフォーム工事に関わる気がかりな点の一つに「工事中は、仮住まいをしないといけないの?」ということがあります。

戸建がいい、ペットと一緒にいたい、子どもの学区や通勤事情の問題、駐車場はうしよう…等々。
仮住まい先探しや荷物整理のご面倒、また費用のイメージがつかないと不安なことと思います。

「仮住まい」は、どんなリフォームでも必要なわけではありません。
部分リフォームであれば、「住みながらのリフォーム」も可能です。
工事規模、お客様のライフスタイル、ご予算面などをお伺いしたうえでご提案をさせていただきます。
一般的な仮住まい先は以下の通りです。

【ホテル】 工事期間の短い方。大きなお荷物移動の必要がない方。住みながらリフォームをし、大きな工事音の出る一時期のみ利用される方。 メリット:リッチな気持ちで過ごせる。 デメリット:割高。狭い。
【マンスリーマンション】 単身やご夫婦のみの方。リフォームを機に家具家電も一新して、すべて買い換えようと思われている方 メリット:家具家電が一通り揃い、光熱費も込み。インターネット使用料込みの所も多く、即日生活が可能。 デメリット:やや割高。狭い。
【賃貸物件(借家・マンション・アパート)】 お子様のいらっしゃるご家族、お荷物ごと仮住まいされる方、ペットのいらっしゃる方 メリット:ご家族の人数、荷物の量に応じて多種多様なお部屋が選べる。 デメリット:敷・礼金/保証人/仲介手数料等が必要。水道電気ガスなどの手続きが必要。
【UR(都市再生機構)の短期賃貸】 お子様のいらっしゃるご家族、お荷物ごと仮住まいされる方 メリット:敷・礼金不要/保証人不要/仲介手数料無料で最低2週間から家賃と光熱費のみで賃貸可能。費用負担が割安。 デメリット:水道電気ガスなどの手続きが必要。

水工房ではご家族の構成やリフォームの工期に合った「仮住まい先探し」、荷物の多い方のためには「トランクルーム探し」のお手伝いをしております。